マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「森田療法と初一念」


初一念といいますと、一般的には
最初の覚悟や初志貫徹!のような言葉として
認識されていますが、

森田療法マインドフルネスでは、
とらえ方が若干違います。


本日は、そんなお話をしてまいります。


*またこの「初一念」は
森田療法でも難解なところで

森田療法家によって
解釈が若干違うかと思いますので
自分に合った解説を参考にされるとよいかと思います。



さて・・

先日、ブログを書いている時、

窓辺にスズメが
一羽止まりました

小さなお客さんに

ついつい
スッと微笑んでしまいました

そしてまた
スッとパソコンに向かう。



しかし、うつ病・神経症的な方は
窓辺に止まったスズメさんをみて
スッと微笑む・・・

そしてそこにグッと執着して
様々なネガティブな連想を「わざわざ」始めます。


………………………………………………………

「うつ子さんの場合」
(これは架空の話です)


スズメさん

スッと微笑む

ん!そういえば
スズメと言えば、付き合っている彼が
スズメをエアガンで撃っていた事があった。
(妄想が始まる・・)

なんでかわいいスズメを撃つのか
意味が分からない。
私が愛鳥家と知っていて、
彼の行為は当てつけなのか。。

そういえば、最近のあの人の
考えについていけない。

なんかイライラしてきた。

そもそも私は
何であんな人と付き合ったのだろう・・
私はいつもそうだ。
私はやはりダメ人間だから、
ああいった人を引き寄せてしまっているのか。

そもそもなんで
ダメ人間の私がこの世にいるのか。。
生まれてこなけりゃよかった。

さらにエンドレスで「悶々と妄想」し、
疲れ果て、身体が鉛のように重くなり(鉛様麻痺)、
いつもの抗うつ薬・・・

………………………………………………………


さて、当ブログでよく出てきます
うつ子さんのパターンですが、

かわいらしいスズメをみて
スッと微笑んだ。
これが森田療法で言う「初一念」(純な心)です。

*仏典ですと
拈華微笑(ねんげみしょう)というお話があります。
↓(参考テキスト)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-991.html


そこで終わって、
日常業務に戻ればよいのですが、

うつ子さんの場合
『いつもの』

「うつ子 妄想ワールド」が始まります。

*(二念、三念、四念・・・・・と続きます。
そして妄想に巻き込まれ、うつ病王国から戻ってこれなくなります)


この心理パターンを修正していきませんと

薬物療法で
神経伝達物質をガンガン流しても
脳がハイテンションになるだけで、

根っこのところが何も変わっていない。

ゆえに抗うつ薬で
人工的に気分が良くなって「寛解」に行っても
再発する可能性大でしょうね。


伝統的マインドフルネス(仏式瞑想)では
この妄想グルグルモードに巻き込まれないように
トレーニング、そして矯正していきます。

「体感覚」という教材を使い
それに対する「執着」
手放す訓練をしていきます。

それは思考など精神的なエネルギーに対する
執着を手放すことにも応用できます。
(思考も体感覚も同じです)


感覚という移り変わる自然現象

全ての事象は
ただ移り変わる現象である事を悟る。
それに対し「我:が・われ」の力では
どうしようもできないということ。

「諸行無常(移り変わり)に身をゆだねる」


このトレーニングを
「正しい作法・方法で」毎日毎日行い
生活の型を作ります。

すると、そういった
脳のパターンに変化していきます。

*脳というものは、その人の普段やっている生活・行動パターンに
合わそうと変化していきます。
自分の脳(心)をどうするかは、自分次第。


また、これらを
頭の理屈だけで分かっていますと
実際、うつ病・神経症の「修羅場」が訪れた時
全く使えません。

もちろん理屈も大切ですが、
理屈は一旦横に置いておき、

毎日の正しい心理訓練で、
身体に染み込んだ時、
はじめて修羅場でも「使えるもの」になります。


---------------------------------

窓辺にとまった
スズメさんをみて
スッと微笑む

そして執着せず
次のモードに入る


逆に悪い事が
身に降りかかっても
少しムッとして
怒ってもよいですが、

それに執着せず
次のモードに入る


「純な初一念」

その瞬間瞬間の連続の中に
生きていきます。


*(マインドフルネスでは
瞬間定と言います)


その心で生活していきますと、
うつ病・神経症の方は、
生きるのがとても楽になっていきます。

---------------------------------


マインドフルネス(心理療法)で、
自身の心のパターンを具体的に修理していきますと
やがて向精神薬が要らなくなってくる人もいます。


『なぜなら、そういったものに頼らなくても
生きるのが楽になるからです』


これがうつ病・神経症からの
真の解放である。

〇〇のせい・・を一旦止め、
自分自身の心のパターンを淡々と変えていきますと
生きるのが劇的に楽になります。





【2014/07/15 09:41】 | マインドフルネス心理療法とは?     (理論編)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック