マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ病「風呂が面倒・・」

これは私自身の患者体験、
また今までのカウンセリング臨床例で
よくお聞きするケースです。


さらにうつ病が重度になると
食事も、顔を洗うのも面倒になる。

食べず、飲まず、トイレもほとんど行かず
まさに一日中布団の中。


たぶん、うつ病の読者の方々は
これを読んでいて、「あるある!」と
うなずいている人が、多いのではないでしょうか?



さて、今回は

うつ病で風呂に入るのが異常に億劫な時の
心理学・仏教哲学のお話をしてまいります。


-----------------------------------------------
達磨(だるま)大師の仏性論で

「至人(しじん)は前を謀(はか)らず、
後を慮(おもんばか)らず」

という言葉があります。

*達磨大師:禅宗の開祖

・過去の後悔や妄想に縛られる事を「前を謀る」
・未来の不安や妄想に縛られる事を「後を慮る」
-----------------------------------------------


うつ病・神経症(不安障害)的な方は
何かを行う前から、過去の妄想・未来の妄想・・・
「現在・今に居ません」

常に頭の中が、過去や未来に縛られ
「現在・今の事実を生きていません」



例えば、風呂に入る動作の前に

「もう少し部屋が温かくなったら入ろう」
「別に今、入らなくてもよいのではないか?」
「明日調子がよかったら入ろう」
「過去のイヤな想いに縛られ、気分が悪く風呂どころではない」
「気分が良い時に入ろう」・・・・

などなど・・・の観念に縛られて
結局、お風呂に入るのを止めてしまいます。


達磨さんの言葉ではありませんが、
「前を謀り、後を慮ってばかり」います。

お風呂だけでなく、全ての物事が
ちっとも前に進みません。


これは脳の病気以前に
病前気質(うつ病になる前からの元々の心理パターン)的に、

こういったような心理パターンを
持っていたのではないでしょうか?


今までの生き方、
こういった心理パターンで無理が出て

それが積み重なり、心が疲れ果て、
脳が病気になり
結果うつ病になったとも考えられます。


前を謀り、後を慮る・・・
「こういった心理パターンをする人に
鬱病・神経症(不安障害)が多い」



さて、この心理(脳)パターンを修正するために

思考を未来や過去ではなく
「今・現在・この瞬間」に集中させる
お稽古をします。


お風呂入る前に億劫になった時
逆に「チャンス」です。

まさに効果的な
心理訓練(マインドフルネス・森田療法)が出来ますので。


お風呂に入る前
億劫になった時
その時チェックしてみてください。

必ず思考が
過去や未来にさまよっています。


それを「エイッと」
今・現在・この瞬間に戻します。

厳密に
今・現在・この瞬間の「事実」に向ける。


お風呂場に向かう足の感覚
服を脱ぐときの肌触り
お風呂の扉を開ける手触り
お風呂場の香り
お湯の肌触り
身体や頭を洗っている時の感覚・・・・

などなど


厳密に
今・この瞬間の「事実」に意識を向けます。

また思考が
過去や未来をさまよい始めたら

素早く気付き
「エイッと」現在・この瞬間の事実に。

*(分からない時、難しい時は
当カウンセリングにいらしてください。一緒に訓練します)


こんな感じで
お風呂の作業を続けていましたら・・
気がついたらいかがでしょうか?

お風呂に入れていて
全てが完了しています。

はい。あれだけ億劫だった
お風呂に入れました。


これは友人や
仕事の「メールを返す時」
(うちのクライエントさんは、日記療法の時
この訓練をやってみてください)

掃除をする時、作業をする時、
仕事に取り掛かるとき、

億劫で面倒でしょうがない時・・・・
全て同じです。


「今・現在・この瞬間」の
事実のみに意識を向け

「今・現在・この瞬間」の
作業を淡々とこなす。

「今・現在・この瞬間」を淡々と生きる。
心の病にならない生き方です。


「至人は前を謀らず、後を慮らず」・・・
~達磨さんのことば~


普段の生活で、「専門家についてもらい」
こういった事に気をつけて生きていますと

そのうち脳の
神経ネットワーク(良い思考・行動パターン)が
徐々に出来上がっていきます。


*神経ネットワーク:ニューロンのシナプス結合

これがその人が
本当に変わった(回復した)という事です。


うつ病・神経症(不安障害)というものは
薬だけでは根治にならない。

脳の神経ネットワークを
心理カウンセリング・心理療法でコツコツ
作っていかないと根治には至りません。


抗うつ薬や
抗不安薬を大量に

ズルズルと惰性で
飲み続けても
根治には至りません。


これは抗うつ薬を
何年も飲み続けた
元患者の視点ですが、

リアル患者の皆さんも
この「事実」

身をもって
よくご存じではないでしょうか?



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



心理カウンセリング(コーチング)、心理療法
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


【2014/12/28 02:51】 | うつ病 「療養中の心得」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック