FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
以前、精神科領域の診断の
脆弱性について述べました。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-998.html


本日は、最近やたら心気症的に
双極性障害Ⅱ型(躁うつ病)を名乗る方が
増えてきたように思いますので(診断乱発による)
少しアンチの視点でお話ししてまいります。

*(尚、今回のお話は一「元患者」としての
個人的見解ですのであしからず)


メンタル系の病院というものは

診断の確定が「あやふやな自己申告」と
「担当精神科医のモノのとらえ方」ですので、

「伝え方」を気をつけなければ、
おかしな病気にされてしまう事もあります。

あと精神科医も人間ですので、
それぞれの「モノのとらえ方」があります。


「躁エピソードの考察」

例えば、若い子で
夜中にどんちゃん騒ぎしたり、
電話で友人に将来の理想を高らかに語ったり、

はたまた、ちょっと気分が落ち込み
メランコリックになったり・・

そういった事を憂鬱な表情で
医師に言ってしまうと「躁病」
または「双極性障害」と診断されてしまうケースも
あるかと思います。


しかし、ちょっと待ってください。

それは病気ではなく、
「若気の至り」というものであって、

お医者さんだって若いころ、
そういった事あったでしょうに。。
それは躁エピソードなんですか?

これでは
国民全員が双極性障害になってしまいますね。


こういった今振り返ると
顔から火が出るほど恥ずかしい「若気の至り」的なこと
誰だってあるでしょう?
(私自身も恥ずかしながら、若い頃めちゃくちゃやりました)

これは健全な事です。
これに対し「躁病」の薬を出されたら
たまったものじゃない。



もちろん中年期以降でも
会社の同僚と仕事論を語り、気分が高揚して
やんちゃしてしまう、ちょいワルな大人もいます。

ちょっと元気な時、頑張りすぎてしまう事もあります。


これらは、むしろ健全な事です。

これが人間社会です。
これが人の世の営み、文化です。


何でもかんでも
病気のカテゴリーに当てはめられると困りますね。


ちなみに「DSM-Ⅴ」(最新版の診断マニュアル)で
「軽躁エピソード」みていますと、

*(そのまま転載すると問題になりそうなので、
ここでは記載しません)

人の世で誰しもある事を、
さも病気のように書かれております。


一般の方で冷静な目が無い人
あれを見てしまいますと
「心気症」(思い込み病・もしくはそこに書いてある病気になろうとする)
かかってしまう人、続出するでしょうね。


もちろん(自他の視点から)
「明らかな・分かりやすい」躁エピソードがある方は、
メンタル系病院で、然るべき対処が必要かと思います。

*気分が高揚しすぎて、鉄拳で窓ガラスを割ってしまう、
夜中に会社の同僚に鬼電話を連続でかける、
「目が爛々として」2、3日寝ずに働き続ける・・・など
「明らかな、社会的逸脱行為」


しかし、今日の論のように
人間の世の営みとして
「むしろ健常」なところまで病気にしないようにしましょう。


逆に今日の論のような流れに
なってきているところもあります。


☆新しいとらえ方で
「双極性スペクトラム」という考え方。


『大うつ病エピソード ~ 躁(軽躁)エピソード ~
今日の論のような人の世の営みとして当たり前のところ ~
”病気じゃなく”気質・性格的な部分 ~』

このように「総合的に包括して」
対応していこうという視点です。



この新しい考え方が
地方の病院レベルまで浸透していきますと、
微妙なレベルの怪しい?「双極性障害Ⅱ型」の診断が
激減すると思います。

また誤った躁病系の薬の処方も減り、
個人にとっても、国にとっても利益をもたらすかと思います。

*国の医療費はパンク状態になっており
このまま行きますと健康保険制度自体、崩壊する可能性があります。



最後にまとめます。

・メンタル系の病院の診断は基本、自己申告制で
科学的根拠がありませんので「参考まで」にしておき、
一歩下がった視点でとらえるようにします。

・出された向精神薬が、納得がいかない、もしくは腑に落ちない場合、
セカンドオピニオン・サードオピニオンまで行い確認しましょう。

*ただし、程度の低いクレーマー的になるのではなく、
客観的な科学的な視点で行います。
角が立たないように行いましょう。
*また他の病院では、伝え方を工夫しましょう。


もっと根本的な結論は

診断名・症状の定義がどうあれ、「結果論」
生きるのが楽になるか、ならないかが問題です。
それだけのこと。



病院の「いわゆる」正攻法で何年・何十年行っても
回復しない場合、それが科学的結果ですので
その方法に執着せず、さっさと捨てた方がよいかと思います。

逆に、他の方法論でよくなり、生きるのが楽になり
その後、数年・数十年、再発しなければそれが正解です。
(ただし、オカルトや霊感モノ、反社会的なものはNG。
健全なもの限定にしてください)

別に薬物療法だけではなく、心理(精神)療法・環境調整療法・
心理カウンセリング・TMSなどなど・・・様々な道があります。


病院というブランドや建前が、どうのこうの・・・ではなく、
結果よくなるか、ならないか、それだけです。
シンプルに考えます。

本来の目的は

精神系病院と、さっさとおさらばし、
朗らかで幸せな人生を送っていく事なんですから。





【2014/06/07 10:25】 | 双極性障害(躁うつ病)について
トラックバック(0) |
「マインドフルネスによる
軽躁(そう)状態の対処」

~双極性障害Ⅱ型(躁うつ病)~



まず人間の脳の情報処理系を
大きく二つに分けると

--------------------------------------------------

・「第一信号系」

主に情動を司る大脳辺縁系。
*海馬・扁桃体など

その他、原始的な脳部位・脳の古い皮質

我(が)・エゴ・生存本能などが
脳のこの部分


・「第二信号系」

大脳(新)皮質・主に前頭前野
脳の新しい部位

理性・物事を「スッと客観視」する力。
第一信号系が暴走した時の制御・抑制力

*仏教で言うならば無我・
客観的気付き(sati:サティ)

--------------------------------------------------

例えば、
双極性障害の「躁状態」になっている時、
(興奮状態になっている時)

「第一信号系」が暴走し、
「第二信号系」の制御が働いていない状態。


軽躁状態は上手に扱うと
有効活用できる事もあります。

これを上手に乗りこなしますと
とても素晴らしい仕事が出来ます。


☆注意: ただし極度の躁状態(双極性障害Ⅰ型に多い)は
しっかり薬でコントロールしないと危ない。

*極度の躁状態とは、気分が高揚しすぎて鉄拳で窓ガラスを割る。
車を暴走させる。その他危険行為・反社会的逸脱行為・・・など。


軽度の躁状態(双極性障害Ⅱ型に多い)の軽躁を
上手に乗りこなすという事。

躁状態(マニー)が出た時、
上記脳の部位(第一信号系)が暴走しています。


「躁」を無意識に任せ、
暴走させると身を滅ぼします。

言ってはいけない事や
やってはいけない事をやってしまい

ひどい結果になり、
周りに迷惑をかけ、嫌がられ・・

それゆえ自己嫌悪に陥り
反動で鬱がひどくなります。


したがって躁が出た時
「あ・今、自分は躁状態なんだな」・・・と、

一歩下がった視点
客観的に気付くワークをクセにしていきます。

これはお稽古として「常に」やること。

(もちろん鬱に転じた時も、常に客観視していること。
鬱の時も、躁の時も、常に第二信号系を働かせる事


*実際、躁病の方は、躁状態の時
「それに気づいていない人が多い」
(第一信号系の自動暴走です)


このお稽古を続けていきますと
冒頭の脳の「第二信号系」が育っていきます。
よく起動するようになります。

第二信号系がチューンナップされていきますと
第一信号系(原始脳)が暴走しても

スッと理性が働き
抑制が効くようになっていきます。


それどころか、その第一信号系、
原始脳のマグマのようなエネルギーを
上手に有効活用出来るようになっていきます。


躁のエネルギーを上手に使い
何か社会に役立つ事をやったり、

有用な仕事に打ち込んだりする事が
出来るようになります。


躁状態。
その力を有効利用するという手もあります。

*ただし何度も言いますが、極度の躁状態は話は別。
危険ですので薬で抑えてください。
そもそも極度の躁状態の時
「自分が今、躁状態と気付いていないでしょう」
(第二信号系の抑制力が、完全に停止しています)


さて、この客観視・理性を働かせるワークは
上記を読んで出来る人はそれでよいですが、

「分かっちゃいるけど出来ない・・」という人は

当カウンセリングで
マインドフルネス(心理療法)の訓練を実施する事を
おすすめいたします。



やはり独学・自己流で行うと
余計悪くなる方もいますし

プロの心理士につかず行っている方は、
大抵めちゃくちゃなやり方になっております。

*(今までこういった人、たくさん見てきました。
またこういった人達は、たいてい何の効果も得られず
途中で止めていますね・・)


さて、普段から「正しい
マインドフルネスのお稽古」をしている方は

躁状態が暴走しかけても
それすらも客観視していますから
暴走する事はない。


マインドフルネスのお稽古により
第二信号系(理性・客観視)が
しっかり起動しますから

上手に第一信号系(原始脳のエネルギー)を
乗りこなすことが出来ます。


むしろ普通の人よりエネルギッシュな人生を
送ることが出来ます。


そして、そんな毎日を送って、数年して

気がついたら心の病は治っていることが
多いものです。



これは余談ですが、国会も
上記の脳のシステムのように動いております。

衆議院(第一信号系)が暴走しても
参議院(第二信号系)が理性で客観視して
暴走を抑えます。

(でも衆議院の暴走を
止められない事もありますが・・(笑))


最後は社会風刺になってしまいました・・

はい。今日のお話はこの辺で。



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


FC2blog テーマ:双極性障害(躁鬱病) - ジャンル:心と身体

【2015/01/08 02:27】 | 双極性障害(躁うつ病)について
トラックバック(0) |
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
心の病「診断の裏話」

~診断名に「惑わされない・
振り回されない」智慧~
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



心の病の診断・・・??


たとえば、骨折・外傷・腫瘍など
目に見えて、明らかな病の診断は
明確な科学的根拠がありますが、

目に見えない「心の病」は、
定義自体あやふやで、
明確な科学的根拠がありません。



現実的な話、ほとんどの場合
心の病の診断は、
患者さんの自己申告と、

DSMやICDといった
診断マニュアル本を基にした
担当医師の主観で決まってしまいます。

科学的検査をしませんので、
「科学的根拠」はありません。


例えば、うつの患者さんの
自己申告で、

~~~~~~~~~~~~~~~~
例:
「気分が良い時もあれば、
落ち込む時もあります」

(あるいは若い方が)
「朝まで友人と
騒いで楽しんだこともある」

「この前、友人と話が弾んで、
朝まで話していました」
~~~~~~~~~~~~~~~~


などと、

何気に診察室で
言ってしまいますと・・・


特に経験の浅い医師・
洞察力(観察眼)の無い医師は

「双極性障害」と
安易に診断してしまう事もありえます。

(ちなみに鬱でも軽度ですと、
上記の例は「健常の範囲で」あると思います)

さらに誤った治療が
始まってしまいますと悲劇です。


*若い方が、
朝まで友人と騒いだ・・・は、
誰しも人生の中である
若気の至りの可能性もありますね。

何でもかんでも、躁エピソードと
断定するのは早計かと思います。

誰だって若いころは
若さに任せてドンチャン騒ぎ
したこともあるでしょう。

何でもかんでも、診断マニュアル本的に
みない方がよいと思います。

その人間の全体を観る、
観察眼が必要かと思います。



特に「双極性障害Ⅱ型」の診断は、
乱発されがちかと思います。

ですが、双極性障害Ⅱ型という
明確な「科学的根拠」はありません。


科学的根拠がないので、

そうかもしれませんし、
そうじゃないかもしれません。


正しくは、
あくまで担当精神科医の
個人的な主観では
「そういった傾向にある」ということ。

それを「鵜呑みに」しない方が
よいと思います。

あくまで冷静にとらえましょう。


===================
*たまに病院から、
双極性障害(躁うつ病)と診断されて
絶望されている方もみえますので。


例:
「私は双極性障害と診断された!」
「躁うつ病って治らないのでしょう!?」
「私は双極性障害。もう人生ダメだ・・・と」

実際こういった感じで、
診断名に縛られて、

人生めちゃくちゃになっている人
たくさんみてきました。

診断も「鵜呑み」にすることなく、
少し疑ってかかりましょう。

診断が客観的に観て疑わしい場合、
セカンドオピニオンも視野に入れましょう。


*もちろん、何でもかんでも
疑ってかかるのは稚拙な態度ですが、

何でもモノは加減です。
「疑わなさすぎ」も問題です。


患者さん側も、
たとえ権威(医師)が言った事でも
物事を「鵜呑み」にせず、

冷静で客観的な視点を持ちます。
===================



・・ですが、目に見えない
心の病に関しては

「” 科学的根拠も疑わしい ”」ものです。



最近では、
ごく一部の病院では

光トポグラフィーやfMRIなどの
検査機器で調べるところもあります。

脳の特定箇所の血流量の増減。
また電気的信号の強弱などを測定し、
診断することもありますが、


例えば扁桃体の活動が異常に強くても、
必ずしも病気とは言えません。

神経質な職人などは、
扁桃体が強いがゆえに

人が気付けないところに気付いたり、
細やかな気配り・観察眼があり、
「よい仕事」が出来たりもします。


前頭前野の活動が
画像的には微妙でも、
幸せに人生を送っている人もいます。


脳の血流量のアンバランスがあっても、
脳というものは十人十色で、

その人の独自の幸福パターン
(脳の血流バランスなど)があります。

歴史上の偉人・天才達も
特殊な脳を持っているケースが
多いものです。




脳科学の世界で
面白いお話があります。

ある外国の脳科学者が、
ある「脳画像」の写真をみました。


「おお! これは
かなり病的な脳画像ですね。

ところで・・ これは
誰の脳画像ですか!?」


・・・・・


・・・なんと、


それは
「自分の」脳画像でした(笑)



その科学者は、
(少し性格的クセがありますが)

別に病気でもありませんし、
犯罪者でもありません。

普通のよき社会人であり、
善良な市民です。



このように、
心の病というものは、ひとくくりに

「こういう脳データだから
あなたは病気です」とは言えないものです。


*ただし脳腫瘍・脳の血管障害などは
明確に分かるものですので話は別。



まれに心理テストを
するところもありますが、

近年ロールシャッハテストなどの
信ぴょう性が疑われております。

その他のテストの結果も、
「あくまで、そういった性格的傾向性」であって、

人間の心はペーパーテストで
100%分かりません。



心の病というものは、
ほとんどの場合、これといった
「科学的根拠がありません」


ちなみに、
昔、担当しましたクライエントさんで、
こんな診断がついた方がみえました。

その方は、いろいろ病院を
転院されている方で、


A病院では「うつ病」
B病院では「双極性障害」
C病院では「軽度の統合失調症」


・・・はい。このように
科学的根拠が無いものですので
「あやふや」です。

そういった、あやふやなものに
過剰に「とらわれ・縛られないように」
した方がよいかと思います。




~さて、ここから
今回の本題に入ります~



たまに、こういった人もみえます。

ついてしまった診断名に
「とらわれてしまって」

『その病気がまるで
自分のアイデンティティーのようになってしまい』

そこから抜け出せなくなって
しまっている人もいます。



====================
心理学では
「ラベリング(レッテル)効果」といって、

あなたは「〇〇だ」と言われ続けると
本当にそのような特性を出したりします。

====================


例えば、
あなたの血液型は △型だから
こういった性格的特徴がある・・と、

子供のころから、そういった情報を
潜在意識に刷り込まれてくると

本当にそういった
「性格的特徴」になったりもします。


特に日本人ですと、
子供のころから、少なからず

そういった
血液型性格分類の情報を
耳にする事があると思います。


実際、周りの人達で、
本当に血液型 △型の人は、

そういった特徴が
あったりしますよね。


・「生物学的には」 

血液型と性格の
因果関係は無いと言われていますが、


・「心理学的には」 

ラベリング効果・
潜在意識への刷り込み効果で

血液型と性格(パーソナリティー)の関係は
ありえます


このラベリング(レッテル)効果が
強く出るのは、

1、刷り込みの期間が長い
2、権威(医師など)に言われる

主にこの二つで、人によっては、
強くラベリング効果がかかります。




診断のお話に戻しますが、

ついた診断名は、休職の診断書や、
自立支援医療などのため、

「あくまで事務的」なもの、
「書類上のもの」です。


診断名を冷静に客観的に
とらえれる人はよいですが、

中には、その診断名に「とらわれて」
その「診断名の自分」が深層心理下では

コンフォートゾーン
(心理的、安堵の空間)になってしまい、
抜け出せなくなってしまっている人もいます。


*もっと詳しく: コンフォートゾーン・
潜在意識の現状維持機能とは?
↓(1話、読み切り)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1411.html

*もっとガッチリ学習したい方はこちら
↓(全12話、続きモノ)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html



~~~~~~~~~~~~~~~
その診断名がついてから
わざわざその症状を出して、

その診断名の症状に
「なろうとする」人もいます。

(ラベリング効果)

~~~~~~~~~~~~~~~


*例えば、昔担当しましたクライエントさんで、
ある日、病院で診断名がついてから、

今までそんな症状は無かったのに、
「わざわざその診断名通りの
症状を出してくる方がいました」

私はその深層心理トリックを見破り
対応いたしました。

やがてその方は、自主的に気づき、
その「わざわざ出していた症状」を
消していきました。




さて、なぜ深層心理(潜在意識)は、
そんな事をするのだろうか?

(3つほど例を挙げてみます)



人間の意識と無意識(深層心理)は
「裏腹」な事もあり、
意識、無意識

意識レベルでは
「辛い・治したい・もうイヤだ」と
言っていても、


無意識(深層心理)レベルでは、

1、実は不幸な自分(現状)を
愛してしまっている。

今までの人生、
ずっとこうやってきたのだから

本当は本気で
変わりたいと思っていない。

実は面倒くさい。
現状維持で安堵していたい。


*その深層心理のメカニズム
↓(1話、読み切り)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1411.html

*もっとガッチリ学習したい方はこちら
↓(全12話、続きモノ)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html




2、疾病利得
(しっぺいりとく)という深層心理。


「病気の自分」でいる事により、
周りが良くしてくれたり、
心配して気遣ってくれたりする。

または病気を理由に
様々な要求が通ったりする。

だから無意識的に
「病気の自分」でいようとします。



3、病気の辛さや、
この病気になったのは〇〇のせいだ!・・と、

そういった強い刺激に
注意を向け続ける事により、

「自分の深層心理下のみたくない、
コンプレックスやトラウマなどから」

目を背ける事ができる。
(自分を守ろうとしている:心理防衛)

意識、無意識2


謎の症状を出していますと、
そちらの刺激が強いので、
意識、無意識3

自身の深層心理下の
「みたくない暗黒面」から

上手に目をそらす事ができるので・・
謎の症状を出している場合もあります。

*(そういった症状は、こころ・心理的な問題ですので、
薬が効かない事が多いと思います)


・・・などなど。


深層心理(潜在意識)は
普段の表層意識とは「裏腹」であることが多い。


その潜在意識下の
「混沌・カオス」が強いと

悪しき潜在意識の力(現状維持機能)が

普段の表面意識に強く出てしまい、
巻き込まれます。
意識、無意識3


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その診断名に関する
ネット情報や本などを読み、

それに合致するところだけ
(都合の良いところだけ)
拾ってきて、針小棒大にとらえ

「ほら!やっぱりそうに違いない!」と。
ますます(病気の)現状でいようとします。


*これを心理学では
「確証バイアス」といいます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1352.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



上記は、あくまで一例ですが、

こういった深層心理の
理論学習をしておきますと

自身の深層心理のトリックに
客観的に気付きやすくなり、脱しやすくなります。





今回のお話は
何が言いたかったかといいますと、


こころ・精神に関する病の診断の
ほとんどは

「科学的根拠」がありません。
あやふやなものです。

*目に見えない病なので、
それはしょうがないです。


事務的に診断名がついても、
その診断名に
過剰にとらわれることなく、


・「なるほど。主治医(精神科医)は、
そういった主観なのですね。

ですが私はそれを鵜呑みにせず、
意見として大変尊重しますが、

そういった傾向性がある・・
という事で、主治医の意見は
参考までにしておきます」


☆ 「私はそれに、とらわれません。
それよりも現状が良くなるように、
淡々と具体策を打っていきます」



患者さん側も「事務的に」
淡々ととらえていきましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~
あまりにも診断名に感情的になり、
「とらわれて」しまいますと、

~~~~~~~~~~~~~~~~

それにより、
今回述べましたように、

心理学的に「ラベリング(レッテル)効果」・
「刷り込み効果」がかかってしまい、

潜在意識は、その診断名通りの症状を
「出そうと」してしまいます。




かといって診断名は必要です。
全否定しているわけではありません。

診断名は、休職・自立支援医療など、
各種書類、証明書を作るのに
必要な「ツール」です。


目に見えない
心の病の診断名は

・「書類上、事務的なモノ
・「単なるツール」ととらえ、

それに過剰に人生縛られることなく、
過剰にとらわれることなく、

それよりも、良くなるための具体策
(心理療法・薬物療法など)を

淡々と行ってまいります。



科学的にあやふやな、
診断名がうんぬん・・の議論よりも


=============
生き辛さを克服し、
「人生幸福になる事が」
真の目的ですので。

=============



今まで、
当心理療法プログラム受講生の皆様、
また読者の皆様で、

診断名に過剰にとらわれて、

心理的に悪化している方が
多いように思いましたので、

中和するために
今回の論説を書いておきました。


精神科医・心療内科医の皆様も、
診断名は慎重につけていただき、

そして、それを告知する時も、
患者さんが
心理的に「とらわれないように」

上手にお伝えするよう
配慮していただきたく思います。



ただ、心の病の診断名については
賛否両論ですね。

たとえば、診断名がついて、
「あ・私はこういう病気だったんだ・・と安心しました」
という意見もありますが、


今回述べました
『心理学的に「弊害」もある』
(ラベリング(レッテル)効果)

ということを
心の片隅に入れておき、

診断名と上手に
お付き合いしてまいりましょう。











当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail






☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2017/12/21 02:08】 | 双極性障害(躁うつ病)について
トラックバック(0) |