マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「心の自動操縦状態」
~うつ病・神経症思考が出やすい時~


これは、うつ病・
神経症(不安障害)に対する

マインドフルネスを進めるにあたって
重要なところです。


例えば、

車の運転歴25年の
ベテランドライバーさんが

近所のいつものコンビニに、
車で買い物に行く時。


車を走らせ、
いつもの道を行って帰ってくる・・・

慣れていますので、
特に意識しなくても

「自動操縦状態」
運転出来ています。


気が付いたら
お目当てのアイスクリームを買って

玄関の前にいる・・・
運転していた時の印象が
ほとんどない。


何気ない日常の中で
そんな経験よくありませんか?

あとテレビを観ながら
食事をしている時も、

食事していた時のインパクトが
ほとんどありませんね。

「自動操縦状態」で食べています。


自動操縦状態

簡単に言いますと
ポケーッとルーティンで
何かをしている状態。


そこがチェックポイント。

==================

うつ病・神経症など心の病の方は

普段の生活で、自動操縦状態の時に
思考が流されはじめ、巻き込まれ・・・

気が付いたら
うつ病思考に、どっぷりハマって
戻ってこれなくなります。

↑(これ、よくありませんか?)

==================

*このブログでよく出てくる用語
「うつ病的、反すう思考」は
自動操縦状態の時に出やすいです。


↑うつ病・神経症(不安障害)の方は、気がついた時、
観察、実験してみてください。


さて、
この「自動操縦状態」の扱い方次第で
うつ病思考が「激減」します。

錨(アンカー)の無い船のように
波に漂い、あっちにフラフラ
こっちにフラフラしている思考に

錨を下します。


これは、当心理相談所の授業で
マインドフルネスの特殊技術を用います。

訓練次第で誰でもできますが
毎日続けることです。
(少し努力が必要です)


するといつしか、脳がパターン化し、
その特殊技術が「意識しなくても」
自然に出るようになっていきます。

心理トレーニングにより
そうなっていきますと

思考が「自動操縦で漂うのが激減」し、

うつ病・神経症思考に発展するのを
予防する事ができます。


☆当心理相談所の受講生でない
一般読者さん向けに、
簡易バージョンを提示しますと、

一日の中で
自動操縦状態になっている事に、

「客観的に気付く回数を
増やしてみます」


「あ・今、自動操縦状態だ」・・・と。


それだけでも、うつ的妄想に
巻き込まれる回数が減り
少し楽になるかと思います。


「現在の自分の思考が、どうなっているのか
客観的に、一歩下がった視点で観察している」


これを心理学では「メタ認知」といいます。



山中紹聖のカウンセリング(コーチング)・心理療法

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html




【2012/03/26 00:33】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRIさんへ
ショウセイ
> 自分の過去を振り返り、現在のネガティブ思考の癖に気づきました。考え方の整体、自分レッスンが必要なんですね。とりあえず読み進め、実践してみます。


コメントありがとうございます。
まず問題点を心理学的に分析し、浮き彫りにすることですね。

次に独学では、まず不可能ですので
プロの心理療法家・心理カウンセラーについてもらい、
心理学的理論に適った訓練をし「自律(自分を律する)」に持っていく事です。

自分自身が「最強のカウンセラー」です。
ネガティブな心に巻き込まれそうになった時、
自分で自分をカウンセリングできるようになるのが
「本当のゴール」かと思います。

その状態になった時
「薬もカウンセラーも」必要なくなるかと思います。




畑山
心の汚れは、リラックスしている時に出やすいんですよね?

スマナサーラ長老の釈迦の瞑想というタイトルの本で観の瞑想について勉強して、

呼吸に意識を集中して、客観的に事象を観察していき外界や自分の内側に起こった感情、感覚とかにラベリングをしていく内容で


人間って呼吸に意識を集中するとリラックスすると思うんですけど、



瞑想って


映画を観る感覚とか、あまり良くないニュアンスだと 幽体離脱するイメージに近いのでしょうか?


Re: 畑山さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 心の汚れは、リラックスしている時に出やすいんですよね?
> スマナサーラ長老の釈迦の瞑想というタイトルの本で観の瞑想について勉強して、


スマナサーラさんのところと、当マインドフルネスは
少し方法論が違いますが、
行きつくところは同じかと思います。

心の汚れは、実は四六時中、いたる所で出ております。
私達は煩雑な日常で、それを観察出来ていないだけです。

しかし、仏教瞑想などで「観察に特化したモード」に入りますと
それが観察しやすくなるだけです。


> 瞑想って
> 映画を観る感覚とか、あまり良くないニュアンスだと 幽体離脱するイメージに近いのでしょうか?


あはは。幽体離脱は妄想ですね。
森田療法のことばで言いますと「あるがまま」観る事です。

私達は目の前の事実に「妄想」というフィルターをかけ
色メガネをかけてみてしまします。

それが私達の心のトラブル(うつ病など)や、
職場などでトラブルを生みます。

しかし、瞑想はそういった色メガネを取っ払って
「あるがまま」の世界を「あるがまま」観る事です。

その純度が近づいてきますと、
やがてうつ病・神経症など心のトラブルから解放されてきます。

それではこの辺で。
またいらしてくださいi-260



承認待ちコメント
-


Re: J,Sさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

いただきましたオープンコメントに、
メールアドレスなどが表示されてしまいますので
オンライン上、個人情報保護の視点から非表示とさせていただきます。

後ほどメールいたします。

コメントを閉じる▲
「なぜ億劫になり
身体がだるくなるのか?」



うつ病の人は普通の人より
思考が「自動操縦状態」になりやすい。


*自動操縦状態とは?

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-565.html


思考の「自動操縦状態」は
ポーっとしていて、思考が過去の事や未来の事など・・
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ漂っている状態。


この時に思考の過ちが起きやすい。
また作業などのミスが起こりやすい。

車を運転していて
事故を起こす事が多いのは、この状態の時です。

うつ病の人は、自動操縦に引っ張られ
ハッと気が付いたら、いつもの「うつ状態」になっています。

そして身体がだるくなり
気分が億劫になっていきます。



*心の病の方は実験してみてください。
精神的に辛い状態になる前、心がどんな状態になっていますか?
自動操縦状態になっていませんか?


思考の自動操縦状態は「百害あって一利なし」です。
ろくな事がない。


一日の内で、この状態が多ければ多いほど
心の病の方は辛くなります。



逆に言いますと、一日の内で
この状態をできるだけ少なくしていきますと
気分が楽になっていきます。





マインドフルネスでは
この状態を防ぐ「具体的心理技術」を練習していきます。

思考が飛んだら、
あるいは飛びそうになったら

漂ったり、暴れまわったりする思考に
カウボーイのように投げ輪をかけ、連れ戻します。


暴れ牛(心)は落ち着いていきます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-27.html


うつ病・神経症も
心理学的コツさえつかめれば

ある程度、飼いならす事が
出来るかと思います。


飼いならす事に成功しますと
案外ペットみたいでカワイイものかもしれませんね。




【2012/04/28 00:30】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |
うつ病は、朝起きた時、
一番ひどい方が多い。
「モーニング・デプレッション」といいます。



これは朝起きた時、以前お話ししました、
「思考の自動操縦状態」

それに伴う鬱的妄想に、
巻き込まれやすいからなんですね。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-565.html


*自律神経のスイッチが
上手に切り替わらないという事もありますが、
今回は心理学的な視点から語ります。
複合的な要因かと思います。



うつ病の人は朝起きて、

「あれやって・・これやって・・・
そうだ。昨日の上司のイヤミが・・
今日またあのイヤな上司に会わなくてはいけない・・
あぁ面倒くさい・・またイヤな一日が始まる・・・」

布団の中で悶々とするわけです。


思考が過去に行ったり、未来に行ったり・・
あっちにフラフラ、こっちにフラフラ・・

気が付けば、うつ病思考にどっぷりハマっています。
「いつものパターン」



このように一日のスタートから、
コケてしまいがち。

当然スタートがこれなんですから、
一日中身体が重く、気分が億劫。。
(昼過ぎくらいから若干回復しますが・・)


まず、朝のスタートを
マインドフルネスを使い
しっかりしてまいりましょう!


うつ病の人は
朝起きぬけに、過去の事、未来の事・・
「過去・現在・未来」三世の情報が
一気になだれ込みます。

膨大な情報量に対し、
脳の情報処理が追い付かず

パソコンで言うならば、動きが鈍くなったり、
「バグやフリーズ」を起こします。

この脳(心理)の状態が「うつ状態」とも言えます。


朝は脳が起動して間もない時間。
まだエンジンがかかっていません。

よいスタートがきれるよう
脳の情報処理量を少なくしてあげます。


マインドフルネスの心理技法を使い
「現在のみ」に集中します。

(具体的方法は講義・コーチングにて、
詳しくお勉強いたします)

布団の中でも使えます。
*呼吸技法の公開講話

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-328.html




当クライエントさんではない
一般読者さん向けにも説明いたします。

===================

朝どうしても辛い時、
過去や未来を切り捨て
「現在のみ」の情報処理をしていきます。



顔を洗うのでしたら
顔を洗うだけ。

茶を飲むなら
茶を飲むだけ。

ほうきで掃くのなら
ほうきで掃くだけ・・・

===================


「現在、この瞬間のみ」でしたら、
とっても簡単。
誰でも簡単に情報処理が出来ます。

過去や未来に重いシャッターを閉め
「現在、この瞬間のみ」でしたら
生きるのが楽でしょう?


「現在、この瞬間」を
しっかり生きるコツが掴めますと

その積み重ねで、自動的に
「未来をよりよく生きる」ことが出来ます。

なぜなら
「現在、この瞬間」の積み重ねが「未来」です。


また、そんな毎日を送っていますと
「不快な過去とも和解」が出来るようになっていきます。


結果的に「過去、現在、未来」を
よりよく生きる事ができます。
急がば回れ・・ですね。


『思考が過去や未来にフラフラ散歩を始めたら
サッと気付いて、優しく現在に戻す』



うつ病・神経症思考の方が
毎日を、よりよく楽しく生きる妙法です。


そして・・・いつしか、

モーニングデプレッションから解放され、
布団から脱出し

朝のさわやかな一歩が踏み出せる事でしょう




【2012/05/03 01:47】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |
まず眠気には「生物学的要因」があります。


寝不足・・
例えば一日3時間しか寝ていなければ
眠くて当たり前です。
しっかり睡眠をとってください。


精神薬の副作用・・
抗不安薬などは人によっては非常に眠くなります。

また抗うつ薬などは、
変な「あくび」が連発する人もいます。

医師に適切な薬の指導を受けてください。


これらは
原因がハッキリしています。
適切な対処をすれば解消できるかと思います。

*眠気の生物学的要因は
他にも様々なものがありますが
今日のテーマから外れますので、この辺にしておきます。




さて、問題は
睡眠時間をたっぷり取っている。

精神薬など服用していない・・・

だけど日々眠い・・
眠くて仕方がない・・・

これは「心理学的要因」の可能性が強い。
(特に心の病の方は)


なぜこのような状態になるのか?


私達マインドフルネス認知療法家の視点から言いますと
このブログでよく出てくるキーワード
「思考の自動操縦状態」が多いからなんですね。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-565.html


このポケーっとしていて、
思考がさまよっている状態は

脳内の様々な「断片化された情報」と、ひっつきやすく
「おかしな思考の固まり」(ネガティブ思考)になりやすい。


ネガティブ思考(うつ病・神経症的思考)が多いと
一日中、脳におかしなストレスがかかり
余計なエネルギーを使います。


結果、脳が疲れ果て「原因不明の眠気」
また、「よく分からないイライラ」に発展しやすいんですね。



まずこの自動操縦状態を防ぐこと。

一日の内で、思考がフワフワさまよっている状態(妄想)を
こまめにチェック、監視しましょう。


マインドフルネスでは、この状態に素早く気付き
サッと戻す心理訓練をしていきます。

すると脳がスッキリし、非常に気分が良くなってきます。
脳の「感情への情報処理」もサクサク進むようになっていきます。


おかしな眠気とイライラも激減していきます。

うつ病や神経症でストレスの溜まりやすい人は
脳の情報処理の負担を、心理療法で軽くしてあげることです。




『最近、原因不明の眠気、あくび、
またよく分からないイライラに困っている人いませんか?』




ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/05/11 02:41】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントaさんへ
ショウセイ
私は大丈夫ですよi-179

いえいえ。
aさんも素敵なブログで皆さんの役に立ってますよ。
自信を持って。

スイーツやパワーストーンのお写真など
私も癒されておりますi-228

そうですね。また寒くなっちゃいましたよね。。
お互い養生していきましょうi-260


コメントを閉じる▲
うつ病・神経症(不安障害)など
心の病で苦しいのは、

妄想や雑念に「とらわれ」
頭がいっぱいになることです。



ゆえに、妄想や雑念に
振り回される「心のパターン」を

心理学的訓練で
修正していくと楽になります。



*(ただし業務的な事など、健全な思考はOK。
思考と妄想は違います)


この章(カテゴリー)では
妄想が発生する下地である、

「自動操縦状態」について
語っております。

↓(詳しくは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-61.html


自動操縦状態とは

ポケーッとしながら
食事をする、車の運転をする、
作業する・・など


分かりやすく言うならば
ルーティンな流れ作業の時、

頭を使わず自動で
何かをやっている状態。


人はこの時に、
妄想が発生しやすく、

そして、妄想に
「とらわれ」巻き込まれ
集中力を欠き、

結果、事故を起こしたり
トラブルに巻き込まれます。

(心の病の方でしたら、妄想に巻き込まれ、
頭の中で独り相撲をしてしまい、疲れてしまう)


例えば、車で
事故を起こした事がある方、

事故を起こす「直前の心」は、
どんな状態でしたか?

おそらく、妄想で
ポケーッとしていた状態かと思います。


「自動操縦状態」

この時に「妄想の種」が
発生しております。

その妄想の種は、
次第に固まりになっていき

「大きな妄想」に発展します。


魅力的な妄想、イヤな妄想、
疲れる妄想・・・

様々な妄想に
「とらわれ」頭の中で、ぐるぐるぐる・・・


その妄想の
底なし沼から脱しない限り

「どんどんネガティブになっていき、
生きるのがイヤになってきます」



もっとまずいのは、
底なし沼にハマっているのも
気付いていない状態。


では、その底なし沼
(自動操縦状態)から脱するには

どうすればよいのでしょうか?


まず日々しっかり
「マインドフルネス仏式瞑想」をし、

集中力を高め
「今、この瞬間に
客観的に気付いている」

状態を増やすこと。

*この訓練法は、
samma-sati (サンマーサティ:パーリ語)といいます。
これは古代から伝わる、
心の病を治す8つの方法の一つ「正念」


「今、この瞬間に気付く」とは
脳が常に目覚めている状態。

自分が今何をして、何を考えているのか
「客観的に観察」(セルフモニタリング)
できている状態です。



マインドフルネスの訓練では
「特殊技術」を使いますが


これらの訓練をしていない人も

『今、自分がポケーッとして何かをしている状態に
「ハッと素早く気づいて」われに返る』


この作業を一日の内で
増やすことにより

妄想が激減し
思考(脳)が楽になります。


案外私達は、
このポケーッと自動で作業している状態・・
無意識的に結構やっています。

これは一見リラックスし
楽にみえるのですが、

実は脳は、妄想を大量に生産し、
その後「その情報処理に追われます」

結果・・大変脳に負担がかかり、
いらぬストレスの種を作ります。



脳が一日の内で、
妄想に振り回される

「無駄なエネルギーロス」を減らします。


仕事や生活の必要な事のみに
脳の貴重なエネルギーを使うようになります。


すると・・
一日が終わっていかがでしょうか?

いつもの
「うつ病・神経症独特の
原因不明な精神的な疲れ」

無くなっていきますから。。

訓練を続けていく事です。


「うつ病=絶対頑張らない」ではなく、

心理学的、理に適った方法で
「少し頑張りますと」治っていきます。





*当カウンセリング・心理療法の詳しい説明

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html



【2012/11/03 10:02】 | うつ病・神経症思考が発生しやすい時 「心の自動操縦状態」
トラックバック(0) |