マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
---------------------------------------------------
うつ病の方の
「死にたい」という自殺念慮は

実は「もっとよりよく生きたい」という
「強烈な生の欲望」の裏返しである。

---------------------------------------------------

また、うつ病・神経症(不安障害)思考独特の
「認知の歪み(自動思考)」

100か0か。白か黒か。

完璧主義思考(二極思考)が
「強烈な生の欲望」と混ざり合って


「死にたい」になっております。
(以下、解説します)


もっと素晴らしい自分であるべきだ!
完璧に物事をこなすべきだ!
もっとよい境遇であるべき自分!
誰からも愛されるべき自分!
完璧に全てがうまくいっている自分!

などなど・・・
潜在意識(深層心理)下には、
こういった欲望(妄想)が
マグマのように煮えたぎっております。


でも現実の自分の境遇は
上司に怒られるし、それほど素敵じゃない。
特に誰からも愛されていない。
現状はうまくいっていない。。

つまり「案外しょぼい自分」が現実。


この現実が受け入れられなくて
完璧な自分でないなら、現状がうまくいかないならば、
万能・有能でないならば消えてしまいたい・・・
(100か0か思考)

というのが仏教心理学の、自殺念慮に関する
一つの視点です。


これは仏教心理学的に言いますと
「我執(自我への執着)の病気」です。

「我(が)・エゴ・自己愛への強烈な執着」

(ちなみに自己愛の執着が強いゆえに、
他者との摩擦を異常に恐れる。つまり傷つきやすい)
*拒絶過敏性といいます。これも我執(思想)の病気です。


---------------------------------------------
うつ病や神経症(不安障害)は
脳の病気・・・というより

”根っこにあるもの”は、
「思想の病気」かと思います。

---------------------------------------------

もちろん脳内の
神経伝達物質の流れが滞っていたり、
脳の病気の面もありますが、

それは「副次的に」
そうなっているだけであって

根っこの部分は
「思想(考え方や心理パターン)の病気」である。


その「思想(我執)の病気」により
対人トラブルや、自分の頭の中の
想念へのトラブルなど

内と外から
毎日「要らぬストレス」を抱え込み

やがて脳が疲れ果て・・・「副次的に」
”いわゆる”脳の病気になっております。


ゆえに病院の抗うつ薬などで
神経伝達物質の分泌・流れを改善したところで

「思想の病気」が解消されていなければ

薬が切れれば
また「何度でもうつ病は再発します」

「根治・克服には至らない」


これが現代精神医学(精神科・心療内科)の
方法論の「最大の盲点」です。


全く全体像が見えていない。

まさに、ことわざの「木を見て森を見ず」
脳の病気の背景にあるもの。
つまりその「心(精神)の病理の全体像」が見えていない。



さて、話を戻しますが、
こういった自己破壊願望をさばき、
無害化するのは

マインドフルネス(仏式瞑想)や
森田療法のトレーニングが有効です。

2ヶ月間の当心理プログラムを推奨します。




ですが、当クライエントさんではない
通りすがりの一般読者さんに
ちょっとしたアドバイスをしますと・・

それは「目標(もしくはゴール)を設定すること」
おススメいたします。


うつ病・神経症の方の
潜在的に持っている「生のエネルギー・欲望」

常に何か「健全な対象」に向けている事。


そうしないと、うつ病・神経症者の
潜在的な「強すぎる生のエネルギー」
(向けるところが無いと)

「自己破壊に向いてしまう」からです。
(もしくは強烈な不安障害となって出てきます)


逆に、うつ病・神経症者は
何らかの目標に心の矢印が向いていますと
「まさに水を得た魚のように」イキイキしてきます。

もともと几帳面で真面目なのでキッチリこなし
爆発的なエネルギーが目標に向かいます。

-----------------------------------------
そのエネルギーはもう
「自己破壊」に向かなくなる。

-----------------------------------------

*ここで言う「健全な目標」とは
有効な資格取得や社会のためになる活動、
健全な趣味や仕事、ボランティアなどです。


健全な目標に
心の矢印(生のエネルギー)を向けていれば、
そのエネルギーは自己破壊に向かいません。

むしろ健常者よりイキイキしてきますから。
(元々健常者より生のエネルギーが強いので)


・・・余談ですが、人の悪口や
〇〇のせいで!〇〇が悪い!
と言っている「他罰的な」
うつ病・神経症者をたまに見かけますが、
(特に現代型クレーマー型うつ病)

そういった〇〇のせいで!と言っている
他罰性のうつ病・神経症者を観察していると

「なぜか」その時はイキイキしているのは
上記の理論です。
(強烈な生のエネルギーが目標に向いている。
ただしこれは悪い目標)


また心の病的な方が
ギャンブルにハマるケースの心理も
そんな感じですね。

それは、この理論が一部関連しています。
強烈な生のエネルギーが(悪い)目標に向いている。

*(ちなみに、うつ・神経症的な方がギャンブルにハマると
ギャンブル依存症になりやすいかと思います)


もちろん、そういった不健全な
ターゲットに「生の欲望・エネルギー」を
向けるのではなく

「健全な目標」に、生のエネルギーを向けないと

結果的に身を滅ぼし
余計うつがひどくなります。




「目標(ゴール)設定」を常にしっかりしておけば
うつ・神経症者のマグマのような

「潜在的な生のエネルギー・欲望」が
自己破壊(自殺念慮)に向かわない
というお話でしたが

こういった方法は一時的な
対症療法的ですので

「根っこの部分から修理」していくのは
やはりマインドフルネスの修練
をおススメいたします。


長年の自殺念慮や
うつうつした気分に「とらわれなくなり」

頭の中の霧が晴れたように楽になります。

心理療法は、抗うつ薬とは
全く違った効き方をしていきます。



長年の薬物療法で

効いているのか効いていないのか・・・
よく分からない状態が
ずっと続いている方は
-----------------------------------------------
「心理療法導入」をおすすめいたします。
-----------------------------------------------


ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


【2015/02/09 16:59】 | うつ病、神経症の「思考パターン」
トラックバック(0) |


E
山中先生へ

いつも楽しみに読ませていただいています。

今回の記事は、私の自伝でした(笑)。先生は他人なのに、よく私の自伝が書けるなあと感心しながら読んでおりました。
ときどき思うのですが、人間の心理的構造には普遍性があるのだなあと。我が強すぎると不調になるというのは、おそらく共通な現象なのでしょうね。かぜをひくと熱が出るように。

自分も休職するところまで心理的に追い詰められ、自殺願望とともにしばらくの間過ごしましたが、そこまて行ったからこそこれはまずいと思えたのだと思います。ですので仕事がうまくいかなくなって、我がパンクしてうつ病になったことが大きな転機になりました。先生に言われた「気分や思考は自然現象」は自分の人生を変えた言葉だとおもっています。

今はとてもしあわせです。地位や給料は下がりましたが。
ただ、悔しい気持ちも持ち合わせているので、このまま終わるつもりもあまりありません(笑)。私の我もなかなかしぶといやつのようです。いまのところハンドルは握れていると思います。暴走したらまたお世話になるつもりですので、その時はよろしくお願いいたします。

では先生、今年最強の寒波が来ているそうですので、風邪などひかれませんように。
いつもありがとうございます。

Re: Eさんへ
ショウセイ
Eさん。こんばんは。


>今回の記事は、私の自伝でした(笑)。先生は他人なのに、よく私の自伝が書けるなあと感心しながら読んでおりました。 ときどき思うのですが、人間の心理的構造には普遍性があるのだなあと。我が強すぎると不調になるというのは、おそらく共通な現象なのでしょうね。かぜをひくと熱が出るように。


はい。今日のお話はEさんの仰る通りで、
万国のうつ病・神経症的な方、また心にトラブルを抱えがちな方の普遍的な傾向です。

またこういった普遍的傾向性を発見し、
我(が)の理論の提唱者である、お釈迦様の智慧(仏教学)は素晴らしいと思います。


>自分も休職するところまで心理的に追い詰められ、自殺願望とともにしばらくの間過ごしましたが、そこまて行ったからこそこれはまずいと思えたのだと思います。ですので仕事がうまくいかなくなって、我がパンクしてうつ病になったことが大きな転機になりました。


そうですね。人はどん底の「苦」を体験しませんと
真理に出会う事はありません。これは一般健常者には絶対分かりません。
したがって、うつ病患者は「悟りに最も近い”優秀な”人達」です。


>先生に言われた「気分や思考は自然現象」は自分の人生を変えた言葉だとおもっています。


この森田療法の考え方(思想)は、
我を発症しないレベルまで緩める特効薬的な思想です。


>今はとてもしあわせです。地位や給料は下がりましたが。
ただ、悔しい気持ちも持ち合わせているので、このまま終わるつもりもあまりありません(笑)。私の我もなかなかしぶといやつのようです。いまのところハンドルは握れていると思います。暴走したらまたお世話になるつもりですので、その時はよろしくお願いいたします。


いえいえ。大丈夫です。
それは我の暴走というより「正しい精進」です。
その「正しい精進」を大切にしてください。

また私達は、出家僧や聖者ではありませんので、
「完璧な無我」にまでならなくてよいと思います。

私達在俗の仏教(マインドフルネス)瞑想者は、我(が)が
「うつ病を発症しないレベルまで緩めればOK」かと思います。

そこを気をつけていますれば、一生うつ病・神経症にならず
朗らかに生きていく事ができます。

聖者のような完璧な善人?ではなく、
「聖なるチョイ悪」くらいでよいかと思います。
これが自然な生き方ですね。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


>では先生、今年最強の寒波が来ているそうですので、風邪などひかれませんように。
いつもありがとうございます。


いえいえ。こちらこそお気遣いありがとうございます。
寒いですね。精進を続けてまいりましょう(合掌)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
山中先生へ

いつも楽しみに読ませていただいています。

今回の記事は、私の自伝でした(笑)。先生は他人なのに、よく私の自伝が書けるなあと感心しながら読んでおりました。
ときどき思うのですが、人間の心理的構造には普遍性があるのだなあと。我が強すぎると不調になるというのは、おそらく共通な現象なのでしょうね。かぜをひくと熱が出るように。

自分も休職するところまで心理的に追い詰められ、自殺願望とともにしばらくの間過ごしましたが、そこまて行ったからこそこれはまずいと思えたのだと思います。ですので仕事がうまくいかなくなって、我がパンクしてうつ病になったことが大きな転機になりました。先生に言われた「気分や思考は自然現象」は自分の人生を変えた言葉だとおもっています。

今はとてもしあわせです。地位や給料は下がりましたが。
ただ、悔しい気持ちも持ち合わせているので、このまま終わるつもりもあまりありません(笑)。私の我もなかなかしぶといやつのようです。いまのところハンドルは握れていると思います。暴走したらまたお世話になるつもりですので、その時はよろしくお願いいたします。

では先生、今年最強の寒波が来ているそうですので、風邪などひかれませんように。
いつもありがとうございます。
2015/02/10(Tue) 00:09 | URL  | E #-[ 編集]
Re: Eさんへ
Eさん。こんばんは。


>今回の記事は、私の自伝でした(笑)。先生は他人なのに、よく私の自伝が書けるなあと感心しながら読んでおりました。 ときどき思うのですが、人間の心理的構造には普遍性があるのだなあと。我が強すぎると不調になるというのは、おそらく共通な現象なのでしょうね。かぜをひくと熱が出るように。


はい。今日のお話はEさんの仰る通りで、
万国のうつ病・神経症的な方、また心にトラブルを抱えがちな方の普遍的な傾向です。

またこういった普遍的傾向性を発見し、
我(が)の理論の提唱者である、お釈迦様の智慧(仏教学)は素晴らしいと思います。


>自分も休職するところまで心理的に追い詰められ、自殺願望とともにしばらくの間過ごしましたが、そこまて行ったからこそこれはまずいと思えたのだと思います。ですので仕事がうまくいかなくなって、我がパンクしてうつ病になったことが大きな転機になりました。


そうですね。人はどん底の「苦」を体験しませんと
真理に出会う事はありません。これは一般健常者には絶対分かりません。
したがって、うつ病患者は「悟りに最も近い”優秀な”人達」です。


>先生に言われた「気分や思考は自然現象」は自分の人生を変えた言葉だとおもっています。


この森田療法の考え方(思想)は、
我を発症しないレベルまで緩める特効薬的な思想です。


>今はとてもしあわせです。地位や給料は下がりましたが。
ただ、悔しい気持ちも持ち合わせているので、このまま終わるつもりもあまりありません(笑)。私の我もなかなかしぶといやつのようです。いまのところハンドルは握れていると思います。暴走したらまたお世話になるつもりですので、その時はよろしくお願いいたします。


いえいえ。大丈夫です。
それは我の暴走というより「正しい精進」です。
その「正しい精進」を大切にしてください。

また私達は、出家僧や聖者ではありませんので、
「完璧な無我」にまでならなくてよいと思います。

私達在俗の仏教(マインドフルネス)瞑想者は、我(が)が
「うつ病を発症しないレベルまで緩めればOK」かと思います。

そこを気をつけていますれば、一生うつ病・神経症にならず
朗らかに生きていく事ができます。

聖者のような完璧な善人?ではなく、
「聖なるチョイ悪」くらいでよいかと思います。
これが自然な生き方ですね。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


>では先生、今年最強の寒波が来ているそうですので、風邪などひかれませんように。
いつもありがとうございます。


いえいえ。こちらこそお気遣いありがとうございます。
寒いですね。精進を続けてまいりましょう(合掌)
2015/02/10(Tue) 00:50 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック