マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
このカテゴリーは
科学&スピリチュアルな解釈をします。

スピリチュアル系の方が分かりやすい・・
という方には、こういうお話をします。


さて
私達の身体を小さい単位に分解していくと

身体・・細胞・・・原子・・・・・最小単位の「素粒子」になります。

逆に言うと
「素粒子」・・・・原子・・・細胞が集まって・・・・・身体になります。


素粒子は不思議な物質?です
消えたかと思えば現れ、
現れたかと思えば消える。

テレポートのような動き。
そして物質間を貫通する。。など

現在の科学では、このようなことが分かっております。

般若心経の有名な
「色即是空 空即是色」
このような世界を説明しています。


そうです。私達の身体は
そういった不思議な粒子の集まりなんです。

それが60兆個の細胞になり身体を作ってるんですね。

ここまでは科学的な見解。


それでは、
その粒子をまとめて
身体にしてる「力」はなんなのでしょうか?



それは・・・


<続く>



FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/10/18 09:16】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

おはようございます
なべ酒造
本を買ってみましたよ。
どうやら、私が気になっていた本とショウセイさんが教えて下さった本は同じものでした。

なので、意見が同じというのと「本を読んでみたい」との意欲があるうちに購入してみました。

なかなか興味深い内容です。
無理をしない程度に読み進めていこうと思います。

アドバイス有難うございました。

Re: なべ酒造さんへ
ショウセイ
おお!
やはり「あの本」ですか?(笑)

読み終えたら語り合いましょうe-257

あの本、シリーズがありますので
またいろいろオススメいたしますi-234


コメントを閉じる▲
<さて前回の続きです>


私達の身体は素粒子で出来ています。
素粒子のさざ波の集合体です。


それでは
その粒子をまとめて
身体にしてる「力」はなんなのでしょうか?



そのまとめる力が働いてないと、
私達の身体は形を形成できませんね。
精神もそう。


私達を私達たらしめる力
分析心理学ではその力を「セルフ」と呼びます。



「セルフは私達が
産まれた時から共にいます」




生涯のパートナーみたいなもの。
映画で言うならば

スターウォーズで
オビワンケノービやヨーダが
「フォースと共にあらんことを・・」
と言ってるあれです。
(ジェダイの騎士はフォース(セルフ)の力を
純粋に出す事ができます)
スターウォーズ分からない人はすみません。



「セルフは精神と肉体を統合する力」


それぞれの文化圏で
いろんなシンボルがありますね。

taikyokuzu
↑太極図もそう。


マンダラもそう。


↓仏塔に刻まれた、こんなマークもそう(犬山成田山にて撮影)
仏塔


キリスト教圏ですと頭の輪、後光など。。

そう。全て○(丸)のようなシンボル。

セルフ元型のシンボルは、
各文化圏共通で「円」のようなもので表されます。
この人類共通のイメージ、シンボルの事を
集合的無意識の中にある「元型」と呼びます。



セルフはまた、私達が
自分らしくない生き方をしてると警告を出してきます。




そのサインは・・・
「うつ病など各種心の病や身体の不調です」
精神を統合する力が弱くなってるサインです。

統合失調症はスピリチュアル的にみると、
精神を統合するセルフの失調だと思います。



潜在意識が曇ってるとセルフの力が弱くなります。
心理療法で曇りをとりましょう。



セルフをそっと感じましょう。

「いのち」の
軌道修正が始まりますから



セルフは

形は無いが

導くもの



「フォースと共にあらんことを・・」




FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/10/19 08:06】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

はじめまして
うつ玉子
はじめまして。

セルフですか・・・。
仏教では、「我」とか言ったりしますね。
それみたいなものでしょうか。

Re: うつ玉子さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

セルフはユング心理学の概念ですが、仏説に例えるならば仏性ととらえても良いでしょう。
そしてもっと大きな視点で言いますと、全てが「空(くう)」です。

我(が)は当ブログでたびたび出てきますが、我に執着することで苦しみは生じます。
仏説では我を滅していく方法論をとります。

ただし私達は聖者ではありませんので、無我になることは不可能に近いです。
ですので我の不要なところを少しずつ捨てていく作業だけでも、生きるのが楽になりますよ。

これらを頭で考えると謎々みたいになってしまいますので、
実際「座禅」してみるのをオススメいたします。

少し分かりにくかったと思いますが、
その他ご質問がございましたらメールフォームからでもお答えいたします。


コメントを閉じる▲
「シャドウ(影)元型」



潜在意識の中にいるもう一人の自分

NO2の自分

認めたくない自分・・

それがシャドウ元型

これは悪い事じゃなく

誰しも持ってます。



例えば、
清純そうにふるまっているが時折
計算高く、姑息な自分が顔を出したり・・

それがイヤで、いつまでも
目をそむけて認められない・・

すると抑圧されたシャドウは
「心の病」になって現れます。



もっとマズイのは、NO2の自分にすら
気付いていない、気付こうとしない事。




シャドウを抑圧し認められないと、
それがストレスになってしまうので

周囲に投影し人間関係の不調和を起こします。
適切なコミュニケーションがとれなくなる。

認知(モノのとらえかた)もゆがんできます。
心の反応パターンも悪くなる。



自分の中の光と影、陰と陽、
それはどちらもあなたなんですよ。


私達は人間です。
そして聖者じゃないんですからそれで良いんです。


シャドウを受容してあげて
そして宣言してください。

NO2の自分へ・・

「君のこと嫌いじゃないよ」



自分のシャドウ(影)の受容は

他人のシャドウ(影)も
受容出来るようになっていきます。




今日は分析心理学のお話でした。

それでは皆様ごきげんよう。




↓ランキング参加しております。願わくばクリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございましたm(__)m

FC2blog テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

【2010/10/25 07:51】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

どうも^^
なべ酒造
こんばんは。
え~と図星ですね(´-ω-`)ハッキリって反論のしようもありません。

ショウセイさんの今日の記事を読ませていただいて「今の自分じゃないか!」と思っている次第です。

シャドウ元型ですかぁ。
今の私はNO2の自分の存在は分かっていますが容認出来ていませんね。

屁理屈かもしれないですが、NO1の自分だけで精一杯です…

そうそう、ランキングですが二つのカテゴリーに挑戦しようと思います。
今までの「鬱カテゴリー」と新規に「メンタルヘルスランキング」に挑んでみます。

ちょっと、様々な方とブログ交流を増やしてみたいと思いまして。
もっと世間様に耳を傾けてみようと思いました。

それでは。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


Re: なべ酒造さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

NO2の自分は徐々に受け入れていけば良いですよi-179

でもなべ酒造さんは、自身のNO2の自分に気付いているのはスゴイと思います。
一生見て見ぬフリして、自身のシャドウ元型に気付かない方もみえますので。

シャドウ元型をうまく受け入れていきますと、人格の統合が始まり生きるのが楽になります。
それを「個性化」といいます。


ランキング頑張ってくださいねi-234


コメントを閉じる▲
私が重い病気を患い、
苦しくて死を意識した時
(奇跡的な復活をしたのですが)

病院のベッドの脇に右に2人、左に1人
金色に輝く子供のようなもの?が見えました。
その金色の子供?は
じーっと私を見守っているようでした。

そしてお腹の上、40cmくらいのところに
濃い黄色に近い「金色の玉」(直径50cmくらい)
が浮かんでいました。
キーンキーンという心地よい音をたてて。


そこからですね。
心臓移植しか助からないかも・・
と言われたものが回復したのは。
(一応現在落ち着いていますが闘病中です)

現在の担当医もデータをみて
「んんん!?理解不能状態です(笑)」


潜在意識を学んでいますと、
不思議な事がよく起こるものです。


ただ
「不思議な事」ばかりフォーカスするのは間違いです。
「不思議な事」は単なる副産物です。


あとよくある一例ですが、
「あの人、今頃何してるのかな・・」と思案していますと
その人から電話がかかってきたり。

私が危険な状態で入院した時、
実家で私に良くなつく猫が
突然失踪しました。

その猫は室内の猫で、
2年間一度も外に出た事がない猫でした。
私が入院した三日後に突然失踪です。

そして私が復活し、三か月後に退院した時、
その猫もひょっこり帰ってきました。

その猫ちゃん。
私の膝の上で満面の笑みを浮かべてゴロゴロいってました
猫の恩返し!?(笑)


その他もっと不思議な事がありましたが、
ブログで書けない事ですので
この辺にしておきます。


これらは分析心理学(ユング説)では
シンクロニシティ(共時性)といいます。
シンクロニシティに関しては
オカルトっぽくなってしまいますので、
これ以上触れませんが


最初のお話。
病床で私が見た「金色の子供達」に関して、

「いわゆる霊現象」
脳や心理学的視点から解説いたします。


<続く>




FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/11/17 05:47】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

こんばんは
風の卵
風の卵です。
続き、明日を待っていますね。


Re: 風の卵さんへ
ショウセイ
ありがとうございますi-260


コメントを閉じる▲
<昨日の続き>


さて昨日のお話。
私が体験した霊現象、

病院のベッドの上でみた金色の子供たち

そして危ない病気からの奇跡的復活。


これを聴くと
ショウセイさんは神秘体験をした!
と思われますが・・・その前に
心理学的視点からもみてみましょう・・


まず人間。
いや生物にとって
本能的に最高の恐怖はなんでしょうか?

そうですね。「死」です。

人間は便利なもので
死の恐怖を和らげるための最終プログラム
臨死時に画像投影するという機能が搭載されてます。

それを出す事によって、
人生最後の「死」を受け入れやすくするというものです。


そしてそれは、
個人の文化的背景によって違います。

仏教圏でしたら
仏とその使いたちが迎えにくる。

キリスト教圏でしたら
天使たちが迎えにくる・・といったものです。


例えば霊現象などは、

潜在意識の中の
「恐怖や不安」に気付いてもらうため、

脳が「霊のビジョン」を外界に投影し、
見えてしまうといったカラクリも考えられます。



これはかなり特殊な例ですが、
一種の無意識の意識化です。

霊という画像を仮に出して、
それを見る事によって
「心の中の形なきモヤモヤ」を形にして
対象化し脳が安定を図ろうとしてるんですね。

不安の度合いは個人差があります。

であるが故に、そういったものが
見えてしまう人と見えない人があるんですね。


実は霊が見えてしまうのは
自分の潜在意識の中に、
対応しきれていない
「不安」が内蔵されているということ。


そしてもっと言いますと、その「不安」は
よりよく生きたいという願望の裏返しなんですよ。


潜在意識の過度の投射です。
(それに気付くと、たちまち幻覚は消えます)


特に私の例のように
「死」を間近にした人間は極限状態です。
「死」が間近ですので、
誰だって少なからず恐怖はありますよね。

そういった類のモノが
見えやすい状態なんです。

死の恐怖を和らげるために、
脳が映し出したイリュージョンという事も考えられますね。

(これらは、あくまで仮説です)



人の一生は
「災難に遭う時節には災難に遭ふがよく候(そうろう)。
死ぬる時節には死ぬがよく候。
是はこれ災難をのがるる妙法にて候」


江戸時代の禅僧、良寛さんのことばです。
やれることやってみて、
どうしようもない不可抗力、
宿命は抗わず受け入れるという事です。


今日は霊現象を
心理学の視点からとらえました。

ただ、いつも言っておりますが
物事は多角的に観る事です。

心理学だけではなく
脳科学、スピリチュアル、生物学、思想、宗教学など
あらゆる視点から分析する事をオススメいたします。


世の中は、まだまだ科学だけでは
割り切れない事もたくさんあります。


スピリチュアルな事もあると思います。


ですが科学で分かっている事は、
科学的に対応されると良いでしょう。


例えば風邪をひいてこじらせた時、
頭に葉っぱを乗せて、
まじないを唱える事はしないですよね(笑)

やはり風邪をこじらせたら病院へ行き、
注射をし薬を飲みますね。


霊がいるかいないかは別問題として
スピリチュアルは考え方としては良いと思います。
よほど違法なカルトでなければ。

例えば江原啓之さん。
守護霊がいるかどうかは
科学的に別問題として、あの方
穏やかで謙虚で人として立派な方だと思います。

逆に崇高なる宗教などを信じていても、
人に迷惑ばかりかけ
メッチャクチャな生き方してる方・・・どう思いますか?


どちらにせよ

結果、それでその人が、
道徳的で人として
幸せな人生を送っているかどうかが
大切かと思います。




↓ランキング参加しております。願わくばクリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございましたm(__)m

FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/11/18 07:30】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

どうもありがとうございます~~!!!
かじぺた
はじめまして!!こんにちは~~(^0^*)ノ
この度は、とっても恥ずかし嬉しいお褒めの言葉と
応援ポチ、
それに相互リンクのお申し出を頂き、
どうもありがとうございます~~~!!!
とっても嬉しいですo(≧∀≦)o
早速リンクしておきました♪♪♪
拙いブログで申し訳ありませんが、
みなさんの、
なにか癒し(?)的なものになってくれたら嬉しく思います(^-^*)

今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

Re: かじぺたさんへ
ショウセイ
かじぺたさんのお写真いいですよ!

本当に旅行に行ってる気分になれます♪

みなさんも「かじぺたさん」のブログのぞいてみてください。

ありがとうございます~~(^0^*)\
かじぺた
どうもありがとうございますm(_ _)m
そう言って頂けて、本当にうれしいですo(≧∀≦)o
しょーもないことばっかのブログですが、
よろしくお願いいたしま~すm(^0^*)m

こんばんは
風の卵
こんばんは。
潜在意識と外界への投影・・・
あー・・・そうかだったかもしれません。
うんうん。
また一つふわっとなれました。

かじぺたさんのぶろぐ、本当ですね。
旅行に行ってる気分になれます。
楽しいです。

Re: 風の卵さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

そうですね。
物事は多角的にみる事ですね♪e-450


コメントを閉じる▲
「幻覚、幻聴は脳のイリュージョン」



それらは用があるから出てきているんです。
何かに気付いてほしいのですね。

潜在意識(脳の奥底)の中の
ネガティブな感情や想念が浮上し
映像化しているかもしれませんね。

意識、無意識3


心理学的に言いますと
悪いパターンの「無意識の意識化」です。

*(「無意識の意識化」の説明は文末に掲載します)


例えば、霊が見えるとは
その人の潜在意識そのものを映像化し見ている・・・
という事も考えられます。

これが幻覚です。



「霊現象」や「オカルト」のほとんどはこの類です



「いわゆる」霊能者は
統合失調症の可能性も少なからずあるかもしれません。


世界にはまだ科学で解明出来ない事もたくさんあります。
(そのうち一つずつ解明されていくと思いますが・・・)


ただし、人をだまし多額の金品を巻き上げる
インチキ霊能者は、また違ったカテゴリーです。
それは虚言癖です。
パーソナリティ障害の一種です。





*「無意識の意識化」とは・・・
(冒頭の例をもっと詳しく説明します)

様々な解釈がありますが簡単に言いますと

潜在意識(無意識)の中のよく分からないものを
映像や音声、絵画など・・
「意識レベル」で理解出来る形にすることで、
脳の安定を図るものです。
意識、無意識3


「絵画(芸術)療法」などはこの理論です。
潜在意識の中のモヤモヤを「絵」で表し
心の安定を図るものです。

そして自分の心を客観的に理解するものです。

自分の心の奥深く渦巻く感情などを
脳が理解しやすくなり、気分が楽になっていきます。

当カウンセラーもクライエントさんのタイプにより
たまに絵画療法を使う事もあります。


*ちなみに絵画で「抽象画」ってありますよね。
あれは画家自身の潜在意識(無意識)の中の世界を
絵画によって表わしてるんですね。



で、話をしめますと・・

冒頭の「霊」などは
その人の心の奥底(脳の奥底)に、

耐えられないほどの不安や葛藤があり
無意識的に、その人の心が壊れないよう心理防衛で、
こういった心理システムが発動してしまっている
とも考えられます。


潜在意識(脳の奥底)は不思議な世界です。
現段階の科学では、まだ解明されていない事が多いです。

しかし、あと数百年くらいしたら
科学で解明されると思います。



<続く>


FC2blog テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

【2011/06/03 02:46】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |
「幻覚、幻聴のマインドフルネス的対応法」


さて昨日の続きです。

幻覚、幻聴に対し
「感謝して和解」してみましょう。

そして後は
感情を入れず淡々と観察いたします。


「ありがとう」と言って
執着せずサッと手放しましょう。


幻覚、幻聴に
「おかしな感情」を入れてしまいますと

妄想に発展し

妄想と現実の
区別がつかなくなり(脳の誤作動)

たちまち恐れや混乱が生起してしまいます。



これが
「霊に憑かれた??」の心理学的システムかと思います。


ちなみに
みんなで同じ霊をみた!というものは
集団催眠の可能性もあります。


これは雑学ですが
鬱病もひどいものになりますと
幻聴が出る方もみえます。
(私も患者時代はありました)



「禅」の立場から言いますと
それらは必ず過ぎ去っていきます。

思考・感情を入れず淡々と観察すること。


幻覚、幻聴はいつまでも形を維持出来ません。



形を変え

壊れていき

無くなっていきます




諸行無常といいます。

それが自然なんです。

自然なものを「我(が)」の力でなんとかしようとすると
幻覚、幻聴は長い時間続きます。



我(が)を入れず
「放っておいてください」

おかしなものが見えても、聞こえても
「放っておいてください」

霊?が見えても、恐怖せず、うろたえず
「淡々と観察し、放っておいてください」



安心してください。

幻覚や幻聴は
あなたに害を与えるものではありません



「認識はするが、放っておいてください」



(これらは鬱病的自動思考も同じです。
放っておいてください



これがいわゆる「お祓い」や「お清め」の
心理学的バージョンです。


霊とやらは
形を変え

壊れていき

消えていきます



心理療法を使って
「霊(幻覚、脳の誤作動)」を消すことが出来ます

そういった類のモノは
心理学で説明出来るケースが多いからです。



具体的な練習方法は
カウンセリングにてお話いたします。



↓ランキング参加しております。よろしければクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:統合失調症 - ジャンル:心と身体

【2011/06/04 14:27】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |
「ユング心理学、恋愛論」
~なぜあの異性に惹かれる?~


ユング心理学(分析心理学)では
「アニマ」と「アニムス」という概念があります。


*今日のお話は
分析心理学の視点から語ります。

(今回は、いつもの仏教心理学ではなく、
たまには違った心理学のお話をします)


さて、分析心理学(ユング心理学)では

自分の中(潜在意識・集合的無意識)に
「異性(元型)」がいるととらえます。

--------------------------------------

「アニマ」
男性の中にある女性

「アニムス」
女性の中にある男性


--------------------------------------


例えば、女のコが男性に恋するとき

それは自分の中の「男性(アニムス)」
近い人が現れると「ときめく」のです。

*男性はその逆。


恋愛は「自分の中にある異性に近い人」
恋しているんですね。

つまり
自分に恋している?のかもしれませんね(笑)



またユング心理学では
アニマ、アニムスの成熟度合いが、

その人の「精神性の成熟度合い」
繋がるとも考えられます。


例えば
男性でガチガチの
男男した不器用な人が

繊細で
優しい女性性が発達しますと

観音菩薩のように
力強さと優しさが調和した、
「美しい人格」になります。


もっと分かりやすく言いますと、

若いころ粗暴な振る舞いをし
暴れていた男性が、大人になると

落ち着いたカッコイイ
「大人な男性」
になりますね。


逆に女性で
ナヨナヨした、ぶりっこの女の子が

男性的な
理性と力強さが発達しますと

これも観音様のように
優しさと理性と力強さを兼ね備えた
「凛とした大人の女性」になります。


ちなみに観音様は
身体は女性なんですが
顔は、おヒゲがある男性なんですね。

女性性と
男性性の統合のシンボル。



ただし、ここで気をつけるのは
アニマ、アニムスの暴走です。

女性で、あまりにも
アニムスが暴走しますと

男性のような言葉遣いや
態度になっていき

非常に粗雑で
「品の無い」女性になってしまいます。


男性ですと
アニマが暴走しますと

女の子のようにナヨナヨした
頼りない男性になってしまいます。


*ただし誤解のないように。
性同一性障害は、遺伝子やホルモンシャワー説など
生物学的要因が強いと言われております。
アニマ、アニムスの暴走ではありません。

逆にアニマ、アニムスの問題
(心理学的アプローチ)で

解決してしまうようならば、その人は
本当の性同一性障害ではないと思います。



ユング心理学で言う
アニマ、アニムスの統合は

なんでもモノは加減
「ほどよく、バランス」です。

アニマ、アニムスは
その人の人格の、
バランスをとるメッセージなんです。



自分の中のアニマ、アニムスが
何を言いたいかですね。

それを無視しますと
次第に暴走していきます。

暴走を止めるには
アニマ、アニムスのメッセージを

理解し「意識化」し
「客観的に分かっている」事です。





最後にまた
恋愛論にお話を戻しますと・・


例えば女のコで、
スポーツマン的な男性にときめく方は

自分の潜在意識(無意識)の中に
「スポーツマン的な男性のアニムス」があります。

論理的な教師のような男性にときめく方は
潜在意識の中に
「論理的な男性のアニムス」があります。

集合的無意識


アニマ・アニムスが成熟していき・・・

男性も女性も
最終的な精神成熟の段階は

「観音様のような宗教的、
精神的シンボルのようなアニマ、アニムス」


そんな異性を求める(惹かれる)ように
なっていくと言われております。


観音像





ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:女性化・男性化・中性化 - ジャンル:心と身体

【2012/03/24 03:27】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |


ビジネスマナーの言葉遣い
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

Re:
ショウセイ
ありがとうございます。
またいらしてくださいね。

お幸せでありますようにi-260

コメントを閉じる▲
今日は
ユング心理学(分析心理学)の視点からみた「うつ病観」の
お話をいたします。

よろしくお願いします。


ユング心理学では、
潜在意識(無意識)の、さらに奥深く・・深く・・深く・・・
・・・「集合的無意識」があります。
集合的無意識

集合的無意識では
全ての人類の無意識は繋がっていると定義します。

そして集合的無意識には
様々な「元型(アーキタイプ)」
パズルのように組み合わさっています。


元型とは、「人類共通の意識の象徴」

たとえば、
グレートマザー(人類が普遍的に抱く母の象徴)
*全てを包み込み育もうとするが、反面いつまでも拘束し離さない。。

オールドワイズマン(老賢者:智慧のある人、教師、父など)
などなど・・・たくさんあります。


*これに関しては、全部挙げると長くなりますので、
またの機会に書きます。


さて、
元型の中で、一番「核」となるもの。
それは「セルフ元型」

セルフ元型は様々な解釈がありますが、
その人の精神を統合せしめるシンボル。

その人を、その人たらしめるもの。
全ての元型のまとめ役。


ユング心理学では、
それを「〇」のシンボルで表されます。

例えば
円相

taikyokuzu.jpg


または、仏像の「円形の後光」などもそうですね。



セルフ元型は
「その人が、その人らしく生きていないと、
意識の世界にサインを出します」

意識、無意識3

それは「うつ状態」「神経症」など・・・

「あなたの生き方は、そうじゃないよ」という
セルフ元型のメッセージ。


うつ病・神経症気質の方は、
そのメッセージに敏感です。



人生のどこかで、そのメッセージは現れます。
そのメッセージを受け取りましたら
「生き方・人生の価値観を変える時です」


それに鬱病になった今。

今までの「価値観」や「モノのとらえ方」では
今後の人生、生きていく事はできませんね。


また「セルフ元型」は、その人の人生の軌道修正すべく
自然に然るべきものを「引き寄せ、出会わせます」


例えば、
仏式瞑想であったり、心理カウンセリングであったり、
善き人、恋人、恩師であったり・・

それらは、偶然ではなく
その人の潜在意識が、必要と判断したから引き寄せました。
出会うべくして、出会いました。


それはセルフ元型の「はたらき」ですよ

*ユング心理学(分析心理学)は、
若干スピリチュアルっぽいところがあり、
少しロマンチックなので、女の子に人気がありますね



・・・ですが、集合的無意識の元型は、
私達の脳(大脳新・旧皮質)の
様々な働きの「たとえ」ととらえますと
科学的かもしれませんね。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

【2012/11/15 11:23】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |


りゅうび
いつも拝見しております。
私は鬱病歴2年の者です。
これ本で読みたいです。先生の本は売ってますか?
天才カウンセラーです!


Re: りゅうびさんへ
ショウセイ
> いつも拝見しております。

ありがとうございます。

> これ本で読みたいです。先生の本は売ってますか?

すみません。本は出版しておりません。
機会があれば出版を考えております。

出版社の方と、よいご縁があればよいのですが・・
来年あたり出版に向け活動しようと思っております。

> 天才カウンセラーです!

いえいえ。とんでもございません。恐縮です(合掌)

それでは、またいらしてくださいね。
りゅうびさんがお幸せでありますようにi-260



渡辺
なんか泣けました、これ。
(これだけじゃないんですが、色々な記事で泣かされマシタ)
結局スピリチュアルが好きなんだけども、
そのまんま呑み込めないくらい理屈ぽいです私は。

どうぞよろしくお願いいたします。

Re: 渡辺さんへ
ショウセイ
こんばんは。コメントありがとうございます。

> 結局スピリチュアルが好きなんだけども、
> そのまんま呑み込めないくらい理屈ぽいです私は。

はい。それでよいかと思いますよ。

スピリチュアルもよいのですが、
科学的裏付け(理論)が必要かと思います。

そういった科学的裏付けの無いものは
危険ですので、安易に鵜呑みにしない方がよいかと思います。



コメントを閉じる▲
今日は潜在意識(無意識)のお話をいたします。
よろしくお願いします。

私達は「意識している普段の自分」と
「意識できていない無意識の自分」がいます。


意識、無意識

たとえば、例をあげますと、

① 普段、あることに対しては
全く関心が無く、みたくもないけれど、

潜在意識(意識できないもう一人の自分)は、
実はそれに関して非常に関心があるが、
関わると心理的に危険なので

普段の意識の世界では、
「みたくない、関わりたくない、関心が無い」
という態度(サイン)を出して防衛していたり・・・


もう一つ例を出しますと、

② たとえば、ある有名人が普段
聖人君子を装っているが、テレビの中継で
思わずマズい失言がポロッと出てしまったケース。

意識の世界の聖人君子。
潜在意識下では腹黒い自分。

意識と無意識は「裏腹な関係」

意識、無意識3

無意識下の自分は、たまに顔を出したり、
普段の意識の世界に、たびたび「ちょっかい」を出します。



*他にもまだまだ例はありますが、
長くなりますのでこの辺にしておきます。


さて、この「意識できないもう一人の自分のこと」
ユング心理学(分析心理学)では「ナンバー2の自分」
「影元型(シャドー)」といいます。

この「意識できない部分の自分」のメッセージは
どうすれば読み取れるのでしょうか?


A、 まず心理カウンセラーなどを媒介とさせ、
対話の中で、潜在意識のシャドーの存在に気付いてもらう。

B、 マインドフルネスや坐禅など仏教瞑想で、
潜在意識のメッセージを自分で解析・解決する能力を高める。



これらの事を心理学(主に精神分析学)では
「無意識の意識化」といいます。



当カウンセリングでは、この二つの方法をとります。
究極的には「B」が最強の方法論です。


なぜかって?


カウンセラーは
24時間あなたのそばにはいませんからね。

やはり普段の生活で、
自分を何とかするのは「最終的には自分」です。
「自分が最強のカウンセラー」ですから。


カウンセラーは優しいですが、しょせん他人です。
「自分の人生は自分の足で歩くこと」です。

当カウンセリングで行動療法を推奨しているのは
そういった「ねらい」です。

心理療法(マインドフルネス、森田療法など)という「ツール」を使って
自分の人生を自分の足で歩きます。

----------------------------------------------------

お釈迦さま曰く 『他に頼らず、自分を拠りどころとし、
法(仏式瞑想法→マインドフルネスや禅)を拠りどころとして生きなさい』
(自灯明、法灯明:涅槃経より)

----------------------------------------------------


この「無意識の意識化」という心理作業が
「脳にどんなよい影響を与えるか」は、
長くなりますのでカウンセリング・講義にて一緒にお勉強します。


心理学的な「ねらい」は
ここでお話ししておきます。

この「無意識の意識化」は、
潜在意識のもう一人の自分の存在、メッセージに気付くこと。


冒頭の「②の例」は
別に悪い事ではありません。
(有名人は社会的影響力を考えマズイですが)

人間は完璧なる聖者はいません。
善と悪が一緒で「人間」です。


ただ問題は潜在意識に「必ず誰しもある」
自分の悪なる部分(煩悩)に
「客観的に気付いているか。そうでないか」です。

悪(煩悩)はあっていい。
しかしそれを客観的に分かっていますと
管理がききます。

悪が暴走しそうなとき、ブレーキがかかります。


そういった自分の中に誰しもある「悪(煩悩)」に
全く気付いていない人は、
よくおかしな宗教にいがちな「偽善者」です。

自分の中の「善」という
一部分しか見えていない視野の狭い人達。

これを偽善者といいます。
(こういった人達はカウンセラーにも多い)

こういった人達は一番危険です。
善人の皮をかぶった猛獣(ケダモノ)と同じ。

正義の名のもとに、しつこい勧誘、霊感商法など・・・
一番タチの悪い人達です。


自分の中の「悪」を
冷静に客観視でき

分かっていれば、善と悪が融合し
心の病が治ってきます。

taikyokuzu.jpg

陰と陽の融合が始まります。
(セルフ元型)

ユング心理学では、これを「個性化」といいます。
~本当の自分らしさ~

仏道では「合掌」が、そのシンボルです


・・・すると別に「いい人」にならなくてよい。
いい人を「演じている人」は非常に嘘くさい。

私達俗人レベルでは、
優しさを兼ね備えた「ちょい悪(ワル)」くらいで
ちょうどよいかと思います。


今日は久しぶりに
ユング心理学(分析心理学)の視点からのお話でした。



ブログランキング参加しております。よろしければクリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ人気ブログランキングへ

3クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。

FC2blog テーマ:不安定な心 - ジャンル:心と身体

【2013/07/03 04:41】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントRさんへ
ショウセイ
とても優しいお気遣いありがとうございます。
Rさんも頑張ってくださいねi-260
応援しております。

コメントを閉じる▲
~うつ病(心の病)は、潜在意識からの
「”ありがたい”」メッセージ~



ユング心理学(分析心理学)的には
うつ病をこうとらえます。


人生の中で
「結果」うつ病になったという事は、

今までの日々の生活の中で
知らず知らずの間に(無意識的に)

心や脳に、おかしな
負担をかけていたと思います。


「いや。私は楽しく生きていました!
でも、うつ病になりました!」

という人がいるかもしれませんが、

あなたの「意識レベル」では、
そうかもしれなかったけど

実は「潜在意識(無意識)」は
悲鳴をあげていたと思います。

集合的無意識

そしてそれが、
コツコツ積み重なり、

個人個人の心と脳の、
耐えうる閾値を超えますと

潜在意識のさらに奥深く・・・
集合的無意識のセルフ元型から、

「うつ病」というサインを出します。


*セルフ元型=潜在意識(集合的無意識)の
核となるところ。
心を統合せしめるもの。「バランスをとるもの」
潜在意識の司令塔。


それは「もう今までの生き方(心理パターン)では
今後の人生もたないよ」
・・・という

潜在意識からのメッセージです。

うつ病は、「生き方」を変える
人生のターニングポイントです。


私自身、子供の頃から
他の子供とは違う、特殊な思想を持っており
気分変調症&強迫性障害を持っておりました。

潜在意識からの、再三に渡る警告を無視して、
それでも生き方(思考パターン)を変えようとせず、
かなりすさんだ日々を送っておりました。


そして潜在意識は、もっと強い警告を
青年期に出してくれました。

それが「大うつ病」です。


再起不能になるくらい落ちました。
あらゆる抗うつ薬を飲み、

(1種類では効かなかったので
何種類か薬遍歴しました)


急性期を脱しました。
そして回復期に入った時、

(急性期は良いが、
回復期以降は、薬物療法の限界を悟り)

心理療法(マインドフルネス・森田療法)に繋げ
1年数ヵ月で寛解、そして数年し
完全克服し、現在に至ります。

十数年再発もありませんし、
再発する事もないでしょう。

(子供の頃からの、強迫神経症の諸症状も
「”完全消滅”」しました)


ここでの話は
あのすさんだ青年期に
(詳しくは書かないが、いろいろやりました)

潜在意識が「うつ病」という警告を
出してくれなかったら
今頃私はどうなっていたか・・・ですね。


おそらく、自暴自棄になり悪事を犯し
刑務所に入っていたか、自殺していたか。

この2つの道だったと思います。

今ここで、皆さんに
マインドフルネスの指導している事も
なかったと思います。


大うつ病を契機に、
マインドフルネス仏式瞑想に出会い、

自身の生き方(考え方)を、総メンテナンスし、
人生が「好転」しました。


うちにいらっしゃる
歴代のクライエントさん達で

治った(克服した)人達の
ヒアリングをしていると

共通して皆さん仰ることは
「うつ病を契機に人生が好転した」
という方が多いですね。


うつ病になった時
潜在意識の声に、謙虚に耳を傾けます。

あなたの潜在意識は、
こんなメッセージを発しています。

--------------------------------------------------------------------
「もう今までの無理な生き方(心理パターン)では、
今後の人生、生きていく事はできないよ」・・・と。

--------------------------------------------------------------------

それでもその、
ありがたい警告を無視して
突っ走りますと

潜在意識は
「もっと強い警告」を出します。

それは「うつ病の悪化、難治化」です。


自身のセルフ(潜在意識)の声に
謙虚に耳を傾けないと

いつまで経っても、
何年・年十年抗うつ薬を飲んでも・・
うつ病は治りません。


仮にそれで、
運よく寛解になっても、

人生の中で「何度も」
うつ病は再発するでしょう。
(潜在意識の警告は止まらない)


=========================
「もう今までの無理な生き方(心理パターン)では、
今後の人生、生きていく事はできないよ」

=========================

ここの根っこの部分を
修正していかない限り

いくら薬を飲んでも
根治・克服はありません。


ただ薬は補助にはなりますので
それに並行し、心理療法を導入

「生き方」の部分を変えていきます。


「うつ病」から得る、人生の気付きは
最強の学習材料です。

「うつ病学」という学問は、
教科書もありませんし、
どこの学校に行っても教えてくれません。


うつ病を単に、
「ギャー!イヤだ!」ではなく・・

うつ病から「何を学ぶか」
「どんなメッセージを受け取るか」です。


うつ病を上手に扱うと
人生は「好転」します。

そのための「具体的ツール」が
心理療法(マインドフルネス・森田療法)です。


今日はユング心理学を基にした
うつ病論でした。

あくまで一つのとらえ方ですので、
何かの参考にしていただきましたら
幸いに思います。


皆様も、いつかうつ病を克服し
「うつ病学サイコー!」と言える日が
来るとよいですね。

皆様の回復を願っております。



心理カウンセラー
山中紹聖



ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail




☆当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」
著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は固くお断りします。


《食べたいけどダイエットしたい!》そんなワガママ女子にオススメ▼黒しょうがでダイエットサポート!

気になる体臭は【デオシブEX】で解決!!



【2015/08/11 06:36】 | 分析心理学の視点 「ユング心理学」
トラックバック(0) |