マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日はいつもの
仏教学や心理学のお話ではなく
普通のブログを書きます。

よろしくお願いします。

(今日はひとり言ですので、
個人的なお話が出てきますがご了承くださいませ)


さて、最初趣味で
何気に始めたブログも
気がつけば、4年を過ぎました。

ページ数も未公開を含め、
850ページくらいになりました。

*最初はボランティアから
この活動を始めて、はや10年になります。
昔はネットを使わず、口コミのみで行っておりました。


ブログを通して
国内・海外(スカイプによる)のクライエントさんや、

クライエントさんではなく、
リアル友達が出来たり、

ある心理カウンセラー校から
授業依頼があったり、

はたまたテレビ取材を受けたり、
様々な事がありました。

ブログはとても素晴らしいツールかと思います。


ただ、物事は陰と陽で、
イヤだった点を正直に書きますと、

ネタをそのままパクられる点ですね。
ひどいものですと、一言一句
そのままコピーしているものもありましたね。
(うちのクライエントさんの報告で知りました)

それが犯罪という事を
ご存知ない方もまれにみえます。


個人ブログにも著作権がありますので
あまりひどいものは
然るべき対処をしたものもあります。
(武士の情けで
そのカウンセラー?の名前は言いませんが)

もっともこのブログは、パクリ防止のため
核となるところは
ある仕掛けがしてありますが。


ただ、いくらネット社会でも
著者に一声かけるなど、
モラルを守ることが大切かと思います。

「一声かける・挨拶」
これはリアル社会でも
ネット社会でも同じですね。


もし当ブログの論をそのまま使いたい時は
一声かけて本人の許可を得てから、
使うとよいと思います。

逆にこういった
モラルや法的なこと分からない方が
セラピストなどメンタルを扱う仕事
やらないほうがよいと思います。

なぜなら、そういった潜在意識のパターンのまま
その人の受け持っている
クライエントさんに接してしまいますので、
クライエントさんが不幸になります。



さて、
また陽のお話に戻りましょう。

この文字を考え書くという事は
前頭前野を活性化させます。
理性脳を鍛えます。


当心理相談所のクライエントさんは
日記療法というトレーニングをします。

昔は本当に手書きで交換日記をしましたが、
(教室直接講義の場合)

現在はクライエントさんが多くなり、
手書きでは対応できないので、
電子メールにしております。


よく一般の方が
「日記を書いている人、何のためにやっているの?」
と言われる方がみえますが、

その答えは簡単です。

考えを言語化(文字)し、指を動かすことにより
前頭前野と脳の広範囲を
鍛えるためにやっています。



もう一つ、心理学で言う
「アートセラピー的効果」もあります。

潜在意識の中のモヤモヤを
絵画や作品、文字で表現する事により
情報をアウトプット

そしてその作品、メール(文字)などを
自分でみて確認する事により
(再度インプット)

心の中の情報処理がしやすくなり
モヤモヤが解消していきます。

これを心理学では
「無意識の意識化」といいます。


私も実際のカウンセリングで
お話が苦手そうな人に、
絵を描いてもらう事もたまにあります。
(絵画テスト:投影法)


ですが、もっと最強なのは
「他人を媒介し、リアルに言葉を話す」(心理カウンセリング)

これが最強の脳トレです。

言葉を考え話すというのは
右脳・左脳、脳のあらゆる分野を総動員する
最強の脳トレです。

さらに私のところは
それプラス、心理学・仏教学の講義、お勉強もしていきます。


========================


さて、
今後の方針は、コピー防止のため

ブログでは伏せてありましたところを
書籍化(紙媒体)などで出していこうと思います。


また本年、4年をターニングポイントとして
「ブログを全面リニューアル」していこうと思います。

きちんとした
サイト化をしていきます。

ただ現在カウンセリング業務が、
鬼のように多忙ゆえ、ボチボチやっていきます。


コンセプトは

新しいサイトでは「陽」の山中紹聖。
ちょっとお上品な・・論に仕立て上げていきます。


このブログも引き続き更新していきますが
これは「陰」の部分。
今までのように、この業界の裏(本音)の部分、
また、うつ病・神経症の本質的なところを
バシバシ語ってまいります。

(たぶんこちらの方が勉強になるかと思います。
全て現場の心理士の、本音で語っておりますので)


私も心理業界的に立場がありますので
お上品な表サイトを作ってまいります(合掌)

*あれ?新しいサイトでは、いつものショウセイさんのように
キレがないぞ!と思うかもしれませんが、ご容赦くださいませ。


ただ、サイト・ブログどちらにせよ
「一般的、教科書的な理論(二次情報)」+「実際の心理臨床経験(一次情報)」
+「元患者の視点」

この3大原則は保持していきます。


ネット上のサイトや
ウィキペディアをみれば書いてあるような
(つまり又聞き情報(二次・三次情報)のような)

無味無臭・意味の無い
よくありがちな、単なるSEO狙いの個人サイトには
したくありませんので。

実際の心理現場の
リアルな人間模様(一次情報)に
重きを置いて今後も書いてまいります。



それでは4年間応援してくださり
ありがとうございました。

ネットを通じ、かけがえのない出会いを
ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。


---------------------------------------

心の病は方法論がしっかりしますと
ちゃんとよくなっていきます。

「うつ病は頑張らない、永久に薬を飲んでいよう・・・」という
世間が作った、間違ったドグマ(教条)や
某業界が作ったプロパガンダをさっさと捨て

「ちゃんと心理学的理論に適った方法論で」
「頑張る」とよくなっていきます。

----------------------------------------


今日はちょっとひとり言でした。


心理カウンセラー
山中紹聖



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/06/15 08:52】 | ショウセイの心のお話&ひとりごと
トラックバック(0) |

ありがとうございます
けいこ
マインドフルネス(禅・瞑想)に出会って、今日で3年になりました。
当初、「うつ病=頑張らない」という世間の常識?に切り込んでおられる先生に
深く共感し依頼しました。
元々ある「頑張る気質」の活かし方を
心理学・仏教学、そして「うつ病=人間学」として
また日々の実践によって、総合的に学ばせて頂いております。
マインドフルネス(禅・瞑想)は、物事の本質を見抜く力を育ててくれます。

万物の事象は「陰」と「陽」で成り立っていますね。
両方あって一つ。そのバランスかと思います。
今後もリアルな現場の情報を、どうか世の中のために発信し続けて下さいませ(合掌)



Re: けいこさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> マインドフルネス(禅・瞑想)に出会って、今日で3年になりました。

おお。もう3年になりましたか。
初カウンセリングの頃が懐かしいですね。

> 当初、「うつ病=頑張らない」という世間の常識?に切り込んでおられる先生に
> 深く共感し依頼しました。

常識というものは違った角度からみますと
案外滑稽なものもありますね。
滑稽どころか有害なものもあります。

うつ病が何年・何十年も続いている方や、
新型うつ病の方に「薬を飲み続けて頑張らないで」という
世間のデマは有害そのものですね。

そのやり方で何年もやってきて、
良くなる兆しすらもないという、科学的結果が出ているのに
「薬を飲み続け頑張らないで」というのは、
うつ病の方を余計苦しませるものかと思います。

正しくは「心理療法など導入し、少し方法論を変えて頑張ってみては?」
というのが、うつ病の方にとって福音になるかと思います。

*ただし、うつ病の発症したて
急性期の方は、本当に頑張らない方がよいですので、
「頑張る」という言葉は
うつ病の時期によって、使い分ける事が肝心ですね。

慢性状態の方に「何でもかんでも頑張らないで」と言い続けますと
余計悪くなります。


> 元々ある「頑張る気質」の活かし方を
> 心理学・仏教学、そして「うつ病=人間学」として
> また日々の実践によって、総合的に学ばせて頂いております。
> マインドフルネス(禅・瞑想)は、物事の本質を見抜く力を育ててくれます。

素晴らしい発想の転換ですね。
その視点が育つのがマインドフルネスのお稽古です。


> 万物の事象は「陰」と「陽」で成り立っていますね。
> 両方あって一つ。そのバランスかと思います。
> 今後もリアルな現場の情報を、どうか世の中のために発信し続けて下さいませ(合掌)

ありがとうございます。
まさしく陰と陽でございますね。

精進を続けてまいりましょう(合掌)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ありがとうございます
マインドフルネス(禅・瞑想)に出会って、今日で3年になりました。
当初、「うつ病=頑張らない」という世間の常識?に切り込んでおられる先生に
深く共感し依頼しました。
元々ある「頑張る気質」の活かし方を
心理学・仏教学、そして「うつ病=人間学」として
また日々の実践によって、総合的に学ばせて頂いております。
マインドフルネス(禅・瞑想)は、物事の本質を見抜く力を育ててくれます。

万物の事象は「陰」と「陽」で成り立っていますね。
両方あって一つ。そのバランスかと思います。
今後もリアルな現場の情報を、どうか世の中のために発信し続けて下さいませ(合掌)

2014/06/15(Sun) 11:57 | URL  | けいこ #-[ 編集]
Re: けいこさんへ
コメントありがとうございます。

> マインドフルネス(禅・瞑想)に出会って、今日で3年になりました。

おお。もう3年になりましたか。
初カウンセリングの頃が懐かしいですね。

> 当初、「うつ病=頑張らない」という世間の常識?に切り込んでおられる先生に
> 深く共感し依頼しました。

常識というものは違った角度からみますと
案外滑稽なものもありますね。
滑稽どころか有害なものもあります。

うつ病が何年・何十年も続いている方や、
新型うつ病の方に「薬を飲み続けて頑張らないで」という
世間のデマは有害そのものですね。

そのやり方で何年もやってきて、
良くなる兆しすらもないという、科学的結果が出ているのに
「薬を飲み続け頑張らないで」というのは、
うつ病の方を余計苦しませるものかと思います。

正しくは「心理療法など導入し、少し方法論を変えて頑張ってみては?」
というのが、うつ病の方にとって福音になるかと思います。

*ただし、うつ病の発症したて
急性期の方は、本当に頑張らない方がよいですので、
「頑張る」という言葉は
うつ病の時期によって、使い分ける事が肝心ですね。

慢性状態の方に「何でもかんでも頑張らないで」と言い続けますと
余計悪くなります。


> 元々ある「頑張る気質」の活かし方を
> 心理学・仏教学、そして「うつ病=人間学」として
> また日々の実践によって、総合的に学ばせて頂いております。
> マインドフルネス(禅・瞑想)は、物事の本質を見抜く力を育ててくれます。

素晴らしい発想の転換ですね。
その視点が育つのがマインドフルネスのお稽古です。


> 万物の事象は「陰」と「陽」で成り立っていますね。
> 両方あって一つ。そのバランスかと思います。
> 今後もリアルな現場の情報を、どうか世の中のために発信し続けて下さいませ(合掌)

ありがとうございます。
まさしく陰と陽でございますね。

精進を続けてまいりましょう(合掌)
2014/06/15(Sun) 21:46 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック