マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
森田療法
絶対臥褥(ぜったいがじょく)
在宅バージョン

森田療法を使ったカウンセリング



私が昔、
うつ病(&強迫性障害)患者時代、
こんなことがありました。


例えば、
うつ病発症したての急性期、

もしくは、少し
安定した状態に入っていても


次の日突然、
谷底に突き落とされるような

不調な日が
来ることがあるかと思います。



~「うつ病の大きな波」~


例えば、昨日は
回復したか・・のように

晴れ晴れしていたのだが

「今日は一転し、
どん底のうつ状態」

「これは一体なんなんだ」


このように、
どん底の鬱の日。。


そういった時は、
そのうつ症状を何とかしよう!と

はからい、あがくと かえって、
ひどくなることがあります。


クモの糸に
虫が引っかかって、

あがけばあがくほど
糸が身体に絡まり

余計抜けられなくなるように。



順調に心理療法で
回復に向かっていたのに

突然どん底の鬱の谷に
突き落とされた時、


うつ病患者さんは、

「せっかく回復していたのに、
全てが台無しだ・・
私はもう何をやってもダメだ・・」

などと思いがちですが、


~~~~~~~~~~~~~~~~
安心してください
「そういったもの」です。

「あなただけではなく、
みんな同じです」

ですが必ず
回復していきますので大丈夫です。
~~~~~~~~~~~~~~~~


うつ病の回復とは
「波」です。
そういったものです。

うつ病闘病は、
波に翻弄されますが、

根気よく
心理療法を続けていきます。


すると鬱の大波が
やがて「小さなさざ波」に
なっていきます。


*ただし人間が生きる限り、
小さな波は無くなりません。

小さな波も無くなってしまったら
それは死です。

生きているから
「気分の波」があります。
生きている証拠です。



ただ、うつ病
闘病中の波は不規則、
かつ大きな波です。

波が「あまりにも」ひどい時、

森田療法の絶対臥褥
(ぜったいがじょく)に入ります。



まず、それ(鬱の波)を
何とかしなくてよいですから、

布団に寝て、
流れに身をゆだねてください。

何もしなくてよいです。


------------------------------------------------------
一切の「わたくし(我)」を放棄し、
自然に服従し、完全に流れに
身をゆだねてください。
------------------------------------------------------


「何とかしなければ!」が出ましたら
「即座に手放し捨てます」

一切の「はからい」を捨て、
流れに身をゆだねてください。


*当カウンセリングで
お稽古した方でしたら

布団で出来る
マインドフルネス瞑想をしましょう。

スッと「あるがまま」
よい状態に入ります。



たとえば、頭の中に、

「会社の失敗の思い出が
浮かんで来たら、
即座にスッと手放し捨てます」

「屈辱的な過去の記憶が
浮かんできましたら、
即座にスッと手放し捨てます」


*心理療法のお稽古だと思い、
作業的に淡々と行ってみます。



強引に
かなぐり捨てるのではなく・・

~~~~~~~~~~~~~~
確認はするが受け取らない
~~~~~~~~~~~~~~

放っておきます。

もし、掴んでしまったら
スッと手放す。


ただ、ただ・・

川に流れる
木の葉のように

流れに身をゆだねて
しまいましょう。



一切の
「わたくし(自我:エゴ)」を放棄し

流れに完全に
身をゆだねてください。



絶対臥褥を続け、

数日(数時間)くらいしますと
自然に「何かやろう・・」が
出てきます。

あくまで「自然に」です。



我(が:エゴ)から出た
「何かやらなくちゃ!」はNG。
捨ててください。

それは「義務」になっています。
余計疲れます。

あくまで蝶々が空を飛ぶように、
魚が川を泳ぐように

自然な「なにかやろう」です。



自然な何かやろう・・が
出てきたら

どうぞ無理のないように
日常生活・
社会活動に戻ってください。


これが森田療法の
「絶対臥褥」
在宅バーション。


*ちなみに入院森田療法では、
もっと厳密に行います。
これは在宅バージョン。

(私もうつ病&強迫神経症の患者時代、
この方法を実際行っておりました)



うつ病の方は
几帳面で完璧主義が
多いですから

少しでも
鬱がひどくなると

「あぁ。もうダメだ」
「やはり心理療法もダメだ」みたいに

100か0か思考で
「勝手に決めつけ」落ち込みます。


*二極(完璧)思考:
うつ病者独特の認知の歪み、モノのとらえ方。

↓(詳しくはこちら)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-28.html



いいえ。
ダメではありませんよ。

うつ病を患う方、
みんなそうです。


私も患者時代そうでしたし、

今まで14年、
当カウンセリングにいらっしゃった皆様、
みんなそうです。


でもね・・

なんだかんだ言って、
皆回復して

当心理相談所を
巣立っていきますから面白い。


「もうダメだ!」と決めつけず、

何も狙わず期待せず、

淡々と心理療法生活を
送ってみてください。

いつの間にか、
回復しているものですよ。





はい。長くなりましたので
最後にポイントを絞りますと、



うつ病急性期、あるいは

↓(うつ病の各時期の詳しい説明)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-5.html

その他の時期で
たまに訪れる

どん底の
うつ状態が来た場合、


『一切の「わたくし(我:エゴ)」を放棄し、
「絶対臥褥」
完全に流れに身をゆだねてください』


-----------------------------
大河を漂う
木の葉のように  
-----------------------------



うつ病・神経症は
必ず回復しますから、

すぐに安直に
結論を出さず、

淡々と心理療法生活
マインドフルネス・森田療法)を
続けてみてください。


大丈夫です。


心理療法家
(心理カウンセラーなど)に
ついてもらい

心理療法を取り入れた生活を
してみてください。

必ず楽に
なっていきますから。









 当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。
(申し込みフォーム)
http://mindfulness-arugamama.com/mail




当心理療法プログラムの詳しい説明
↓(オンライン対応)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html


 無料メルマガをどうぞ。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html


*「当心理相談所、
13年運営のポリシー」*

・当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。

・またサプリや霊感グッズなど、
おかしな物品販売・勧誘等も一切ありません。

・悪質な自己啓発セミナーのように、
個別にしつこく勧誘・
セールスすることも一切ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページ・音声などは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。







【2014/05/04 12:41】 | うつ病 「療養中の心得」
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック