マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
仏道には「六道輪廻」という考え方があります。

よくスピリチュアル系の方々が
魂は6つの世界を輪廻する・・・と言う人もいますが、

これは、そういった「根拠のない迷信やおとぎ話」ではなく、
日々の「人間の心理状態」の事を言います。

*本来の、初期の頃の仏教は宗教性は無く、
いわば哲学・心理学の一体系で、物事を
非常に科学的、心理学的にとらえます。


さて、前置きはこの辺に。
本題に入りましょう。

六道とは

天道、人間道、修羅道、畜生道、餓鬼道、地獄道のことです。
(初期の仏教では修羅は外し、五趣といいます)


何度も言いますが、
これは人間の心理状態のことです。


========================

1、天:
例えば、仏教瞑想などで非常によい状態になると
とても清々しく、神々しい感じになる心理状態。

また仏教瞑想だけではなく、
非常に崇高になった気分の時が
誰でもあるでしょう?

*また双極性障害の「躁」の状態や、
自己愛性パーソナリティ障害の方が
まるで神にでもなったように「心地よい誇大妄想」に浸るときも
ある意味この天の状態かもしれません。


2、人間:
気分が沈んだ時もあれば、楽しい時もある。
苦もあれば、智慧のある時もある。
そんな玉石混淆の心理状態。


3、修羅:
イライラしてぶち壊したい時、キレる時、
闘争と、競争、蹴落とし合い、
憎しみや怨念の心理状態。


4、畜生:
動物のように智慧の無い状態。
心理学や仏教学的カラクリを知らないがゆえに起きる
無知な心理トラブル、心理症状。


5、餓鬼:
貪って貪って貪りまくる心理状態。
愛がほしい、名誉がほしい、おいしいものがほしい、地位がほしい・・・など。
少しなら誰しもありますが、異常な状態になると
まさに人は餓鬼そのものです。


6、地獄:
これは言うまでもない。非常にひどい心理状態。
また悪さをすれば罪を償わなければならない。

因果の法則で、過去に作った原因が結果になり、
火の粉が身に降りかかっている状態。
非常に苦しいが、よくよく観察すると自業自得なんですね。


=========================


さて、私達の一日を客観的に観察しますと

心の世界は、こんな6つの世界を
グルグル回っていませんか?



例えば、
会社員Aさんがいたとしましょう。


ある日、仕事で営業成績が上がり上司にほめられ
舞い上がり(人間道)

嫉妬したライバルに足を引っ張られ
憎しみと怨念が巻き起こり(修羅道)

イライラしたので、
マックでハンバーガーをドカ食いして(餓鬼道)

お得意先の受付のお姉さんを
非常に空気の読めない状態でデートに誘い
断られ恥をかき(畜生道)

それが本社に知り渡り、上司に叱られ減給(地獄)

非常に不快な一日でしたので、
家に帰って仏教瞑想したら、とても清々しくなり
穏やかで優しい気分になった(天上)


・・・(ちょっと例えが若いお兄さんの例でしたが)

私達の一日、心の中は
こんな感じではないでしょうか?




今日のお話の大切なところは

人間は、一日こんな感じで6つの心理状態を
グルグル回るのですが、


1~6。
特定のところで、過剰に執着し
「想いや感情」という薪をくべますと

その世界の炎が炎上し、
精神的トラブルになります。



例えば、修羅で
「強烈に執着し、想いや感情という薪」をくべてしまうと

闘争や蹴落とし合い、怒りや怨念、
イライラが制御不能なくらい炎上し、
神経症症状を発症します。


また天のところで、
「強烈に執着し、想いや感情という薪」をくべてしまうと

カルト宗教に多いのですが、
「私は〇〇霊をみた。スピリチュアル体験をした・・と勘違いする」
ヤバい人が誕生します。

(そういう人は統合失調症の可能性も否定できません)


もしくは、この心地よさに、もっともっとと渇愛を起こし、
瞑想をしながら餓鬼道に転落し、

煩悩で真っ黒コゲになる方もみえます。
(余計心の病が悪化する)
一体何のために瞑想しているのか・・・?という事です。

*この天という状態は、とても心地よく清々しい状態ですが、
ある意味、要注意の状態です。
(人が一番勘違い・錯覚しやすいところ)



で、今日のお話は
何が言いたかったかといいますと、


自分の心の中。
「1~6の心理状態を客観的に観ていましょう」
ということです。




今、修羅でしたら
「あぁ、今私の心は修羅という状態なんだ」

今、畜生でしたら
「あぁ、今私の心は畜生という状態なんだ」

今、貪りの餓鬼でしたら
「あぁ、今私の心は餓鬼という状態なんだ」

今、天で心地よかったら
「あぁ、今私の心は天という状態なんだ」


・・・こんな感じで、



自分の心の「六道輪廻」を
人ごとのように観察していてください。


そこに執着し、
過剰に想いや感情という薪をくべなければ
1~6どの世界にいても「無害」になります。

それはただ過ぎ去り、移ろいゆく心理状態。
脳内現象です。

特にうつ病や神経症になるほどの
苦しみにはなりません。


私達は生きている限り、
六道を輪廻します。

それはそれで問題ありません。
この俗世に生きる限りしょうがない。

ただ過剰に1~6のどれかに執着し、
想いや感情という薪をくべなければ
煩悩は炎上しない。



もし「私には六道はなく悟った」という人がいたら
まず疑ってください。騙されないように。

その人は99%、詐欺師か
ウソだらけのインチキ霊能者です。


もちろんこの世には
本当に悟った人はいるかもしれませんが

この日本で普通に生活していて、
お目にかかる事は、まずないと思います。


私も仏教瞑想を13年やっていて、
いまだ六道を輪廻していますよ(笑)

・・ただ、仏教瞑想(マインドフルネス)の技術により、
うつ病になるほど炎上することはなくなりました。

もちろん、この世に生きる限り苦はありますが、
心の病とは無縁の世界です。
(克服・根治)


これでいいんですよ。

このマインドフルネス瞑想は、別に悟りすました
ウソくさい偽善者になるのではなく、

うつ病や神経症を治して、再発しないようになり
根治に至り、

楽しく朗らかに、社会生活を送れれば
それでゴールです。


本格的な、仏教的な悟りに至りたければ、
どうぞヒマラヤ山中にでも籠って一生送ってください。

そういった生き方も否定はしませんが、私達は
仕事、学校、家庭などのしがらみがあり無理でしょう?


マインドフルネス仏教瞑想は、
そういったストイックなものではなく、

心の病の方々が、ちゃんと克服し
楽しく幸せな一生を送るための心理技術です。


出家の仏教瞑想とは主旨が違います。

「心理療法としての科学的な瞑想法」です。


心理学の学術的世界では
「第三世代の新しいタイプの認知行動療法」
と定義されております。

またこれが21世紀の
新しい仏教のスタイルかと思います。


別に出家する必要はありません。
変な宗教に入る必要もありません。

その身そのままで
理性的なブディスト(仏教者)になれます。


うつ病・神経症(不安障害)とは
無縁の世界になっていきます。




心理カウンセリング(コーチング)・心理療法
お問い合わせ・ お申し込みはコチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/11/15 06:28】 | マインドフルネス「理論基礎講座」
トラックバック(0) |

今日のわたし
オペレ
ショウセイ様
このところ仏教哲学のお話が続き嬉しい限りです。
六道輪廻はそういう意味(解釈)なんですね。なるほど、目から鱗です。
思えば今日のわたしも六道のうち少なくとも四つ位はさまよっていましたよ。

でも極力それらに執着せず、客観的に気付いているよう心がけています。

あと、21世紀の新しい仏教の形、理性的な仏教者という表現はいいですね。
わたしも聖なる凡人を目指しますよ。

Re: オペレさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> このところ仏教哲学のお話が続き嬉しい限りです。

そうですね。マインドフルネスは、ただ技術だけやっていても
空回りし治りませんので、
生き方・考え方の部分も治していく事が大切かと思います。

↓(参考テキスト)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1090.html


> 六道輪廻はそういう意味(解釈)なんですね。なるほど、目から鱗です。
> 思えば今日のわたしも六道のうち少なくとも四つ位はさまよっていましたよ。
> でも極力それらに執着せず、客観的に気付いているよう心がけています。

はい。大丈夫です。日々俗世に生きる私達はそんな感じです。
ただ、本能的に六道を輪廻するのではなく、
それに理性的・客観的に気付いているだけで、ずいぶん世界は変わります。


> あと、21世紀の新しい仏教の形、理性的な仏教者という表現はいいですね。
> わたしも聖なる凡人を目指しますよ。

はい。オカルトや迷信を鵜呑みにするのではなく、
常に理性的でいる事が大切かと思います。
そして聖なる凡人を目指しましょう(合掌)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
今日のわたし
ショウセイ様
このところ仏教哲学のお話が続き嬉しい限りです。
六道輪廻はそういう意味(解釈)なんですね。なるほど、目から鱗です。
思えば今日のわたしも六道のうち少なくとも四つ位はさまよっていましたよ。

でも極力それらに執着せず、客観的に気付いているよう心がけています。

あと、21世紀の新しい仏教の形、理性的な仏教者という表現はいいですね。
わたしも聖なる凡人を目指しますよ。
2014/11/15(Sat) 23:37 | URL  | オペレ #lElAeA3I[ 編集]
Re: オペレさんへ
コメントありがとうございます。

> このところ仏教哲学のお話が続き嬉しい限りです。

そうですね。マインドフルネスは、ただ技術だけやっていても
空回りし治りませんので、
生き方・考え方の部分も治していく事が大切かと思います。

↓(参考テキスト)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1090.html


> 六道輪廻はそういう意味(解釈)なんですね。なるほど、目から鱗です。
> 思えば今日のわたしも六道のうち少なくとも四つ位はさまよっていましたよ。
> でも極力それらに執着せず、客観的に気付いているよう心がけています。

はい。大丈夫です。日々俗世に生きる私達はそんな感じです。
ただ、本能的に六道を輪廻するのではなく、
それに理性的・客観的に気付いているだけで、ずいぶん世界は変わります。


> あと、21世紀の新しい仏教の形、理性的な仏教者という表現はいいですね。
> わたしも聖なる凡人を目指しますよ。

はい。オカルトや迷信を鵜呑みにするのではなく、
常に理性的でいる事が大切かと思います。
そして聖なる凡人を目指しましょう(合掌)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html
2014/11/16(Sun) 10:33 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック