マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
読者からよくある質問にお答え・解説します。

現在カウンセリング(コーチング)業務が
多忙につき

基本、「クライエントさん(受講生・元受講生)でない方から」の
心理相談メールは、お返しできない事が多いのですが、

一般読者様の「よくある質問」を、ブログ上で書いていきます。
(今回のブログ講話を、お返事と代えさせていただきます。
ご了承くださいませ)


----------------------------------------------------------------

つい先日も
こういった質問をいただきました。
(個人情報は伏せ掲載します)

「マインドフルネス瞑想を
何ヵ月もやっているのに(本を読んで独学で)
精神的な不安定が治らない。どうすればいいのでしょうか?」・・・
~以下長文なので省略~

との事。


----------------------------------------------------------------

どうやら、その人のメールを読んでいると

辛い事があった時、それを忘れたくて、
リラックスしよう!と
マインドフルネス(米国式)をやっているようで。。

ここが「素人の方が陥りやすい落とし穴です。


マインドフルネスというものは、
独学や本では分からない(書いていない)、
「たくさんの細かなポイント」があります。


ここをしっかり理解しておかないと、
何も変わりません。

おかしな本やネット情報を読んで
勝手な解釈で行いますと、
余計悪くなる方もいますが、それは自己責任です。

(独学で出来るものではありません)

ゆえに、ちゃんと熟練した瞑想家についてもらい
「直伝の厳密な指導」が必要なんですね。

*熟練した瞑想家とは : 目安として、だいたい10年以上
厳密に行っている瞑想家。かつ、豊富な指導経験のある方。



さて、冒頭の会社員の読者の方、

どうやらマインドフルネスと
そこら辺のリラクセーショントレーニングを混同し、
勘違いされているのではないかと思います。

(これは「巷でよくみかけるマインドフルネス本」による
悪影響かと思います)


*ちなみに、リラク「ゼ」-ションは
日本にこの言葉が流行り出した時に
誤訳され広まってしまいました。

精神医学・心理臨床の世界では
正しくはリラク「セ」-ションです。


==================


「マインドフルネスとリラクセーションとの違い」


マインドフルネスという(米国式ではなく)
アジアの伝統的な仏教瞑想法は、

リラックス(渇愛)を求めず、
嫌悪感を振り払おうとせず、
無理なハイテンションも求めず、
パーフェクトな状態も求めず、
早く心の雨雲を取り去ろう!と求めず、

求めず・・・・


「求めない」



調子が悪くても、
悪いがまま、淡々と瞑想を行います。

調子がよくても、調子がよいがまま
淡々と瞑想をこなします。


調子が良かろうと、悪かろうと、
リラックスが得られようが、
得られまいが

「どうでもいいこと」です。

そこには、ただ
「事実」が流れているだけ。


では、事実とは何か?

*それは「因(原因)+縁(諸条件)=果(結果)」の
自然法則(現象)の流れ・プロセス。


結果、リラックスが得られなかったとしても
「あ・そうですか」と、事実に身をゆだね
淡々と瞑想を行います。

ただそれだけのこと。


☆(・・・ですが!「厳密に」この状態に入りますと
逆に良い状態になります。
もちろんこれは専門的なハウツーがあります)


-----------------------------

求めないとやってきて
求めると去っていく

心の病の回復とは、
幸せの青い鳥のようなもの

-----------------------------


その相談の方のように、

イヤな事を忘れたい!
リラックスを得たい!と過度になりますと

潜在意識(無意識)の奥底に、その「イヤな事」を
「歪んだ形」で押し込めてしまいます。
意識、無意識2


仮に押し込めに成功し、
一時的、刹那的なリラックスが得られても

(その時はよいですが)

押し込めたものは、
無くなったわけじゃない。

「それ」は、時間を置いて浮上し
日常生活(意識レベル)に顔を出す。
「もっとひどい形で!」
(苦しみの倍返しです)
意識、無意識3



これが素人の方が、
やってしまいがちなところですね。

もちろんこれを修正していくには、
専門的なハウツーがあります。

さらに他にもたくさん・・本には書かれていない
様々な重要な修正ポイントがあります。

*そもそもマインドフルネス(瞑想)は
本やネットをみて、素人の生兵法でやるものではありません。
(それで余計悪くなっても自己責任です)
潜在意識を扱いますので、甘く考えない方がよい。



最後にまとめますと、
マインドフルネスという特殊な瞑想法は、

そこら辺のリラクセーション的な
気持ちよいだけの瞑想とは違い

気持ちよさではなく
「根治」に至る道だということです。
(癒しではなく「治し」)

世界に類のない
2600年前、ブッダが作られた
瞑想システムです。


逆にリラクセーションがお好きでしたら、
癒し系のマッサージや、アロマとかの方が
話は早いかと思います。

ですが、それらで気持ちよくなっても
数日?数時間?したら
またいつもの不快な心理症状に悩まされますよね?
(結局、元の木阿弥かと思います)


もちろんリラクセーションを否定するわけではなく、
これは「”健常者の癒し”」であり、

『うつ病や神経症(不安障害)などの深い問題には
あまり通用しないと思います』

(一時的なリラックスにはなると思いますが)


「マインドフルネス」は、
癒し系のリラクセーションではありません。


*(何度も言いますが「即効性の気持ちいい・・」が所望でしたら、
そこら辺のリラクセーションに行った方がよいと思います)


ですが、ある程度上達し、理解が深まりますと
「癒しという概念を超越したもの」になります。


これは私が
万の言葉を並べても説明不可能です。

心の病から回復するという事は
言葉では説明不可能です。

熟練した指導者にマンツーマンでついてもらい
「正しい」訓練をし、
身体で理解・体得するものです。

これを仏道の言葉で
「不立文字」(ふりゅうもんじ)といいます。




【2014/09/02 03:34】 | 「欧米式マインドフルネス」で治らない理由
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック