マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
うつ的・神経質的な、気質の部分は
病気ではありません。

うつ・神経質的な「気質」は
治す必要はありませんが、

うつ「病」・神経「症」は、
治す必要があるかと思います。

今日は、そんなお話をしてまいります。


*尚、神経症(不安障害)はDSM-5から
「不安症」に名称変更していくようです。
例えば、パニック障害→パニック症などのように
変更になっていくようです。

当ブログでは昔から、なじみの深い名称である
「神経症」という言葉を使っております。



さて、心理学ではその人の人格とは

=================================================
A、気質(先天的なもの。持って生まれたもの)
B、性格(後天的なもの)
C、能力・スキル・知性など(後天的なもの)
=================================================

A+B+Cの総和が、
その人の「人格」ととらえます。
(心理学の学派によって諸説あり)


*Aは基本的に変える事は出来ないが、
BとCは後天的な学習や
心理スキルトレーニングで変える事は可能です。
(ただし、本人の努力次第)


うつ病や神経症の大部分は
後天的な「BとC」のトラブルです。

*ただし先天性の発達障害などは話は別。
ここではうつ病と神経症(不安障害)に限定します。


「A」単体では、うつ病にはなりません。

実際、うつ的、神経質的な気質(素因)を持っていても
うつ「病」・神経「症」にならず、

むしろその気質を活かして
仕事のスキルにしてしまったり


気質の良い面を前面に出し、
一生朗らかに生きている人もいます。

(実際、世の成功者や偉人など、こういった人多いですね。
そういった人達は病気じゃないでしょう?)

したがってAだけでは「病気」にはなりません。
それは健全な「個性」です。


しかしAに対し、BとCが、おかしく混ざり合うと
それは単なる個性から、
「病気レベル(うつ病・神経症)」になります。

Aはターゲットにせず、
BとCをターゲットにします。

--------------------------------------

別の言い方をしますと、
BとCを修正していきますと、
「A」が輝いてきます。


うつ病・神経症(不安障害)から脱し、
水を得た魚のように
イキイキしてきます。

--------------------------------------

うつや神経
(社会生活に支障をきたしますので)治す必要があるかと思います。
しかし、「気質」は治す必要はありません。

その持って生まれた気質を活かし、生きていく事が
その人の最高の生き方かと思います。


「気質を治そうとすると治らない」
(当たり前です)

特に几帳面、真面目系のうつ病の方は、
まるで聖者のようになるのが、
ゴールだと錯覚する方もみえますが、

それは無理です。
無理な事をやらなくてよいかと思います。
(これもうつ独特の認知の歪み。完璧思考です)

スーパーマンにならなくてよい。
普通でよいんです。


気質の部分はそのままに、
後天的なもの(性格・能力(心理スキル)的なもの)を

心理学的トレーニングで修正していきますと、
治っていく方が多いです。


最後にまとめますと、

『うつ的、神経質的な「気質」を持っていても、
一生、うつ「病」、神経「症」にならなければ良いだけの事』


『聖人君子にならなくてよい。
「あなたのまま」一生うつにならなければそれでよし』



うつ・神経質的な
気質を持っているがまま

一生うつ病や神経症にならない
具体的なノウハウが

心理療法(マインドフルネス・森田療法)です。





心理カウンセリング(コーチング)、心理療法
お問い合わせ・お申し込みは、コチラのホームページからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/


【2014/07/25 01:23】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |

お久しぶりです♪
東北のMK
ショウセイさん、ごぶさたしています!

ブログでおっしゃるようにBとCが修正されていくとこんなに楽に生きれるんですね。

今、生きてる=意識が常に今にあるのを実感して毎日を過ごしています。

さらにトレーニングを続けて、よりシンプルな私になっていきたいと思います。

暑い毎日が続いていますから、お身体をお大事に~(合掌)


Re: MKさんへ
ショウセイ
> ショウセイさん、ごぶさたしています!

おお。お久しぶりです。


> ブログでおっしゃるようにBとCが修正されていくとこんなに楽に生きれるんですね。

そうですね。
後天的な学習やトレーニングで、人はいくらでも変われます。


> 今、生きてる=意識が常に今にあるのを実感して毎日を過ごしています。

私達は、今・現在・この瞬間しか生きられません。
ですが、心にトラブルを抱えがちの方は、どうしようもない過去の後悔や
まだ起こっていない、破局的な未来の不安を勝手に頭で捏造し
わざわざ苦しみます。

常に変化する今・現在・この瞬間、純粋な事実に意識を向け
生きてまいりますと、思考(心)は汚染しませんね。
マインドフルネス・禅的な生き方です。


> さらにトレーニングを続けて、よりシンプルな私になっていきたいと思います。

その状態のMKさんが、本当の「あるがまま」のMKさんですよ。


> 暑い毎日が続いていますから、お身体をお大事に~(合掌)

ありがとうございます。本当に暑いですね。
今日の名古屋は猛暑日ですよ。
MKさんも熱中症に気をつけてくださいね。

それでは怠ることなく精進を続けてまいりましょう(合掌)
またいつか、カウンセリングにてお勉強しましょう。



コメントを閉じる▲
神経症や鬱に
なりやすい気質(素因)

「ヒポコンドリー性基調」

~~~~~~~~~~~~~~


森田療法でいう
ヒポコンドリー性基調

これは神経症や、一部のうつ病に
なりやすい気質(素因)の事。


*今日のお話は、
日本古来の心理療法である森田療法の

森田学説:森田神経質(症)理論に基づき
進めてまいります。



===========================

ヒポコンドリー性基調

1、
これは元々
「生のエネルギー(生の欲望)」が強く

(生のエネルギー = 大脳旧皮質・古皮質などの原始脳の働きが強い)


ゆえに完璧主義で向上心が強く

さらに、それが強いがゆえに、
不安や恐怖も強い。


*例:完璧にやりたいがゆえに、

失敗したらどうしよう・・が強くなる。


*不安や恐怖は、
もっとよりよく生きたい(生存欲)の裏返し。


*もっと言うならば
死にたいは、深層心理では
もっとよりよく生きたいの裏返し。

(例:完璧に出来ないのならば死んだ方がいい)



2、
やたら恐怖や不安を感じたり、
自分や他人の細かいところまで気付く力が強い。
(感受性が強い)

*脳で言うならば、
主に大脳辺縁系の扁桃体の活動が強い。


ゆえに心気症的に
身体の些細な痛み、変調に対し、
過剰に敏感になりやすい。



などなど。。


こんな感じの気質を
ヒポコンドリー性基調」と言います。

(つまり、神経症や
鬱になりやすい「素因」の事です)

===========================



ただ、世の解説などをみていますと、

これが、さも悪いかのように
書かれているものもありますが、

当ブログでは、毎度おなじみ
リフレーミング。

視点を変えてみますと・・


上記1・2を持っている人は
一般社会では「優秀な人材」である。


会社の優秀な管理職、
経営者、偉人、成功者、

優秀な職人、一般社員でも仕事のできる人、
とても気が利き、職務能力が高い人など・・・

程度の差はあれ、大抵この
「ヒポコンドリー性基調」を
持っているケースが多いかと思います。


つまりこの「気質」を
持って生まれてきた方は

うつや神経症に嘆くのではなく
感謝してください。

天性の才能(基本性能)に
恵まれた人かと思います。


ヒポコンドリー性基調
(気質・素因)自体は病気ではありません。

この気質を持っていても、
逆にそれを活かし、
一生うつ病や神経症にならず、

むしろ普通の方より
幸せに生きている人はたくさんいます。



ここで問題なのは、

(車に例えると)
元々持っているエンジン(気質)の
力が強いので、

それを乗りこなすには、
「技術」が必要ということです。


性能は高いが

非常にクセのあるエンジン
(気質)ですので、


乗りこなし方(生き方)を
上手にアレンジしないと、

「うつ病や神経症」に
なりがちです。


何度も言いますが、
普通のエンジン(気質)では
ないからです。


ヒポコンドリー性基調を
上手に乗りこなす

心理療法(心理学・脳科学的技術)を
人生のどこかで身につけませんと、


人によっては、
元々のエンジンが優秀なために

それを発揮できない
ジレンマに苦しみ、


元々持っている
「マグマのような生のエネルギー」が


A、
内に向かうと
「自己破壊・自殺念慮」

B、
外に向かうと
他罰性(他者に対しクレーマーのようになる)


こういった不健全な方向に
向かってしまいます。

それらA・Bに対し
「執着」しますと

一生不幸な人生を
送ってしまうかと思います。



逆に、その生のエネルギーを、

仕事、職人芸、
健全な趣味などに向かいますと、

非凡な才能を発揮します。





「要点・まとめ」


1、
気質(ヒポコンドリー性基調)自体は
病気ではありません。

それ単体では病気にはならない。
それは、その人の大切な個性です。

ただ、神経症や
うつ病の素因になりやすい。


*大切なのは、そういった気質があっても
一生うつ病・神経症に
ならなければよいだけの事。



2、
その基本気質に対し、

「どう関わっていくか・
どう乗りこなすか」によって

朗らかで幸せな人生か、

うつ病や神経症に悩まされる
不幸な人生かが決まります。



3、
(これは闘病中の方への
現実的なアドバイスですが)

現在の出ている辛さは
病院の薬物療法などで散らしつつ、


心理療法(マインドフルネスや森田療法など)を使い
コツコツ根治に持って行く。


そして、心理療法一本でやっていける、
「確固たる自信」がついてきたら、

徐々に薬を減薬・断薬に
持って行くのがよいかと思います。

(減薬・断薬に関しては、
病院の指示に従ってください)



ここ気をつけてくださいね。


薬物療法に代わる
代替手段(心理療法)が

まだ育っていないのに
勝手に断薬・・・は「早とちり」です。


おそらく再発してしまいます。


*焦らず上記「3」のマニュアルを
遵守し、手堅く慎重にいくのを
お勧めいたします。


<続く>




======================
当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス・森田療法)

「お問い合わせ、お申込み」は
コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail
======================





【2014/08/04 09:56】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |
うつ・神経症的な
「気質の料理法」



最近、「気質」についてのお話を
よく扱っておりますが、

特に前回お話ししました
「ヒポコンドリー性基調」など
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1054.html

うつ・神経質(症)的な
気質(素因)」


うつ・神経症的な方は
前回のコラム通り、

「ちょいニガい気質」を
元々持っています。


当講義にて、よく皆さんに
お伝えいたしますのは、


そのニガい
ピーマンのような気質を

「イヤだ」「ニガい」と、
一生ボヤいて生きていくより


=================
そのピーマンを上手に調理して

「おいしいチンジャオロース」に
してみてはいかがでしょうか?
(笑)
=================


にがいピーマンも
チンジャオロースにしてしまえば

豚肉の味を引き立たせる、
非常においしいアイテムになります。

チンジャオロースに
ピーマンは欠かせない。



気質(ヒポコンドリー性基調)を
どう料理するかは自分次第。


・うつ・神経質気質
”ならでは”の、

良いところを前面に出し、活かし
一生朗らかに生きていくか、


・自分の気質を呪い、世を呪い、
他人を呪い、他人のせいにして・・

一生うつ病・神経症の
泥沼にハマって
不幸に生きていくかは

「自分次第」かと思います。



うつ・神経質的な
気質を持って生まれたことは

先天的なものでしょうがない。


しかし、それを
どう料理するかは「自分次第」



当ブログ・メルマガにて
度々お伝えいたしておりますが、

気質自体(ヒポコンドリー性基調など)は
病気ではありません。


その気質の「後天的な扱い方」によって、
心の病気になってしまいます。


そういった
気質(素因)を持っていても

一生うつ病・神経症にならず

むしろその気質の「良さ」を
前面に出し、普通の人より

幸せな人生を送る人、実際
世の中にはゴロゴロいます。


今までの人類の歴史上でも、
そういった人たくさんいます。


うつ・神経症的な気質を
上手に料理して、

おいしいチンジャオロースにする
具体的な調理法
(心理学・脳科学的ノウハウ)が

マインドフルネス仏式瞑想や
森田療法などの

「心理(精神)療法」
かと思います。



もちろん、私は
薬物療法が好きなので

「一生、抗うつ薬を飲んでいたい・・」と
言われる方は

それは(自己責任の上)
本人の自由です。


何を選択し、
どんな方法論を取ろうが

個人の自由です。
自分の人生です。



しかし、

1、
一生抗うつ薬ってどうなのか・・・?

2、
薬物療法でたどり着く境地は
「寛解(かんかい)」で、

人生の中で何度も再発し
→そのたびに薬物療法・・・


この1と2のように

疑問を持たれる
「智慧のある方」は、


現在行っている薬物療法に

時間はかかるが
根治の可能性を秘めた

「心理療法をプラス」されるのも
一つの手かと思います。

(薬をズルズル飲み続けるのではなく、
この方法論は問題解決型ですね)



ただ、現在出ています
辛い症状を緩和させるのには

薬物療法は、
心理療法より即効性があります。

(一時的な対症療法ですが)



したがって、薬物療法で
「現在の辛さを散らしつつ」

水面下で心理療法で、
コツコツ根治に持って行くのが
得策かと思います。


薬物療法に「心理療法も並行して」
行っていきますと
とても楽になるかと思います。



*(心理療法は、自己流・独学ではなく
必ず専門家・プロの心理療法家に
ついてもらってください)



そして心理療法一本で
やっていける

確固たる自信がついてきましたら


徐々に薬を減薬・断薬に
持っていけばよいだけのこと。


(薬の減薬・断薬に関しては、
病院の指示に従ってください)




今年こそは

長年の心の病から
解脱するために、

「具体的一歩」を
踏み出しましょう。







当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス・森田療法)

お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


*「当心理相談所、
13年運営のポリシー」*

・当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。

・またサプリや霊感グッズなど、
おかしな?物品販売・勧誘等も一切ありません。

・悪質な自己啓発セミナーのように、
個別にしつこく勧誘・
セールスすることも一切ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。


【2014/08/08 02:05】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |
今日は森田療法の視点から
「ストレス」というものを考察してまいりましょう。


ストレスとは簡単に言いますと
目の前の現象を「問題と思った」とき
ストレスになります。

ゆえに同じような現象に遭遇しても
ある人はストレス、ある人はストレスではない、
という事が起きます。


「ストレス自体は問題ではない」

ストレスと感じる事は、それを乗り越えよう、
もっとよりよいものを模索しよう・・・という
「健全な生の欲動の表れ」だからです。

うつ・神経症的な方は
元々、潜在意識の中で
生のエネルギーが強いですから

目の前の事象を
問題(ストレス)と認識する事が多くなる。



*うつの生のエネルギー: 例えば「死にたい」の深層心理は
もっとよりよく生きたい、でも生きられないの裏返しです。
その他、几帳面・頑張り屋・執念深い・・・など
これらの裏側には全て、普通の人より強い、
「マグマのような生のエネルギー」が潜んでいます。



元々うつ・神経質的な「気質」の持ち主は
放っておくと、やたらストレス(問題点)を拾ってきます。

しかし、それは視点を変えると
仕事に活かせませんか?


ストレスを拾ってくる

一般の人には気付けない
「問題点」に気付ける能力の持ち主。

冒頭で言いましたが
ストレスとは目の前のものを
「問題」と認識するとストレスになります。

うつ・神経症的な方の、
このパワフルな「問題点と感じるセンサー」
良い方向に活かされると、

普通の人では思いつかない細やかな技術や
素晴らしい仕事能力に繋がります。

----------------------------------------

世の中をみますと、

仕事が出来る系の人、
素晴らしい芸術家、
ママ友の中でも智慧のある人、
よい仕事をする職人さんなどは、


大抵この「問題と感じるセンサー(ストレス)」が
「感度ビンビン」です。


----------------------------------------

逆にこのセンサーが弱い人は
一般的にKY(空気の読めない人)や
業務能力が微妙な人が多いのではないかと思います。


あと情緒面では
このセンサーが強い人は

人の心の機微に通じ、とても思いやりがあり
優しい人です。

つまり一般的には

「うつ・神経症的な方は、
とても魅力的な人かと思います」



元々、生のエネルギーの強い方々ですので、
そのマグマのようなエネルギーを
健全な方向に向けますと

うつ・神経症の方々は
「いい~仕事します」



・・・ただ、諸刃の剣で、

この「生のエネルギー」が不健全な方向
(他人への恨みや、自己愛に対する執着など・・)
に向かいますと、大変な事になります。


普通の人達より生のエネルギーが強いので
その反動は「倍返し」になります。

行きつく先は「必ず強烈な自己破壊」に向かいます。


もちろんこの「生のエネルギー」をどう扱うかは
自分次第。

他人や世の中のせいではなく、
自身の問題。

自分の人生は、誰も肩代わりしてくれないし、
誰も助けてくれません。

「最終的には」自分の人生は自分で救済します。



上記の文脈的理解で、
行ける人はそれでよいと思います。


ただ、読んだだけでは
実際難しい・・・と言われる方に

心理学的技術を
「”日常で具体的に出来るよう”」
パッケージ化されたものが


マインドフルネスや森田療法、認知行動療法などの
「心理(精神)療法」です。


心理療法家(カウンセラー・コーチ)とマンツーマンで
心理訓練を行い、

薬物療法の理論とは違った角度から
脳にアプローチをかけます。



最後に今日のお話まとめますと、

ストレスというものは視点を変えると
ストレスじゃない事もあります。

視点の枠組みを変える事により、
認知(モノのとらえ方)が変わります。

これを心理学では
「リフレーミング」といいます。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2014/08/15 01:36】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |
~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病の自己破壊思考について
~~~~~~~~~~~~~~~~


まず、うつ病・神経症傾向の方は

基本、几帳面・真面目・
頑張り屋さん・執着性など。。
(特にメランコリー親和型・執着気質)

「生の欲望(エネルギー)」が
普通の人より強い。



「え!?うつ病はだるく、
生きる気力が無いのに、生のエネルギー??
よく分かりません!」


はい。俗に言う
それらの心理症状は「二次的なもの」


基本、冒頭の
基本気質(性格)があり、

それにより疲れ果て、
「副次的に」ダルくなっています。


うつ病・神経症傾向の方々は

元々、脳の古い皮質
(生命の根源的なものを司る)に
血流が偏りやすく、生の欲望が強い。


ゆえに「一生懸命生きたいがゆえに」
(一生懸命「個体を保存したい」がゆえに)

几帳面・真面目・
頑張り屋さん・執着気質などの

性格的傾向が目立ちます。


さて、その元々持っている
気質的なもの
「マグマのような生のエネルギー」

それを向ける方向を見失うと、
そのエネルギーは
「たちまち自己破壊」に向かう。


その状態がうつ病独特の

「生きていてもしょうがない。
存在の意味が分からない。死にたい」ですね。


====================
心理学の視点から俯瞰すると、

「死にたいは、
実は、もっとよりよく生きたいの裏返し」

====================


ゆえに、うつ病・神経症者は

常に何かしらの「ゴールを設定」し、
そういった健全な方向に
生のエネルギーのマグマを向けていないと

行き場を失った生のエネルギーが
ブーメランのように自己に向かい

自己破壊」になります。



また「うつ病=頑張らない」という
昔、言われていた古い概念は、

うつ病の急性期や、
発症して数週間くらいの

回復期 前期「限定」の考え方
でしたらよいかと思います。


「うつ病=頑張らない説は」
うつ病 回復期「後期」以降、

または何年・何十年、慢性状態の人に
使うべき論ではありません。

かえって悪化します。


元々、生のエネルギーの強い方が
(脳の古い皮質に血流が偏りやすい)

頑張るのは
自然の理であり、大切な個性
」です。


自然の理に逆らい、

こういった方々に
「頑張らない思想」を押し付けると

うつ気質の方々は
「まさに羽をもがれた鳥」


大空を飛ぶことが出来なくなり、
余計うつ病が深くなります。

自分の本来の
うまみ(個性)が出せなくなり、

生きているのが、
ぎこちなくなります。


*うつ・神経症的気質の方に
「頑張らないで!」というのは、

鳥に「飛ぶな」
魚に「泳ぐな」

と言っているようなものです。

自然の理に逆らうと
うつ病になります。




正しくは
うつ病は個性を活かせるよう
適切に”頑張りましょう”



ただ注意するのは、

うつ病の方々は、やや思考の融通が利かず
頭の固い人が多く(まさに原始脳が優位)

非常に要領悪く
頑張ってしまいます。


無駄な事で頑張ってしまいます。
そして余計なことで疲れ果ててしまう。


やはり、世間のうつ病への通説
「うつ病=頑張らない」が正しいのでは!?


・・いいえ。そうではなく、

「頑張ること自体が悪でなく、
頑張り方”の問題」



したがって、心理学的に
理に適った方法論で頑張ります。

心理療法を導入し
「要領よく・上手に」頑張る生き方を
身につけます。


心理療法を修練し、
「適切に頑張る技」が
育ってきますと、

本来の持ち味である
「頑張り屋さん」が活かされ

まさに「水を得た魚」のように
人生イキイキしていきます。



うつ気質の方々は、

元々頑張り屋さんの性能(個性)を
持っているのに

「頑張らない思想」で抑圧しますと、

実は、逆に・・
うつ病が深くなってしまいます。


間違った概念
(ステレオタイプ)である、

「うつ病=頑張らない」の言葉から
解放されますと

実はうつ病が治っていきます。


実は「うつ病=頑張らない」の言葉が、
呪いの呪縛になり、

うつ病を悪化・
「長期化」・難治化
させていたんですね。


この間違った概念を「鵜呑み」にして、

「本当に頑張らず」
何年・何十年も抗うつ薬を飲み続ける人は、
治らない典型的パターンです。

(もしくは運が良くて寛解止まり)


*寛解(かんかい)とは、
抗うつ薬でハイテンションになり、

治ったか?のように錯覚している状態。
「再発の危険性」が非常に高い状態。

当然の事ながら、薬を止めて、
また人生のストレスイベントに遭遇しますと
うつ病が再発・再燃します。


この間違った概念から
素早く目が覚め、

思想を柔軟に切り替え、
然るべき対処が出来る人が

典型的な治る人です。
(寛解ではなく「根治」)




最後にこんなお話をいたします。


うつ・神経症的な方々は、

元々クセのある脳(気質)の
持ち主ですが、

乗りこなすとフェラーリや、
名馬のようになります。


名馬というものは
大抵クセがあります。

また、フェラーリは
大変クセのあるエンジンですが、

上手に乗りこなすと、
まさにスーパーカー。
無敵です。

*実際、歴史上の偉人などは、
うつ・神経症的な方が多いでしょう?



うつ・神経症的な方は、

コーチや心理カウンセラーについてもらい、
「健全なゴールを設定」をする。


すると、うつ・神経症的な方独特の
「生のエネルギー」が

「常に健全なゴール」に向くので、
自己破壊に向かなくなります。



「うつ病=頑張らない」を
鵜呑みにしますと

マグマのような潜在意識下の
「生の欲望(エネルギー)」の
行き場(方向性)を失い、

やがて自己破壊に向いてしまいます。


「うつ病=適切な頑張り」は、
自己破壊を上手に回避できます。

頑張らない・・・で
ズルズルやっていますと、

やがて自己破壊思考に
なっていきます。


世間(マスコミなど)の情報は、
鵜呑みにするのではなく、

自身で客観的に、冷静に考えてから
受け入れるようにします。


そして、うつ・神経症的な方の脳は、
視点を変えると

「悪い物ではありませんし、
病気ではありません。むしろ個性です」


うつ・神経症的な脳は、
すごい馬力を持った、

フェラーリのエンジンだと
認識してください。


*脳の古い皮質に
エネルギーが偏りやすい。

旧皮質は生命活動の
根源的なものを司ります。
まさしく車のエンジン。



フェラーリのエンジンは、
若干クセがありますが、

乗りこなすとスーパーカーになります。
天才的な才能を発揮します。


うつ・神経症的な脳は、
実は恵まれています。

普通の人より優れている。


また冒頭の、
うつ病・神経症傾向の方独特の、

几帳面・真面目・頑張り屋さん・
執着気質(粘り強さ)・・・は、

一般社会では「優秀な人材」である。

堂々と生きてください。




ただ、今回の論説の段階は
まだ「初期段階の対処法」


心理療法が熟練してきますと、

・ではそのマグマのような「生の欲望」は、
どこから来るのか?

・なぜ強いのか?

のカラクリを知るようになり、


さらにクオリティーの高い対処法を
修得するようになっていきます。


この境地が
本当の「根治」になります。


当プログラム(心理療法)は、
こういった事をお稽古していきます。





【2014/10/28 12:02】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |

はじめまして
オペレ
ショウセイ様
きょうでやっと全てのブログを読み返しました。
私は精神障害者の福祉施設の管理者をしている者ですが、私自身も若い頃から抑鬱傾向で、ストレスを抱えやすく、また糖尿も患いましたが、何とかここまでやってきました。
昨年あたりから初期仏教に巡り会い、真の救いというものへの確信を抱き始めていましたところ、ようやくここにたどり着いた次第です。
これからも度々訪問させていただきます。

Re: オペレさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> きょうでやっと全てのブログを読み返しました。

おお。そうでございますか。
実は現在3、4年前に書いたものを中心に
「大幅に加筆・修正」をかけて編集中でございます。

またお暇なとき、カテゴリーからいろいろご覧になりますと
違った表現になっているものもありますのでどうぞ。


> 私は精神障害者の福祉施設の管理者をしている者ですが、

人のためになる素晴らしいお仕事ですね。応援しております。


>私自身も若い頃から抑鬱傾向で、ストレスを抱えやすく、また糖尿も患いましたが、何とかここまでやってきました。


苦しみをよく知っている人は、他人の苦しみもよく分かる優しい人です。
オペレさんは素敵な方ですね。


> 昨年あたりから初期仏教に巡り会い、真の救いというものへの確信を抱き始めていましたところ、ようやくここにたどり着いた次第です。
> これからも度々訪問させていただきます。


仏教に興味を持たれているんですね。素晴らしいです。
私が専門としております、マインドフルネスという心理療法は、
古代仏教の伝統技術を、鬱病や不安障害(神経症)の人達にも対応できるよう、
脳科学・心理学的にアレンジしてあるものです。

初期仏教とはまた違った
現代のニーズに適った方法論にまとめあげられております。
心理臨床としての瞑想ですね。

こういった分野を心理学の世界では
「第三世代の認知行動療法」と定義されております。

よろしければまたいらしてくださいね。
オペレさんがお幸せでありますように(合掌)


管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントSさんへ
ショウセイ
> ショウセイ先生
> はじめまして。

Sさん。はじめまして。
コメント拝見させていただきました。

素晴らしいですね。まずはファーストステップクリアです。

次の段階は、そもそもそのエネルギーがなぜ出るのか?のカラクリを知り、
その対処法を身につけていきますと、
心の病への「とらわれ」が緩み、あるがままの日常になります。

真の意味で「治った人」はこんな感じになります。

↓(参考コラム:聖なる凡人)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


>このブログが読めた事に感謝しております。

いえいえ。こちらこそ。
Sさんとのご縁、感謝いたします。


>他の記事もこれからゆっくり見たいと思いました。

はい。頑張ってくださいね。
Sさんがお幸せでありますように。


コメントを閉じる▲
~~~~~~~~~~~~~~
そもそも心の病って
何なのでしょうか?


何をもって
心の病なのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~


本日のお話はまず、
こんな投げかけをいたします。


DSMやICDの診断基準をみると、
少し繊細な方なら
「誰しも当てはまりそうな事が」書いてあります。



では、そういった人達は
全員「病気」なんでしょうか?

「いいえ。違います」

そうではありません。


①そういった特徴を持っていて、
本人が社会生活に
支障をきたしていれば「病気」になります。

そういったうつ・
神経症的な特性をもっていても、

本人が普通に社会生活を送れていて、
幸せでしたら、病気ではありません。


②あと本人が「病識が無い」場合、
他者の視点からみて、

明らかに社会的に
逸脱した行為
を繰り返す方も
病気の基準に入ります。

例えば、街を裸で歩いたり、
石をパンだと思い食べようとしたり、
突然人に襲いかかったり・・・などなど。


*②は几帳面で社会性を重んじる
うつ病・神経症の方は「まずありません」が。



心理療法を学習しますと、

今まで「症状」だと思い、
イヤでしょうがなかったところ。

それを違った角度から
とらえられるようになると、
それの「活かし方」が身についてきます。


「症状」
細かな事にとらわれる

心理療法をお稽古すると・・

「個性・能力」
人が気が付かないところを見抜く
深い観察眼(般若:智慧)

*会社では、こういった人が人事担当になると、
働いている人達のメンタルヘルスの事など
何気に根回ししてくれて、環境を整えてくれたりします。


「症状」
何に対しても不安で仕方がない

心理療法を学ぶと

「個性・能力」
・強力な危険察知能力
・世の人々が何に対して
不安を抱いているのかが洞察できる。

*会社では、こういた人が商品開発部門にいると
世のニーズを敏感に察知し、
かゆいところに手が届く、
超人的なアイデアを出してくれる。

またこういった人は、
競合他社からの攻撃から会社を守る
強力な危険察知能力を発揮する。
会社の守護神になる。


「症状」
うつ的なだるさ

心理療法を学ぶと

「個性・能力」
こういった人が心理療法で覚醒すると・・
身体がだるいのならば、最小限の力で
最大の効果を発揮する仕事術・
生活の智慧が身に付く。

*会社では、社員のだるそうな(活発的でない)人が
どのようにすれば、その個性を活かし、
最大限の仕事の成果を出せるか、上司として策を提示できる。
(自分がだるいから、他人のだるさがよく分かる)


生まれ持った、
気質は変える事は出来ません。
(あるいは長年やってきた
性格的なもの)

それに「とらわれる」と
症状(心の病)になり、

それを活かすと
「個性・能力」になる。


タンポポが
バラになることは出来ません。

チューリップが
アジサイになることは出来ません。


タンポポは
タンポポのまま

チューリップは
チューリップのまま

幸せになる


タンポポが
自分の特性をイヤになり

バラになろうとした瞬間から
それは「症状」となります。


心理療法は、自分の特性の活かし方
乗りこなし方をお稽古していきます。

ここは薬物療法には出来ない
「心理療法の最大のメリット」ですね。


薬物療法は今出ている辛さを
一時的に散らす効果は強い。

しかし、心理療法は
その人の人生全体を
包括的にケアします。


神経症(質)、うつ気質は
上手に乗りこなすと、
「社会に有用な個性・能力」になります。

実際、歴史上の偉人などは
神経症・うつ的な方が多いものです。


*ちなみに少し例を挙げると
かの天才軍師が記した
「孫子の兵法」を読んでいると、

明らかに神経症(質)の方が
書いたものという事が明確に分かりますね。

孫武(孫子)は
絶対神経症(質)だったと思いますよ・・(笑)


*あと仏典の、ブッダの語り方を観察していると、
同じことを何度も何度も、執拗に繰り返し語ったり

あの、かゆいところに手が届く
「語りの気遣い」などみていると
神経症(質)気質の香りがします。

元々お釈迦様は子供の頃から、
抑うつ神経症のような症状に悩まされて
29歳の時、この長年の心の病の克服を目指し
出家しました。

お釈迦様は「うつ病克服」の大先輩です。
またお釈迦様は、
その「うつ病克服の具体的方法論」を
提示されたので素晴らしい。



もう一度、
冒頭に語ったところに話を戻します。
診断基準的に言いますと、

神経症(質)、うつ気質的なものを
持っていても

本人が、特に社会生活に支障が無く
ハッピーならば、それは病気ではありません。

==============
うつ・神経症(質)のまま
幸せになる
==============



私が専門とする森田療法では
こんな言葉があります。

-------------------------------------------
「神経症(質)が治るという事は
神経症を活かすことである」
-------------------------------------------



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。


【2016/04/29 03:08】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |
『目に見えぬ心の病、
何をもって「 ”治った” 」と判定しますか?』



例えば皮膚の病気や
内臓の病などは、

当たり前の事ですが

「科学的な証拠を揃えた上で」
診断が確定します。


しかし、
うつ病や神経症(不安障害)を
はじめとする
目に見えぬ心の病は

DSMやICDなどの
診断マニュアル本をみて

精神科医の「個人的な主観」により
診断が確定されます。

「何の科学的根拠もない」
オカルトのようなものです。


まれなケースで

最近では光トポグラフィーや
fMRIなどの画像診断を行う所も
ありますが、

脳の特定部位の
活動の度合い・血流量の偏り等が
認められても

それは参考にはなるが
「完全な科学的根拠」にはならない。


なぜならば、

脳というものは人それぞれ
本当に面白い「個性」があり、

例えば扁桃体が大きかったり
血流量が過剰な方がいたとしましょう。


ではそういった人、
全員が全員

うつ病や神経症など、
心の病になるかと言えば

「そうでもない」


そういった脳を持っていても
一生心の病にならない人もいます。

その人は神経質な傾向にはあるが
普通の健常な社会人です。


神経質で繊細ではあるが
その特性を仕事や
ライフワークに活かし、

イキイキと社会生活をし、
朗らかに生きている人もたくさんいます。


ではその画像診断の先生が

「あなたは脳の特定部位の活動が
過剰なので病気です」

・・・と、いわれても

-----------------------------------
「余計なお世話です」
-----------------------------------


別に本人はそれで
普通に社会生活を送っていて

きちんと仕事もし、納税し
よき社会人として

特に社会生活に支障なく
生活しているのに


「扁桃体の血流が過剰で、
かつ、脳のインパルスの流れがうつ的なので
あなたは病気です」

と言われましても・・

画像ではそうなっていても・・・


「私は毎日幸せに
生きていますが・・・何か?」


そうです

まさに
「余計なお世話なんです」



逆に画像診断等で
「模範的・健全な脳」を持っていても

当の本人が
「人生、生き辛さを抱えていて」
幸せではなく、社会生活に
支障をきたしているならば

~~~~~~~~~~~
「脳は健全ですが」
”こころ” は病気です。

~~~~~~~~~~~


これらのお話は
何が言いたかったかといいますと、

たとえ、DSMやICDなどの
診断マニュアルに
当てはまっていても・・

画像診断でそうなっていても・・

==================
「そういった特性があっても
本人がそれで、社会生活に支障なく
普通に生活していれば別に
病気じゃないということ」
==================


何でもかんでも
病気にされては困ります。
(特に精神の病は)


DSMやICDの
分類をみていますと
ちょっと繊細な方なら

「誰しも当てはまるような事も
書いてあります」

じゃ、その人たちは
「全員病気」なんでしょうか?


心の病(精神疾患)というものは

1、 その特性があって、本人が
それにより社会生活に
支障をきたしていれば
病気です。


2、あるいは、本人に病識はないが、
周りからみて、明らかに社会的に
逸脱した行為を繰り返す人。

例えば、通行人に突然襲いかかったり、
石鹸をパンだと認識して食べてしまったり、
街を裸で歩いたり・・・など。


これらが
心(精神)の病なんですが、

常識があり、
社会的規律を重んじる

うつ病・神経症の方々は
「2」はまず無いでしょう。

「2」は特殊な種類の病です。


うつ病・神経症の方々は
「1」に該当すると思います。




はい。ここから本題です。

~「では心の病が治るとは何か?」~


私は森田療法や
マインドフルネスが専門なので
その立場から言いますと、


たとえば、私のところに来談される
クライエントの皆様は

最初はうつや神経症的な特性が
気になって気になって
「社会生活に支障が出るレベル」

そして、それを何とかしようと
私のところにいらっしゃいます。


ですがこの
日本古来の心理療法は、

他の西洋式の心理療法・
カウンセリングと違って
「症状をやっつける事は説かない」


ん!?何かが違うぞ!?


そしてプログラムが終わり、
しばらく続けていると

(真剣に、まじめに
日々修練される方は)

今まで気になって気になって
社会生活に支障が出るレベルだった
心理症状が

「どうでもよくなってくる」


何十年も悩まされていた

心理症状が、あるといえばあるし、
無いと言えば無い。


つまり

「あろうが、なかろうが、
どうでもよくなります」


十牛図7
「十牛図」心の病が治っていく、10のプロセスの
↓7番目「忘牛存人」(ぼうぎゅうそんじん)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


これは低次元の
「開き直り」ではなく、

仏教瞑想で言う
「とらわれ」が無くなった
~あるがまま~



持って生まれた
うつ・神経症(質)的なもの。

これが短所だ!悪いものだ!と
「とらわれて」生きるのは病気です。


*そういったものに「とらわれて」
ストレスフルの日々の生活で
「副次的に」脳の病気になっていきます。

世間で言う「脳の病気だからうつ病」ではなく
脳の病気は「副次的なもの」である。

根っこの部分に
「心理学的アプローチ」をかけないと

何十年、抗うつ薬を飲んでも
根治にはなりません。



うつ・神経症(質)的、
持って生まれた気質的なもの

それの活かし方を
心理療法から学びますと

大きな短所は
「大きな長所」に化けます。


神経症(質)だからこそ
人が気付かない
細やかなところまで気付けますし、

メランコリー親和型
(うつの代表的気質)だからこそ、
きめ細やかな、かゆいところに
手が届く仕事が出来るんですよ。

(神経質・メランコリー親和型は
いい~仕事しますよ。
胸を張って生きてください)


うつ・神経症的な方は
その才能の活かし方を知らないだけ。

その特性の活かし方を
お稽古していきますと

やがて、抗うつ薬・抗不安薬は
要らなくなってくる事でしょう。


幸せに生きる事が出来るようになって
抗うつ薬は要らないでしょう?


===============
「煩悩 即 菩提」
「神経症 即 菩提」
「不安定 即 安定」
「不安常住」

(森田療法のことば)
===============


「うつ・神経症(質)的気質のまま
うつ病・神経症が治ります」


心の病が治るという事、
目覚める事は、

無敵のスーパーマンに
なる事ではありません。


心の病が治るということは

「自分は特別な存在という幻」
から目覚め

「聖なる凡人」になること

十牛図10
↑(十牛図10番目:日鄽垂手(にってんすいしゅ)
心の病が「根治」した時)



私も幼少の頃からの
うつ・神経症(強迫性障害)を

20代の頃に森田療法・
マインドフルネスに出会い
克服しました。


基本的なうつ・
神経症(質)的「気質」は

克服した後でも
あまり変わりませんよ。


でもうつ「病」、
神経「症」にはなりませんし、

別に抗うつ薬・
抗不安薬は要りません。


もちろん十数年経ちますが
再発もありませんし、
今後も無いでしょうね。

発病前より、
格段に生きるのが楽になって

うつ・神経質的気質のまま
幸福になりました。


私の脳を画像で診断、
もしくは心理査定(テスト)したら

「病気」と出るかもしれませんよ(笑)


ですが現代心理学・
脳科学の言う事は

「余計なお世話です」

~~~~~~~~~~~
なぜならば、
私は幸福ですから
~~~~~~~~~~~


これが
「森田療法の治り方」です。


「西洋的な治る」の概念とは
違うでしょう?


===============
幸せとは
画像診断やペーパーテスト、
「周りが」決める事ではなく

あなたの
「こころの中」にあります

周りと比べ、一緒じゃなくても
あなたが幸せならば幸せです
===============


うつ病・神経症は
”あるがまま” 完治します。


これが西洋的な
「寛解(かんかい)」の概念を超えた

「克服・根治」です。


寛解は再発する危険性が
非常に高いですが、

「克服」は再発する
可能性が限りなく低い。


うつ病・神経症(不安障害)は
「治る」病気です。

薬物療法一本のやり方で
限界を感じている方々は
心理療法を導入されますと

解決の糸口が
見つかるかもしれませんね。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
固くお断りします。


【2016/07/21 00:47】 | うつ・神経症的な「気質」のお話
トラックバック(0) |