マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「大人のお稽古事のコツ」
~マインドフルネス&森田療法編~



うつ病・神経症・パニック障害など
心の病を治すため、
マインドフルネスを訓練していきます。

「マインドフルネス認知療法」は
個人差はありますが、最初の1~2ヶ月、
先生に教えられた通り実施しても

眠くなったり、やり始めるのが億劫になったり・・
(これは、どんなお稽古事でも同じですね・・)


これは潜在意識が「抵抗」しております。

意識、無意識


潜在意識というものは

・新しいパターンに慣れるのが遅い。
・複雑・難しい事が理解できない。
・生活の変化に対応するのに時間がかかる。

こういった
融通の利かない特徴がありますが・・


ひとたび動き始めると

ものすごくパワフル&ダイナミック。
「うつ病的人生を変える力」があります。



潜在意識を動かすには

・毎日同じ指令を与え続ける。
・シンプルな事をやり続ける。
・あまり複雑な思考はしないほうがよい。
思考・感情は止め「淡々と」機械のようにやり続ける。


潜在意識は
方向付けがしっかりしてきて
動き始めると、もう止まらない。
目標達成に向かい、それほど苦労しなくなります。

水車は最初の一回し、二回しは労力が要りますが、
回り始めますと、後は勝手に回り続けます。


潜在意識も同じ。


例えばイチロー選手が
あれだけ鬼のように練習していても
本人は、楽しく当たり前にやっているといいます。

周りから見れば
「なんであれだけ努力が出来るの!?辛くないの!?」と
思うでしょうが、本人はそれほど苦痛じゃない。

「潜在意識の波に乗ってしまっているからです」

*例えば、イチローさんはバッターボックスに立った時、
袖をスッと・・いつものパターンをやるのも
潜在意識に流れを作っております。



潜在意識・・といいますとオカルトっぽく聞こえる方は、
脳で説明ができます。

脳神経細胞「ニューロン」の「シナプス結合」

人の思考・行動パターンは
「ニューロンの繋がり方と言っても過言ではありません」

↓(詳しくはコチラ: 特に鬱病の方はお読みください)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-742.html


毎日毎日、同じパターンを繰り返しますと
「一つのニューロンの繋がりパターン」が出来ます。

さらにそのパターンに、
毎日毎日、電気信号を流しておりますと
そのパターンが「固定」されます。

これが「新しい技能が身に付いた」ということ。


ニューロンのシナプス結合を作っていくには
「まず最初の三ヶ月踏ん張ってください」

特定のニューロンの繋がりパターンが出来ます。


最初の三ヶ月以内は、面倒くさかったり
眠くなったり、やる気が出なかったり・・・

これは、今まで長い間、電気信号を流してきた
古き悪きクセ(慣れたニューロンの繋がりパターン)に
戻ろうとしているからです。


古き悪きクセを止めますと、
古き悪きニューロンのパターンへの
電気信号の「供給」が止まります!

すると、
その悪い癖のニューロン、シナプス結合は
淘汰されていきます。
(グリア細胞が処理します)


最初の三ヶ月を踏ん張って突破しますと
いくぶん続けるのが楽になってきます。

人生の善い水車が回り初めました!


このように
「心理学の潜在意識論」と「脳科学」はイコールです。



もっと別の視点で言いますと

2~3ヶ月目くらいに
こんな体験をするとよいでしょう。


うつ病・神経症が「ものすごく辛い時」、
先生に言われた通り、
念入りに、念入りにマインドフルネスを実施して

サーっと・・うつ病、神経症思考が
青空のように晴れてくるのを
一度でも体験してみてください。


aozora.jpg
その時・・・
「うおっ!下手な抗うつ薬より効くぞ!!」


すると脳内では
報酬・快楽物質「エンドルフィン」「ドーパミン」が流れ出します。

この「たった一度」の成功体験で
脳内にドーパミンを放出しますと

また脳が、それ(ドーパミン)ほしさに
その正しい行動パターンを
「本能的に」繰り返そうとします。

これを脳の強化学習といいます。


そしてまたドーパミンが得られますと
どんどん善きクセがつきます。
止まりません(笑)

毎日マインドフルネスを行うのが
それほど苦にならなくなります。

それどころか、脳のレベルがアップしてくるのが
RPGゲームみたいに楽しくなってきます。


あとは、お好きなように
うつ病・神経症から回復してください。



人は「義務」で何かをやりますと、まず続きません。
イヤになります。

しかし、「欲求」(ドーパミン)で行いますと
物事はよく続きます。

・・・というか楽しい


どうか楽しんで
うつ病・神経症、心の病を克服してください。

(でも最初の1~2ヶ月は踏ん張ってね。
サポートしますから)


今日は
うつ病など心の病を治すための
「マインドフルネス心理療法の訓練」を例に挙げましたが、

歌・体操・音楽など・・・
世のお稽古事は全て同じシステムです。


今日のお話。
「潜在意識論」と「脳のシステム」を覚えておいて
社会人の皆様は、お稽古事に挑んでみてください



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2013/01/30 11:39】 | うつ病と 「脳について」
トラックバック(0) |

こんにちは!
プラトヤー
さて潜在意識の抵抗でふと思ったんですが、
私は女の子といい感じになると
なぜかポカをやらかすことが多いwwww

一人に慣れてるから、変化がおこることに
抵抗されたのではないか?

筋トレとか勉強みたいなひとりでできるものを
習慣として定着させるのは
得意なんですが、他の分野は苦戦してますww

Re: プラトヤーさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 私は女の子といい感じになると
> なぜかポカをやらかすことが多いwwww
> 一人に慣れてるから、変化がおこることに
> 抵抗されたのではないか?

なるほど。よい視点ですね。
プラトヤーさんの脳内で、古き慣れた
ニューロン、シナプス結合パターンにどうしても
電気信号が行ってしまうんですね。

> 筋トレとか勉強みたいなひとりでできるものを
> 習慣として定着させるのは
> 得意なんですが、他の分野は苦戦してますww

逆に言いますと、そこがプラトヤーさんの
才能であり、良いところかと思います。

苦手なところはほどほどに、
得意な面をもっともっと伸ばし
ランボーのような最強の孤男になってはいかがでしょうか?

そんなカッコいい孤男はモテますよ!

自分の得意な面を伸ばしていく事が、
その人の生きる使命であり、
結果、社会貢献になるかと思います。


コメントを閉じる▲