マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
お釈迦様のカウンセリング手法
「対機説法」


今からおよそ
2500年の昔、お釈迦様は
竹林精舎、祇園精舎というカウンセリングルームで
毎日たくさんのカウンセリングをしてました。


ある人には論理的に。科学的に。
ある人には穏やかに、和やかに。
ある人には少しスピリチュアル風に。
またある人には、ちょっと厳しく。。


それらは全て
良くなるための方便です

お釈迦様の手法は
「100人いれば
100通りのカウンセリングの仕方がある」というもの。


例えばガチガチの科学論者には、
脳科学や神経伝達物質のお話から入った方が
分かりやすいと思います。

逆に完全にスピリチュアル系の方には、
科学的なこと言ってもシラけます。
少しスピリチュアル風にお話した方が、
とっつきやすいと思います。


そのカウンセリング手法を
「対機説法」と呼びます。


私もカウンセラーとして、
お釈迦様のお智慧をお借りしたいと思っております。




FC2blog テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

【2010/08/21 08:27】 | ショウセイの心のお話&ひとりごと
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


みなさまへ
ショウセイ
コメントありがとうe-420

お互い精進していきましょうi-260


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/21(Sat) 11:47 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/21(Sat) 20:29 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/21(Sat) 20:36 |   |  #[ 編集]
みなさまへ
コメントありがとうe-420

お互い精進していきましょうi-260
2010/08/22(Sun) 08:52 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック