マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
今日は大晦日ですね。

除夜の鐘を聴きながら
仏式瞑想をして過ごすのも風流かと思います。

私もお香をたいて
仏式瞑想をして過ごします(合掌)


*写真は我が家の坐蒲(ざふ:坐禅専用座布団)です。
この坐蒲は仏式瞑想用だけでなく、パソコン仕事するときも
スッと背中が伸び、猫背にならず
仕事が楽なのでお気に入りです。

坐蒲


さて、今年最後の講話をいたします。
よろしくお願いします。


「除夜の鐘を利用した
マインドフルネス仏式瞑想」



祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり・・・


除夜の鐘が
ゴーン・・・と鳴りましたら
その鐘の音が


ゴーン・・・

ゴーン・・

ゴーン

・・・


生起して
生成して
消滅する・・・
のを

耳で淡々と観察しましょう。


この諸行無常の理
全ては変滅・移り変わる・・

人は目の前のもの
大切にしているもの

全ては変わらず永遠だ・・と
様々な「勝手な想いや願い」を入れ
錯覚しがちです。


この「錯覚」
全ての苦しみの元なんですね。

ネガティブな思考も想念も
目の前にあるものも
私達の身体でさえも・・

生起→生成→消滅していきます。


この自然の理、そして「事実」を
純粋に観察することで

あらゆる心の苦しみは
緩和されていきます。


除夜の鐘の音が変滅するのも

心の苦しみが変滅するのも
同じなんですね。


全ては変化・変滅していきます・・

変滅していきます・・・

うつ病・神経症・・・
心の病の苦しみも
諸行無常の理にゆだねてまいりましょう。



今年一年、

失敗したこと
恥ずかしかったこと
迷惑かけたこと
悔しかったこと
怒り、嫉妬・・

全てのネガティブな感情
全て手放し

諸行無常にゆだねてしまえば
「全てが浄化され許されます」

人生すべてが癒しの「プロセス」の中・・



それでは皆様
よいお年をお迎えくださいませ。
今年一年ありがとうございました




仏式セラピスト
山中紹聖




FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2012/12/31 06:11】 | マインドフルネスと音
トラックバック(0) |