マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
日日是好日
(にちにちこれこうじつ)

禅の言葉です。


たとえば、ある人が
就職試験に落ちて、鬱になり

その人は
しばらく沈んでいましたが、

ある日「なにくそ!」と思い
一念発起。


自分でビジネスを立ち上げ、
なかなかの
繁盛店になりました。

ところで・・
その就職試験を受けた会社は
数年後に倒産。


就職試験に落ちた時、
目先の事を考えると
それは不幸にみえるでしょう?

ですが向こう
何十年で考えると

「その不幸があったからこそ」

自分でビジネスを起こし
成功し、幸せになったのかもしれませんね。


逆にそこの会社に
見事就職していたら

数年後に
倒産、解雇の不幸が
待ち受けていました。


今現在、不幸に遭遇してる人も
人生全体のスパンでみたら

その不幸は
「心を富ます栄養素」かもしれませんね。


今まで当カウンセリングで
うつ病が治り、克服され、

何年も経った時、
きまって皆さんこう言います。

「うつ病から学んだ事が多かった。
ひょっとしたら、うつ病やってよかったのかも」・・・と。


昔、当カウンセリングを受けた方々から
そういったメールが、来ることもあります。



目の前の苦しみは
意味があります。

そしてそれは
人生(地球・宇宙)のバランスをとるため
必然的に起こっていること。




雨の日も
日照りの日も

鬱の日も
幸せな日も

「日日是好日」


森の道





FC2blog テーマ:気付き・・・そして学び - ジャンル:心と身体

【2010/08/04 14:54】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
「お布施」という言葉があります。

これは怪しい霊能者に、
多額の金品を出すばかりが
お布施ではありません。


達磨(だるま)大師のお言葉をお借りします。

それらは「無功徳」です。
なんの価値もありません。


「顔施(がんせ)」というものがあります。


これは普段接する人、すれ違うだけの人、
日々何かの縁でお会いする人・・

それらの人々に
優しい表情で接するという
「行為のお布施」です。


そして
楽しく朗らかな気持ちになるように
接してあげると、さらにGOODです。

こちらの方が、
はるかに価値があります。



口角を少し上げる微笑みは、
脳にも筋肉にも良いんですね。

筋肉の緊張もほぐれ、
脳も活性化します。

これは微笑みの国、
タイの方などは
理想的な微笑みをされますね。


さて、微笑みや優しい気遣い。

例えばムスッとしていたり、ネガティブな態度は
我(が)に対する執着からおきます。

その執着を捨てます。
我(が)の執着を捨てると楽になります。
楽になると人って、自然に微笑みになりますね



優しい表情や気遣い。

最初は難しいですが、
これは我(が)を少し捨てて
お布施する行為の修行です。

そして「お布施」とは、
優しさ思いやりのプレゼントです。
プレゼントの修行です(笑)


この修行法(トレーニング)は一般の方でも
会社や学校、家庭などで出来るものです。

別に修行は、山に籠る必要はありません。
日常生活で誰にでもできます。


これは恋人や夫婦、親友など
身近にいる人ほど、
おろそかになりがちですね。

身近な人も感謝の言葉、優しい表情
ちゃんと出さないと
関係は冷めていきます。

思ってるだけでは伝わりません。
言葉や態度に出す事です。
「ありがとう」


言葉のお布施は「愛語施」といいます。
これも立派な布施行です。



「外相整えば、内相自ずから熟す」

まず形、型から入るのも一つの手です。
このような生活スタイルをなるべくやってみて
型を作れば精神もゆっくりついてきます。
潜在意識から変わっていきます。

ただ、
あまりにも「やらねばならぬ」的になりますと
うつ病になりますので、
疲れない程度にボチボチやっていきましょう。


職場や家庭などで気付いた時に、
たまにやっても効果があります。



FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2010/09/11 11:39】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

こんにちは。
カンナ
先日、夫に自分の悲しみを苛立ちに変えて、ぶつけてしまったことを悔いていたので、先生の記事を読んで、しみじみと思い直すことが出来ました。
今夜夫が帰ったら口角を上げて、穏やかな自分でいようと思います。
良い記事をありがとうございました。


Re: カンナさんへ
ショウセイ
旦那様に微笑みと優しさをプレゼントしてあげてくださいねi-179

世界中のどんな高価なプレゼントより、旦那様は喜ばれると思いますよi-260

Re: ハッチさんへ
ショウセイ
こんにちは。
そうです。「顔施」このお布施は無料です(笑)
ですので、ハッチさんの周りの方、日々接する方、プレゼントしまくってください。

それで、「こっちは優しくしてあげたのに、なんであの人はムスッとしてるの・・」など
顔施は見返りを期待しない事。これ基本ルールです。

それは、我(が)のとらわれです。
そのとらわれは捨てます。「喜捨」します。

自分の潜在意識が変わると、それ相応の良いものを「引き寄せ」ます。
そして情動感染により周りも徐々に変わってきます。

でも極端に相性の悪い人は心の中で慈悲の言葉を送り、距離を置いてください。

タイの人の微笑みは癒されますよねi-260
それでは。


管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。


「考えず、感じるんです」i-179

コメントを閉じる▲
皆様の地域で
ゴミ出しをする際、

資源ゴミ、可燃・不燃ゴミ、
粗大ゴミなど・・・
分別して出しますね。

すると地域で
ゴミ処理が円滑に進みます。


私達の心のゴミ(煩悩)も
分別して出します。

すると円滑に
心のゴミ処理(脳の情報処理)が進みます。


心のゴミは
仏教心理学では

大きく分けて
6種類あります。

きちんと仕分けして捨てます。



1、貪(とん)

貪り。

ほしいほしいと貪る心。
愛して!認めて!名誉がほしい!
あれがほしい、これがほしい!

・・・など、こういったゴミ。


2、瞋(じん)

瞋恚・怒りの事。

自分に対する怒り、
他人に対する怒り・・・など


3、痴(ち)

無知。愚かさのこと。

仏教学・心理学的カラクリを
知らない事により
やってしまう過ち、トラブルなど。


一例を挙げますと

何年・年十年、
抗うつ薬を飲み続け
治らないという
「科学的結果」が出ているのに

なおもズルズルと、
その方法論を取りつづける人。


少し方法論を変えてみようという
発想が出来ない人。

またそれを指導しない
メンタル系病院。


4、慢(まん)

慢心。

おかしな偏屈なプライド、増上慢、

卑下慢(ひげまん)
へりくだっているように見せて、
実は慢心している。

(例:どうだ。私はこれだけ謙虚に振る舞っている。
そんな私に、周りはなぜ辛く当たるんですか?)


自分は偉いと錯覚する生ゴミ。
それが「慢」


慢(偏屈な歪んだプライド)が
あるおかげで、

素直に心理療法を
学ぶことが出来なくなります。

したがって、回復は
どんどん遠くなり、

人生はどんどん不幸の底なし沼に
ハマっていきます。



5、疑(ぎ)

疑い。

何でもかんでも、あまのじゃくに
疑ってかかる幼稚な人。

逆に何でもかんでも
鵜呑みにする
智慧の無い騙されやすい人。

などなど。。


6、悪見(あくけん)

誤った見識。歪んだモノの見方。

何でもかんでも
ネガティブに考える

うつ病・神経症的、
認知の歪み(モノのとらえ方)


また、仏教的に言いますと、
この世は諸行無常。
全ては移り変わっているのに、

永遠普遍の変わらないモノがあると
錯覚するモノの見方。


いつまでも変わらない・・・と
願い、妄想し、

現実・事実の世界は、
移り変わってしまい、

それが受け入れられず、
余計なストレスを溜めこみ
抑うつ状態になったり。。


多角的にモノを観れなくなった状態。

スコトーマ(心理的盲点)がかかり
視野が狭くなった状態。


心理学で一例を挙げますと
後光(ハロー)効果がありますね。

例えば、
権威や肩書、偉い人が言った事を、
客観的に俯瞰する事が出来ず、

なんでも正しいと「鵜呑み」にする
智慧の無い認知の歪み。


などなど・・
こういうような心のゴミ。



主に6つのゴミに
仕分けします。

(あえて分かりやすく書きましたが、
厳密に言いますと、各項目もっと細かい分類があります)


さて、今の心の辛さ、妄想は上記6つのゴミ
どれかに分別できると思います


マインドフルネス仏式瞑想では、
具体的な心理技術を使い

ゴミを捨てる(捨:手放す)
お稽古をしていきます。


例えば、「汚い生ごみ・・・」
抱きしめて持っていたいですか?


そんなものに
執着は無いでしょう??

汚いので
サッと分別して袋に入れて、
捨てます。


まず執着しているものを
ゴミと認識します。

人はゴミをゴミと認識しないと
捨てられません。



しかし、ゴミと分かれば
上記6つに分別して
簡単に捨てられます。


頭の中の妄想が
「価値がある」と錯覚していると
妄想が捨てられない。


たとえば慢。

私は偉く愛されるはずだ。
尊大な私に対して、
その態度はなんだね。

プライドが高すぎて、
高い木から降りてこない・・


こういった人は
確実に嫌われますし、

社会生活にも
支障が出るかと思います。

ママ友の間でも嫌われます。


つまり慢はゴミです。
ゴミは捨てます。


例えば怒り。

これはろくな事がありません。
ストレスホルモン
(アドレナリンやコルチゾールなど)が、

だくだく流れ出し、
脳神経細胞を破壊します。
どんどん頭が悪くなります。


その怒りの雑念に縛られ、
振り回され、
業務能力が極端に落ちます。

女性は肌が荒れ、
老化が早くなります。

人生はどんどん
不幸になります。


百害あって一利なし。
「これをゴミといいます」


意味が無いと分かったら
ゴミは分別し、袋に入れ捨てます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・・ただ、私達は、
山でカスミを食べて生きている

聖者や仙人ではないのですから、
誰だって煩悩(心のゴミ)はあります。

完全に煩悩の無い人はいません。


ですが、長年の心のトラブルが続く人は、

煩悩・心のゴミが
溢れかえっている状態
かと思いますので

各人、社会生活に支障のないレベルまで
ゴミ(煩悩)を処理していきます。


私達は普通の社会人です。
修行僧ではないので

ストイックに
やらなくてもいいです。

「少しずつ」でいいです。


ゴミが一定のレベルまで少なくなりますと、
心の病・人生のトラブルは解消していきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



・・・さて、私の地域は

今日は可燃ごみの日ですので
今から捨ててきます。

皆様の地域(心)は、
今日は何ゴミの日でしょうか?





=========================

~「補足:現代心理学への応用」~


認知療法のベックやバーンズが提唱する
「認知の歪み
(うつ・神経症的なモノのとらえ方)」に対し、

仏教心理学では、大まかに分けて
上記6つを「認知(心)の歪み」とします。


お釈迦様の提唱する「認知の歪み」は
認知療法の「いわゆる認知の歪み」より、

さらに奥深く、根っこの部分に
焦点を当てていきます。


認知療法ベック・バーンズ説の
認知のゆがみの「根底」には

今回の「6つの煩悩」があるという事です。


この6つの煩悩が発展しますと
認知療法でおなじみの、
10の認知の歪みになります。

(認知の歪みの数は諸説あり)


逆に言うと、
この「6つの煩悩」を対処しない限り、

認知療法の
「認知の歪み」
は根治しません。


このように仏教心理学は

現代心理学(認知行動療法)の
「さらに根底に」
アプローチをかけていきます。



雑草というものは

表面の草(認知の歪み)をむしっても
また生えてくる


雑草(認知の歪み)というものは

根っこ(根底にある煩悩)から
えぐり取らないと
本当の除去にはなりません


=========================






FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2010/09/11 13:58】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
「世間虚仮 唯仏是真」
(せけんこけ ゆいぶつぜしん)

これは聖徳太子のことばですね。


「世間虚仮」
世は常に移ろう幻のようなもの。

その現実を正しく見ず
世間は楽しいところだと
思い込めば思い込むほど

現実の「苦しみ」に葛藤し、
ストレスの多い人生を送ります。

そして心の病になります。


もう少し分かりやすく解説いたします。


私達は楽しい事があると、
心地よい事があると、

この楽しさが永遠に続く・・・
というように「錯覚」します。

楽しい、心地よい状態が
「当たり前」だと錯覚します。

しかし、世の中は諸行無常で
移り変わっています。


その楽しい、心地よい状態は
すぐに移り変わり
やがて苦や不快な状態が「必ず」やってきます。

楽しい、心地よい状態に執着すればするほど
そのインパクトが強すぎて、
苦や不快な状態(現実)が来た時に「耐えられなくなる」


現実のところは、この世は苦が多い。
苦が多いのが現実です。


仏教学では
「苦聖諦(くしょうたい)」という言葉があります。

「四苦八苦」

生老病死の根本的な四苦。
愛別離苦:愛するものと別れる苦しみ。
怨憎会苦:イヤな人と会わなくてはならない苦しみ。
求不得苦:求めても得られない苦しみ。
五蘊盛苦:本能的な欲(煩悩)が燃え盛る苦しみ。


この世は「苦」だと深く理解していれば、
いざ「苦」が目の前にやってきた時、

はじめから苦だと知っているから
それほど苦にならない。
どうってことありません。


思想(視点・考え方)を変えると
「苦しみ((ストレス)」に対する耐性がつきます。


逆に迷い多き、俗世間の価値観。
「この世は楽だと錯覚していますと」

いざ苦(現実)が目の前にやっきた時、

----------------------------------------------------------
この世は、楽しいところだと「思い込んでいるから」
現実の苦に耐えられなくなり、うつ病になります。

----------------------------------------------------------

この世は楽だと思い込んでいるから、
「楽じゃない現実」にストレスがたまり、葛藤し、
生きるのが辛くなっていきます。


よく西洋的な思想や哲学で
「あなたは愛されている存在ですよ」
というものがあります。

その思想はよいのですが、
あまり「愛されているという事に」執着しますと・・

・・・現実はいかがでしょうか?

会社では、それほど愛されていないし、
現実社会では愛されていない事の方が多いです。


「あなたは愛されている」
という思想がこびりついていますと

現実社会で、それほど愛されていない現実に
イライラし葛藤し、不満がたまり
ストレス状態になります。


この世、現実社会は苦が多いし、
愛されない事が多いのが事実であり現実です。


この世は苦だという事を、
よく理解していますと

実際、苦が目の前にやってきても
初めから苦だと知っているから、どうってことありません。


愛されない現実が
目の前にやってきても

愛は自分の思い通りにならないという事を
深く知っていますから、どうってことありません。



======================

「少欲知足」(しょうよくちそく)

でもね。この世は苦であって、
愛も思い通りにならないという現実を知った上で、

ちょっぴり楽しい事や、愛される事がありますと
普段「当たり前のように享受していた、
人の情けや愛情が」
とてもありがたいものになります。

とても小さな親切や愛に
気付けるようになります。

とても小さな親切や愛情で
心が満たされるようになります。

======================


現代は物やサービスが溢れ、
過保護に育ち、

過剰にサービスされて当たり前、
楽なのが当たり前、愛されて当たり前・・・

という感覚になっているかと思います。


それで、最高のサービスを受けられない、
愛されない、楽じゃないという「現実」を突きつけられますと
たちまちストレス反応し疲れ果てます。

モンスターペアレントやクレーマー、
新型(現代型)うつ病はその典型ですね。
*新型(現代型)うつ病は、普通のうつ病の「自虐性・内省的」と違い、
「他罰性」の特徴がみられ、時にクレーマー的になる事もある。

(この人達は、愛されるのが当たり前、楽なのが当たり前、
親切にされて当たり前の価値観に執着している方達です)


この世は苦であり、
愛も思い通りにならないという「事実」を
しっかり受容して生きていますと

逆に「ストレス耐性がつき」

ちっとやそっとの苦(ストレス)がやってきても
動じなくなっていきます。



仏教哲学的な生き方は
抗うつ薬・抗不安薬より効くかもしれませんね。




ブログランキング参加しております。応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2クリックしていただいた方・・ご支援ありがとうございました。



当心理カウンセリング、心理療法(マインドフルネス・森田療法)
お問い合わせ・お申し込みは、コチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


【2010/09/13 08:08】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

幸せは
幸せのまま

苦しみは
苦しみのまま


気分の良い日は
気分の良いがまま

鬱の日は
鬱のまま


そこに思考や感情、
妄想で編集しますと

煩悩が炎上し


幸せは苦しくなり
苦しみは倍増します


鬱はもっと苦しくなります



「ただ楽しむ」

「ただ苦しむ」




これが一生を
よりよく生きる妙法にて候


蓮2


鬱鬱是好日

日日是好日(合掌)






FC2blog テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

【2010/09/14 01:56】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
「心の病を仏教瞑想の視点から語ります」

心の病とは
「便利になりすぎた思考の暴走」
喝破(かっぱ)します。




*まず今回のお話のキーワード
「自動思考」について

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-264.html

↑の補足です。


思考が複雑な方は
非常に頭の回転が速く、能力が高いのですが

もれなく「妄想」もついてきます。
「複雑な思考と妄想」これはセットです。



自動思考が活発な方は
とても仕事が出来るパターンが多いです。
いわゆるモーレツ社員です。

しかし、その反面
「心の病も発生しやすいんです」


うつ病や神経症は
几帳面で真面目な方がなりやすい・・・
とよく聞きますよね。
これはこういった事からです。


逆に自動思考が緩すぎる人は
業務的には弱い所もあります。

しかし、その反面
心の病が発生しづらいんです。

(もちろん全部が全部ではありせん。
そういう傾向にあるということです)


今の世の中
どちらも困ります。。



それではどうするか?


お釈迦様の名回答

「それは中道(ちゅうどう)です」


両極端を離れ
真ん中の道こそが真理。


自動思考が強すぎる→ うつ病、神経症・・・

自動思考が弱すぎる→ 業務的に問題がある・・



複雑すぎてもダメ
シンプルすぎてもダメ

「中道」です。


ギターの絃で例えますと

張りすぎると
音がおかしくなります。
緩すぎると音が出ません。

ほど良い張り加減が
良い音を出すんですね。

心もギターと同じです。


「仏教瞑想は極端に偏ったものを
ほど良く中道に戻します」




陰陽道(陰陽五行)でも
似たような考え方がありまして

「中庸(ちゅうよう)」といいます。

taikyokuzu.jpg


両極端を離れた
陰と陽のバランス
とれた状態を理想と考えます。


心のバランス

人の心には
「生きる欲動(エロス)」
「自己破壊の欲動(タナトス)」があります。

どちらかに極端に偏りますと
心の病は発生します。



マインドフルネス仏式瞑想の
心理技法では

エロス→ 「渇望」
タナトス→ 「嫌悪」


心が不安定な時
この二つの心的エネルギーが、
バランス悪くなっております。

これを仕分け、整頓し
バランスをとります。

(脳の情報処理をしやすくしてあげます)



仏教瞑想も陰陽道も
大切なのは「バランス」

「バランス」に
気を付けていれば大丈夫です。


仏式瞑想は
バランスを取るための
具体的なツールです。


うつ病、神経症・・・心の病は

「バランスが崩れてるよ」
というサインかと思います。






【2010/09/15 06:45】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメントさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございました。

後ほどお伺いいたしますねi-260





コメントを閉じる▲
川1

川は
○○川という名前がついている

しかし川は
毎瞬毎瞬、形を変え流れていく・・

常に一定ではありません

形は一定ではないのに
○○川という固有の名前がついている


私達人間も

○○さんという
名前がついていますが
川の流れのようなもの

身体を構成する
60兆の細胞も

一日2000億、
死んで新しく
生まれ変わると言われています


私達の身体の
もっともっとミクロな世界

「素粒子」レベルでは
ものすごい速さで
変化、変滅しています

ほら

今、この文章を読んでいる瞬間も


全ては移り変わり
変化、変滅していく
(諸行無常といいます)


身体も
精神も
苦しみも

諸行無常の流れの中・・


苦しみも執着せず

諸行無常の川の流れに
捨ててしまおう


全ては移り変わる

移り変わる流れに
身をゆだねて



諸行無常の川の流れに
「我(が)」の力で逆流すると

苦しみが生まれる


変わりたくない・・
思い通りにしたい・・と頑張っても

諸行無常の法則で
変わっていくんだから仕方がない

それではいっそ
変わっていくことを楽しもう

自然の流れに
身をゆだねて



「あるがまま」の流れに
「真に」身をゆだねきった時

究極の安心感が生まれる

うつ病・神経症が
どうでもよくなる時

そういったものに対する
「とらわれ」が無くなってきます


この時期を経て
さらにしばらくすると

うつ病・神経症が
消滅していく・・




FC2blog テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

【2010/09/21 00:19】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
うつ病の方に多いのは
自己犠牲、几帳面タイプです。


うつ病を患う方は、
「いい人」が多い。

自分の事は置いておいて100%他人の幸せ・・
これは大変美しい事ですが、
やらなくて良いと思います。



もちろん出来る人は、
大いにやっていただければ良いのですが。。
それはそれで素晴らしい事です。


ちなみに
マザーテレサは24時間全てを投げうって、
本当に貧しい人達に奉仕されました。
行動で示されました。
大変な功徳だと思います。

しかし、我々は凡人です。
みんながみんなテレサのように
出来るのでしょうか。

凡人が家庭も仕事も全て投げ捨てて
奉仕はできますか?


お釈迦様の場合、少し視点を変えます。
自分の能力の範囲で、
出来る事をムリせずやるという事です。


「自利利他」という言葉があります。


これは
「半ば自分の幸せを、半ば他人の幸せを」

「自分に利がある事は、即、他人に利があること」



これが一般人ができる、
ムリの無い慈悲です。

お釈迦様の教えは非常に、
うつ病、神経症に優しい教えです。
一般人が出来る事しか説きません。


100%自己犠牲の優しさは、
美しいのですが少し盲点があります。



それは「自分を粗末にしすぎています」


本当の優しさは「自分も含めた」
みんなへの優しさが健全な慈悲です。

自分を本当の意味で大切に出来ない人は、
他人を大切にする事も出来ません。


もっと自分にも優しくしてあげてください。

自分の「いのち」を粗末にする人は私は嫌いです。
次はあなたが幸せになる番です。

100%自己犠牲は
必ずしも愛ではありません。


我々は聖者ではありません。
背伸びしなくて良いです。
出来る範囲でやればいいのです。

もちろん自分の事ばっかりもNGです。
逆に他人の事ばっかりもNGです。


自分も他人も平等に優しくする事が
ムリの無い優しさかと思います。





↓ランキング参加しております。よろしければクリックお願いします

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
3クリックしていただいた方へ・・・ご支援ありがとうございました。

【2010/11/27 20:28】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

はじめまして。
カンナ
私はうつ病ではなく、摂食障害からの慢性的な抑うつ状態に悩んでいる者ですが、最近、貴方様のブログを拝読するようになって、癒されることが多いです。 よろしければ、貴方様の知識の中の「摂食障害というこころ」を時々、記事にしてくださいませんか。
もしよろしければ、お願いします。

Re: カンナさんへ
ショウセイ
カンナさん。コメントありがとうございます。

摂食障害でお困りの方、過去に少し対応した事があります。
その時に感じた事を踏まえて、
機会がありましたら少し語らせていただきますね。
(その他の心理の事で書く事がたくさんありますゆえ、いつになるかは未定です)


当カウンセリングでは、摂食障害対応ワークも行っております。
もちろん全部が全部成功する訳ではありませんが。

後ほどブログにお邪魔させていただきますねi-260
それでは。



ハッチ
私は以前、キリスト教の影響をかなり受けていたので、自分を犠牲にしすぎる傾向がありました。
自分を粗末にしてしまった時期もありました。

最近はキリスト教や西洋的思考法に限界を感じているので、これからは仏教を学んでゆきたいと思います。お釈迦様の自利利他の教えは具体的で無理がなくていいですね。心が楽になります。

Re: ハッチさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。
お返事遅れました。

そうですね。仏教式啓発法はまず自分がしっかり幸せになることです。
そして
周りに対し、ムリのない優しさを実践出来る人になりましょう。


例えば日常で職場や取引先の人に、微笑みと和やかな雰囲気で接してあげる。
これも立派な慈悲です。

寂しそうにしてる人に、優しく接してあげる・・これも慈悲です。

悲しそうにしてる人に、寄り添ってあげる・・これも慈悲です。

自分の能力の範囲で「利他行」をする。

そして自分では手に負えない・・と思ったらやらなくて良いです。
それでもやろうとすると潜在意識的に「抑圧」になります。
うつ病になります。

これが私達一般人が出来る慈悲です。

でも自分も幸せになる事、忘れないでくださいね。


今日から良い種をまいていきましょう。
その種はやがてハッチさんの幸せの花になりますよi-179


山中紹聖i-260

コメントを閉じる▲
「般若心経は、単なる呪文ではなく、
うつ病回復の智慧」



般若心経は日本人ならば誰しも
一度は耳にしたことがあると思います。

これは得体の知れない呪文ではなく、
きちんと思想が詰まっております。

「この思想を理解せず」
ずっとお経を唱えても、
人生に何の役にも立ちません。


特に、うつ病・神経症など
心の病の方々は

心の病から回復する考え方・
エッセンスが詰まってます。


さて「般若心経」を全て解説しますと、
ものすごく長くなりますので、
要点だけお話しさせていただきます。

(ご希望があれば、
いつかスカイプグループ講話にて
般若心経講座を行おうと思いますが)


まず般若心経の雑学。
「般若(はんにゃ)」って、
あの、おっかない顔の般若じゃないですよ(笑)

般若(panna:パンニャ:パーリ語)=「智慧(ちえ)」の事です。


日本に伝わった般若心経は
西遊記でおなじみ、三蔵法師が訳したものです。

昔、堺正章さんの
西遊記のドラマがありましたね。

三蔵法師を演じた
夏目雅子さんはキレイでしたね。

*玄奘三蔵は、本当に
女性のような顔立ちをした、イケメン男子だった
という説もあります。


私はカッパの沙悟浄(岸辺シローさん)が好きです。
あの絶妙なキャラが、なんともいえません(笑)

(平成生まれの人は、このお話は
分からないかもしれません)


失礼。脱線しました
話を戻します。

仏教のメインテーマは以下3つです。

1、「諸行無常」
この世は全て変滅しているということ。
それを潜在意識レベルまで浸透しますと。

2、「諸法無我」
我(自我:が)が溶け出し
小さくなっていき(無我)。

3、「涅槃寂静」
空(くう)を悟り、涅槃に至ります。


これを大乗仏教では
「三法印」といいます。

上座部仏教では、無常・苦・無我の
「三相」ともいいます。


出家僧ではない私達は
2・3までは不可能かもしれませんが、

「1」を瞑想で、お稽古するだけで
心の病が楽になると思います。



*これらは頭の理屈だけでなく、
マインドフルネス仏式瞑想のお稽古により、
身体で理解していきませんと、

うつ病・神経症の「修羅場」が来た時、
役に立ちません。



さて、般若心経は後半の
真言密教的なマントラの部分が
重宝されがちですが、

原始仏教的(マインドフルネス仏式瞑想)には、
前半~中盤の部分がとても大切です。


~色即是空 空即是色 
受想行識 亦復如是~


全ては変滅していきます。

形あるもの(色:しき)も。。

精神作用(受、想、行、識)も。。
(合わせて「五蘊」といいます)


ま、当たり前の事ですね。

形あるものは
100%いつかは消えて無くなります。

私達も100年後には
この世に誰もいません。

この世で最高の硬度のダイヤモンドも
「素粒子レベルでは」
ものすごい速さで変化しています。


地球ですら何十億年後には無くなります。
惑星にも死があります。

(おそらく地球の最後は
膨張した太陽に飲み込まれます:諸説あり)


心の作用はもっと早い。

朝には大好きだったあの人も、
夕方には憎たらしくなったり。

逆に、朝には顔も見たくなかった人が、
なにかしらの縁で触れ合う事ができ、
大好きになっていたり・・


24時間、激怒し続ける事は出来ません。
逆に、24時間笑い続ける事も出来ません。

私達の心は
瞬間瞬間コロコロ変わっています。


うつ病思考も心理療法を使って、
よく観察してみると面白いものです。

ネガティブな心的エネルギーも
コロコロ変化・変滅しています。


変滅しているという、当たり前の事を
留めておこう。いつまでも離さない。固定しておこう。
何とか自分の都合のよいようにしよう・・・と

異常なまでに
「執着」すると苦しくなります。



もちろん私達は
山奥でカスミを食べて生きている
聖者じゃないんですから、

全ての執着は断つことは難しいし、
不可能です。

そんなことしたら
会社の仕事は出来ません。


ですが、この概念を
頭の片隅に、

少しだけ入れておくと
楽になると思います。

~~~~~~~~~~~~
「anicca」(アニッチャ)・・・

全ては変滅してます・・
全ては変滅してます・・
~~~~~~~~~~~~


当たり前の事象を
心の編集をかけず
当たり前にみます。

八正道の「正見」といいます。

(この心理訓練が
マインドフルネス仏式瞑想であり、
森田療法の「あるがまま」です)


======================
色不異空 空不異色 
色即是空 空即是色 
受想行識 亦復如是・・・・・


色(形あるもの)も、
精神現象(受想行識)も、

全て「因果の法則」(因+縁=果)で出来ており、
その因果の法則も「諸行無常」の移り変わりです。

それを「空(くう)」といいます。
======================


「え!?空って???」


今回は長くなるので、
またの機会にいたします。

それでは今日はこの辺で(合掌)



anicca・・・
anicca・・・

今日も
移り変わっている、

今・この瞬間も
移り変わっている、


今、このブログを読んでいるあなたも
細胞・素粒子レベルでは、
ものすごい速さで変化・変滅している。


私達は
「永遠・いつまでも変わらない」
「変わってほしくない」という

『迷いと錯覚』の中に生きています。








【2010/12/24 10:29】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |


トマシーナ
私も仕事ですよ(^^)
確かに執着するから苦しくなるんですよね。
人と人との関係性も、自分自身も瞬間瞬間で変わっていくものですから。
それを変わらないようにすることは誰にも出来ない。
当たり前のことだけど、頭で分っていても、腹で分っていないと、
とっても苦しくなるのかも。
人というのは厄介な生き物ですよね。
でもだから素晴らしいのかもしれないし。

Re: トシマーナさんへ
ショウセイ
そうですね。

いっそ変滅する世界を楽しみましょうi-234

変わっていく事を恐れずに
身をゆだねて楽しんじゃいましょうi-179

お互い仕事頑張りましょうねi-260



管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメ D様へ
ショウセイ
お申込みありがとうございます。

メールをお送りいたしましたが届きませんでした。

メールの受信設定を「パソコン受信OK]に設定お願いいたします。
お電話もしましたがご不在でした。

あと鍵コメントでよろしいですので主訴(主な相談内容、症状など)を教えてください。

後ほど改めてメールいたしますのでよろしくお願いいたします。


山中紹聖

般若心経
空花
般若心経は、何度も読んで、暗記もしましたよ。
もう忘れちゃいましたけど。こんにちは。
3種類の訳本を持っていますが、
どれも微妙に訳が違います。
でも、3種類の訳を読んで、やっと、少し意味が分かったような気がします。

一番好きなのは、柳澤桂子さんの『生きて死ぬ知恵です。絵も素敵で宝物のような一冊です♡

Re: 空花さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

> 般若心経は、何度も読んで、暗記もしましたよ。

あはは。そうなんだi-179

> 3種類の訳本を持っていますが、
> どれも微妙に訳が違います。

それぞれ宗派によって解釈が違いますので、
様々な角度からみられると良いかもしれませんね。

例えば宗派によっては、一番最後のマントラ(真言)の部分を重視したり、
あれ「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディスゥワーハー」に漢字を当てはめたものです。いわゆるマントラです。

また他の宗派ですと「空」の思想を重視したり・・

> 一番好きなのは、柳澤桂子さんの『生きて死ぬ知恵です。絵も素敵で宝物のような一冊です♡

そうなんだ。「生きて死ぬ知恵」・・興味深いタイトルですねi-228
絵が入ってる本はいいですよねi-260

素敵な本に巡り会えてよかったですねe-420

Re: ゴウさんへ
ショウセイ
素晴らしい体験をされてよかったですね。
ゴウさんがお幸せでありますように。

コメントを閉じる▲
「心の貧しい人々は、幸いである。
天の国はその人たちのものである」

(マタイによる福音書5章3節)


うつ病など心の病をお持ちの方は
悟りに最も近いと思います

心の病という
泥の中(苦しみの中)にいるからこそ
みえるもの、分かる事があります。

蓮の花は汚い泥の中でこそ
美しく咲くんですね。



身分、家柄、学歴、国籍、容姿・・
心理療法の前にはそんなものは無意味です。
あまり関係ありません。

道を強く求める人は
誰でも悟りに至ります


カウンセリング・セラピーの仕事を数年やってきまして
いろいろなケースを見てきました。

日常のちょっとしたストレス対処で来談される方は
プログラム終了後、続かないケースが多いんですね。
(人それぞれですが)


あと良くなりたいのですが

潜在意識の奥底では
本当は「不幸な自分もまんざらではない」という方

「不幸な自分を愛してしまっている方」
そういった方も続かないケースが多いです。


うつ病や神経症など、
メンタル系トラブルで
心の底から本当に良くなりたい!という方は
必死で学びます

ですので至るのが早い
個人差はありますが
ティッシュが水を含むみたいに
吸収が早い



苦しみが深い人ほど悟りに近い

人は泥の中(苦しみの中)でこそ
美しく咲きます

蓮2

「心の貧しい人々は、幸いである。
天の国はその人たちのものである」





【2010/12/28 05:57】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |
「Don’t think, feel! (考えるな、感じるんだ)」


これは
武道家であり哲学者の
ブルース・リーの名言です。


諸行無常

全ては移り変わる・・

空(くう)の世界は
頭で理解するものではありません

身体で心理療法で

感じるものです


深い智慧で

あるがままを

感じるんです


知識のみの頭のいい人ほど
これが理解できません


「うつ病は感覚が鈍ります」


まず感覚

五感を研ぎ澄ますんです


全身をもって

あるがまま感じる


感覚に
価値や判断を与えず

ただあるがまま


空(くう)
いのちに直結します


思考の編集を止め

静かに感じるんだ



Don’t think, feel! (考えるな、感じるんだ)




FC2blog テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

【2011/01/14 09:52】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

おはようございます
あずき
>考えるな、感じるんだ

いいお言葉ですね(#^^#)

私の心にも響き渡りましたv-398

Re: あずきさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

ブルースリーっていい事言いますよねi-179

疲れた時、心の編集を止めて
静かに感覚を感じると平静さがやってきますね。




トマシーナ
落ち込んだ私を助けてくれたのは、
私の五感を刺激してくれるいろんな存在でした。
街中にある神社仏閣、心惹かれる路地、
無心に生きている愛おしい存在・・・・。
一瞬でもそれらとの一体感を得ると、
不思議と元気になっているんですよね(*^_^*)
生かされているって、理屈じゃなく感じることが出来れば元気になれます。

Re: トマシーナさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

尊いものを感じられるように五感を磨いておくことですね。
すると第六感が自然に開けてきます。

その時、「一即多 多即一」です。

こんばんは
風の卵
そうですよね。
Don’t think, feel!

この後に何も言葉にしなくていいんですよね。
感じたまま、感じたものをなんとなく覚えておけばいいんですよね。

うん、これからも(自分勝手に)感じていようと思います(笑)

いい言葉、ありがとうございます。

Re: 風の卵さんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

例えば
そよ風が身体にあたり
ただ通り過ぎていくだけ・・

そこに汚い思考の編集を入れず
ただ純粋に風を感じる。

私達の日々もそうありたいですね。

Don’t think, feel

コメントを閉じる▲
「忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)」


これは伝統仏教の尊い修行
「六波羅蜜」の一つ。
(原始仏教は十の波羅蜜)


忍辱波羅蜜
(カンティー・パーラミー)

それは
過去に作ってしまった
何らかの業(カルマ・カンマ)
今の苦しい結果を作っています。


その苦しみ
しっかり耐えるのです。

それが「忍辱(にんにく)」です。


*ちなみに、よく私達の日常生活でも
「業が深い」とか「業を煮やす」など
用いますね。 あの言葉はこの
「業(カルマ)」から来ています。


人はついつい
悪い事をしてしまうんです。
それが人間なんですね。

知ってか知らずか
気付かずに何らかの
悪い種をまいてしまう事もあります。

その種は何らかの「縁」
発芽します。

それが「苦しみ」です。



その苦しみ

しっかり味わってください

しっかり耐えてください


「今、尊い修行をしてるんです」


いつか

その苦しみを乗り越えた時


行く先々で

同じような事で苦しんでいる人に

思いやりをもって

接する事が出来るんです



そんな素敵な人に
なってください



うつ病・神経症
心の病を乗り越え

心優しい人に
なってください



コスモス






FC2blog テーマ:癒し・ヒーリング - ジャンル:心と身体

【2011/01/15 06:07】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: 鍵コメさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。

今お辛いでしょうが、しっかり耐えてください。
「春の来ない冬はない」
時は流れ、苦しみも執着しなければ
形を変え変滅していきます。

そして苦しみが過ぎ去った後
「台風一過の雲一つない青空」

とても尊いあなたに生まれ変わってるんですよ。

今現実に起こっている苦しみ。
現実にあるんだからしょうがないです。

しっかり忍び、苦しみに執着せず
淡々と見送り、耐え忍ぶんです。

応援してますから、
またブログにいらしてくださいi-260

どうしても苦しかったらメールしてください。

お久しぶりです。
カンナ
ショウセイ先生、お久しぶりです。
相変わらずのカンナですが、先生の記事、拝読しました。 今の苦しみを味わっているのは、自分の、知ってか知らずか、蒔いた種・・・まさに、おっしゃるとおりだと思います。
辛いとどうしても何かのせいにしたくなったり、言い訳ばかり探してしまう。~だったから仕方ないや、~だったから諦めよう、って。
でも、~だったから耐えよう、~だったから辛抱しなくては、って思ってみないことには、前に進めないんですよね。
良いお話を聞かせてもらえました。
ありがとうございました。今後とも、ご指導、お願いします。

Re: カンナさんへ
ショウセイ
コメントありがとうございます。
お久しぶりですi-179

「だったから」テクニック。
素晴らしいですね!

視点や発想を変えた瞬間、
人はプラスのエネルギーに満たされるんですね。

その時「尊い修行をしてるんですよ」

応援してますよi-234

コメントを閉じる▲