マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
潜在意識の事業仕分け第一弾

心の無駄なエネルギー、
いらないものはカットしましょう。




心の奥深く、
無意識層に溜まったいらない情報、

ネガティブな感情(煩悩)が
心のエネルギーを浪費します。

それらのものが毎日を疲れさせます。


例えると、スマホに要らないアプリを
たくさん入れていると
電池の消費が早くなるように。。

またそういった、不要なアプリのおかげで
スマホの容量も少なくなってしまいます。


それらを抑え込むために
要らない心のアプリを保持するために、

毎日の貴重なエネルギーを
使ってしまいます。

意識、無意識2

そして、毎日体が重くなり、
やる気がなくなっていき、億劫になっていきます。


そんな無駄なアプリ(煩悩:貪・瞋・痴)
カットしましょう。

*貪(とん)瞋(じん)痴(ち)、人間の根本煩悩
↓(詳しくは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1041.html



「一人で出来る心理療法
(マインドフルネス仏式瞑想)」は、

無意識(潜在意識)の中に溜まった
ネガティブなものが、
自然な形で浮上した時、

「ある心理技術」を使う事により、
昇華(中和)していくものです。

意識、無意識3


一人で手軽に出来ますので、

一度身につければ
対人カウンセリングと違い
時間、場所を選びません。

また話の苦手な方、
口に出したくない事を
言うストレスもありません。


自分の心の奥底にこびりついた
感情(煩悩)を確認していきます。

このセラピーを続けることによって
無意識(潜在意識)の中に抑圧された

自分の思わぬ感情に
気付く時がきます。


苦しみの連鎖をストップさせる、
「良いクセ」を作っていきます。

人生の悪循環は、
ここでストップさせていきます。







【2010/04/24 18:03】 | マインドフルネス心理療法とは?     (技術編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック