マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
以前から当ブログで
よく言っている心理現象ですが、

「後光(ハロー)効果」

これは簡単に言いますと、その人の肩書、職業、
社会的地位など、大きなバイアスがあると
全体がそのように観えてしまう心理的錯覚

スコトーマ(心理的盲点:視野の狭さ)がかかります。


残念ながら
これに”簡単にかかってしまう人”もいます。

これにかかってしまいますと、
「たちまち知性・理性が極端に下がり」
物事が俯瞰出来なくなり
その人物(団体)の言う事を鵜呑みにしてしまいます。


*洗脳もある意味、
後光効果を上手に使うケースもあります。

*逆に言いますと、後光効果で錯覚を起こしやすい人は
洗脳されやすい人。

*霊感商法・カルト宗教などにハマる人は
大抵こういった→ スコトーマ(心理的な視野の狭さ)が
かかりやすい人です。



具体例を出し、もう少し
分かりやすく説明します。


例えば、うつ病患者さんで、

1、「白衣を着た精神科医」

2、「医師なので絶対100%正しい」

3、お医者さんに対し(水戸黄門のように)
ははぁ~m(__)m と平伏する。

4、(あれだけ私は洗脳にはハマらない・・と
自信満々に言っていた人が)
「精神科医の言った事を
無条件で鵜呑みにする」


*日本人は特に、
「医師(権威)・白衣・病院」のキーワードに弱い。



上記1~4の図式。
(病院モデルだけでなく、こういった類似ケース全般)

『これ危険ですので止めましょう』

この状態になると、あなたの脳の中では
脳の古い皮質、原始脳(大脳辺縁系など、爬虫類だった頃の脳)が
完全優位になり、理性を司る
前頭前野の活動が弱くなってしまう。


このパターン
「権威・カリスマ→無条件で鵜呑みにする」・・・を
繰り返してしまいますと脳のパターン化が始まり
どんどん頭が悪くなります。
*(仕事や生活全てにおいて、
こういった思考パターンになっていきます)

理性の活動が「劇的に弱くなります」ので
うつ病もどんどん悪くなりますよ。


皆様の周りでも、精神科や偉い人?の
言う事を鵜呑みにして
何年・何十年、向精神薬をズルズル飲んで
治る兆しもないという科学的結果が明確に出ているのに
さらにズルズル惰性で飲み続ける・・・・こんな方いませんか?


これは、
理性の働きが弱くなっている証拠です。
論理的思考力が低下した状態。

私も昔、うつ病患者時代、約5年これをやってしまいました。
人生最大の不覚・・・(反省)

ただ、プラスに考えると、
こういった過ちをやってしまったがゆえに、
バカバカしさに「体験を通して」深く気付き、
*(多くの心療内科の理論
(主にアミン仮説とカウンセラーの傾聴理論)では限界があり、
根治には至らないと洞察し)
きちんとした、心理療法に出会えました。感謝です。


*ただし、うつ病発症したての急性期・回復期、
もしくは心理療法もやる気がしない時は薬は必要。


今日のお話はけっして
薬物療法や病院を否定している訳ではありません。

「薬を続ける時はズルズルと、惰性で飲み続けるのではなく、
(また、惰性でズルズル心療内科・精神科に通い続けるのではなく)
常に前頭前野(理性・客観視・全体を見通す目)のスイッチをオンにしている事」




最近(・・いや、いつの世も)
冒頭のお話のような、危険な心理状態の人が
社会で多く見かけます。

一般の方々の職場・仕事でも
こういった(悪い意味で)スコトーマがかかりやすい人が
(いわゆる前にならえの人達)
企業の力を停滞させ、イノベーション力を低下させます。


もっと大きな視点で言いますと、
歴史の中でも、国家が荒廃する時、
独裁者と、それに盲従するバカが
国のかじ取りをした時に悲劇が起こっていますね。

(これは、よその国の事だけでなく、
皆様の会社でもこのパターンありませんか?)


次回は、こんなお話を書きます。

今日のお話の「後光効果の具体的な破り方」
(前頭前野の効果的なスイッチの入れ方)


それでは、続きをお待ちください。


<続く>


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2014/08/22 02:26】 | 後光(ハロー)効果の破り方
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック