マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「マインドフルネスと仏式カウンセリング」


昨今、マインドフルネス
うつ病・不安障害(神経症)に対する
新しいアプローチ法
として
世界中で一大ムーヴメントになりつつあります。

しかし、心理療法としての「マインドフルネスの盲点」
心理テクニックばかりが先行し
「大切なもの」がスッポ抜けています。


この仏教から生まれたマインドフルネス心理療法は
テクニックだけじゃなく、
お釈迦様の思想・考え方も大切なファクターです。

つまり生き方・思想も変えていかないと、
「”心理テクニックばかり一生懸命行っても”」
効果が出づらい
ものかと思います。

今まで10年間、マインドフルネスを指導してきて
この部分は痛感しております。


心理療法(マインドフルネス)の「テクニック」と、
「仏陀の考え方・生き方の学習」は車の両輪です。
どちらか欠けても車は進まない。

マインドフルネスで効果が無かった・・・と言われる方は、
心理テクニックばかり行ったパターンではないでしょうか?



私のところのマインドフルネスは今まで10年間、
マインドフルネスの心理テクニックだけではなく、

「仏式カウンセリング」
また「森田療法的カウンセリング」も並行し、
ブッダの考え方・生き方も学び
セラピーしております。

(ここが心理テクニックばかり先行する、
欧米式マインドフルネスとの大きな違いです)


今日は仏式カウンセリングの
根本となる生き方・考え方である
「諸行無常」についてお話ししてまいります。

----------------------------------------------

~諸行無常~

諸々の事象は移り変わっている
移り変わっていないものは無い

移り変わり、変化・変滅している・・

詳しく説明するまでもなく、当たり前のことです。

----------------------------------------------

しかし、人は怒り心頭になったり、
ストレスホルモンで脳神経がヘトヘトになっていたり、

煩悩:原始脳(大脳辺縁系など)が優位になって
理性(前頭前野)的な判断が出来ない時。。

全ては移り変わっている・・・という
当たり前の法則も分からなくなります。


「あの人に裏切られた!」
「私達の愛は永遠って言ったのに!」

「ずっと楽しいはずなのに!」
「我が社の商品は売れ続けるはずなのに!」

・・・・

人は苦しみの渦中になるとパニックになり、
諸行無常(全ては移り変わる)が分からなくなる。


このマインドフルネスという
仏教から生まれた心理療法が慣れていきますと


人の心(精神の流れ)は
移り変わると知りつつ信頼する。

愛も移り変わると知りつつ愛情を深める。

この楽しさ、お祭り騒ぎも
移ろいゆくと知りつつ、お祭り騒ぎを楽しむ。

我が社の商品は、今は売れているという現象である。
ですが、それも移り変わると知りつつ、商売をする。

神経症的な怒り、憤慨も今そういった状態であって
移ろいゆく現象と知りつつ憤慨する。

うつ病の絶望感も、そういった脳内の現象と知りつつ
それも「移り変わる単なる脳内現象」と知りつつ身をゆだねる。


移り変わっていると知りつつ信頼し
結果、裏切られたとしても、

移り変わるものだという事を知っていますので
腹は立ちますが
うつ病になるほどの苦にはなりません。


お祭り騒ぎのようなパーティも
いつまでもこの楽しさが続くととらえますと、

必ずやってくる楽しさの終わり、
そして祭りの後の虚しさに苦しみ

もっともっとと・・
あり得ない渇愛を起こし身を滅ぼします。

渇愛を緩めた時に
本当の楽しさ、安穏はやってきます。


全ては移り変わっているのですが、

もしも長く続く、人の深情けや愛情に出会ったら
それは奇跡です。

情けや愛情は
移ろいゆくものであるととらえていると

長く続く奇跡に
ありがたみと感謝が倍増します。


ただ愛情や深情けも
永久に続くと錯覚すると

たちまち、その情けや愛情は
依存という化け物になり
人の心をむしばむ「苦」になります。


諸々の事象は
移り変わると知りつつ
ひょうひょうと生きていきますと

信じていたものが長続きしたら
感謝は倍増し

信じていたものが去って行っても
移り変わると深く知っていますので

少しは絶望しますが、
地獄のような苦しみにはなりません。


諸々の事象は
移り変わると知りつつ生きる

心の病にならない生き方




「いろはにほへと」
(花やキレイなものは美しく咲き、ほのかに香る)

「ちりぬるを」
(しかし、それも必ず散りゆく。
この世の春を謳歌するものも必ず散りゆく。
逆に今の、地獄の苦しみ状態も、ただ移り変わる現象です)

「わかよたれそ つねならむ」
(私という「いのち」も移ろいゆく現象。
つねに私ではなく、常に移り変わっている自分・・・
という事を、深く知りつつ生きていきます)


移り変わりに
身をゆだねきると

根本的な苦の消滅がある


諸行無常(移り変わり)に
身をゆだねてしまう

親猫にくわえられ
安心しきって
丸まった子猫のように




心理カウンセリング(コーチング)・心理療法
お問い合わせ・申し込みはコチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2014/11/07 04:27】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック