FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
HSPうつ病・神経症の根底にあるもの

~ いつまでも
うつ病・神経症(不安障害)が治らない人へ ~



HSP
→これに対処していかないと
いくら薬を飲んでも
うつ病・神経症は治りません。



まず今回のお話。

HSP」ってなに? と
思われた方が多いかと思います。


HSPとは
「 Highly Sensitive Person 」


分かりやすく言いますと

・(超)繊細な感受性を持った人
・些細な事にも敏感に反応してしまう人
・五感(六根)のセンサーが感度ビンビンな人
など。

こういった先天的気質
(脳構造)を持った人。



もっと分かりやすく具体例

====================

・音、光、匂いに敏感に反応してしまう。

ゆえに人混み、騒音などに悩まされる。
だから独りや少人数、静かな場所が好き。


・また他者の言葉や気分に
極度に反応してしまい、巻き込まれ
ほんのちょっとしたことでも
一週間以上、思い煩い、引きずってしまう事が多い。


・身体の変化、痛み等に
神経質に反応してしまう。

*これが発展しますと「心気症」
からだの些細な(健常レベルな)痛みなどを
重篤な病気だと思い込み、精神的に苦しむ。
(病院で検査するが異常なし)


・一度にたくさんの事を頼まれると混乱する。


・一人で黙々と作業するのは
誰にも負けないが、

誰かに監視されていたり、
せかされたり、競争させられると
たちまち能力が落ちてしまう。

ゆえにチームより、個人プレーを好む。


・失敗しないか、いつも心配。

*これが発展しますと、
強迫神経症(強迫性障害)の強迫観念・強迫行為。

(異常なレベルの確認行為や
〇〇をやらないと、悪い事が起こるのでは!という
根拠のない思い込み、妄想)


・ものすごく気が利く。
(世の中全てが鈍感に感じる)
いろんな事に気がつきすぎてしまう。

・ちょっとした変化を敏感に察知する。


などなど。。
====================


あ。これ、わたしだ!!

・・・と思われた方は、
おそらくその可能性が高いかと思います。



HSPとは、
こういった「気質」を持つ人の事です。

*「気質ってなに?」については
過去に述べましたので、こちらをご参照ください。
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1050.html


簡単に言いますと、
気質は持って生まれたもの。先天的なもの。

性格・能力は気質をベースに
「後天的」に身に付いたもの。


たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんは、
誰に教わったわけじゃないのに、
それぞれ独特の行動パターン・クセがありますよね。

そういったものが気質です。
先天的なもの。


~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、このHSP。
これ自体は病気ではありません。
個性です。

~~~~~~~~~~~~~~~~


ただ、問題なのは、
こういった気質がベースにあるので、

普通の人の何倍も
脳や心が疲れやすい。


それゆえに、人生の行く先々で、
うつ病や神経症
(不安障害)になる可能性が高い。



Q、
「HSPは、なぜ疲れやすいの?」


A、
HSPの人々の脳は
独特の情報処理システムがあり、

五官から入力された情報が、
とても複雑な情報処理システムを経て
脳内入力されてしまうからです。

ゆえに普通の人の何倍も
エネルギーを使いますので、
とても疲れやすい。


・・・ですが、それゆえに

普通の人達とは違った角度から
物事をとらえられ、
独特のセンスがあり、発想力が豊か。


*ちなみに元受講生の方々は
ご存知かと思いますが、

当心理療法プログラム、
5時限目の講義では、

この詳しい脳内メカニズムと、
その「具体的心理学的対処法
身につけていきます。




Q、
「こんな私は人として
劣っているのでしょうか?」



A、
いいえ。
とんでもない!

「きわめて優秀な人です。
ラッキーだと思ってください。

(扱い方によっては)
人生、大吉を
引いたかもしれませんよ」


このHSPの人達は、
全体の15~20%くらいの割合でいます。
(大体、5人に1人くらいの割合)

ほら。あなたの職場を
よく観察してみてください。

5人に1人くらいの確率で
HSPっぽい人、
いるのではないかと思います。


ちなみに動物の世界でも
同じ確率でHSPの特性を持つものが
いると言われています。


*余談ですが、私の実家の歴代の犬や猫。
よく観察してみると、確かに5分の1くらいの確率で
HSPっぽい子がいました。

ワンコやニャンコも、観察していると本当に面白く、
それぞれ個性がありますよね。



で、このHSPのすごいところは、
危険察知能力が、ズバ抜けて強い。

一般の人たちが思いつかないような、
宇宙人的な発想力を持つ人もいる。

とんでもなく気が利く。
細かいところに、よく気が付いてくれる。
(職場に一人いると本当に助かる)



あと、例えば
こんな人いませんか?


みんなで飲み会をやっている時に、
(みんながオラオラトークしている時に)

雰囲気に溶けこめず、
独りぼっちで気まずそうな人がいたら、

さりげなく横に座って、
お話をしてくれたり、

仲間に入れるように、
上手にお話を振ってあげて、
配慮してくれたり、


こういった人がいたら・・・

そう。
おそらくその人

HSPの特性を持つ人です。



などなど。。



どうですか?

こんな素敵な人達、
劣っていますか?

違いますね。
とっても優秀で
優しい人たちかと思います。


*ちなみに、うちの歴代の受講生の方、
観察していると、
こういった特性を持つ人がよくいます。

昔みんなで、食事会など
やっていたことがありましたが、

本当に優しい人、気が利く人が多く、
こちらが恐縮しました。



また歴史の中で、
偉大な発明家・芸術家、優れた哲学者・思想家、
素晴らしいイノベーションを起こす経営者など、

HSPの特性を持つ人が多いかと思います。



さらにさらに・・

このおよそ20%のHSPの人達が
進化の過程で、種(個体)を危険から守り、

絶滅を防ぎ、現在の偉大なる進化に
導いたともとらえる事ができます。


~「 私達は偉大なる
神経質(HSP)なサルの末裔です
」~



*いち早く危険を察知し、
種を保存してきた動物たちエピソード

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1236.html

↓(神経質と脳:扁桃体ありがとう)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1276.html


HSPであることに
誇りをもって生きていきましょう。



ただ物事は陰と陽。

いいことばかりじゃなく、
マズイ点もあります。


それは先ほど述べましたように
HSPの人は、
とても精神的に疲れやすく、

なにかしらのメンタルスキル
(心理療法など)を身につけておかないと
心の病になりやすい。

「生き辛い人生」を送る人が多い。




Q、
(元受講生のご質問)

「あの。。これって、
山中先生のところで学んだ、森田療法。
HSPって→森田神経質の事でしょうか?」



A、
素晴らしいご質問です。

そう。仰る通り。


昨今このHSPという概念が、
西洋の心理学の世界で
注目されてきていますが、

実はこれ。我が国では
日本古来の心理療法である森田療法」で、
すでに昔から定義されていました。


このHSPの特徴は、
森田療法で言う「森田神経質」と、

ほぼイコールと
とらえてもよいかと思います。


森田神経質・
神経症の特徴については

過去数年間、私自身のうつ病・強迫性障害
患者時代の体験談を交えて、

ブログ内で語っておりますので、
よろしければ、いろいろご覧くださいませ。

(ページが多いので、
面倒な方はスルーしてOKです)


*当ブログ全体。
特に9年前くらいに書いたもの。
現在大幅に加筆修正をしている最中です。
工事完了しましたら、また告知いたします。




Q、
「今回のお話よく分かりました。
まさに私、HSPの特徴を持っていると思います。

今までの人生の生き辛さ、
全てこれで合点がいきました!

ところで・・・では私は
どうすればいいのでしょうか?」



A、
はい。そうですね。

世の論説は、そこがスッポ抜けているものが
多いのではないかと思います。

あるいは解決策が、
「リラックスをしよう、運動しよう、アロマを行おう、
栄養をきちんととろう、お風呂で癒し・・・」など

あまり聞きたくない「一般論」が多く、

専門的な対処法が記されているものが
少ないように個人的に思います。
(あくまで個人的見解です)


おそらく困っている方々は、

「リラックス?運動?
そんな一般論、分かってるって!

もっと専門的な対処法を
指導してください!」と、

困惑している方が
多いのではないかと察します。


当プログラムでは、
そういった一般論は一旦置いておいて、、

心理学、脳科学的な「専門的対処法」
学習し、修練していきます。



ただし、誤解の無いように。


このHSPという気質を
「完全に変えること」は出来ません。

それはAという人が、
「Bという別人」のようになる事。
それはありえません。


そうではなく、
「治る」って何なのか?


冷静に考察してみましょう。
まず理性的にゴール設定をします。




HSPの、
感度が強すぎる五官センサー
(脳内情報処理システム)
それ自体は変わりませんが、

それを社会生活に支障が無い、
心の病にならないレベルまで」緩めていく。


心理学・脳科学的
「メンタルスキル・専門技術」を身につける。



少し大変ですし、努力が要りますが、
生き辛さを抱えるHSP傾向の方々は、
これはとても重要。

しっかり身につけていきます。


*かなりの専門的技術ですので
独学では不可能です。
必ず専門家(心理療法家など)に依頼し、
マンツーマンでついてもらい実施します。





持って生まれた気質は
まず変わらないので、

その気質を
「どう人生(日常生活)に生かすか」

その気質を逆手に取り、
「強み」にしていくコーチング。


(参考過去記事:
心の病をチンジャオロースにして、おいしくいただこう)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-791.html



この①と②で、
楽に生きられるようになり、

やがて

「この気質に生まれてよかった」

「よく考えてみると、
この気質じゃなければ出来ない事がある。
案外ラッキーかも。。」

ここがゴールかと思います。



最終的には
抗うつ薬・抗不安薬に頼らず、

人生を朗らかに、
楽しく生きられるようになるのが
ゴールかと思います。



そのために、まずは「①」

生き辛さを軽減していくための、
心理技術、専門的メンタルスキルの修得。

これが優先ですね。
これが育てば「②」も育っていきます。




心理学では
「人格」とは、どうとらえるか?

=======================
A気質+B性格+C能力・スキル=この総和が「人格」
=======================


A(気質)は先天的なもの。

B(性格)とC(スキル)は、
後天的に身につけていくもの。


A(気質)という「あんこ」を
B(性格)とC(スキル)で上手に包むと
「おいしいお饅頭」になります。


素敵なお饅頭になりましょう。





~さいごに~


うつ病・神経症を
薬で対処していても

改善の決定打には
ならないと思います。

(薬物療法はあくまで、
一時的な対症療法ですので)


うつ病・神経症の「根底」にあるもの。
(今回のお話ではHSP)

ここを
「専門的対処」していきませんと、

モグラたたきゲームのように、
人生の中で「うつ・神経症 症状」は
何度でも顔を出します。


うつ・神経症・こころの病、
そして「生き辛さ」

その根底、背後にあるものに
具体的・専門的アプローチをしていきます。
本当の意味で「治す」には。


長年の生き辛さは
必ず解消していきます。

幸せをつかんでいきましょう。







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。




 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2019/08/30 05:28】 | HSP 「うつ病・神経症の根底にあるもの」     
トラックバック(0) |
===============
HSP系うつ病・神経症の方々の
~症状「悪循環モデル」~

===============


<前回の続き>

うつ病・神経症 「以前の」問題。

それは、うつ病・神経症になりやすい
「病前気質」であるHSP。
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1459.html

HSPの詳しい特徴に関しては
上記リンクで詳しく述べましたので、
今回は省略させていただきます。



HSP傾向の方々は、超繊細で、
五感(六根)の感度が鋭敏ゆえに、

普通の人より
ストレスが溜まりやすく疲れやすい。

*(音・光・匂いに非常に敏感。
ゆえに、雑踏・人ごみが苦手。
人の言葉が頭にこびりついて残りやすい。
ちょっとしたミスでも、ずっと引きずってしまう・・・など。
詳しくは上記リンクにて)



さて・・

①常に五感の感度が鋭敏な
HSPの人達は、
ノルアドレナリンを多く分泌しがち。


②普通の人達より
ノルアドレナリンの使用量が多いので、
やがて生産が追いつかなくなり・・・

ノルアドレナリン不足になっていきます。


③ノルアドレナリンが不足しますと、

・ヤル気が起きなくなり、何をするにも億劫になり、
意欲低下が起きやすくなる。

・いつもの趣味も面白くなくなる。
・物事への関心が無くなっていく。

・「どうせ何をやってもダメだ・・」と、
人生全体が悲観的に思えてくる。

いわゆる「うつ状態ですね。


④そして無意識のレベルではこう働きます。

その状態がマズいので、
ノルアドレナリンを多く作ろうと、

さらに五感の感度を上げ、
「些細な事にも敏感に」反応するようになります。
(いわゆる神経症(不安症))


①に戻る。エンドレス・・・


いわばHSPがベースにある、
うつ・神経症の方々の「悪循環モデル」です。


======================



このノルアドレナリンに関しては、
心療内科等で、抗うつ薬を服用されている方々は
よく耳にする言葉かと思います。


抗うつ薬でノルアドレナリンを
活性化する方法もありますが、

それですと化学薬品による一時的な
「対症療法」ですので、薬が切れれば元の木阿弥。

つまりこの理論では
一生薬を飲み続けなければならなくなります。


もしくは(一時的に)もうよくなった!と思い、
薬をやめ、数ヵ月~数年しますと「再発・再燃」してしまう

よくあるパターンに陥る事が
多いのではないかと思います。

(特に薬物療法一本で
対応している人に多い、よくあるケース)



・・では、薬物療法に対し
「心理療法」のメリット

HSPのそもそもの原因に焦点を当て、
そこに心理学的アプローチをかけていきます。

ゆえに一時的な対症療法ではなく、
根底から治していきます。


それは五官から入力される情報に対し、
即、鋭敏に反応するのではなく、

特殊な心理技術を身につけ、
上手に智慧をもって
関わっていく訓練をしていきます。


さらにそれを習慣化していき、
よいクセづけをしていきます。

無意識的に五感情報に対し、
上手に関われるようになります。


すると過剰なノルアドレナリン製造&使用は
緩やかになっていき、

体内のノルアドレナリン製造&使用の
「需要と供給」のバランスがとれ、

ノルアドレナリンの
濃度バランスが取れるようになり、
次第に楽になっていきます。


「謎のストレスフル」に陥っていた毎日が、
とても朗らかに、楽になっていきます。


*もちろんHSPの持って生まれた
気質自体は変わりませんが、

それが「病気(うつや神経症)にならない程度」に
なっていきます。



ただ、
心理療法(心理訓練)のデメリット。


こういった訓練が身につき、クセになるまで
中~長期的な修練が必要になります。

人間が長年刻み込んできた、
心と脳のパターンは「当たり前のことですが」
短期即効で変わるものではありません。


~~~~~~~~~~~~~~~~
「え!?中~長期的に修練!?
そんな面倒くさい事出来ません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~


ですが、ここで一度立ち止まり
よく考えてみます。

では、今後長い人生、
ずっとこのまま
「生き辛さ」を抱えて生きていきますか?


それとも、ここで人生を仕切り直し、

腰を据え、心理療法を修練していき、
しっかり心理技術を身につけ、

今後の長い人生を、
楽しく朗らかに生きていくか?

どちらがメリットがあるか・・ですね。





~薬物療法・心理療法
それぞれの療法の「短所と長所」を見極めよう~


さて、私のところにいらっしゃる方々で、
こういったケースをよくみかけます。

「私は絶対薬物療法はやりません!
病院になんか(特に精神系)行きたくありません!
心理療法一本でいきます!」

・・・という人もいますが。。


たとえば、現在うつや神経症でボロボロの方が、
その方法論をとりますと、

現在の症状が辛すぎて、
心理療法の修練どころではなくなりますよ。


うつ・神経症の程度によりますが、
(ごく軽度の方はよいですが)

現在ワー!ギャーとなっている状態で、
心理療法を実施しても
身につくものも身につきません。


そして心理療法で対処出来ない事に

ますます自己嫌悪し、全てがイヤになって、
余計悪くなってしまうことも考えられます。



ゆえに薬物療法と心理療法の
「合わせ技」を推奨いたします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
薬物療法
短期即効性があるが、一時的な対症療法なので
根本解決にはなりません。

心理療法
短期即効性に関しては弱い。
中~長期的修練が必要ですが、
心の病の根本解決になっていきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


短期即効性は「心理療法は弱い」ので
(中長期的に根治を望めますが)

心療内科等の薬物療法で
現在の辛さを「一時的に」散らしつつ・・



心理療法も使い、水面下でコツコツ
「根治」に向けた作業をしていく。

この方法ですと、とても楽に
問題の根本解決に向かっていきます。


*薬物療法に関しては、
必ず心療内科等の医師の指示に従い
正しく行ってください。



-------------------------------------------------------------
<お知らせ>
今回は2つ記事をアップいたしました。
最初の記事は、グループ講義開催のお知らせです。
この記事の下にありますので、よろしければどうぞ。
-------------------------------------------------------------



はい。今回は、
HSP傾向の、うつ・神経症でありがちな、

症状の「悪循環モデル」について
お話しいたしました。


自身の身心で何が起こっているか?を
洞察できていれば、

闘病に向けた正しい戦略を
立てやすくなるのではないかと思います。

よくわからず、
やみくもに闘病するのではなく、
「戦略的に」闘病してまいりましょう。




~さいごにHSPの方々へ~


一生「生きづらさの十字架」を背負って
生きていくのではなく、

ここで人生、仕切り直して、
しっかり心理技術を身につけ、

今後の人生、朗らかで楽しい人生を
送っていきましょうね。


今までの人生、
たくさん苦しんできたと思います。

もう苦しまなくていいですよ。


たくさん苦しんできた分、
今後の人生は、
たくさん幸せになっていきましょう。








よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。




 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2019/09/20 00:25】 | HSP 「うつ病・神経症の根底にあるもの」     
トラックバック(0) |