マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
自我(われ)に凝り固まると
視野が狭くなり

認知の歪みが生じます。

*うつ病・神経症的、認知の歪みとは
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-28.html


自我に凝り固まる=「スコトーマ」がかかった状態です。
*スコトーマ:心理的盲点・視野の狭さ


例えば、

・他人も自分の思い通りに考え、行動しないとイライラする。
・自分の境遇は、全て環境や他人のせい。
・自我の力で何でもできる。
・共感力が無くなり、頭が固くなり、ジョークが通じなくなる。
(そして職場で孤立する)
・おかしな正義感と、しょうもないプライドにしがみつく。

などなど。


現代型うつ病に多いパターンですね。

*もちろんこれらは誰しもありますが、
ここでは、病的なレベルになり、
うつ病・神経症になっている状態を言います。


自我中心の啓発法をやりすぎますと
こういったタイプのうつ病・神経症を助長してしまいます。


この「スコトーマ」
かかった状態の時に

自分自身、また環境に対し
おかしなストレス反応を起こします。

そして職場・人間関係など
トラブルを起こしたりします。


このスコトーマを外すには、
「抽象度」を上げていきます。


-------------------------------------------

A、
会社員、うつ子さんの場合。

小 「”私が”作り上げやっている仕事だ」
(会社のお局に、こういった人いませんか?(笑))

中 「この部署のチーム全体でやっている仕事。
私はその中の一部」

大 「この部署も会社の一部。
全体で組織で行っている仕事。私もその中の細胞の一つ」


B、
哲学者、うつ夫さんの場合。

小 「自我こそ全て」「我思うゆえに我あり!」
「私はもっとすごい人生を歩むべき人間だ」

中 「その我(われ)も、日本の中のひとりです」

大 「私(我)だ!と言っていても、地球の中では
地球を構成する、単なる細胞の一つです。チリのようなもの。
私達の人生も地球の中の循環物です」

などなど・・・


☆抽象度が上がっていくにつれ
「自我・我(が:エゴ)」が緩んでいっていますね。

*皆様も、いろんな例を作ってみてください。


--------------------------------------------

マインドフルネスや
禅のお稽古を行っておりますと

小→大

大→小

マクロな視点、ミクロな視点


カメラのピントを操作するように
自由自在に変換しやすくなります。


これを般若心経で
「観自在菩薩」(かんじざいぼさつ)といいます。
般若心経の冒頭の部分で有名ですね。

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時・・・
(皆さんもこのフレーズは聞いたことがあるでしょう?)


観自在菩薩(かんじざいぼさつ)とは、
別に神様みたいな神々しい物ではなく

カメラのピントを大きくしたり小さくしたり
自由自在に、視点を変換させることが出来る
柔軟な視点をもった人の事です。


*またこういった視点を仏道・禅では
「正見」と言います。


当授業で最後の
仏式瞑想(マインドフルネス)のお稽古に入るとき、

「私達も地球を構成する細胞の一つですよ」
というのは、そういった意味合いです。

抽象度を上げる脳を作っております。


もっと究極な抽象度は
上記Bのケースで

「私達も地球を構成する細胞の一つ」

「137億年の悠久なる宇宙の細胞の一つ」


私達人間は「自我の強化!」や「我思うゆえに我あり!」と
偉そうに言っておりますが
しょせん宇宙を構成する細胞(チリ)の一つです。

そこに我(エゴやわがまま)も成り立ちません。



話が大きくなりすぎ、
宇宙まで行ってしまいましたので、
視点のピントを地球のミクロ(日常)に戻します。


会社で
オレ様おかげで業績が上がったんだ!
私がいたから!・・・

また逆に
私のせいで!
私がこの会社にいるからダメなんだ!・・・など


「スコトーマがかかっている事」に、
スッと客観的に気付き、抽象度を上げます。

そうしないと
スコトーマにより「認知の歪み」が生じ

会社で、また自分自身の心の中で
「トラブルが絶えなくなりますから」


職場でもこういったスコトーマがかかっている人は
大抵嫌われますね。

もしくは極端に自虐的になり、うつ病になります。


*このスコトーマをスッと外し
抽象度の高い視点で、現状を俯瞰する事を
認知行動療法では「リフレーミング」と言います。


ただ当ブログで何度も主張しておりますが、
こういった事は頭の理屈だけですと、
実際役に立ちません。


もちろん理屈・理論的なものも大切ですが、

行動療法で心理学的トレーニングをして
身体レベルで理解していかないと
実際、「うつの修羅場」が訪れた時に使えません。


うつ病は理屈だけですと治りません。


専門家についてもらい、
病院の薬物療法に加え、
心理士による心理(精神)療法もプラス

薬物療法+心理療法=「総合的な視点」で
対応していくのが望ましいかと思います。




「当カウンセリング・心理療法のホームページ」
お問い合わせ・お申込みはコチラからどうぞ。


http://www.mindfulness758.com/


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/06/01 12:39】 | 「リフレーミング」モノの見方を変えよう!
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック