マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ的気質の持ち主は

物事に対し
「面倒くさい」「億劫」になりがち。

もっとひどいと、面倒くさくて、億劫で、やる気が起きず、
身体に鉛を背負ったみたいに重くなり(鉛様麻痺)
一日中布団から出られない・・・


今回は、この面倒くさい&億劫の
「仏教心理学的メカニズム」について
語ってまいります。


まず結論から言いますと、

面倒くさい・億劫の裏側には
「もっと楽を貪(むさぼ)りたい」という
願望が潜んでいます。

つまり、面倒くさいは
楽に対する渇望の裏返し」


二つの渇望があります。

-------------------------------------------------------------

①まず行動して面倒な事をするより、
布団で寝ていたい。安楽を貪りたい。

②何かやりたいが
うつ的気質の方は100%MAXを計画し目指しがち。
・・・ですが、100%なんて出来っこない。
ならば初めから「やらない」 → つまりヤル気が起きない。億劫。

*うつ・神経症的気質独特の
100か0か完璧思考(二極思考)

↓(うつ病思考:認知の歪みより)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-28.html

-------------------------------------------------------------

マインドフルネス仏教瞑想では
こう対処します。

「上記の渇望(渇愛)に対する
執着を緩める」



面倒くさい・億劫の
根っこを断ちます。

渇望(煩悩)のエネルギーを
手放せば手放すほど

どんどん「面倒くさい・・・億劫」が
小さくなっていきます。


(もっと言うと、神経症の
強迫観念も小さくなっていきます)


「え!?渇望するからこそ
行動出来るのではないんですか!?」


いえいえ。

うつ病の人には
「その健常者の一般論」は全く通用しません


むしろ、その「健常者のよくある一般論」で
行動しようとすればするほど

それが出来ない自分がますますイヤになり
余計うつ病がひどくなります。


うつ病・神経症がひどい方は

渇望(煩悩)を手放せば手放すほど
「”自然な”行動力が出てくる」


これは面白い仏教学的パラドックスです。


……………………………………………………………

うつ病「布団の中で仏教瞑想」
~布団DE禅~


ある日、うつ病で・・・

「あぁ身体がだるい。
面倒で何もやる気がしない」


布団の中で悶々とす・・・・


「マインドフルネス仏教瞑想を始めよう」


ギラギラした渇愛を手放す

安楽を貪(むさぼ)りたい・・を手放す

意欲を出したい!も手放す

意欲が出ない。
なんでやねん・・・も手放す

もっともっと
やらなくちゃ!を手放す


・・・・・・

・・・


ついでに

わたくし(我・われ)も
捨ててしまえ!
(無私・無我)


・・・・・


どんどん心身が身軽になって
大自然と一体化し

「”いのち”の自然な動きが発動します」


どんどん身軽になり・・・

うつで身体に
鉛を背負ったみたいに
動かなかったのがウソみたい。

(うつ病の
特徴の一つ鉛様麻痺:えんようまひ)


自然に行動に移せるようになります。


--------------------------------
さぁ。布団から脱出しよう
--------------------------------


今日のお仕事や家事に
自然に取りかかれます。


……………………………………………………………


禅・仏式瞑想(マインドフルネス)の
境地のお話を書きましたが


今日のお話まとめますと

上記のように「渇望(煩悩)を緩める(手放す)と、
自然な動き(行動)に移せます」


「渇望を手放すと動ける」

(この特殊な瞑想技術・テクニックは
当カウンセリングにて、「具体的に」お稽古します)


渇望・渇愛(煩悩)の炎を
燃やせば燃やすほど

かえって物事全般が
「面倒」になり、億劫になり
ヤル気がなくなります。


うつ病・神経症がひどい時
渇望を手放すと→嫌悪もなくなっていき・・

心の迷いが晴れ、
心身が自由になっていきます。

うつ地獄からの真の解放

究極の境地


今日のお話のシステムが、鉛様麻痺
(鉛を背負ったような身体のだるさ)、

また、うつ病の心のドロドロ
「本当の正体」である。


*ただし、これらは頭の理屈ではなく
実際マインドフルネス仏教瞑想を修練しないと
体得できません。


~不立文字(ふりゅうもんじ:禅語)~

うつ病が真に治るということは
頭の理屈ではなく「境地」の問題

ここは、ちょこっと調べて楽に治そうとする
「ネット万能主義の現代人」
いつまで経っても
うつ病や神経症(不安障害)が治らないところですね。

ネット万能主義の現代人は
頭の理屈だけで「やろうとしない」


この禅や
仏教瞑想(マインドフルネス)の世界は

ネット万能主義の現代人に、
また「薬物療法万能主義の現代精神医学」に・・
ペロッと赤い舌を出したようなものです。

「”それではうつ病・神経症は治りませんよ”」・・・と。



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


【2015/01/28 14:01】 | 「鉛様麻痺」 うつ病の身体のダルさ
トラックバック(0) |