マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
<前回の続き>


「心理療法、実際の症例」


さて、当カウンセリング、セラピーでは

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-90.html
↑でも書きましたように次回の面談までに
紙一枚程度にレポートを書いてきてもらっております。

(森田療法もこのレポート、日記を使いますね。
森田療法とは森田正馬(1874-1938)が作り上げた
日本の古くからある心理療法です。)


それで具体的にこの
「一人で出来る心理療法(マインドフルネス)」でどうなるのか?

レポートの例を(本人承諾の上)一部抜粋します。


『 教わった技法を家に帰り復習してました。
技法を始めて数十分経った時、心の底から浮かんで来るものがあり、
どうしても消えないので対象の観察を始めました。

びっくりしました!
それは小学校5年生くらいの時に言われた
「心ない大人の一言」でした。
自分では、こんなこと完全に忘れていました!

山中先生がよく仰る
「潜在意識の底にこびりついてた」のですね。
これがよく分からない
不快な心理症状の原因だったんですね。

それを情報処理出来てなかったという事だったんですね。

確認し、教わった特殊な方法で手放しました。
そうしたら終わったあと、
心がなんとも言えないほどスッキリしました。

その後、いつもの
過度に人の目や話が気になったり、
原因不明のイライラ、抑うつ状態が激減
しました 』



全部が全部成功する訳ではありませんが、
これは一つの成功例。
このような解釈もOKです。

また違った解釈の仕方をされる方もみえますが、
そこは少しカウンセリングにて
チェックさせていただきます。


ちなみにこの方、
出社拒否が改善されて普通の日常を送っております。

そしてこのクライエントさんは、
一生の精神的財産を手に入れたと思います。

今後どんな荒波が来ようとも
自分で自分をカウンセリング出来るでしょう。


かつて私自身もこの療法に助けられた一人です。


このように最終的に
自分を律するのは自分自身なんですね。
私はそのお手伝いをするだけ。


次回はこの症例の
心理学的システムの解説をいたします。


<続く>



↓山中紹聖のカウンセリング
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



【2010/06/13 08:18】 | マインドフルネス心理療法とは?     (技術編)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/08/17(Tue) 23:18 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック