マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
この心気症のカテゴリー
しばらく放置しておりましたが、
久しぶりに更新します。

・・・と、言いますのは
先日、某人気テレビ番組で心気症について
取り上げられていましたが、

時間が短かったので、視聴者の皆様は
もう少し具体的に合点がいくよう、
スッキリしたかったのではないでしょうか?


*ちなみに心気症とは簡単に言いますと、
「私は〇〇病に違いない!」という思い込み病、
神経症の一種です。
(もちろん実際検査をしても異常なし)


さて、心気症は様々な論がありますが、
☆(心気症カテゴリーで過去、いろいろな視点から語りました)

本日は私の専門とする
心理療法(マインドフルネス・仏教哲学)視点から
お話しいたしましょう。


まずはじめに。

ストレスとは何でしょうか?


以前ストレスについて、脳科学の視点から
こういったお話を書きましたが、

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1021.html


本日は、少し違った角度から入ります。
(人や症状により、ケースバイケースですので)


☆『ストレスとは、脳内の(感情などの)未処理な情報が
情報処理しきっていない状態です』



人はこの未処理な情報
(簡単に言いますと、脳内のなんだかよくわからない情報)を
スッキリさせるために

「とりあえず」の、
「あり合わせの理由」をつけて納得しようとします。

例えば、スピリチュアル系の方が、
とりあえず「なんでもかんでも霊のせい」にしておけば
とりあえず合点がいき、
いくぶん脳の情報処理がスッキリしますよね。


もちろんスピリチュアルを
完全否定するわけではありませんが、

ほとんどの場合、ご自身の心が壊れないように
こういった心理防衛をしているケースが多い。

*しかも「無意識的に」やっています。
本人は気付いていない。


また、心気症傾向の方が
何でもかんでも「〇〇病に違いない」としておけば
(もちろん病院で検査をしても異常なし)

とりあえず自身の不調の原因が
定義づけられて

いくぶん自身の心の中の
よく分からないモヤモヤが
情報処理しやすくなります。

(これはもっと深い心理的カラクリがあります。
文字に起こしますと長くなりますので、
クライエントさんには、講義でお話しいたします)


しかし、上記二つの例のような
「非常に脆弱な、ウソの情報処理」をやっても

安心感は「その場しのぎ」で、長期的にみますと
何の解決にもなりません。



その人たちの潜在意識の中にある
心理的な葛藤、トラウマなど、

それから目を背けようとすればするほど
逆に辛くなり、上記のような

不適切な心理防衛をしてしまいます。
悪循環ですね。やればやるほど
かえって問題は複雑になり、苦しみは深くなる。



A、まず上記の心理的カラクリに
客観的に気付いている事です。
(前頭前野を働かせる・スッと客観視、俯瞰する)

B、そして次に、ブログ簡易版の方法ですが
情報処理をするには、仏教心理学的に
二つのキーワードがあります。


簡単です。その情報を
「許すか和解する」

(人間関係系のモヤモヤなど)直接会って
和解出来るならば、
それが一番手っ取り早い情報処理です。


例えば、数年前、友人とケンカをし
強烈なモヤモヤが残ったまま、
会えなくなったとしましょう。

特に、うつ病・神経症の方は
数年間、頭の中で
そのモヤモヤが反芻するかと思います。

なぜモヤモヤ・イライラし、
ストレスを感じるか・・・は、

その情報に対する
情報処理が出来ていないからです。



しかし、何年かぶりに
そのケンカした友人に会った時、お互い反省し

「あの時は悪かった。すまんかった」
「いいよ。私も悪かった。仲直りしよう」

と仲良く一杯飲めば、いかがでしょう?
「情報処理が”完璧に”完結しますよね?」

当然長年のストレスは吹っ飛び
楽になるかと思います。


次に、行動系のモヤモヤでしたら、やってみて
結果が出るのか出ないのかハッキリさせる。
そしてどちらの結果も受容する。


・・・ですが、「大人の諸事情」により
直接和解できない、行動できない場合

心の中で、そんな自分を他人を・・
「こっそり」許します。



この「許す」という脳内情報処理
かなり強烈なパワーがあります。


自分自身を許せないと、
他人が許せなくなります。

他人を許せないという事は、
自分を許せていないからです。



さらに許せない・・・!!が
脳内にこびりつきますと

自分自身の人生すら、存在すらも許せなくなり
自殺念慮などの自己破壊系に向かいます。


上記A、Bは簡易版ですが、軽いものでしたら
徐々に(時間はかかりますが)許せていくでしょう。

しかし、心の病的重いものでしたら
熟練した心理士に、マンツーマンでついてもらい

マインドフルネスなどの心理療法で
潜在意識(無意識レベル)の根っこの部分から、
一緒にお掃除していきます。


本日は、たまたま心気症について語りましたが、
心の病というものは、マインドフルネスの視点から言いますと、
「根っこの部分は共通している部分が多い」

その根っこが、その人の環境や個性、成育歴など
諸々の要因により

うつ病と出るか、神経症と出るか、
その他精神疾患と出るか・・・ということです。


さて、これらの問題は、お気づきかと思いますが、
「薬物療法では一生解決しませんよ」


*(もしウソだと思いましたら、抗うつ薬・抗不安薬を
何年も飲んでみてください。本当に解決しませんので)


心理療法(訓練)は、
少し自助努力が必要ですが、

トラウマや心理的なゴミは
「心理(精神)療法」で根絶していきます。


惰性で薬をズルズル飲み続けるのではなく、
「具体的な策」「可能性のある策」を打っていく事です。


「兵は詭道なり(孫子の兵法)」
策無き戦(いくさ)は負け戦です。

心の病の闘病も同じ。





心理カウンセリング(コーチング)、心理療法
お問い合わせ・お申し込みは、コチラのホームページからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/


FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2014/06/09 13:33】 | 心気症 「思いこみ病!?」
トラックバック(0) |


たまご
読むだけで救われました。
ありがとうございます。


Re: たまごさんへ
ショウセイ
いえいえ。こちらこそ
長い文章読んでいただきありがとうございます。

また、これを理解できるたまごさんは、
とても能力の高い人かと思います。

2度目のコメントです
りんりん
主人が心を病んでいます。
先生の仰るように、薬物や病院では
治らないと本人も私も考えていて
信頼出来る精神分析の先生の所で
カウンセリングを受けていましたが、
あまりにも主人の状況が酷く、
一緒にいる私まで倒れそうになり
病院へ入院させました。
家で見るには限界があります。
私もクタクタですし、守らなければいけない子供もいます。
本人が1番辛いとは思いますが
家族も本当に苦しいです。この私の苦しみはどうしたら良いのでしょうか?
負のエネルギーに引っ張られないように
出来るのでしょうか?私までおかしくならないか不安です。
長々とすみません。

Re: りんりんさんへ
ショウセイ
りんりんさん、こんばんは。

> あまりにも主人の状況が酷く、
> 一緒にいる私まで倒れそうになり
> 病院へ入院させました。
> 家で見るには限界があります。

大変な状況お察しいたします。
そういった急性期は、入院も一つの選択肢です。

まず入院&薬物療法で、状態が落ち着くまで待ちましょう。


> 私もクタクタですし、守らなければいけない子供もいます。
> 本人が1番辛いとは思いますが
> 家族も本当に苦しいです。この私の苦しみはどうしたら良いのでしょうか?
> 負のエネルギーに引っ張られないように
> 出来るのでしょうか?私までおかしくならないか不安です。

全くその通りです。お気持ちよく分かります。
本人様も大変ですが、ご家族のメンタルヘルスも考えていきませんと
支える人も、うつ病になってしまいます。

むしろまず、支える人が心理療法などで
メンタル的なスキルを身につけておき、

その動じぬ心で患者さんに接しますと
その「安心感・安定感」で患者さんも
癒されるかもしれませんね。

こういったケースは、周りの人の
精神的安定感も必要かと思います。



りんりん
お返事、ありがとうございます。
今は私が主人がお世話になっていた
カウンセリングの先生の所へ通い
話を聞いてもらっています。

Re: りんりんさんへ 2
ショウセイ
> 今は私が主人がお世話になっていた
> カウンセリングの先生の所へ通い
> 話を聞いてもらっています。

そうですね。
こういった問題は、独りで考え込みますと
どんどん辛くなりますので、

自分に合った理論・技術を使う、信頼できるカウンセラーの先生に
ついてもらうとよいですね。

特に苦しみの渦中にいる時、
専門家がついているのと、そうでないのとで
安心感が全然違うと思います。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
読むだけで救われました。
ありがとうございます。
2014/06/09(Mon) 23:40 | URL  | たまご #nEx7PFYA[ 編集]
Re: たまごさんへ
いえいえ。こちらこそ
長い文章読んでいただきありがとうございます。

また、これを理解できるたまごさんは、
とても能力の高い人かと思います。
2014/06/10(Tue) 00:52 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
2度目のコメントです
主人が心を病んでいます。
先生の仰るように、薬物や病院では
治らないと本人も私も考えていて
信頼出来る精神分析の先生の所で
カウンセリングを受けていましたが、
あまりにも主人の状況が酷く、
一緒にいる私まで倒れそうになり
病院へ入院させました。
家で見るには限界があります。
私もクタクタですし、守らなければいけない子供もいます。
本人が1番辛いとは思いますが
家族も本当に苦しいです。この私の苦しみはどうしたら良いのでしょうか?
負のエネルギーに引っ張られないように
出来るのでしょうか?私までおかしくならないか不安です。
長々とすみません。
2014/06/10(Tue) 11:03 | URL  | りんりん #a4WawVow[ 編集]
Re: りんりんさんへ
りんりんさん、こんばんは。

> あまりにも主人の状況が酷く、
> 一緒にいる私まで倒れそうになり
> 病院へ入院させました。
> 家で見るには限界があります。

大変な状況お察しいたします。
そういった急性期は、入院も一つの選択肢です。

まず入院&薬物療法で、状態が落ち着くまで待ちましょう。


> 私もクタクタですし、守らなければいけない子供もいます。
> 本人が1番辛いとは思いますが
> 家族も本当に苦しいです。この私の苦しみはどうしたら良いのでしょうか?
> 負のエネルギーに引っ張られないように
> 出来るのでしょうか?私までおかしくならないか不安です。

全くその通りです。お気持ちよく分かります。
本人様も大変ですが、ご家族のメンタルヘルスも考えていきませんと
支える人も、うつ病になってしまいます。

むしろまず、支える人が心理療法などで
メンタル的なスキルを身につけておき、

その動じぬ心で患者さんに接しますと
その「安心感・安定感」で患者さんも
癒されるかもしれませんね。

こういったケースは、周りの人の
精神的安定感も必要かと思います。
2014/06/10(Tue) 19:08 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
お返事、ありがとうございます。
今は私が主人がお世話になっていた
カウンセリングの先生の所へ通い
話を聞いてもらっています。
2014/06/10(Tue) 20:02 | URL  | りんりん #a4WawVow[ 編集]
Re: りんりんさんへ 2
> 今は私が主人がお世話になっていた
> カウンセリングの先生の所へ通い
> 話を聞いてもらっています。

そうですね。
こういった問題は、独りで考え込みますと
どんどん辛くなりますので、

自分に合った理論・技術を使う、信頼できるカウンセラーの先生に
ついてもらうとよいですね。

特に苦しみの渦中にいる時、
専門家がついているのと、そうでないのとで
安心感が全然違うと思います。
2014/06/10(Tue) 21:13 | URL  | ショウセイ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック