マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
精神科医に、
「うつ病は脳の病気だから
薬を飲み続けなさい」と言われ

何の疑いもなく
何年・何十年、ズルズルと
抗うつ薬を飲み続ける・・・

・・・で、「結果」治りましたか?


ほとんどの人が
治っていないのではないでしょうか?


何年・何十年・向精神薬を飲み続け
治っていない、”良くなる兆しすらない”という
「結果」が出ていましたら

それは科学的な「事実」であり
科学的な「結果」です。


「科学的な結果」が出ているものを
なぜに今後もズルズルと
惰性で続けるのでしょうか?


まずこんな視点を持ってください。

こういった、物事を客観的に、
冷静に観る視点や思考、発想を

心理学では
「クリティカルシンキング」と言います。



ではなぜ脳が病気になるのだろうか?


うつ病や神経症(不安障害)的な方は、
発症以前(病前性格)から
「独特の心理パターン」を持っています。

*独特の心理パターン:
何でもストレス的にとらえてしまう思考のクセなど。
これを認知療法のベック説では
「認知(モノのとらえ方)の歪み」といいます。


==========================

①日々、五官から入ってくる情報に対し
常にネガティブに、歪んでとらえてしまう心理グセ。
独特の歪んだ心理パターン。疲れる思考パターン。
*(認知・モノのとらえ方の歪み)

②それにより日々、知ってか知らずか、
無意識的にストレス反応を続け、
脳内にストレスホルモン(コルチゾールなど)の
分泌が多くなり・・

③そんな毎日が積み重なり、
ストレスホルモンにより
コツコツ脳にダメージが蓄積され・・・
*(この状態を脳科学では
アロスタティック負荷といいます:慢性的ストレス脳)
*特に脳の海馬は
ストレスホルモンのダメージを受けやすい。

④個人個人の脳の
「耐えうるレッドゾーン」を超えますと

⑤いわゆる脳の病気を発症。
(神経伝達物質の伝達・分泌異常が起き、
またその他、脳部位の異常が起き、
脳全体のパフォーマンスが落ちてくる)

⑥うつ病や神経症を発症します。

==========================


ざっくり説明しましたが、まず上記①~⑥の
「公式」を覚えておいてください。



精神科・心療内科の
主力とする技術(理論)である「薬物療法」は、
*神経伝達物質の異常説(アミン仮説と言います)

上記図式の⑤、⑥に
「とりあえず・一時的に」対応しています。


しかし、ここを一時的に対処しても
川の上流である「①」が悪ければ

川下の⑤⑥は
「一時的によくなっても、何度でも汚染されます」


薬物療法で一時的にテンションが上がって
回復したかのように「錯覚」する
「寛解(かんかい)状態」はここですね。

そしてお約束のように「再発します」

*当ブログでも何度も主張しておりますが
寛解は克服(根治)ではない。
再発の危険性を大きく秘めた「ある意味危険な状態」


病院の薬物療法は
「寛解」まで化学薬品の力で一時的に持って行き
(神経伝達物質を強引に流し、脳をハイテンションにして)

「はい。おしまい」治療完了。


--------------------------------------
この理論では、薬が切れたら
当然再発するでしょうに・・・
--------------------------------------

非常に智慧(ちえ)の無い理論です。


そうではなく、「上記図式の①」
川の上流をキレイにしないと
川下は何度でも汚染されます。

川下をいくらお掃除しても
川の上流が汚れていたら無意味です。


つまり、うつ病・神経症者が
(病前から)元々持っている

心理パターン・心の反応系・
心のありよう・疲れる考え方・
認知(モノのとらえ方)の歪み・・・を

修理していかないと「根治」はありえません。


ここ治していかないと、

人生の中で何度でも
うつ病は再発しますよ。キリがない。

*また一度再発しますと、次の再々発率は
グッと高くなると言われております。



かといって薬物療法を
完全否定している訳ではなく

うつ病・神経症、発症したての「急性期」や
地獄のように辛い時は

化学薬品の力で、一時的に辛さを散らし
「緊急避難的に」危険な状態を回避する事も大切。


つまり、薬物療法の力で
「現在の地獄の辛さ」を
一時的に散らしつつ・・・

心理療法を並行し
上記図式の「①」を修理していくこと。



上記①は薬物療法では不可能。

「心理療法のみが」
①を修正する力を持ちます。



薬物療法と
心理療法のメリットを上手に活かし

長年のうつ病や神経症(不安障害)を
「寛解(かんかい)」ではなく、
「根治(克服)」を目指してきます。


当心理療法プログラムは
上記図式の「①」を修正していく
お手伝いをしていきます。

*脳神経細胞の連結パターンが変わる事により
今までクセになっていた、独特の
歪んだ認知パターンが変わっていきます。


ここまで読まれた方は
理解されているかと思いますが

薬を病院に言われるがまま、
惰性でズルズル飲んでいるだけでは

---------------------------
治りません
目を覚ましてください
---------------------------

実際、現実の話
治っていないでしょう?


うつ病や神経症というものは
上記図式①の、心理パターン・心の反応系・
モノのとらえ方の歪み・・・

つまり「生き方」が変わっていきますと・・

そんな生き方を続け、
毎日朗らかに生きていきますと
気がつけば治っているものですよ。


こういった治り方が
薬で一時的に散らして、はい。おしまい。
そして再発を続ける「寛解」ではなく・・・

本物の(再発しない)
「根治・克服」です。


私自身のうつ病・神経症(強迫性障害)、
克服体験

また今まで長年の
心理カウンセリング臨床経験の視点で語りましたが、

今日の理論がストンと腑に落ちる、
智慧のある方は治ります。


逆に、他人のせいで!
周りや環境の「せいで」うつ病になった!
・・・を主張し続ける限り、一生治りません。
(特に現代型・クレーマー型うつ病)

他人ではなく、上記図式の「①」
”自身の”「心のありよう・モノのとらえ方」を
変えていかないと

一生薬を飲み続ける事になります。

*(被害者思考を止めるとうつ病は治っていく)


認知心理学や仏教心理学では
外界の情報を

「自身がどうとらえるか。どう反応するか」で
ストレスか、そうでないかが変わります。


他人ではなく、
「自身(モノのとらえ方・心理パターン)」が変わると
自身を取り巻く世界が変わります。

うつ病や神経症とは
無縁の世界に変わっていきます。

うつ病や神経症が治るどころか・・
人生が幸せになっていきますよ。



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


【2015/02/20 01:34】 | まず初めにお読みください
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック