マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「兵は詭道(きどう)なり」
(孫子の兵法)



あるところに、
負けっぱなしの将軍がいました。


将軍は今日も

大うつ王国の
双極砦を陥落させようと
奮戦しております。


将軍の戦法はいつも「正面突撃」

かかれ~!

ワー!!


双極砦では
「待ってました」と言わんばかりに

愚直に正面から攻めてくる
将軍に向け、鉄砲・弓矢の雨あられ・・・

そしていつも将軍の部隊は壊滅。。


いつもいつも
正面突撃。

いつもいつも
負けっぱなし。


とうとう将軍は
敵に捕らえられてしまいました。

無念。。


------------------------------------------------


さて、軍記モノみたいなお話を書きましたが
このたとえは、


うつ病を攻略しようと、
いつもいつも愚直に薬物療法一本で向かっていき、
何の効果もない。

あるいは
少しよくなっては再発を繰り返している状態。


正面突破では「砦(うつ病)」を落とせません。

何回も突撃して結果が出ているのに
何でまた同じ戦法(薬物療法一本)で行くんですか?



「兵は詭道なり」
(策無き戦は負け戦)


砦が正面から突っ込んでダメだったら、

源平合戦の源義経のように
砦の後ろの崖から、
あり得ない方向から、騎馬隊で突撃をかけたり、


鉄壁の砦に対し、
大坂城を開城させた徳川家康のように
大砲(ブリキトース砲)をぶっ放したり、


敵の砦にスパイを送り込み、
指揮命令系をめちゃくちゃにしたり、


砦から上手に誘い出し、
鶴翼の陣で包囲し殲滅したり、


その他
「兵糧攻め」「水攻め」「火攻め」・・・


*けっして、
わざわざ敵にやられに行くような
愚直な正面突撃はしない。



様々な「策」を使う事です。

大うつ王国は手強い。
そして双極砦も鉄壁の守り。

ならば「策」を使うまで。
策を使って敵を殲滅す。


それは心理(精神)療法や、
TMS、心理カウンセリングなど・・・

正面突破(薬物療法一本主義)でダメだったら
他の攻撃法があります。


何年・何十年も正面突撃(薬物療法)して
結果が出ないのなら
何でそれを愚直に続けるのでしょうか?



一歩下がって「砦(うつ病)」全体を俯瞰します。

すると様々な戦法があります。

自ずと、どの戦法を使えば砦は陥落するかが
観えてくるのではないでしょうか。


戦国時代の武将も
自分独りですと視野が狭くなり、
全体が観えなくなるので


常に「軍師(兵法家)」という人を
そばに置きました。

(現在の大手企業でも、
常に監査を外部に依頼したり、コンサルタントを入れますね)


koumei.jpg
(諸葛孔明)


軍師はいつも全体をよく俯瞰しています。
そして効果的な戦法を授けます。
(ただしその効果的な戦法を、生かすも殺すも、
将の力量次第です)


うつ病で何年・何十年も
薬物療法一本主義のやり方で

何も進展が無いのなら
軍師(心理士・心理療法家)をつけてみる事を
おすすめいたします。


黒田官兵衛
(黒田官兵衛)


精神科医は心の専門家ではなく
「薬の専門家」です。
つまり薬物療法のプロです。

対して私達、心理士は心理学のプロ。
「心の専門家」です。
全く違う角度から入っていきます。

心理のプロが、戦法を伝授します。


「兵は詭道なり」(孫子の兵法)


うつ病軍師
山中 官兵衛



「当カウンセリング・心理療法のホームページ」
お問い合わせ・お申込みはコチラからどうぞ。


http://www.mindfulness758.com/


ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/05/02 06:27】 | うつ病
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック