FC2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
うつ・神経症Q&Aコーナー

今回は過去の受講生のご質問で
よい質問を掲載いたします。


=========================
Q、
コースで習った、
森田療法・マインドフルネス仏式瞑想を
日々実践しております。

森田療法の「あるがまま」について質問です。


ただ「あるがまま」

身体の感覚など、五感(六根)情報を観察する
瞑想のワークなのですが、


日常の不快な気分、
パニック症の息が詰まる感じ、

将来の悲観、過去の後悔などの
頭の中のネガティブ妄想、、、

身体の痛み、だるさ、億劫感・・・

これらを「あるがまま」観察していると
余計辛くなるのですが。。



この「あるがまま」は、
どうとらえればよいのでしょうか?


いつも講義を聴いているのに
こんな愚問で申し訳ありません。

お教えいただけるとありがたいです。


*(当心理療法コース、受講生の質問)
=========================



A、
はい。ご質問ありがとうございます。

分からないまま、
胸に秘められると逆に困りますので、

サポート期間中、本当に分からない事は、
このように聴いていただけるとありがたいです。

せっかくのお時間と料金を無駄にしないために、
きっちり学んでいってください。


また、けっして「愚問」ではありません。

森田療法・マインドフルネス仏式瞑想の
「核心」を突く、素晴らしい質問です。


多くの森田療法を実践している方々は、
この「あるがまま」で、つまづきます。

森田療法の本を、読まれた事のある方は、
よくご存知かと思いますが、
あれ読んだだけでは分からないと思います。


ゆえに当プログラムでは、
森田療法に「行動療法」をドッキングさせ

分かりにくい森田療法の世界観を、
身体で理解できるように工夫しております。



さて、今回のご質問ですが、

森田療法・マインドフルネスの「核」となるところ、
あるがまま」ですね。



>日常の不快な気分、
パニック症の息が詰まる感じ、

将来の悲観、過去の後悔など
頭の中のネガティブ妄想、、、

身体の痛み、だるさ、億劫感・・・

これらを「あるがまま」観察していると
>余計辛くなるのですが。。



結論から申し上げます。
これはなぜ辛くなるのでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~
それは「あるがまま」ではなく・・

あってほしいがまま 』  
観察しているのではないか と察します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~





<解説編>


この「あってほしいがまま」のフィルターを通して
物事を観てしまいますと、

・自分(エゴ・我(が))にとって
都合の悪いもの→ 嫌悪・怒り・悲しみなど

・自分にとって
都合のよいもの→ 渇愛・執着など

「巨大な煩悩」が生じ、これを増幅させてしまいます。

*(煩悩(ぼんのう):悪しき精神作用・苦しみ)


つまりこの「あってほしいがまま瞑想」をすると、
余計辛くなり、悪化すると思います。

何の瞑想をしているのか
分からなくなりますね。


仏教心理学では、この世は基本的に
「自分(自我)の思い通りにいかない」のが
現実であり事実です。

ですが、生き辛さを抱えている人は、
この事実を認めようとせず、
常に「あってほしいがまま」の世界を強烈に欲します。

ゆえに苦しみ、精神的に病んできます。


もちろん私達は、山でカスミを食べて生きる
僧侶や聖者ではありませんので、これは誰だってあります。
健全なレベルならばよいと思います。

・・しかし、何でも「モノは加減」で、
これが強くなりすぎますと、
様々なこころの病が発症します。

病気レベル、生きづらさを抱えているレベルに
なっていますならば、
修正していく必要があるかと思います。



~事実唯真~
(森田療法のことば)


マインドフルネス仏式瞑想の訓練中は
「自我(我)」を介入させずに、

事実の世界を、ただ事実のまま
観察するお稽古をしていきます。


例1:

痛みという事実は、各身体のパーツから
脳内にシグナルが伝わり、

痛みという情報が発生している
単なる現象・事実です。


痛みよ消えろ!痛みのせいで私はダメだ・・・は
『一旦置いておき』

痛みがどのように変化し、
どのように伝わっているかという事実を
「わたしを入れず」観察モード。

すると痛み(という現象)が
どうでもよくなっていきます。

想いや感情を入れなければ、
痛みは、ただ移りゆく現象です。


*ただし本当に危険なレベルの痛みは、
きちんと病院にて対処してください。

*心気症(神経症の一種)のように、
どうでもよい、日常誰しもある痛みを「針小棒大」にとらえ、

症状でもないものを、症状に「してしまっている」ケースに
特に有効なお稽古です。



例2:

・あの花はキレイだったのに、枯れてしまった。
いつもみていた花でお気にいりだったのに・・・

・私の女房は若い時キレイだったのに
歳をとり、今では・・・
あの時のキレイな女房が好きだったのに。残念だ。

・ああ。あの人は美しい。愛おしい。
この感情は一生変わらない。


「いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ」

花は甘美な香りを放ちキレイだ。
でも諸行無常で
いつか必ず、枯れて散っていくもの。

その事実を事実のまま、あるがまま観る。
むしろ、その移り変わっていく様を美しいと観察します。

あってほしいがまま」ではなく、
「あるがまま」の世界を観る。

人生の苦悩は激減していきます。


また、愛おしいあの人も、
時と共に老いていく。

この熱愛も諸行無常で、
数年経つと、必ず冷めていきます。

その冷めて冷静になった時、
愛(欲)ではなく、慈悲で一緒にいるのを楽しむ。




例3:

パニック症の予期不安、
息が詰まるんじゃないかという不安。

それを「自我の、あってほしいがまま」
何とかしようとすればするほど、
その不安は、強烈なものになっていきます。


心理症状を「取り除こう」とすればするほど、

余計それに「とらわれ」
その心の症状は、強烈なものになっていきます。


これを森田療法では
精神交互作用」といいます。


予期不安が出たという事実は否定しなくていい。
それを抑え込まなくてもよい。

予期不安が出たという事実を事実のままに。

そこに想いや感情、思考を挟まず、
ただあるがまま、それが発生している事実を観察。


その事実と一緒に目の前の作業、
家事、仕事、瞑想などをしていきます。

頭の中の過去の後悔、未来の不安も同じ。


そんな訓練をしていき、上達してきますと、

原始脳と前頭前野の調和がとれていき、
脳機能のバランスがとれていき、

予期不安という現象は緩やかになっていきます。


*ただし、これは
「アタマのリクツ」で分かっただけ・・では
何の効果もありません。何も変わりません。

専門家(心理療法家など)と一緒に、きちんと心理訓練し、
他力本願ではなく、自分で日々修練し身につけ
自分の血肉にして、初めて使える技になります。



さて、こんな感じで

「物事のとらえ方」「関わり方」
「心の反応パターン」を変えていきますと、

今まで抱えてきた生き辛さ、
うつ・神経症症状は、緩やかになっていきます。

マインドフルネス仏式瞑想・森田療法の訓練で、
こういった「メンタルスキル」を身につけていきます。


事実は事実のまま。
あるがまま。

あってほしいがままの世界ではなく、
あるがまま。





また余談ですが、
認知療法などで言う「認知の歪み」


*うつ・神経症の心のパターン
「認知の歪み」(自動思考)とは?

今回の「あってほしいがまま」を踏まえた上で、
下記リンクを再度お読みくださいますと、
面白い気付きがあるかと思います。

↓(なぜこの人たちは苦しいのか?:全9話)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-28.html


認知のゆがみ。
この根底にありますのは、

あるがまま・・ではなく、
この「あってほしいがまま」が引っ掛かっております。



ここのポイントが
理解できるようになっていきますと、

認知行動療法で言う
「認知の歪み」も解決していきます。

別に認知療法をやらなくても
解決していきます。






それでは長くなってしまいましたので、
「今回のまとめ」


=================


「あるがまま」と
「あってほしいがまま」の違いを
考察していきます。




・「あるがまま」
クリアな事実の世界(事実唯真)
心は汚染されません。


・「あってほしいがまま」
エゴ・煩悩の世界。

人生の生き辛さ、
ストレスフルな毎日になりがち。
(そして必ず人生のトラブルを招きます)

それが発展しますと、
様々なうつ・神経症症状が発症します。



「あってほしいがまま」
瞑想しますと、ご質問者さんのように、
余計苦しくなります。



余計悪くなる瞑想をしていませんか?

そうではなく「正しく」瞑想します。

=================



「自然に服従し、境遇に従順なれ」
(森田療法のことば)


雨の日は雨のまま
晴れの日は晴れのまま

気分のよい日は、気分のよいがまま、
鬱の日は鬱のまま

自然(空:くう)にゆだね
ただ、あるがまま 


日日是好日
鬱鬱是好日



それではまた次回のブログ・
メルマガにてお会いしましょう。

お幸せでありますように。







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。



当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2019/11/01 04:05】 | マインドフルネス瞑想が「上手くいかない典型例」
トラックバック(0) |
死にたい、消えたい・・・は
実はもっとよりよく生きたいの裏返し

=================


うつ・神経症的な方の
潜在意識の中には、

強烈な「存在欲」(生の欲望)が
抑圧されています。

意識、無意識


その存在欲は上手に活かせば
強力なパートナーになりますが、

それを上手く扱える術
(メンタルスキル)が無いと、

それは強力な
破壊のエネルギーに変わります。




うつ・神経症的な方の
心のパターンでよくみられる

~~~~~~~~~~~~~~~~~
・傷つきたくない(傷つくことに関しては
強烈に神経質になる)

・完璧主義(二極思考・全か無か思考)
などなど。
~~~~~~~~~~~~~~~~~

これらの深層心理には
存在欲(生の欲望)」が潜んでいます。


それは、

・個体を傷つけたくないから
(種を保存したいから)
強烈に傷つくことを恐れ、

・強く自己実現したいから
完璧でいたい。

(個体(種)の保存欲求、
強烈な自己愛の裏返し)



そして、それが満たされない状態が続きますと、
それが耐えられないので、
「早く、完璧に楽になりたい。解放されたい」


さらにそれが暴走しますと、
非存在欲」(自殺・希死念慮)に発展します。
(究極の歪んだ解放観)


それは、
死にたい、消えてしまいたい・・・と。
(非存在欲)



~~~~~~~~~~~~~~~
☆ ワンポイント

「非存在欲」

・マインドフルネス仏式瞑想の
背景に流れる仏教心理学では、
「欲」の一種ととらえます。

・精神分析の視点では、
これをフロイトは
タナトス」と名付けました。
~~~~~~~~~~~~~~~



「ではどうするか?」


*前半は、うつ病の自殺(希死)念慮
後半は神経症(不安症)の症状の根源にあるもの
について説明します。
(根底に引っ掛かっているものは同じです)



深層心理(潜在意識)の奥深くに眠る
「存在欲(生の欲望)」を、

社会生活に適合できるように
上手に生かします。


ここの部分は当然のことながら
病院等の薬物療法では無理ですね。
根本解決にはなりません。

心理療法のみが
これを可能にします。


*薬物療法は、
一時的な高揚感・安堵感は得られますが、
それは化学薬品によって、脳が一時的に錯覚しているだけ。

薬が切れれば元の木阿弥。
その場しのぎの対症療法ですが
緊急時(急性期)は必要



対して心理療法は、
人間の「こころ」

根源的なところに
アプローチしていきます。


心理療法により、
生き辛さを抱える人達が、

楽に生きていくメンタルスキル
(心理技術)を身につけていきますと、

潜在意識の中にある「存在欲」が
上手にコントロールされ、

「非存在欲:消えてなくなりたい」→(存在欲の究極の進化系)にまで
発展してしまう事を防ぐことができます。



この自殺の心理に関しては
普通、なかなか根っこが見えにくいものです。


人のこころは
・表面意識(普段の意識:顕在意識)と、
・潜在意識(深層の心理)から成り立っております。

意識、無意識

深層心理の問題は
(自分の深層に隠された「ほんとう」の部分)

当然のことながら、
表層意識に見えないので
分かりにくいものです。


無意識の意識化


ですが、この根っこの部分(潜在意識)に
隠れているものを、意識レベルに上げて、
上手にケアしていきませんと、

この究極の問題
「自殺」は解決していきません。


自殺に関しては科学や道徳、
病院、そして学校の学問では
根本解決しない問題かと思います。


私自身、若いころ(患者時代)
一うつ病患者として、
この問題に格闘してきました。

様々なカウンセリング・心理療法・セラピー、
心療内科・精神科を渡り歩きましたが、

この問題を扱えるところが
どこにもありませんでした。



この活動を
15年前から行っているのは

患者時代のこういった経験からです。
そこがスタート地点。

そういった問題を扱う
心理相談所(カウンセリングルーム)です。


*こういった問題ですが、
あまり暗くならないように、
楽しく学べるようにやっておりますが。





~根治へのロードマップ~


ポイント 1

1、
まず危険な状態の時は、
心療内科等の薬物療法で
一時的に安定させる事が最優先。
(急性期)


2、
薬で少し安定した「回復期」からは、
薬で安定状態を維持しつつ、

根源的なものに
心理学的アプローチをしていく事を推奨いたします。



3、
もう死にたい・消えたい!という
表層に出ている感情の
ほんとうの部分」(深層に隠されたもの)を
炙り出します。

===============
死にたいは、
もっとよりよく生きたいの裏返し
===============

うつ病


4、
潜在意識の中に隠された
「生の欲望(存在欲)」を上手に扱えるよう、
心理技術を身につけていきます。


5、
心理技術で「不動の自信」がついてきましたら、
主治医に相談し、上手に減薬・断薬をしていき、
心療内科・精神科とサヨナラしましょう。


6、
永久に無計画に、
ズルズルと薬を飲み続けるのがゴールではなく・・

最終的には、心理技術(メンタルスキル)を身につけ、
薬や病院に頼らずとも、

自分の足で、人生を力強く歩んで行けるのが
本当のゴールかと思います。




~~~~~~~~~~~~~
ポイント 2 「神経症編」
神経症症状のカラクリ

~無意識の意識化~
~~~~~~~~~~~~~


潜在意識(無意識)の中にある
「存在欲(生の欲望)」を意識化し、
それを上手に扱っていきませんと、

それは、普段の意識レベルに
「ちょっかい」をかけてきます。

意識、無意識3



たとえば、

自分を守る事ばかりに意識が向き、
そういった人の思考・行動パターンは、

「自己保存と猜疑心」でいっぱいになります。

また様々な、
神経症(不安症)的症状が出てきます。

*逆に言うと、
神経症症状はそれの裏返し。


自分を守る事ばかりに
極端に意識が向いている・・・

そういった人は、周りからみると
「自分の事しか考えていない、
とんでもない自己中心的な人」に見えてしまい、

周りの人も離れていきます。


どんどん孤立していき、
社会との軋轢が辛くなり、
心の病は、ますます悪化していきます。

悪循環です。


もちろん私達は
聖者ではありませんので、

誰だって「自分を守りたい」はあります。
人間なんだから、あって当然です。


ですが、何でも「モノは加減」で、
極端なものになると、自分を守るために
様々な心理症状を出します。

*不潔恐怖(異常レベルの手洗いなど)、
強迫観念・強迫行為、
社交不安、赤面恐怖、視線恐怖、広場恐怖、
病気じゃないのに重篤な病気と思いこむ心気症・・・などなど。

これらの根底には、
強烈な「存在欲が潜んでいます。


ゆえに心理療法を使い、
社会生活に支障が出ないくらいに緩め
調整していきます。



潜在意識(無意識)の中にうごめく
「存在欲(生の欲望)」を

意識レベルに上げ
(意識化)

それに心理学的対処をしていきます。


病的レベルな
「自分を守りたい」

緩やかになっていきますと、

不安、緊張、赤面恐怖、視線恐怖、
不潔恐怖、縁起強迫、広場恐怖、社交不安、
などなどなど。。

守りたい自分が緩やかになります」ので、
これら様々な神経症症状は「消滅」していきます。



☆「ワンポイント」

神経症症状は「過度に自分を守っている」
→存在欲・自己保存欲求・生の欲望の裏返し。



また、守りたい自分への執着
緩やかになっていきますと、

人間的にも、ゆとりが出来てきて、
その人の魅力が増します。


・人間関係も良くなっていき、友達が増え、
人から信頼されるようになっていき、


・「自分を守りたい・・という とらわれ」が
緩やかになっていきますと、余計な心理的な重荷が無くなり
仕事もスムーズに進みます。

*(例えば作業をするにしても、「とらわれ」が緩くなりますと、
手元が狂わなくなり、正確な仕事が出来るようになっていきます)


・業績もよくなっていきますので、仕事が楽しくなっていき、
毎日が楽しくなっていきます。


・自分を過剰に守るエネルギーが、
少し緩くなりましたので、
その余ったエネルギーを周りに向け、
他者に配慮できるようになっていく。


こんな素敵な人、
誰が放っておきますか?

どんな所へ行っても、
人から愛されやすくなります。



===================
本来無一物
(ほんらいむいちもつ:禅のことば)


私達は何も持たずに生まれ、
何も持たずに去っていきます。

あの世に何も持っていけません。
全部置いていきます。

本来、何も守るものがないのに、
おかしなものを守っていて、
そして謎の病気になってしまっている。


マインドフルネス仏式瞑想は

「わたし(自我)」に疲れた時、
そういった「わたし」への執着を緩やかにし、
原点に立ち返るための心理技術です。

~本来無一物
もっと自由に生きられます~


そして、自殺する必要はありません。
寿命が来たら自然に死にますので。

===================




~最後に今回のまとめ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
存在欲(生の欲望)は、

1、上手に活かすか
2、病気にならない程度に緩める


私達は、山でカスミを食べて生きる
聖者や仙人ではありません。

私達俗人は、
存在欲を完全に無くすことは出来ません。

社会生活がありますので、
完全な「無我」は不可能です。

ゆえに上記2つの道を推奨します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それでは今回も長くなりましたので、
ここで終わります。


大変難しいお話でしたが、
ここまで読んでくださった、
読者の皆様に敬礼いたします。

今回もお読みくださり
ありがとうございました。







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。



当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2019/10/11 04:48】 | うつ病    
トラックバック(0) |
久しぶりにマインドフルネス仏式瞑想
グループ講義・瞑想会を行います。

どうぞご参加くださいませ。



========================

~日程~

『10月19日(土)朝9時30分』
から行います。


「グループ講義・瞑想会」

☆ お申し込みは ☆

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」


その後、ご案内をお送りいたします。



*講義時間は3~4時間ほど。
途中休憩あり。

========================





今回の講義内容


今回の講義内容は、
最近シリーズで語っております『HSP
(森田療法では「森田神経質」といいます)

いわば、うつ・神経症の方々で多い
「病前気質」であります。


↓(HSPについて、詳しくはこちら)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-101.html

*病前気質とは:
うつ病、神経症になる前の
その人のベースとなる気質・素因。
(うつや神経症になりやすい気質)



「では、どうすればいいのですか?」

・・・と、思われる方が
多いのではないでしょうか。


HSPの方々が持つ、
鋭敏かつ繊細な五感センサー

ゆえに精神的に疲れやすく、
普通の人よりストレスが溜まりやすい


五官から入力される情報に対し、

上手に智慧をもって
関われるようになっていきますと、
かなり楽になっていきますよ。


そのために今回のお稽古は

マインドフルネス仏式瞑想の
伝統技術である「受随観」(心理学バージョン)を
みんなで行っていきます。


*もちろんHSPでない方々も、
「五感情報の脳内処理が円滑になります」ので、
自己啓発・ストレスマネージメントに有効な方法です。


メインコースでは
やらなかった内容ですので、

元受講生の方々、復習も兼ねて
よろしければご参加ください。




~卒業生の方々、
久しぶりに講義を受けてみよう~


・当プログラム(6週間の講義内容)を
さらに深めていきます。

・たまに講義を受けますと、
技術的なことなど、誤った解釈になるのを防止し、
正しい道を歩んで行く道標になります。


・6週間プログラム卒業後、
独習でずっとやっていますと、ついサボってしまったり、
ヤル気が無くなったりするかと思いますので、

モチベーションダウン防止のため、
たまに講義を受けてみるのもおすすめです。


・グループ講義は、個別セッションと違い、
他の方々の体験談などが聴けて
非常に参考になると思います。




参加資格は当心理療法プログラム
「現受講生」「元受講生」のみとさせていただきます。



・現在プログラムを受講中、または
以前学んでいました、元受講生の方々
是非ご参加ください。


・途中参加・途中退場OKですが、
なるべく、フルでご参加を推奨いたします。


・講義時間は「3時間~4時間くらい」を
予定しております。
あくまで予定です。進行具合によります。

お時間にゆとりをもってご参加くださいませ。


☆ どうしてもコミュニケーションが苦手・・・
という人は、ご連絡ください。

スカイプで「講話を聴くだけの設定」で
行うのもOKです。

(その際は、こちらからお声は
おかけしませんのでご安心ください)

講義に集中したい方は、
こちらの設定の方がよいかもしれませんね



*ただ、受講中アクティブに質問などしたい方は、
通常のグループ参加型受講を推奨いたします。



============================


『2019年10月19日(土)』


内容:時間割


☆「9時30分から」

1、うつ病・神経症(不安障害)に対する、
マインドフルネス仏式瞑想や森田療法の講話


「今回の講義テーマ」

五感の感度がビンビンの
HSP傾向の方々。

ゆえに普通の人より疲れやすく、
うつや神経症になりやすい。


マインドフルネス仏式瞑想の
伝統理論と技術をお稽古し、

五感情報に対し、上手な関わり方を身につけ、
ストレスフリーな人生を送っていきましょう。


(30分~1時間ほど)



2、質疑応答

一人、1~2個質問を送っていただき、
当日それにお答えいたします。


尚、質問はプライバシーを考慮し、
誰の質問かは公表しません。

他の方々の質問を、我が身の質問と思い
お聴きくださいますと、
非常に勉強になるかと思います。


・瞑想の技術的質問
・心の病に関する心理的な質問
・人間関係・日常の相談など。。
何でもOKです。

(1時間30分くらい)



<ここでトイレ休憩>



3、みんなで
マインドフルネス仏式瞑想をします。

当カウンセラーによる、
瞑想のインストラクション。

(1時間ほど)



4、その後、座談会・質問もOK
(自由解散)

これは任意です。
お時間に余裕のある方は
よろしければ参加してみてください。

他の方々が、どのように瞑想しているか、
また諸先輩方は、どのように
うつ病・神経症を克服されたか・・など
貴重な話が聴けると思います。


*こういった座談会が苦手な方は、
ここで終了していただいてもOKです。

============================




・参加費:6800円


・飲み物・筆記用具をご用意ください。


・終了後の座談会は、お腹がすいたら
お菓子など食べ物もOK。


・瞑想に使う座布団など、
座具をご用意ください。


・邪魔が入らず、一人閑(静)かに
受講できる環境を整えておいてください。

*どうしても一人
静かな環境が無い場合、

他の受講生の方で
カラオケボックス・車などに籠り
受講する方もみえます(笑)


☆スカイプが必要

・スマホ・スカイプアプリの場合
「イヤホン着用」

・PCスカイプの場合
「スカイプ用ヘッドセット着用」


・受講前にトイレ、
食事は済ませておいてください。


・もし、お名前を出すのが不可の場合、
ニックネームでも可。
(配慮しますので、その際は事前にご連絡ください)




~『参加条件・注意点』~

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 参加条件は
現 受講生さんと
元 受講生さん「のみ」とします。
~~~~~~~~~~~~~~~~


・心の病を治そうと、
真剣に学びにいらっしゃる皆様が集まります。

クレーマーのような
集団の和を乱すような人のご参加は
固くお断りします。


・勧誘、紹介、営業行為(商品・他のセミナーなど)は
一切お断りさせていただきます。


・インターネット上の交流と言えど
リアルの社交の場と同じです。

挨拶などもしっかり行い。
みんなで気持ちよく交流できるよう
行っていきます。


*(「講義を聴くだけ設定の方」は、挨拶も省略してOKです。
こちらからお声は、おかけいたしませんのでご安心ください)


*ですが講義中、どうしても質問がある場合、
「スカイプチャット」にて質問OKです。お答えいたします。


・他の受講生と交流する際は、
節度ある社交でお願いします。


・現在、他の瞑想法を行っている方は
受講をお断りする事もあります。

*伝統的な瞑想の見地から言いますと、
そちらで学んでいる瞑想法も、こちらで学ぶ瞑想も
両方壊れてしまいますので。

例えば、
味噌汁とコーラを混ぜてしまうと
飲み物になりません。

味噌汁は味噌汁。
コーラはコーラ。

伝統的な見地から言いますと、
瞑想法というものは
それぞれ分けて、他の瞑想法と混ぜない事。


*ただ、それでもどうしても
こちらの瞑想法を学びたい時は、

一旦そちらの瞑想法を捨て、
一旦横に置いておき、

こちらはこちらと割り切って
受講してください。



・途中参加・途中退場OK
(ですがなるべく、
フルでご参加を推奨いたします)



マンツーマンの
個別カウンセリングと違い、

いつもと違った雰囲気での
講義になります。


いろいろ書きましたが
いつものように、なるべく雑談を交え

楽しく出来るようにしていこうと思います。


それでは当日、皆さんにお会い出来るのを
楽しみにしております。

ご参加お待ちしております。




心理カウンセラー
マインドフルネス仏式瞑想インストラクター

山中紹聖





========================

「グループ講義・瞑想会」

『10月19日(土)朝9時30分』
から行います。


☆ お申し込みは ☆

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」


その後、ご案内をお送りいたします。



*講義時間は3~4時間ほど。
途中休憩あり。

========================






【2019/10/11 04:00】 | マインドフルネス「短期合宿」 参加者募集
トラックバック(0) |
===============
HSP系うつ病・神経症の方々の
~症状「悪循環モデル」~

===============


<前回の続き>

うつ病・神経症 「以前の」問題。

それは、うつ病・神経症になりやすい
「病前気質」であるHSP。
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1459.html

HSPの詳しい特徴に関しては
上記リンクで詳しく述べましたので、
今回は省略させていただきます。



HSP傾向の方々は、超繊細で、
五感(六根)の感度が鋭敏ゆえに、

普通の人より
ストレスが溜まりやすく疲れやすい。

*(音・光・匂いに非常に敏感。
ゆえに、雑踏・人ごみが苦手。
人の言葉が頭にこびりついて残りやすい。
ちょっとしたミスでも、ずっと引きずってしまう・・・など。
詳しくは上記リンクにて)



さて・・

①常に五感の感度が鋭敏な
HSPの人達は、
ノルアドレナリンを多く分泌しがち。


②普通の人達より
ノルアドレナリンの使用量が多いので、
やがて生産が追いつかなくなり・・・

ノルアドレナリン不足になっていきます。


③ノルアドレナリンが不足しますと、

・ヤル気が起きなくなり、何をするにも億劫になり、
意欲低下が起きやすくなる。

・いつもの趣味も面白くなくなる。
・物事への関心が無くなっていく。

・「どうせ何をやってもダメだ・・」と、
人生全体が悲観的に思えてくる。

いわゆる「うつ状態ですね。


④そして無意識のレベルではこう働きます。

その状態がマズいので、
ノルアドレナリンを多く作ろうと、

さらに五感の感度を上げ、
「些細な事にも敏感に」反応するようになります。
(いわゆる神経症(不安症))


①に戻る。エンドレス・・・


いわばHSPがベースにある、
うつ・神経症の方々の「悪循環モデル」です。


======================



このノルアドレナリンに関しては、
心療内科等で、抗うつ薬を服用されている方々は
よく耳にする言葉かと思います。


抗うつ薬でノルアドレナリンを
活性化する方法もありますが、

それですと化学薬品による一時的な
「対症療法」ですので、薬が切れれば元の木阿弥。

つまりこの理論では
一生薬を飲み続けなければならなくなります。


もしくは(一時的に)もうよくなった!と思い、
薬をやめ、数ヵ月~数年しますと「再発・再燃」してしまう

よくあるパターンに陥る事が
多いのではないかと思います。

(特に薬物療法一本で
対応している人に多い、よくあるケース)



・・では、薬物療法に対し
「心理療法」のメリット

HSPのそもそもの原因に焦点を当て、
そこに心理学的アプローチをかけていきます。

ゆえに一時的な対症療法ではなく、
根底から治していきます。


それは五官から入力される情報に対し、
即、鋭敏に反応するのではなく、

特殊な心理技術を身につけ、
上手に智慧をもって
関わっていく訓練をしていきます。


さらにそれを習慣化していき、
よいクセづけをしていきます。

無意識的に五感情報に対し、
上手に関われるようになります。


すると過剰なノルアドレナリン製造&使用は
緩やかになっていき、

体内のノルアドレナリン製造&使用の
「需要と供給」のバランスがとれ、

ノルアドレナリンの
濃度バランスが取れるようになり、
次第に楽になっていきます。


「謎のストレスフル」に陥っていた毎日が、
とても朗らかに、楽になっていきます。


*もちろんHSPの持って生まれた
気質自体は変わりませんが、

それが「病気(うつや神経症)にならない程度」に
なっていきます。



ただ、
心理療法(心理訓練)のデメリット。


こういった訓練が身につき、クセになるまで
中~長期的な修練が必要になります。

人間が長年刻み込んできた、
心と脳のパターンは「当たり前のことですが」
短期即効で変わるものではありません。


~~~~~~~~~~~~~~~~
「え!?中~長期的に修練!?
そんな面倒くさい事出来ません!」
~~~~~~~~~~~~~~~~


ですが、ここで一度立ち止まり
よく考えてみます。

では、今後長い人生、
ずっとこのまま
「生き辛さ」を抱えて生きていきますか?


それとも、ここで人生を仕切り直し、

腰を据え、心理療法を修練していき、
しっかり心理技術を身につけ、

今後の長い人生を、
楽しく朗らかに生きていくか?

どちらがメリットがあるか・・ですね。





~薬物療法・心理療法
それぞれの療法の「短所と長所」を見極めよう~


さて、私のところにいらっしゃる方々で、
こういったケースをよくみかけます。

「私は絶対薬物療法はやりません!
病院になんか(特に精神系)行きたくありません!
心理療法一本でいきます!」

・・・という人もいますが。。


たとえば、現在うつや神経症でボロボロの方が、
その方法論をとりますと、

現在の症状が辛すぎて、
心理療法の修練どころではなくなりますよ。


うつ・神経症の程度によりますが、
(ごく軽度の方はよいですが)

現在ワー!ギャーとなっている状態で、
心理療法を実施しても
身につくものも身につきません。


そして心理療法で対処出来ない事に

ますます自己嫌悪し、全てがイヤになって、
余計悪くなってしまうことも考えられます。



ゆえに薬物療法と心理療法の
「合わせ技」を推奨いたします。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
薬物療法
短期即効性があるが、一時的な対症療法なので
根本解決にはなりません。

心理療法
短期即効性に関しては弱い。
中~長期的修練が必要ですが、
心の病の根本解決になっていきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


短期即効性は「心理療法は弱い」ので
(中長期的に根治を望めますが)

心療内科等の薬物療法で
現在の辛さを「一時的に」散らしつつ・・



心理療法も使い、水面下でコツコツ
「根治」に向けた作業をしていく。

この方法ですと、とても楽に
問題の根本解決に向かっていきます。


*薬物療法に関しては、
必ず心療内科等の医師の指示に従い
正しく行ってください。



-------------------------------------------------------------
<お知らせ>
今回は2つ記事をアップいたしました。
最初の記事は、グループ講義開催のお知らせです。
この記事の下にありますので、よろしければどうぞ。
-------------------------------------------------------------



はい。今回は、
HSP傾向の、うつ・神経症でありがちな、

症状の「悪循環モデル」について
お話しいたしました。


自身の身心で何が起こっているか?を
洞察できていれば、

闘病に向けた正しい戦略を
立てやすくなるのではないかと思います。

よくわからず、
やみくもに闘病するのではなく、
「戦略的に」闘病してまいりましょう。




~さいごにHSPの方々へ~


一生「生きづらさの十字架」を背負って
生きていくのではなく、

ここで人生、仕切り直して、
しっかり心理技術を身につけ、

今後の人生、朗らかで楽しい人生を
送っていきましょうね。


今までの人生、
たくさん苦しんできたと思います。

もう苦しまなくていいですよ。


たくさん苦しんできた分、
今後の人生は、
たくさん幸せになっていきましょう。








よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。




 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2019/09/20 00:25】 | HSP 「うつ病・神経症の根底にあるもの」     
トラックバック(0) |
HSPうつ病・神経症の根底にあるもの

~ いつまでも
うつ病・神経症(不安障害)が治らない人へ ~



HSP
→これに対処していかないと
いくら薬を飲んでも
うつ病・神経症は治りません。



まず今回のお話。

HSP」ってなに? と
思われた方が多いかと思います。


HSPとは
「 Highly Sensitive Person 」


分かりやすく言いますと

・(超)繊細な感受性を持った人
・些細な事にも敏感に反応してしまう人
・五感(六根)のセンサーが感度ビンビンな人
など。

こういった先天的気質
(脳構造)を持った人。



もっと分かりやすく具体例

====================

・音、光、匂いに敏感に反応してしまう。

ゆえに人混み、騒音などに悩まされる。
だから独りや少人数、静かな場所が好き。


・また他者の言葉や気分に
極度に反応してしまい、巻き込まれ
ほんのちょっとしたことでも
一週間以上、思い煩い、引きずってしまう事が多い。


・身体の変化、痛み等に
神経質に反応してしまう。

*これが発展しますと「心気症」
からだの些細な(健常レベルな)痛みなどを
重篤な病気だと思い込み、精神的に苦しむ。
(病院で検査するが異常なし)


・一度にたくさんの事を頼まれると混乱する。


・一人で黙々と作業するのは
誰にも負けないが、

誰かに監視されていたり、
せかされたり、競争させられると
たちまち能力が落ちてしまう。

ゆえにチームより、個人プレーを好む。


・失敗しないか、いつも心配。

*これが発展しますと、
強迫神経症(強迫性障害)の強迫観念・強迫行為。

(異常なレベルの確認行為や
〇〇をやらないと、悪い事が起こるのでは!という
根拠のない思い込み、妄想)


・ものすごく気が利く。
(世の中全てが鈍感に感じる)
いろんな事に気がつきすぎてしまう。

・ちょっとした変化を敏感に察知する。


などなど。。
====================


あ。これ、わたしだ!!

・・・と思われた方は、
おそらくその可能性が高いかと思います。



HSPとは、
こういった「気質」を持つ人の事です。

*「気質ってなに?」については
過去に述べましたので、こちらをご参照ください。
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1050.html


簡単に言いますと、
気質は持って生まれたもの。先天的なもの。

性格・能力は気質をベースに
「後天的」に身に付いたもの。


たとえば、生まれたばかりの赤ちゃんは、
誰に教わったわけじゃないのに、
それぞれ独特の行動パターン・クセがありますよね。

そういったものが気質です。
先天的なもの。


~~~~~~~~~~~~~~~~
さて、このHSP。
これ自体は病気ではありません。
個性です。

~~~~~~~~~~~~~~~~


ただ、問題なのは、
こういった気質がベースにあるので、

普通の人の何倍も
脳や心が疲れやすい。


それゆえに、人生の行く先々で、
うつ病や神経症
(不安障害)になる可能性が高い。



Q、
「HSPは、なぜ疲れやすいの?」


A、
HSPの人々の脳は
独特の情報処理システムがあり、

五官から入力された情報が、
とても複雑な情報処理システムを経て
脳内入力されてしまうからです。

ゆえに普通の人の何倍も
エネルギーを使いますので、
とても疲れやすい。


・・・ですが、それゆえに

普通の人達とは違った角度から
物事をとらえられ、
独特のセンスがあり、発想力が豊か。


*ちなみに元受講生の方々は
ご存知かと思いますが、

当心理療法プログラム、
5時限目の講義では、

この詳しい脳内メカニズムと、
その「具体的心理学的対処法
身につけていきます。




Q、
「こんな私は人として
劣っているのでしょうか?」



A、
いいえ。
とんでもない!

「きわめて優秀な人です。
ラッキーだと思ってください。

(扱い方によっては)
人生、大吉を
引いたかもしれませんよ」


このHSPの人達は、
全体の15~20%くらいの割合でいます。
(大体、5人に1人くらいの割合)

ほら。あなたの職場を
よく観察してみてください。

5人に1人くらいの確率で
HSPっぽい人、
いるのではないかと思います。


ちなみに動物の世界でも
同じ確率でHSPの特性を持つものが
いると言われています。


*余談ですが、私の実家の歴代の犬や猫。
よく観察してみると、確かに5分の1くらいの確率で
HSPっぽい子がいました。

ワンコやニャンコも、観察していると本当に面白く、
それぞれ個性がありますよね。



で、このHSPのすごいところは、
危険察知能力が、ズバ抜けて強い。

一般の人たちが思いつかないような、
宇宙人的な発想力を持つ人もいる。

とんでもなく気が利く。
細かいところに、よく気が付いてくれる。
(職場に一人いると本当に助かる)



あと、例えば
こんな人いませんか?


みんなで飲み会をやっている時に、
(みんながオラオラトークしている時に)

雰囲気に溶けこめず、
独りぼっちで気まずそうな人がいたら、

さりげなく横に座って、
お話をしてくれたり、

仲間に入れるように、
上手にお話を振ってあげて、
配慮してくれたり、


こういった人がいたら・・・

そう。
おそらくその人

HSPの特性を持つ人です。



などなど。。



どうですか?

こんな素敵な人達、
劣っていますか?

違いますね。
とっても優秀で
優しい人たちかと思います。


*ちなみに、うちの歴代の受講生の方、
観察していると、
こういった特性を持つ人がよくいます。

昔みんなで、食事会など
やっていたことがありましたが、

本当に優しい人、気が利く人が多く、
こちらが恐縮しました。



また歴史の中で、
偉大な発明家・芸術家、優れた哲学者・思想家、
素晴らしいイノベーションを起こす経営者など、

HSPの特性を持つ人が多いかと思います。



さらにさらに・・

このおよそ20%のHSPの人達が
進化の過程で、種(個体)を危険から守り、

絶滅を防ぎ、現在の偉大なる進化に
導いたともとらえる事ができます。


~「 私達は偉大なる
神経質(HSP)なサルの末裔です
」~



*いち早く危険を察知し、
種を保存してきた動物たちエピソード

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1236.html

↓(神経質と脳:扁桃体ありがとう)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1276.html


HSPであることに
誇りをもって生きていきましょう。



ただ物事は陰と陽。

いいことばかりじゃなく、
マズイ点もあります。


それは先ほど述べましたように
HSPの人は、
とても精神的に疲れやすく、

なにかしらのメンタルスキル
(心理療法など)を身につけておかないと
心の病になりやすい。

「生き辛い人生」を送る人が多い。




Q、
(元受講生のご質問)

「あの。。これって、
山中先生のところで学んだ、森田療法。
HSPって→森田神経質の事でしょうか?」



A、
素晴らしいご質問です。

そう。仰る通り。


昨今このHSPという概念が、
西洋の心理学の世界で
注目されてきていますが、

実はこれ。我が国では
日本古来の心理療法である森田療法」で、
すでに昔から定義されていました。


このHSPの特徴は、
森田療法で言う「森田神経質」の概念と

ほぼイコールと
とらえてもよいかと思います。

*(厳密に言うと、ヒポコンドリー性基調、
それに伴う、各神経症(質)症状)


森田神経質(症)の特徴については、

過去数年間、私自身のうつ病・強迫性障害
患者時代の体験談を交えて、

ブログ内で語っておりますので、
よろしければ、いろいろご覧くださいませ。


*このブログの「ブログ内検索」でキーワードを入れますと、
候補の記事がたくさん出てきます。

*ページが多いので、
面倒な方はスルーしてOKです。


*当ブログ全体。
特に9年前くらいに書いたもの。
現在大幅に加筆修正をしている最中です。
工事完了しましたら、また告知いたします。





Q、
「今回のお話よく分かりました。
まさに私、HSPの特徴を持っていると思います。

今までの人生の生き辛さ、
全てこれで合点がいきました!

ところで・・・では私は
どうすればいいのでしょうか?」



A、
はい。そうですね。

世の論説は、そこがスッポ抜けているものが
多いのではないかと思います。

あるいは解決策が、
「リラックスをしよう、運動しよう、アロマを行おう、
栄養をきちんととろう、お風呂で癒し・・・」など

あまり聞きたくない「一般論」が多く、

専門的な対処法が記されているものが
少ないように個人的に思います。
(あくまで個人的見解です)


おそらく困っている方々は、

「リラックス?運動?
そんな一般論、分かってるって!

もっと専門的な対処法を
指導してください!」と、

困惑している方が
多いのではないかと察します。


当プログラムでは、
そういった一般論は一旦置いておいて、、

心理学、脳科学的な「専門的対処法」
学習し、修練していきます。



ただし、誤解の無いように。


このHSPという気質を
「完全に変えること」は出来ません。

それはAという人が、
「Bという別人」のようになる事。
それはありえません。


そうではなく、
「治る」って何なのか?


冷静に考察してみましょう。
まず理性的にゴール設定をします。




HSPの、
感度が強すぎる五官センサー
(脳内情報処理システム)
それ自体は変わりませんが、

それを社会生活に支障が無い、
心の病にならないレベルまで」緩めていく。


心理学・脳科学的
「メンタルスキル・専門技術」を身につける。



少し大変ですし、努力が要りますが、
生き辛さを抱えるHSP傾向の方々は、
これはとても重要。

しっかり身につけていきます。


*かなりの専門的技術ですので
独学では不可能です。
必ず専門家(心理療法家など)に依頼し、
マンツーマンでついてもらい実施します。





持って生まれた気質は
まず変わらないので、

その気質を
「どう人生(日常生活)に生かすか」

その気質を逆手に取り、
「強み」にしていくコーチング。


(参考過去記事:
心の病をチンジャオロースにして、おいしくいただこう)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-791.html



この①と②で、
楽に生きられるようになり、

やがて

「この気質に生まれてよかった」

「よく考えてみると、
この気質じゃなければ出来ない事がある。
案外ラッキーかも。。」

ここがゴールかと思います。



最終的には
抗うつ薬・抗不安薬に頼らず、

人生を朗らかに、
楽しく生きられるようになるのが
ゴールかと思います。



そのために、まずは「①」

生き辛さを軽減していくための、
心理技術、専門的メンタルスキルの修得。

これが優先ですね。
これが育てば「②」も育っていきます。




心理学では
「人格」とは、どうとらえるか?

=======================
A気質+B性格+C能力・スキル=この総和が「人格」
=======================


A(気質)は先天的なもの。

B(性格)とC(スキル)は、
後天的に身につけていくもの。


A(気質)という「あんこ」を
B(性格)とC(スキル)で上手に包むと
「おいしいお饅頭」になります。


素敵なお饅頭になりましょう。





~さいごに~


うつ病・神経症を
薬で対処していても

改善の決定打には
ならないと思います。

(薬物療法はあくまで、
一時的な対症療法ですので)


うつ病・神経症の「根底」にあるもの。
(今回のお話ではHSP)

ここを
「専門的対処」していきませんと、

モグラたたきゲームのように、
人生の中で「うつ・神経症 症状」は
何度でも顔を出します。


うつ・神経症・こころの病、
そして「生き辛さ」

その根底、背後にあるものに
具体的・専門的アプローチをしていきます。
本当の意味で「治す」には。


長年の生き辛さは
必ず解消していきます。

幸せをつかんでいきましょう。







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。




 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2019/08/30 05:28】 | HSP 「うつ病・神経症の根底にあるもの」     
トラックバック(0) |
今回も前回に続き、読者さんのご質問に
お答えいたします。

今回は仏教学的なご質問で、
かつ専門的なお話になりますので、

関心の無い方は
パスしていただいて構いません。

仏教瞑想ファン の方のみ
お読みくださいませ。



*「コメント・メール返信について」

カウンセリングお申込み・
お問い合わせに関しましては、
即日~2日以内にお返事いたしますが、


それ以外のコメント・メールに関しましては、
現在 非常に業務多忙につき、

以下リンクのようなルールを
定めさせていただいております。

↓返信のルール・詳細
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1456.html




それでは
今回のご質問2つ。


============================
Q、1

>はじめまして。
某有名僧侶の解脱失敗・還俗についてどう思われたか、
お時間のある時に感想を記事にしていただけますと嬉しいです。

(一般読者さんのご質問)

============================

Q、2

>私は今まで、ある夢を追いかけて
様々な努力をしてきましたが、

年齢的にも、もう無理そうです。
別の道へ方向転換しようと決意しました。

悔いはありませんが、私は負け犬なのではないか?と
苦悶する事があり辛いです。

~長文につき中略~

仏教瞑想家としての
先生のお知恵を拝借したく思います。
>どうぞよろしくお願いいたします。

(元受講生さんのご質問)
============================



A、
はい。はじめまして。
メッセージ拝見いたしました。

*(今回はまず「1」のご質問をお答えし、
それを題材に「2」のご質問にもお答えいたします)



某有名僧侶、解脱失敗・・?

仏教瞑想界隈で小耳に挟んだのですが、
おそらくK氏の事ではないかと察します。

血のにじむような、
相当なご修行をされたとか。

その人の事をあまり存じ上げませんので、
ハッキリしたことは言えませんが、
可能な範囲で解説させていただきます。


まず結論から言いますと、


その結果になったのは、
その人が持って生まれた(前回から引き継いだ)
業(ごう:カルマ:宿業)によります。


この世に生を受けた時、
然るべき「善業」が備わっていれば、

スッと努力しただけで、
自然に解脱・涅槃に至ります。


不思議なもので、そういった人は、
生まれた時から

自然に環境(教育・生い立ちなど)整っており、
解脱に至るコースに、スイスイと進んで行きます。


あるいは、生まれた時、
自然にそういった環境が整って「いなくても」

人生、紆余曲折の中で、

川の流れが、
やがて海にたどり着くように、

自然に流れつくように・・
解脱の道に入ります。


逆に業が備わっていないと
どんなに修行をしても、どんなに努力しても、
難しい。

もちろん努力・精進で
行くところまで行きますが、
やはり限界があります。



少し難しいお話ですので、
もう少し別な角度から説明いたします。



たとえば「」を持っていないと

水・温度・肥料など
いくら「条件」を整えても

芽も出ませんし、
花も咲きませんね。

当たり前ですね。
種が無いのですから。。


逆に然るべき「種」を持っていますと、
正しく条件を整えると

自然に芽が出て、花が咲き、
果実を作ります。

解脱も同じようなもの。



因果の法則というものがあります。

==================================
因(種・原因)+縁(諸条件)=果(結果)→因+縁=果→因+縁=果 →・・・・
==================================

今回の説明は上記公式の
「果 → 因」に繋がるところのお話です。

*果(結果・前世の生き方)は、今世の種になる。



はい。ここで話が終わってしまいますと、

「では、どうすればいいのですか!?」と
身も蓋もない、
絶望的なお話になってしまいますので、

もう少し解説いたします。



さて、

もし今世で、
どうしても、どうやっても・・
解脱に至れないのでしたら、

いっそ今世は、
次の生で解脱に至るようにする
バトン作り」「種作り」と、
とらえてみてはいかがでしょうか。

今世では無理ですが、
善業を作っていき、

それを次生に繋ぐ。
そのための今世


解脱・悟り・涅槃に至るには
4つのステップがあります。

1、預流果
2、一来果
3、不還果
4、阿羅漢果

その僧侶の方は、
どの段階かは分かりませんが、


たとえば1だとしたら、

2・3をすっ飛ばして
4に至る事は出来ません。

RPGゲームのレベル上げのように、
順番にアップしていきます。


たとえば自分はレベル1なのに、
いきなり高度なレベル4をやろうとしても、

今回の僧侶の方のように、失敗します。

*(リアルお釈迦さまがいた時代でしたら
1~4まで今世で成就する人もいましたが、
現世では、まず無理でしょう)


鬼のように努力精進してみて、
どうしてもダメでしたら、

それで病気になったり
死んでしまっても本末転倒なので、

(本当に命を懸けた、危ない修行する人もいますが、
それは違うと思います。
お釈迦さまは苦行を否定されました)

いっそ今世は「レベル上げ」ととらえて、
今世、自分に与えられた材料を上手に活かし、

自分の出来る事を
精一杯やってみる事をおすすめいたします。


*もちろん今世、解脱に至る
完全な種やレシピをもっていると判断しましたら、
人生をかけて、やってみるとよいかと思います。



ご質問の内容ですと、
解脱失敗し、還俗されたのでしょうか。

それはそれで、よい選択かと思います。


出来ない事をやっても無理なので、
(そもそも解脱に至るレシピ・種を持っていない)

今回の生でたくさん
ためになる事をやって、精進し、

その功徳を次生に繋げてください。

それだけでも、
とても尊く、素晴らしい生き方ですよ。


その僧侶の方、
還俗されたのでしたら、

仏教瞑想で得た智慧を
この社会で人々の苦しみを癒すため、
大いに活かしてください。

解脱は失敗したかもしれませんが、
それはけっして負けではありません。
聖なる撤退です。


そして、その撤退は後に
「大いなる前進」に繋がります。

~進撃の撤退です~

応援しております。




ご質問2の方も同様です。


例えばの話。
芸能界で、あまり実力が無くても、

おかしな話で、
なぜかトントン拍子でブレイクし
売れっ子になる人もいます。


逆に、歌も演技も上手。
ルックスも良く完璧。とても努力家で。

ですが、いつまで経っても
売れない人がたくさんいます。


これは会社員でも、
どんな業界でもある事かと思います。

然るべき業を持っていないと、
こういった事が起きます。


これは、その人が悪いのではなく、

数年、鬼のように努力・工夫してみて
どうしても芽が出ないのならば、

「業が備わっていない」と判断し、
別の道にトライしてみる事を推奨します。


もちろん今までやってきたことは
無駄ではありません。

そこで数年学んだ事を、
次の道で大いに活かせます。

それを繰り返していきますと、
自分の持っている業を
存分に活かす道がみつかるかと思います。



ご質問2の方は、
別に負け犬ではありません。

大いなる決断。
英断かと思います。

あなたが今まで頑張ってきたことは、
次のステージへの強力な種となります。

その種がないと出来ない
発想・アイデアを生み、

あなたにしか出来ない
大いなる仕事を完成していくと思います。


そして今世で
たくさん善業を作っていきます。

その種は芽が出て、花が咲き
未来の幸せを作っていきます。

今世は善業作りととらえて、
淡々と前進してまいりましょう。


きちんと中~長期的に
努力し、工夫し、やってみて、
それでもダメでしたら、

「(然るべき業を)
持っていないものはしょうがない」
と開き直り、

次の道を開拓していくことを
おすすめいたします。

必ずしっくりとくる道に
たどり着きます。


どうぞお幸せでありますように。




今回はいつもの
うつ病・神経症・心理学のお話ではなく、
仏教学の視点からのお話でした。

また一仏教瞑想家としての
個人的な見解ですので、あしからず。


よいご質問でしたので
ささやかながら、お答えさせていただきました。


次回からまたいつもの
心の病のお話に戻ります。

ありがとうございました。
精進を続けてまいりましょう(合掌)








よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。



 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:幸せに生きる - ジャンル:心と身体

今回は読者さんの
ご質問にお答えいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「コメント・メール返信について」

カウンセリングのお申込み、
お問い合わせに関しましては、
即日~2日以内にお返事いたします
が、

それ以外のコメント・
メールに関しましては

現在 「非常に業務多忙につき」
基本的にお返事出来ません。


ご了承くださいませ。


*ただし「元受講生さん」に関しましては
今まで通りお返事いたします。
(返信まで数日~数週間かかります)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ただ、よいご質問に関しましては、
時間が空いたときに、

今回のような形で
お返事をさせていただく事もあります。




=================================
Q、
>こんにちわ。私は、昔完璧主義でした。
ですが完璧を目指すほどどんどんドツボにハマり、
勉強が全く手につかなくなりました。
嫌いな教科は一切やらなくなり、頑張るのを放棄しました。
眠くないのにずっとゴロゴロしてました。
頑張れない自分を責め、最終的に自傷行為をしてしまいました…。
やはり、頑張り方を間違えていたから、頑張れなかったんでしょうか。
>暗い話で申し訳ないです、自傷行為の件は本当に後悔しています。
=================================


A、
Yさん。お辛いご心中
お話ししてくださって、ありがとうございます。


今回のご質問は、当ブログ過去記事
「うつ病と頑張る」に関してのご質問ですね。

それでは早速
解説に入らせていただきます。

*このコメントに対する個別回答を、
一般読者さんに向けた形で、アレンジして回答いたします。
ご了承くださいませ。


ご参考になれば筆者は幸いに思います。
よろしくお願いいたします。




さて、一昔前は、
「うつ病=何でもかんでも頑張らないように!」という

めちゃくちゃな論説が
横行しておりました。


その影響か、世の人々は
頑張る」という言葉に対して

よく分からないアレルギー反応を
起こすようになってしまいました。
(マスコミの洗脳は恐ろしい)


昨今の心理学の世界では、
その「うつ病=頑張らない」説は、

まだうつ病が
世間に認知されていない時代。

うつ病がマイナーだった時代に出来た
誤った考えである・・と
訂正されつつあります。
(理由は後述します)


*以前、さ〇まさんの某人気テレビ番組内で、
臨床心理士の〇木〇恵さんも、
同じことを仰られていましたね。

ただ世に広まってしまった
ステレオタイプを打ち砕くのは難しい。

〇木〇恵さん。テレビの場で、
批判を恐れず、よく言ってくれました。
素晴らしい。

おそらく、うつの方々はあれを観て
「鬱の人に頑張れって言った!ひどい!」・・と。
思われている方が多いかと思います。

・・が、
そろそろ目を覚ましましょう。

「本当に何でもかんでも
頑張らなくていいのだろうか?」



当心理相談所でも15年前から、

「うつ病=頑張らない。頑張っちゃダメ!」

・・・はたして
本当にそうなのだろうか?
と、

元うつ病患者、
そして現役心理療法家の視点から
問題提起してきました。


うつ病(うつ的な気質)=頑張る事が必ずしも悪いわけではなく、
「頑張り方」の問題であると。




元々、うつ・神経症的傾向の方々は、

原始脳(脳の奥深く、古い皮質)に
エネルギー(血流や電気的信号)が流れやすく

つまり、脳的に言っても
「頑張り屋」さんの気質(個性)を
持つ人が多いものです。


*原始脳=生命活動・欲望・感情的なものを司る部位。

*森田療法ではこれを「生の欲望」といいます。


*昨今の、それほど真面目・几帳面でもなく。
別に頑張り屋でもなく・・・でもウツです。。という
新型(現代型)うつ病は、
厳密に言いますと、うつ病ではありませんので除外。
(これは他の心理的な問題が潜んでいます)

ここではノーマルなうつ病を例に挙げます。



頑張り屋さんの基本性能を持つ人に、

「頑張っちゃダメ!頑張らないで!」と
抑えつけてしまいますと、

行き場を失った
マグマのような「生のエネルギー」が、
自己破壊」に向いてしまいます。


*それが他に向けば、
他罰性(他者攻撃など)になります。

参考過去記事:新型うつ病・他罰性の病理
(クレーマーの心理)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1048.html



===============
「死にたい(自己破壊)は、
もっとよりよく生きたいの裏返し」

===============



元々頑張り屋さんの人達に
「頑張らないで!」と抑えつけるのは

たとえて言うならば

「魚に泳ぐな!」
「鳥に飛ぶな!」と

鎖で繋いで
自由を束縛しているようなもの。

そりゃ余計ウツになりますよ。。



「では、どうすればよいのですか?」


自身が持っている「頑張り屋さん」という
心や脳の基本性能を、

むしろ
認めてあげて。肯定し。
活かすという方向に

持っていく事を推奨いたします。



~それは「頑張り方を工夫」する~
(心理療法のススメ)


めちゃくちゃ闇雲に頑張りますと、
バーンアウト(燃え尽き)疲れてしまうと思います。

かといって、昔流行っていた概念のように
「なんでもかんでも頑張らない・・」でもなく、


==================
・頑張るところは全力で頑張る。

・この場面は、それほど重要ではなく、
頑張らなくていいところは、上手に手を抜く。


*心理学などを学習し、
その冷静な分析力を身につける。
==================


そして上記のような
適切な「頑張るライフ」を送っていて、


ある日、うつ・神経症独特の
頭の中のネガティブ妄想の嵐」がやってきたら・・

↑(これはリアルなうつ病患者さん達は
よくわかるのではないでしょうか)


心理療法(メンタルスキル)を修得し、
ネガティブ妄想の嵐に上手に対応する。

そしてお勉強・お仕事・
人生の重大な局面などを「頑張る」


ネガティブ妄想の嵐がやってきても

サッと心理療法(マインドフルネス仏式瞑想や森田療法)の
技術を使い上手にクリアする。


元々うつ・神経症的な方々は
潜在的な生のエネルギー
(原始脳のエネルギーの偏り)が強いので、

心理療法を上手に活かした、
こういった生活を送り、

頑張り方を心理学・
脳科学的に工夫しますと


「まさに水を得た魚のように、
人生がイキイキしていきます」


うつ・神経症的な方々は
脳の構造上、ものすごいパワーを秘めています。

この潜在的なポテンシャルは、
普通の人は敵いません。


ただ、気をつけなければならないのは、

頑張り方を工夫できず暴走する。
→そしてメンタルが壊れる。

「解決策」
心理療法をなどを徹底的に修練し、
今後の人生で
・ここはフルスロットルで頑張るところ。
・ここは重要じゃないので頑張らなくていいところを

冷静に分析できる
メンタルスキルを身につけておく。


さらに、うつ・神経症独特の

「頭の中のネガティブ妄想の嵐」
(だるい、面倒くさい、
こんなことをやっても無駄なのでは・・など)が

やってきたとき

上手にクリアできる心理技術を身につけておく。

この2点をおさえておけば大丈夫です。
安心して「頑張り」ましょう。


ただし、何度も言いますが
うつ・神経症傾向の方は、

人生のどこかで、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想や森田療法など)を
身につけておくことが肝心かと思います。

=================
何かしらのメンタルスキルを
修得しておかないと、
今後の人生辛いですよ。
=================




>頑張れない自分を責め、
>最終的に自傷行為をしてしまいました…。


「自傷行為・自殺念慮の深層心理」

例:1

自傷行為のもう一つの視点は、

自身の深層心理の中の
葛藤が耐えられないと、

辛すぎて
何とかそれから目をそらしたいので、

物理的な痛みを作り、
傷(痛み)を注視することにより、

それ(心理的な葛藤など)から
一時的に目をそらせる事ができる・・・という
心理防衛かもしれません。


*これは謎の身体症状も同じ。

たとえば病院で
科学的検査をしても何の異常はない。
でも身体に、痛みなどの症状がある。

つまり潜在意識が「痛み」を作っている。
(痛みを作り→ トラウマなどから注意をそらしたい
・・・という心理防衛の可能性)


例:2

「完璧主義・二極思考」

これは後述しますが、うつ・神経症思考
独特の認知の歪み「完璧主義(二極思考)」

完璧に出来ないのでしたら、
いっそゼロをとる。


などなど。分析できますが、
自身の深層心理にあるものを
いろいろ炙り出してみます。


こういった心理学的
自己分析をしていきますと、

自身の「脳内の未処理な情報」が
円滑に処理されていき、
思考・心が楽になっていくと思います。

自身の心、脳内情報が
何をしようとしているか?
知るだけでも楽になっていきます。


ですが、究極を言いますと、

マインドフルネス仏式瞑想により、
自身の深層心理の奥深く、

心理的な葛藤・トラウマなどに
上手に対処出来てきますと、
そういった事も完全に治っていきます。




>ですが完璧を目指すほどどんどんドツボにハマり、
勉強が全く手につかなくなりました。
>嫌いな教科は一切やらなくなり、頑張るのを放棄しました。


そうですね。

先ほど述べました、
うつ傾向の方々が持っている
独特の認知の歪み

「二極思考・完璧思考」かもしれませんね。

「100か0か思考」
例: 100%完璧に出来ないのならば、
いっそやらない(0を選択)



先ほど申し上げましたように、
うつ傾向の方は
元々脳のポテンシャル
(潜在能力・生のエネルギー)が強いので、

普通の人に比べ
「完璧のとらえ方」が高すぎる傾向に
あるかと思います。



完璧主義的な、
うつ・神経症的な人にとって、

60%くらいが
世間レベルでは100%なので、

60%くらいで行うと、
ほどよい完成度になると思います。

そんなノリでやってみてください。



・・・と言われましても
「言うは易し」で、


これを読んだだけで
「なるほど」と思う事はあっても、

実際それが
出来ない事が多いものです。


ゆえに、
人生のどこかのタイミングで、

心理療法を鬼のように修練し、
このメンタルスキルを
潜在意識レベルに焼き付けていきます。

うつ・神経症的な人にとって、
心理療法の様々な心理技術は、

今後の人生の
最強のお守りになります。


逆に言いますと、
うつ・神経症傾向の方々が、
心理療法を身につけていないと、

非常に生きづらい人生
送ることになるかと思います。



私自身も元うつ病・
神経症(強迫性障害)患者でした。

心理療法によって、
薬漬け(抗うつ薬・抗不安薬)の毎日から抜け出せて、

そして今までの人生
どれだけ心理療法の技術に救われたか・・


これに出会わなければ、
おそらく自殺していたと思います。

心理療法は命の恩人と
とらえております。


私はうつ病・神経症と
診断される以前に、

子供の頃から
「生き辛さ」を抱えていました。


脳の病気以前に
「心の病」でした。

脳の病気は抗うつ薬で
治るかもしれませんが、

心の病(生き辛さ)は
化学薬品では治りません。


うつ病・神経症の
根幹・根底にある

「心の病」を治すのは
心理療法の仕事です。


「心の病」を治していきますと、
それに連動して「脳の病気(うつ病)」も
治っていきます。



もちろん病院で
診断されていなくても、

「生き辛さ」を抱えているのは
「 こころの病 」かと思います。


それが脳の病気レベルまで
発展してしまいますと
病院で「うつ病」と診断名がつくのですが、

今回ご紹介いたしました方法を
実施していきますと、

ご相談者様の悩みや辛さも
解消していくかと察します。




長くなりましたが、
今回のお話、簡単に言いますと、

心理療法の技術を修得し、
疲れない頑張り方」を身につけます。

*(不器用に頑張る・・・のではなく、
心理学・脳科学的に理にかなった方法で頑張る
正しい頑張り方)


それにより
自身の個性(頑張り屋)を活かすと、

人生、水を得た魚のように
イキイキしていきます。

ご相談者様は、潜在意識の中に
素晴らしい能力をお持ちかと思います。
それを育て、開花させていってください。


というお話でした。
よろしければご参考までにどうぞ。



===============
「死にたいは、
もっとよりよく生きたいの裏返し」



自身の中にある、
生のエネルギー(宝物)に気付き、

「頑張らない・・」と、それを
抑え込み、封じ込めるのではなく、

その宝物を工夫し活かすと
楽になっていくかと思います。

人生のコペルニクス的
大転換が起こります。

心理療法の諸技術が、
それを具体的にサポートします。
===============



それでは、ご質問者のYさん。
コメントありがとうございました。

お幸せでありますように。








よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



マインドフルネスや、
認知行動療法などで 「治らない人」は、
ここをチェックしてみます。




マインドフルネス・・・だけでなく。
世界中のどんな心理療法でも治らないケース。。

『こういったマインドやノリで、
やっていないでしょうか?』


今回は少し耳が痛いお話ですが、

ここをクリアできますと、
心理療法の本当の効果」が現れてきます。

今まで世界中の
どんな心理療法でも効果が無かった人は、
今回の記事がご参考になるかと思います。



何度も言いますが、
今回の記事は、少し耳の痛いお話です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ですが、今回書いてある事が
マスターできますと、

今後の闘病生活
「無駄な時間と、貴重なお金(料金)」を
失わずに済むと思います。

また心理療法で効果が出ない事に、
メンタルが落ち込み・・
無駄に苦しむのも無くなります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「良薬口に苦しで」
ご参考にしていただけますと、幸いに思います。


それでは本題に入ります。
よろしくお願いいたします。




当心理相談所は、今まで約15年間、
様々なケースの人をみてきました。


マインドフルネス、〇〇療法、
〇〇コーチング、カウンセリング。

------------------------------------
全部効果が無かった。
心理療法は治りません!
------------------------------------

・・・という方々は、
ある特徴、共通点があります。



意識、無意識

それは深層心理(潜在意識)の中に


====================
1、
マインドフルネス(その他心理療法も含む)を
やっていれば、
何か不思議な効果みたいなものが現れて、
治るのではないか?

2、
これを〇日、〇週間やれば、
効果が出るだろう。。

3、
奇跡が起きないかな。
何かが私を救ってくれないかな。。

====================


・・・という思いで
やっているパターン。


残念ながら、
(少し言葉キツくて申し訳ありませんが)

こういった考えで
何年・何十年やっても
「何の効果もありません」



こういった考えでいらっしゃる方々は、
おそらく

A、
外科や内科領域と
同じ考えで、心理療法に臨まれる人。


もちろん、外科や内科領域ですと、
上記「1、2」の考え方でOKです。

薬を塗ったり、飲んだり、
湿布を貼ったり、手術をしたり、
リハビリに通えば、

自然に傷は治りますし、
関節や内臓の疾患なども
治ってくる事でしょう。
(治らない病気もありますが)


外科や内科領域(物理的な病気)は、
言われた通りやっていれば、
効果が現れ治っていきます。


ですが、長年のうつ病・神経症など
目に見えない心の病」は、

物理的な病気と
同じ考え、ノリで来られますと、

残念な結果になります。
考え方をチェンジしましょう。

(その方法は後述します)



B、
もう一つの要因。
これはある意味「情報被害」ですが、

昨今ブームの、書店などに置いてあります
いわゆる「マインドフルネス本」

私も研究の一環として、
それらをいろいろ読み漁りましたが、

誇大効果を謳っているものが多い
ように思います。

もちろん商業出版なので、利益を出すために、
そういった書き方をしているのはしょうがない。


例えば
「マインドフルネスを〇日行うと
記憶力が〇%上がる!」

「薬は要らない!
マインドフルネスを8週間行うと、
うつ・神経症が治る!」

などなど。


こういった情報に「汚染」されて
いらっしゃいますと、

実際のところ(現場の意見ですが)
8週間では、うつ病・神経症は治りません。


そういった
マインドフルネス本に書いてあることは、

人の心や精神を
あまりに短絡的に考えてはいないだろうか?

あまりに人の心・精神を
軽んじた発想ではなかろうか?


実際、人の心はかなり複雑で、

「〇週間やりました。
はい。効果が出て治りました」
というものではありません。



*打撲で腕が腫れました。
湿布を〇週間貼って、はい。治りました。
と、同じノリではないでしょうか?


心・人生の問題は、

腕をぶつけて腫れました。
湿布を〇週間貼って治りますか?

・・・と、「次元の違う」問題です。


深層心理の中で、
そういった考えで

マインドフルネス(心理療法)を
やろうとしていないだろうか・・と、
一度チェックを入れてみます。





また、マインドフルネス瞑想を〇日やりました。
記憶力が〇%アップ!と、
よくマインドフルネス本で謳っていますが、

実際、論文とリアルな現場は
違う事も多いものです。


必ずしも、そうなるわけではありませんし、
仮になったとしても、
一時的なものである可能性もあります。

またマインドフルネスで
記憶力が〇%アップ!しても

それで人生が豊かになるか?は
また別問題である。



逆に「執着性の強い」うつ・神経症的な方は、
記憶力が変にアップすると、

嫌な記憶を忘れられない苦しみ
味わう事になりかねません。


それよりも大切なのは、
「忘れる力」や

「嫌な記憶が浮かんできても、
それを手放す技術」の修得です。


*欧米式マインドフルネス本で
よく謳っている事(誇大効果)は、
いかがなものか。。と思います。



当カウンセリングに
全国からいらっしゃる方々は、

そういったマインドフルネス本や、
欧米式の(いわゆる)マインドフルネスを経由されて
来られる方々が多いものです。

ほとんどの人が
「論文やマインドフルネス本」のように
ならなかった人たちです。

(中には実際、欧米に行き
某有名な、〇週間マインドフルネスコースを
受けられた方もいらっしゃいました)



では、こういった人達。
なぜ当心理相談所のマインドフルネスで
治っていく人がいるのだろう?



もう一度、冒頭の
マインドフルネスで治らない人の
特徴(考え方)を書きます。

====================
1、
マインドフルネスをやっていれば、
何か不思議な効果みたいなものが現れて、
治るのではないか?

2、
これを〇日、〇週間やれば、
効果が出るだろう。。

3、
奇跡が起きないかな。
何かが私を救ってくれないかな。。
====================


こういった考えで
マインドフルネスをやってみて

よくなれば、
それはそれでよいのですが、

何ヵ月・何年やっても改善がみられない時は、
それが結果ですので、

やり方(考え)を変えてみる事を
おすすめいたします。






では逆に、マインドフルネスで
順調に治っていく人の特徴(考え方)



・プログラムを「漠然と」やるのではなく
今日授業で習った事を、

日常生活(ストレスシーン)などで、
「工夫して」使ってみる。


・使ってみたが失敗した場合。
使えるようになるまで、何度もトライして、
その技術を自分の血肉にしていく。


~それでも失敗が続く場合~

A、
やり方が間違っていないか、
講師と議論してみる。
(習った事の復習)


B、
あまりに短絡的に
結果を出そうとしていないか?

例:
(これはマインドフルネス本の悪影響ですが、
→ 〇週間で〇〇の効果が!など)


人が長年刻み込んできた、
心と脳のパターンは、
短期即効で変わるものではありません。
(当たり前のことですが)


短期即効で8週間でウツが治る!・・・

こういったとらえ方は、
あまりに人の心・精神を
軽んじた考え方かと思います。

そういった短絡的な考え方こそが、
心の病・生き辛さの
根底にあるものではなかろうか?


心の問題が直っていくということは、

新しい考え方・心理技術(メンタルスキル)を
中~長期的に潜在意識に浸透させていき、

長年のストレスフルな人生、
心のパターンから脱却していくものです。




この治っていく人の特徴。
極めて「当たり前のこと」かと思います。

これは別に心理療法だけでなく、

仕事・お稽古事・資格取得など、
全てにおいて共通ではないかと思います。


しかし、
この当たり前のところを省き、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
楽して治らないかな・・・

てきとーにやって
奇跡が起きないかな・・・

私は努力はしたくないので、
誰か(何か)が私を救ってくれないかな・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という、深層心理の中で
ズルい心」があると治りません。

中途半端にやって
途中で挫折する事でしょう。


すると自分自身への情けなさから、
余計辛くなるので、

そういった考えで
心理療法に臨むくらいでしたら、

最初から薬(抗うつ薬・抗不安薬)で
散らし続けた方が楽かと思います。

*もちろん薬で根本から治る事はありませんが。
薬は一時的な対症療法にすぎません。




マインドフルネス瞑想の背景にある、
仏教哲学の考え方で、

自灯明 法灯明
(じとうみょうほうとうみょう)

という言葉があります。

やはり最終的には、
自分を救うのは自分という考え方です。


昔、当カウンセリングに
いらっしゃった方で、

某有名なカウンセラーさんに、
〇百万円払ったが治らなかった・・

という方がみえました。


その人の話を傾聴していますと

その人の深層心理は
「〇百万円払ったんだから、治してよ!」


という深層心理が
あったのではないかと察します。


その著名人のカウンセラーさんは、
能力が高く、
素敵なカウンセリングをしてくれると思います。

「ですが」どんな世界的に
素晴らしいカウンセラーでも、

あなたの人生・苦しみの
「肩代わり」までは出来ません。


どんなすごい人でも、他人の心を
根本から治して差し上げることは不可能です。

自身の業(ごう:カルマ)は、
自身で処理していくしかありません。

他人にどうこうできる問題ではありません。


ありえませんが、仮に
そのすごいカウンセラーさんが、

あなたを治したとしたら、
今後の人生、辛いことがあるたびに、

その人に、おんぶに抱っこ的な
心になってしまいます。

つまり「依存(依頼心・依存心)」ですね。


一見他人が何とかしてくれるので楽チンですが、
それは不健全な状態かと思います。

それはその人の「奴隷」になったことになります。
その人がいないと生きられない。。

依存心・依頼心は一度できてしまいますと
治すのが困難になります。



「自灯明 法灯明」

他人は自分を治せない。

他人は自分の心・人生・苦しみの
肩代わりまでは出来ない。

自分の心・苦しみ・人生は
自分で直していく。


「自灯明 法灯明」が
ストンと胸に落ちますと、

他への依存心・依頼心が
完全消滅し、

心の病。治していく真の道が
みえてきます。


私を救ってくれる誰か。
私を救ってくれる何か。
(オカルト奇跡など)

そういった「あり得ない事」に対する執着が
完全消滅した時、

心の病。治していく真の道
みえてくると思います。


そのこころになりましたら、
マインドフルネスをやってみてください。

本当の意味で「治っていきます」



依頼心・依存心で「治らないかなぁ」
「奇跡が起きないかなぁ」とやっている内は、

何年・何十年
マインドフルネスをやっても治りません。


学習・お稽古した
マインドフルネスの諸技術・理論を、

日常生活に使えるよう、
日々精進・努力していますと、

そんな毎日を送っていますと・・
気が付けば、うつ・神経症が治っていた。


これが正常の(健全な)治り方かと思います。



うつ病や神経症。心の病。

何日やれば治りますか?
いつ効果が出ますか?

という発想でやりますと、
何年・何十年
マインドフルネスをやっても治りません。



それは深層心理の中で
何か奇跡?(私を治してくれる何か)みたいなものを
期待していますね。

それはありません。


~『奇跡は向こうからやってくるのではなく、
自分で掴んでいきます。幸せも同じです』~


~効果がやってくるのを
「漠然と待つ」のではなく、
自分で効果を「出して」いきます~




マインドフルネス瞑想を習いましたら、

その技術を、日常の中で使えるよう、
血肉になるよう
日々工夫し、淡々と修練していく。


(分からない事があったら、
また講師と一緒に復習してみる)


そして、
誰か、何かが私を救ってくれないかなぁ。
何か奇跡みたいなことが起きて
治らないかなぁ・・・など。

「深層心理の中にあるズルい心」を捨てます。


それが治っていくための
真の「最短距離」です。



少し大変ですが、
ここで身につけた技術
(メンタルスキル)は、

生き辛さを抱える
不器用な人が、

一生楽しく、幸せに生きていく事ができる

お金には変えられない、
生涯の宝となります。



心の病は
8週間やるとウツが治る!や
〇日やると記憶力がよくなる!

・・・という低次元な、浅はかな問題とは違い、
もっと深い問題です。


これは、実際うつ病と
生き辛さに苦しんだ人しか
分からない問題かと思います。

机上の空論の学者(論文)では、
この深い問題には気付けないと思います。



今回は、少し厳しいお話でしたが、
ここを押さえて
マインドフルネスに臨みますと、

今までマインドフルネスで効果が無かった・・
という人が、面白いように「治って」いきます。


ここが欧米式の(いわゆる)マインドフルネスで
何の改善もなかった方々が、

当マインドフルネス仏式瞑想プログラムで
よくなっていく方が多いポイントです。




===================


今回、長すぎて
よくわからなかった・・・

という人向けにワンポイント。


・マインドフルネス
(その他、心理療法)で治らない人の
よくあるパターン。

それは、あまりに漠然と受け身の態勢で
やっていなかっただろうか?

(〇週間くらいやっていれば
何か効果が出るのではないかなぁ)


・逆にマインドフルネスや
その他心理療法で治る人

今日習った
マインドフルネス仏式瞑想の心理技術を、

日常生活の中でやってみて、工夫してみて、
自分の血肉になるまで修練する人。


どうしても分からない事があったら、
何度でも補講を受けて、講師に聴き、
再度実践。

それを繰り返していますと
「治って」いきます。

何年かかってもよいじゃないですか。
これは競争ではありません。
自分のペースで行います。


・・・やがて、ストレスに対し、
上手に対処できる心が育っていきます。

その時、もう抗うつ薬・心療内科は
要らなくなるでしょう。

それが真の「治った」です。

奇跡や「効果」は
やってくるのを漠然と待つのではなく、
自分で起こすもの。


*巷のマインドフルネス本によく書いてある、
「〇週間でウツが治る!」のような情報を
鵜呑みにしないようにします。

長年の心や脳の悪習慣を治していくのは、
中~長期的な時間がかかりますので。
(当たり前のことですが)

===================


これらがストンと胸に落ち、
そういったマインドで実践していきますと、
「本当に心理療法で治ります」




それでは今回は
少し厳しい論説でしたが、

うつ・神経症で闘病中、苦しいのに

ここまで読んでくださった
意識の高い読者様に敬礼いたします。


うつ病・神経症・生き辛さは必ず治ります。
精進を続けてまいりましょう。


心の病に苦しむ方々が、
苦しみから解放されますように。








よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



うつ病「休職中のプチ副業」
~布団の中で寝ながら稼ごう~



今回はいつものメンタルのお話ではなく
副業」についてです。

こんな方々におすすめです。

・うつ病、神経症などで休職中

・引きこもり生活

・主婦の方の副業

・普通のお勤めの方でも
家計の足し・・あるいはお小遣い稼ぎに。


使えるサイト&攻略法を
ご紹介いたします。



今回のお話は、

ネットで稼ぐ事が、中~上級の方は

すでに当たり前すぎて、
知っているかと思いますので、

ネットビジネス中~上級者は今回の記事、

特に新しい発見はありませんので、
パスしてOKです。



================
今回の記事は
はじめてネットでお金を稼ぐ体験

初級者向けのお話です。
================



私も移動中や暇なとき、
何気に遊んで、お小遣いを稼いでいます。

ネットサーフィンして、無駄に過ごす時間を、
ほんの少しでも
お金になる事をやった方がお得かと思います。



なお、今回の方法は、
おかしなものではありませんし、リスクもありません。
登録料などお金も不要。

失敗したら借金を背負うハメに・・・というものも、
もちろんありません(笑)


まさに、その身そのままで、
誰でも(お小遣い程度ですが)稼げます。

*ただし、サラリーマンの方など
副業で年間20万円以上、収入が出たら
必ず確定申告してください。

(副業で年間20万円以下は
申告の必要なし)





前置きが長くなりました。
それはこのサイトです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト



様々なお小遣いサイトがありますが、
私的に、いろいろ検証しましたが

この「モッピー」が
一番利益を出しやすいように思います。


A〇〇ットという手もありますが、
うつ病など闘病中、布団で寝た状態で、

スマホで手軽に行うならば、
このモッピーがおすすめ。

*(A〇もよいですが、
ブログ・サイトを持っていないとできない。
またPCが無いとやりにくい。
少々面倒くさいように思います)




さて「遊び方(稼ぎ方)」の紹介に入ります。


まず無料ですので、
こちらから登録してみてください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト



~最初にやること。オススメ攻略法~



☆その1

可能ならば、お好きなクレジットカードなどを
モッピー経由で」申し込んでみてください。

カードを作るだけで(無料)
報酬は、高いものですと
1カード「7000~10000円くらい」いただけます。

(キャンペーンのものなどは、
それ以上もらえるものもあり)


安いものですと数百円~2000円くらい。

ゆえに高い報酬のものを
作る事を推奨(笑)


何枚か作るだけで、
数万円現金がいただけます。


え!?なぜカードを作るだけで
現金がもらえるの??怪しいのでは!?


企業は、お金を払ってでも
契約数を伸ばしたい・・などなど。。
様々な大人の事情があるようです。



初心者の方は、最初怪しいと思われますが、
ネットビジネス慣れている人は、
これで報酬をもらうのは「当たり前」です。



「私的体験談」

ほしかったカード、クレジットカードや
いつも利用するガソリンスタンドの
会員カード(これは非常に便利だった)など、
いろいろ作りました。

8万円くらい稼げました。


*カードのメニューは、
時期・季節によってコロコロ変わります。
期間限定ボーナスのものを狙うのも ◎

(中には期間限定申し込みで
15000円くらいもらえるものもある)


~ワンポイント・注意点~

・カードは、年間会費無料のものを選びましょう。
カード作ったのはよいが、
知らない間に年会費を引かれるとイヤですよね。

・ただし報酬は、2~3ヵ月くらい遅れて入ります。
(無料でいただける不労収入なので、
そこはじっとガマンしてください)

・カードを作るだけで、報酬がもらえるものもありますが、
カードを作り、一回使わないと報酬が入らないものもあり。

*詳しくはサイトで申し込む前に要確認。





☆その2

ネットショッピング
(ヤフーショッピングや楽天市場など)

モッピー経由で
(自身の登録したモッピーのページから
→お買い物→各ショップのバナーを踏んで)
お買い物してみてください。


たとえば、ヤフーショッピングで、
この方法でお買い物しますと、

Tポイントと、モッピーポイント
(1ポイント1円)が
ダブルで溜まります


~私的体験談~

私は買い物は、ほとんどがネットショッピングです。
ポイントが結構溜まりますので、助かっております。
特に高額の商品は、モッピー経由で・・がおすすめ。




☆その3

日々、暇なときやる事。

あるいは、うつ病休職中、
一日中布団の中で生活している時。

「モッピーでゲーム」


おすすめのもの

・モッピーカジノ(ビンゴゲーム)
アイテムを使って、効率よくやりましょう。

これ長くやっていると、
攻略法と言いますか、コツが掴めます。


・モッピーガチャ

特に攻略法もありません。
ただ回すだけで、数円お金が入ります。

何も言わず、
毎日2回、淡々と回そう(笑)


・他にも様々な
ポイントがもらえるゲームがあります。
お暇でしたらトライしてみてください。

ゲームで遊ぶだけで、
少ないですがお金がいただけます。

これをポチポチやっていますと、
月、数百円~数千円くらい、お小遣いが入ります。




溜まったポイントはどうするの?


1ポイント=1円  に換金できます。

銀行に振り込んでもよいですし、
商品券にしてもよいです。ご自由に。

ビットコイン(仮想通貨・暗号資産)に
することも出来ます。


私的には商品券がおすすめ。

理由は、現金にしますと
手数料が引かれてしまいます。
商品券は「手数料無料」のものが多い。

私は仕事柄
Amazonで毎月、何冊も専門書を買いますので
非常に助かっています。
(Amazonギフト券)

楽天ポイント、Tポイント等に変換も可能。





その他、私は普段仕事が忙しいので
やっていませんが、

モッピー内でアンケートを書くバイトなど、
いろいろありますので、

自分なりのモッピーライフを送ってみてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~
ただし今回ご紹介したものは、
「全て自己責任の上で」行ってください。

(特にないと思いますが)
万が一、トラブルが発生した場合、
一切責任を負いかねます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~



今回ご紹介した方法は、

ご登録して、やっていると感覚的に出来ますし、
簡単に理解できると思いますが、

もしどうしても分からない。
心配な方は、
(神経症・不安症の方に多い)

私がスカイプで
マンツーマンでついてあげて、一緒に行います。


ただしこの、
スカイプ・マンツーマンサービスは、

当カウンセリングの
元クライエントさん限定


かつ有料ですので、

自身で調べて
やってみる事を推奨します。


*ですが、スカイプでは、
ついでにメンタルのカウンセリング、

瞑想のご指導も行いますので、
お得かもしれません。

(元受講生限定 :
いつもの単発講義の枠内で行います。
ご希望の方はご連絡ください)


またスカイプ指導は、

例えば以下のような変化球な質問に対し
アドバイスします。

例:
Q、
カードたくさん作りました!10万円くらい稼ぎました!
ところで、増えすぎたカードは要らないのですが、
どうすればよいでしょうか?

A、
持っていても
何のリスクもないので(年会費無料のものは)
そのまま持っていた方がよいのでは?と思います。

・・・が、それでもカードはもう要らないという方など、
ここを気を付けてください。

短い期間に、頻繁に契約・解約を繰り返しますと、
カード会社同士で情報が共有され、
今後カードを作る時、ペナルティになる可能性もあります。

もちろん「常識レベルの解約」でしたら、
何の問題もないと思います。

*私自身も去年作ったクレジットカード、
どう考えても今後、使う事が無いものを3枚解約しました。
(年会費がかかるものもあったので)


・・・などなど。

こういった変化球な質問など
スカイプ指導ならばアドバイスできます。




はい。今回のお話は
副業「モッピー」についてでした。

何度も言いますが、別に怪しいものではなく、
知っている人は結構やっています。


ただ、これは「お小遣い稼ぎ程度」ですので、
これで生活していく事は出来ないと思います。
(中にはいるかもしれませんが)

本気でネットを使って、
生活できるレベル稼ぎたいという方は、

現在準備中ですが、別途講座を企画中。


それは・・

転売(せどり)でもない、
*(仕入れ、販売、梱包、発送が面倒くさい・・・
ただし、これが好きな人はご指導しますが)

アフィリエイトでもない、
*(毎日記事を書くのはできない)

ユーチューバーでもない方法。
*(ましてや動画をアップしつづけるのは億劫になる)

まさに自宅に居ながら、
「布団で寝ながら」仕事ができる方法です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~
諸事情により、
身体を使って仕事ができないならば、
知力を使って稼げばよい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


たとえば
・身体に障がいを持たれている方、

・うつ病や不安症(神経症)など諸事情により
外で働けない方。

・主婦の方がパート先でイジメにあうので、
外で働くのが困難な方。

・集団の中で仕事をするのが、どうも嫌いで・・・
一人で仕事するのが好きな方。

などなど。

こういった方々におすすめです。


===================
また、うつ・神経症的な方々は、
基本真面目で几帳面「粘り強い」ので、

一人でネットを使ってお仕事をするのは
非常に向いていると思います。

自分の「強み」を活かした仕事をしましょう。

===================


☆この副業講座は、
現在まだ企画・準備中なので、

またいつか、本決まりになりましたら、
ブログ・メルマガにて告知いたします。





それでは
今回ご紹介いたしました「モッピー

これはネットビジネス超・超・超入門編なので、
(なおかつ、ノーリスクです)
お暇でしたらやってみてください。


こちらをクリック(タップ)していただき、
ご登録してみてください。

モッピー!お金がたまるポイントサイト










今回は当心理療法プログラム、
元 受講生の方のご質問にお答えいたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
「大切な人と、
よい関係を維持するには?」


大切な人との関係が上手くいかないんです・・
私の人生、いつもそうです。

<長文かつ、
個人情報が入っていますので中略>

今、お付き合いしている人との
関係が悪くなってきました。

どうすればよいでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


A、
夫婦、恋人、友達、
素晴らしい人間関係は人生の宝です。
大切にしたいものですね。

今回は、そんな
よい人間関係を長続きさせる

心理学のプチテクニックのお話を
させていただきます。


ご参考になれば
筆者は幸いに思います。


*今回は、本ブログのメインテーマである、
うつ病や神経症と関係の無いお話ですが、

心の病の方々が悩むのは
「人間関係」ではないでしょうか?

そういった面では
ご参考になるかと思います。




さて、本題に入ります。


まず、人は
潜在意識(深層心理・原始的本能)的に言いますと、

「同じカテゴリー、同じ種族、同じクセ」など、
つまり 『同類』 といると安心し、
落ち着く傾向にあります。

意識、無意識


よく昔から
「同じ穴のムジナ」「似たもの同士」
「類は友を呼ぶ」など言われています。

これら昔から言われている言葉は、
潜在意識的に言って理に適っています。



~それでは心理テクニック編~

心理学の世界では、
================
☆ 
この人と関係を維持したい時
================

ミラーリング 』というテクニックを
使う事があります。


これは分かりやすくいいますと、

例えば・・


1、
目の前の相手が
コーヒーカップに手をかけたら、

こちらも何気に同じように
コーヒーカップに手をかける。

2、
相手が会話の中で、Aという主張をしたら、
こちらは受容・共感する。

*もし自分が、その意見に反対でも
(自分の意見は、必ずしも曲げる必要はないが)
相槌し「共感」だけはする。

3、
相手が「あー疲れたなー」と伸びをしたら、
こちらも何気に「疲れたねー」と言って
グーッと伸びをする。


などなど。。
何個か例を挙げましたが、

注意点は「いかにも」「わざとらしく」やりますと、
かえって相手は不快になりますので、

「何気にさりげなく、自然に」
行うのがポイントです。


人によっては、効いてくるのに
日数がかかることがありますが、
根気よく行ってみてください。


しばらくしますと相手の潜在意識は、

「この人は同じカテゴリー、同じ種族の人」という
認識に変わっていき、

あなたといると、安堵感を感じるようになり、
心を開いてきます。




それでは逆に
================
△ 
この人と関係を断ちたい場合。
この人を遠ざけたい場合

================

今回ご紹介いたしました方法の
「逆」をやればよいです。


例えば、上記の例で言いますと、

1、
相手が「あー疲れたねー」と言って伸びをしたら、
こちらは「別に・・」と言って他の事をする。


2、
相手が話をし始めた時、「生(なま)返事」
「はいはい」と遮って、
面倒くさそうに新聞を読み始める。

(離婚原因のトップに
よくありがちなパターンですね)


3、
日常の会話の中で、

相手がAという主張をしたら、
それを否定し、こちらは「B」という主張をする。

では相手がBか?という主張をしたら
それを否定し、こちらは「A」という主張をする。

つまり、いつもアベコベ
「”あまのじゃくな人”」
ですね。


などなど。。
(これらは一例です)


日常でこんなような事を
繰り返していますと、

相手の潜在意識は
「この人は別のカテゴリーの人、
別の種族である」と認識しはじめ、


あなたといると非常に
「居心地の悪さ」を
感じるようになっていきます。



「居心地の悪さ→あなたといたくない」になり、


次第にあなたと
距離を置くようになっていきます。




--------------------------------------
さて・・・
ここで振り返ってみます。
--------------------------------------



「あなたは大切な人。
関係を維持したい人」に対して、

上記 「☆印」 と 「△印」 のテクニック、
どちらをやってしまっているか?  ・・・です。


大切な人ができても、
なぜかいつも関係が悪くなる場合、

無意識的なクセで、
「△印(関係を断ちたいテクニック)」をやっていないかを
こっそり自身でチェックしてみます。



あるいは長年連れ添った
旦那さん(奥さん)や恋人ほど、

無意識的に「△印(関係を断つテクニック)」を
やってしまいがちかと思います。

長年連れ添った関係でも、
温めあわないと、必ず冷めてきます。


もちろん、この人と離婚したい、
関係を断ちたい場合は、

「△印(関係を断ちたいテクニック)」を
ガンガン行えばよいのですが、

それを実施する前に
「本当にこれでよいのだろうか?
関係が悪いのは自分の我(エゴ)が
引っ掛かっているのではなかろうか?」

をチェックし、

それでもこの人とは、
生理的にどうしても無理と判断しましたら、
「△印(関係を断ちたいテクニック)」を実施します。

すると、潜在意識(深層心理)的に
どんどん心は離れていきます。



最後は少しネガティブな例でしたが、

友達、恋人、夫婦。
大切な人と、ずっと一緒にいたい。
よい関係を維持したい。

で、あれば、
自身は無意識的なクセで

「△印(関係を断つ、ネガティブテクニック)」を
やっていないかチェックし、

意識して、
「☆印(この人と関係を維持したいテクニック)」を
実施してみます。



大切な人と、いつまでも温かい、
穏やかな関係で
いられるようになると思います。


この人といると「なにか・・」落ち着く、
「なにか」楽しい、

この「なにか・・」
こそが潜在意識です。





~まとめ~


・人は潜在意識(深層心理)では、
「同類・同じカテゴリーの人」を求めます。

・人は同類・同じカテゴリーの人といると
安堵感を感じます。
意識、無意識

・この人と関係を維持したい場合、
態度、言葉で「ミラーリング」を活用
してみます。

*ミラーリング=本文上部参照


・この人と関係を断ちたい場合、
その反対を行う。
(あまのじゃく、アベコベな言動・態度など)


*いつも大切な人と関係が悪くなる場合、
これを「無意識的に」やってしまっていないか?を
セルフチェックしてみます。

*無意識的に
やってしまっている事を意識化する

心理学では
「無意識の意識化」といいます。




ただ、今回のお話。
厳密にやっていますと疲れてしまいますので、

気が付いたとき、ボチボチ、
疲れない程度にやってみてください。



また、私達人間は完璧じゃないので、
分かっちゃいるけど、
やってしまう事があります。

もし大切な人に
「△印(関係を断つ、ネガティブテクニック)」を
やってしまったら、

素早く客観的に気づき、
きちんとフォローを入れます。



人の心も車などと同じで
諸行無常(移ろいでいくもの)です。

定期的にメンテナンスしないと、
関係は壊れていきます。


永遠普遍の愛はありません。
愛も諸行無常。
気を付けてメンテナンスしないと、必ず冷めます。
よい関係は崩れます。



*なお今回の例は、ご質問者の文章を
心理分析 した上でのアドバイスですが、

ご自身にも当てはまる、ご参考になる方は、

よろしければ
今回のテクニックを実施してみますと
実りが得られるかと思います。



日常生活に
心理学のスパイスを入れますと、

朗らかで智慧のある、
豊かな毎日に
なっていくかもしれませんね。



それではお幸せでありますように。
いつまでも素敵な関係でいられますように







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊 「無料メルマガ」 をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




FC2blog テーマ:幸せに生きる - ジャンル:心と身体

【2019/05/23 02:23】 | 潜在意識活用法! ヒプノセラピー
トラックバック(0) |
今回のお話は、少しキツいお話ですが、
これがストンと胸に落ちる人は、

世界中の どんな抗うつ薬・
どんな優れた心理療法でも治らなかった方でも
「劇的に」治っていきます。

良薬口に苦しですが、
お読みいただけますと幸いに思います。


あと今回は
こんな人向けのお話です。

例えば、うつ病や神経症が
「回復期後期」「維持期(安定期)」で

何年も、何十年も・・・薬を飲み続けたり、
心理療法を行ったりして一進一退。
よくならない。

ずっとこの状態で停滞している。。


つまり「あと一歩」が
越えられない人向けのお話です。



*うつ病・回復期後期ってなに?
↓(うつ病、急性期~維持期。各時期の詳しい説明はこちら)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-5.html


*なお、うつ病発症したて
急性期・回復期前期の方は、

今回のお話は、
読まない方がよいと思います。
(ここでページを閉じてください)

発症したての方は、
お薬を飲み安静にしていてください。




それでは始めさせていただきます。

今回、少し長いですが
読破しますと、

長年のうつうつとした人生が
劇的に変わっていく、道筋が見えてくると思います。



本題に入ります。

たとえば、長期のうつ病で、
何年・何十年も
その状態に留まってしまいますと、

「私はうつ病患者である」という
強固なアイデンティティーが固定されてしまいます。


つまり自己イメージですね。


仏式コーチングで言う「自己イメージ」とは?

==========================
自分はこういう特性を持った人間である。
あるいは、他人からみて
自分はこう思われているだろう・・・といった概念・思い込み。

==========================


その自己イメージが
強固になればなるほど、

その自己イメージに
執着すれば執着するほど・・

潜在意識は
その「自己イメージ」を守ろうとします。


しかもそれは本人の知らないうちに、

つまり、無意識的に
「自己イメージ」を守るために毎日働きます。


簡単に言いますと、これこそが
潜在意識の現状維持機能」です。


↓(潜在意識の現状維持機能ってなに?:全14話)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html


これが強いと、

例1:
たとえばうつ病を治すために、
心理療法生活を始めてみた。

ですが、数週間・・数ヵ月くらいしますと
辛くなって、面倒くさくなってやめてしまう。
三日坊主ですね。。


例2:
心理療法生活を続けてはいるが、
何年やっても治らない。
いつまでも現状から抜け出す事ができない。。


====================
これはなぜかと言いますと、
(あなたの潜在意識の声を代弁しますと)

「私はうつ病である。かわいそうな私」という
自己イメージが崩されるのが怖いだからです。


*長年安住してきた
「自己イメージ」を手放したくない。
====================


ホメオスタシス:
生体恒常性(恒常性維持機能)
→ 潜在意識の現状維持機能


たとえば、私達は

体温が熱くなったら
汗をかいて体温を下げたり、

心拍・血圧を
常に安定させようとしたり、

「無意識的に」
生体の恒常性を保とうとします。


肉体もそうですが、
精神も同じように働きます。
(精神は分かりにくいので、少しやっかいです)


~「うつ病であるわたし」~

長年、これでやってきたのですから、
個体を維持出来てきたのですから、

ここが生体にとって
安全地帯(コンフォートゾーン)である。


ここから離れると潜在意識は
「危ない!」と認識しています。

だからこの場に留まろうとします。


もちろんこれは、
人生をよりよく生きていくためには

潜在意識は
完全に「誤認」しているわけですが。


======================
ただ、潜在意識は
「難しいことが分かりません」ので。

単純に今までこうやってきて、
何とか生きてこれたので、
ここが安全(コンフォートゾーン)と判断しています。

======================


ゆえに、
原始的な判断しかできない潜在意識に、
前頭前野(高次脳)を介入させます。


「うつ病である私」
・・という仮面をかぶっていると

社会的に
いろいろメリットがある事もありますが、

(各種手当・社会保障の面や、病気である事により
相手をコントロールできたりします。
→ これを心理学では「疾病利得」といいます)


ですが、これを「本当に」一生続けたら、
人生どんな損失があるだろうか?


それは経済的に
(医療費の家計圧迫・国家の社会保障費など)

肉体的にも
(化学薬品を一生飲み続けることの身体的負担)

また幸福的にも
(人間関係・愛情・人生など)

「うつ病である私」を続ける事が
人生どんなデメリットがあるか、冷静に分析してみます。



冷静に理性的に分析できましたら、

今まで潜在意識がしがみついていた
「うつ病である私」「かわいそうな私」「不幸で情けない私」
という自己イメージを手放します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*現在、当カウンセリング(コーチング)の
卒業者限定コースでは、

この「自己イメージ書き換えコース」を
実施しております(全2回コース)

認知心理学・脳科学的手法をもって
「自己イメージ」を書き換えていく作業をしていきます。


マインドフルネス仏式瞑想コースで
すでに回復を勝ち取られた方はよいのですが、

仏式瞑想生活を数ヵ月行ってみたが、
どうもしっくりこない・・というケースの方にオススメです。

*それはつまり、今回のお話のところが
心理的に引っ掛かっていますので。


この全2回、新コースは、
マインドフルネス仏式瞑想コースのように
大変なワークはありません。

毎日数分で簡単にできるワークです。


☆ご希望の方は
こちらのリンクからどうぞ。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1442.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



さて、話を戻します。

この「うつ病である私」という
自己イメージを捨て去り、

新しい「毎日朗らかで楽しい私」
「日々が安穏で平安な私」
「うつ病とは無縁の生活の私」
「楽しい仕事をしている私」

という新しい「自己イメージ」を
心理作業で作っていき、数ヵ月くらいしますと・・


そこが新しいンフォートゾーン
(安定の場所)に変わっていき、

そこに(よい)現状維持機能が働き出し、

無意識的に自動的に、その新しい
よい自己イメージに留まろうとします。


つまり、よい方向に
現状維持機能が働き出し、

『もう、うつ病に
戻れなくなってしまいます』


「心の病である私が心底(深層心理レベルから)、
居心地が悪くなっていきます」



逆に言いますと、

「うつ病である私」という自己イメージが
心底(深層心理レベルで)、居心地が悪くなっていないから
何年・何十年も、うつ病で居続けてしまいます。


例:
・心理療法? まぁやってもいいけど
面倒だからまたの機会に。。

・心理療法生活続けていますが
何年やっても治らない。。

(実は深層心理下では、
私は努力しているぞ!という単なる自己満足。
でも今までの私でいたい)


顕在(表面)意識で「治したいです」と言っても、
それは虚しい。すぐに元の木阿弥、
中途半端にやって何も得られず終わります。


深層心理・潜在意識レベルで
現在の「心の病である私」という自己イメージ・
アイデンティティーを壊しますと

そこまで努力しなくても自然に変わってきます。



さらに究極を言いますと、

「うつ病である私」という自己イメージ・
アイデンティティーを手放しませんと、

世界中のどんな優れた心理療法・
世界中のどんな優れた
抗うつ薬を飲んでも治りません。


なぜなら表面意識は「治したい」・・

でも、深層心理(ホンネの部分)は
「うつ病でいたいから」です。
(実は不幸な私、かわいそうな私を愛している)
意識、無意識


~(深層心理・潜在意識の声)~

長年これでやってきたので、
実はここが楽。面倒くさい事はやりたくない。
うつうつした私・・・に実は愛着を持っている。
(コンフォートゾーン)


すると表面意識(普段の意識)で、
どれだけ治したい!と頑張っても、
すぐに元に戻されます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例:
最初は意気込み
「治そう!」とやり始めますが・・・

・抗うつ薬で最初は少しよくなりますが、
その後、何年飲んでも平行線で
(あるいは悪くなり)回復の兆しすらない。

・心理療法を何年やっても、最初はいい感じですが、
その後ずっと平行線でよくならない。

→しばらくすると、やめてしまう。
あるいは惰性で続けるが一向によくならない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが「潜在意識の現状維持メカニズム」です。

この心理学的カラクリを理解し、
対処していきますと、
心理療法で「劇的に」治っていきます。


*「もっと詳しく」
潜在意識の現状維持機能ってなに?
↓全14話
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html



ただ、本カテゴリーの中でも語っておりますが、
この潜在意識の現状維持機能。

現在、幸せな人、
すでに心の病を克服された人にとっては
必要のない話です。

その幸福な状態に
現状維持機能を働かせていけばよいからです。

そうなりますと、もう不幸(うつ病)に
なれなくなりますので。

心の病に戻れなくなります。
(戻りたくありませんが)




☆ここまでのポイント

潜在意識の現状維持機能を
「よい方向に」働かせること







(ここからは、少し上級者向けのお話)


「無我と自我・アイデンティティー」

========================
Q、
今回のお話、とてもためになりました。
ただ一つ疑問点が。

仏教瞑想の世界では
「無我」を謳っているのに

なぜ今回の話は
「自我(アイデンティティーや自己イメージ)」なんですか?
========================


A、
よいご質問ですね。
仰る通り「究極は無我」です。


無我。
元々、我(自我・アートマン)は無いのですから、

逆の発想で、
自由自在に作る事も可能ですね。


元々「自我は無い」のですから
無くすことも可能(無我)でしょうし、

今世をよりよく生きていくために、
自由な自我を作る事も可能です。

元々無いのですから
作るも無くすも「自由」です。



「色即是空 空即是色」

色(しき)はあると言えばありますし、
無いと言えばありません。

そして全ては、空(くう)の中の出来事です。


また私達は、山でカスミを食べて生きている
仙人や聖者ではありません。

私達は俗人。
家庭・仕事・学校など社会生活があります。

無我は正しいのですが、
それを純潔にやっていましたら

一般人(在俗)としての
社会生活ができません。


「聖者に会社をやらしたら、会社はたちまち潰れる」
(松下幸之助さんの言葉)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私達は出家僧や仙人ではありません。

在俗の瞑想者は
社会人としての義務」を果たした上で、

瞑想的な生き方をしていくのが、
正しい在家瞑想者の生き方ではないでしょうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


たまに出家のお坊さんから
「マインドフルネス仏式瞑想を学びたいです」と、
意見をいただくことがありますが、

私のところでは教える事はありません。
なぜなら当瞑想プログラムは
「在家(一般人)のための仏教瞑想」を指導しておりますので、

出家の瞑想は
ミャンマーの僧院などで修行し学んでください。

バリバリの俗人である私が、
お坊さんに教える事はありません。


ですが、お坊様の中で、
どうしても出家の生き方がしっくりこない・・という方は、
今世で出家のご縁が無かったと思います。

そういう方は当プログラムが
合っているかもしれません。


ただいらっしゃるときは、
「還俗」してからいらしてください。

出家生活・・・うーん。還俗しようかな。。
という中途半端に、ブレているのが一番いけません。

出家 or 還俗。ハッキリ腹を決めてから
いらしていただきます。



「無我と自我」

元々、無我で無いのですから、
今世を幸せに生きていくために

自由自在に自己イメージを
(自我・アイデンティティー)作る事も可能ですし、
無くすことも可能。


ただ若いうち、現役世代は
完全に無我にこだわりますと、
仕事など社会生活ができなくなりますので、

無我に至る道は、人生の晩年くらいに
歩み始めればよいかと思います。


たまに瞑想家の方から

自我と無我の間(はざま)で葛藤し、
苦しむ方からご相談がきますので、

「自我と無我」
今回のような解釈をしていきますと、
矛盾がなく、楽になると思います。





今回のポイント


Q、
・なぜ長年うつ病が治らないのだろうか?

・また長年、心理療法を正しく行っているのに、
なぜ変わらないのだろうか?


A、
「私はうつ病である」「かわいそうな私」
「不幸で情けない私」という

深層心理の中にこびりついている
自己イメージ」を守るために

潜在意識は現状維持機能を働かせ
そこに留まろうとさせています。


*これは本人の表面意識の話ではなく、
無意識的に、深層心理のレベルでやっております。
意識、無意識


その「悪しき自己イメージ」を
本当の意味で手放し・捨てませんと

いつまで経っても、何をやっても
自動で「そこ(うつである私・ダメな私・かわいそうな私)」に戻ってしまいます。

*ゆえに、そういった人は
自己イメージの書き換えワークが必要。


「私はうつ病である」という
自己イメージ・アイデンティティーを捨て去り、
手放しますと劇的に治ります。


ここの部分。根幹の部分は、
抗うつ薬では修理できません。

心理療法(心理学的方法論)のみが
これを可能にします。




さいごに。


仏教心理学では
「苦聖諦」という思想があります。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-536.html

この世は四苦・八苦
苦が多いのが事実なのですが、
「あぁ辛い、辛い・・・」と生きるのではなく、

苦聖諦を知ったうえで、
今世を楽しく朗らかに
幸せに生きていきます。

その生きる技術が
マインドフルネス仏式瞑想です。



~「おもしろきこともなき世を おもしろく」~








よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。
登録・解除 自由です。以下リンクからご登録くださいませ。

☆ 基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。





新コースを開始します。


======================
セルフコーチングコース
(ひとりでできるコーチング)


「心の病・生き辛さに
振り回されない、新しい人生の始め方」

~その日から「簡単に」できる
心理学・脳科学的具体策~


いつもダメになる自分の変え方
======================



このコースは、
マインドフルネス仏式瞑想・本コースのように
大変なワークはありません。

毎日簡単に出来ます。
寝ながらでもできます。


またマインドフルネス仏式瞑想・本コースは
6週間の期間ですが、

このセルフコーチングコースは
2週間(2回)」です。



こんな方にオススメです。


=====================

『分かっちゃいるけど抜け出せない
悪しき現状を打破したい』



例:
・引きこもりから抜け出せない。

・働かなくてはならないのは分かっているが、
働こうという意志が出ない。

・このままじゃいけないのは分かっている。
が、動けない。どうしていいか分からない。


やりたい事がある、仕事で成功したい、
実現したい夢がある・・・が、モチベーションが出ない。



1、
☆(当プログラムで、
すでによくなった方のケース)

当マインドフルネスプログラム修了者で、
うつ病や神経症は軽くなった。
もしくは、ほとんどよくなった。

・・・が、それとは別に
仕事・日常・恋愛・自己実現など

発展・成就していくために有効な自己啓発、
心理学的トレーニングを身につけたい方。


2、
☆(現在まだ闘病中の方は)

マインドフルネス、心の病を治していく・・
も大切ですが、
現在の環境・状況も変えていきたい。

そこを変えていかないと、
どうしても現在の環境に引っ張られ
瞑想生活がままならない。

そのための
心理学・脳科学的スキルを学びたい。

瞑想生活・・・は分かるのですが、
それと同時に現状を打破するための、
心理学的技術の修得もしていきたい。

=====================



こういった事でお悩みの方々に、

脳科学・心理学の技術を使った、
セルフコーチングを学習します。

身につけますと
一生使える心理技術になります。


*マインドフルネス仏式瞑想のお稽古は
ほとんどありません。

(もちろん希望者には、セットでお稽古いたします。
別途料金はかかりません)

今回のプログラムは瞑想の修練より、
日々できる「簡単な」心理学・脳科学的トレーニングを
一緒にお稽古していきます。

コーチングに特化した方法です。




~ひとりで出来る
セルフコーチングの目指すもの~


私達は、長年やってきた習慣・クセがあります。

それが善いものでしたらよいのですが、
「悪習慣」を長年やっておりますと、

それが「 現状維持機能 」となって、
そこから抜け出せなくなります。


潜在意識の現状維持機能とは?
↓(全14話)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html



例えば、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・やらなくてはならない事があるのに、
ついついやらずに後回し、寝てしまう。


・人生の中で、
ここは一歩踏み出すところなのに、

ついつい踏みとどまってしまい、
いつものダメダメな現状に戻ってしまう。


・夢や目標がある。
が、しかしモチベーションが出ず、
現状に踏みとどまってしまう。


・好きな人がいる。一歩踏み出したい・・が、
どうしても留まってしまい
「ま、わたしは一人がお似合いだから・・・」と、
都合のよい解釈をしてしまい、いつもの現状を維持してしまう。


・これじゃあいけない・・と思っているのだが、
何をしたらいいか分からない。見えてこない。


☆ 
マインドフルネス仏式瞑想生活を始めたが、
途中でやる気が無くなって、
またいつものダメダメな現状に戻ってしまった。
これを直したい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




こういったケースの深層心理には、
潜在意識の「現状維持メカニズムが働いています。

その現状維持機能が
皆様の人生、「足を引っ張って」います。

*潜在意識の現状維持機能とは?
↓(詳しくはこちら:全14話)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html


その現状維持機能が強いと、
(対処できていないと)
変わろうと一歩踏み出してみても、

すぐヤル気がなくなり、
面倒くさくなり、

その結果、
三日坊主で終わってしまい、

またいつもの現状に引き戻されます。

しかもこのパターンを
無意識的に、自動的に
エンドレスでやってしまいます。



=====================
はい。上記のリンクを熟読しました。
思い当たるところが、非常にたくさんあります。

・・では肝心の「現状維持機能」を打破するに
具体的なテクニックが知りたいです!
=====================


そうですね。

上記のリンク内では、
やや抽象論になっていて、

具体的なテクニックに関しては、
あまり言及していません。


あくまで理論・心のシステムを
学習する内容になっております。


また当メインプログラムである
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法は、

うつ病・神経症など
「心の病に特化」したものです。


今回のようなお悩みに関しては
マインドフルネスは使えない事はありませんが、
少し畑違いです。

このようなケースは
マインドフルネス単体では弱いかもしれません。


自己啓発・自己実現。
また、現状維持機能の打破に関しては、

今回のセルフコーチング
(脳科学・心理学トレーニング)が専門です。

技術自体は、とても簡単ですが、
強力な心理技術になっていきます。


(マインドフルネスのように
大変なトレーニングはありません)



-------------------------------------
なぜこのプログラムを
スタートしようと思ったか?
-------------------------------------


当ブログ内で、いつも提唱しております

マインドフルネス仏式瞑想のように、
仏教哲学的な人生は、
安穏で幸福な人生を送れます。


が、しかし、
現状があまりにマズイ状況ですと、
そこを抜け出さないと、

いくら瞑想で心を平安に・・・と言っても、
よほど上級者でない限り、環境(現状)に心を引っ張られ、
辛い状態から抜け出せない

というスパイラルに巻き込まれ
悩まされると思います。


瞑想はしているけれど・・
心療内科には
行かなくていいレベルにはなったものの。。

何か人生モヤモヤしていて
何か人生辛い・・という状況に陥ってしまうと思います。



そこで今回のプログラムは、
普段のマインドフルネス仏式瞑想に並行して、

マズイ現状・思わしくない現状から打破するための
心理技術も同時進行で行い、

ある程度自己実現を叶え、よい環境を勝ち取り、
環境を落ち着かせて瞑想すると、もっとはかどりますし、

何よりも人生充実し、楽しく朗らかになりますと、
心の病も緩和されていくと思います。




-------------------------------------
「すみません。。今回のお話、
少し難しくてよく分かりません」
-------------------------------------



はい。それでは簡単に言いますと、

まず今世で、仕事・恋愛など成就させ、
幸せになってください。

すると自然にうつも治っていきますので。
(当たり前のことですが)

幸せな人に、うつ病患者はいないでしょう?


-------------------------------------
「え!?
幸せになってくださいって言われても・・・?」
-------------------------------------


はい。そのための具体的かつ、
科学的方法論を学習し、身につけていただきます。

そうしないと単なる薄っぺらい
精神論になってしまうかと思います。

よくありがちな、
具体的に何をしたらいいか分からない
傾聴カウンセリングではなく、

心理学的「具体策」が必要かと思います。








コースご案内


===============
直接講義、全2回
(週1回×2 = 2週間)
===============


料金
39800円


このコースは、
心理トレーニング(宿題)はありますが、

マインドフルネス仏式瞑想コースのように
大変なトレーニングはありません。
簡単に出来ます



マインドフルネス仏式瞑想コースのように、
決まった時間に実施する必要もありません。

通勤・通学の電車や車の中、
家事をしながら、仕事の休憩時間に、
布団の中でも・・

日常生活の中で、ついでに出来ます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
授業内容は

①なぜいつも
現状維持機能に巻き込まれてしまうのか?

その脳科学・心理学的メカニズムを
徹底的に学習します。


②その明確な理論を学習しましたら、
具体的な心理学的技術に落とし込んでいきます。

当プログラムは、
漠然と技術を行うのではなく、

脳的に、心理学的に、
「なぜこれをやるのか?何をやっているのか?」を
分かって行っていただきます。


そうすることにより、目的に達しやすくなります。


『わかるとできます』
わからないと出来ません。何事も。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



本プログラムは、どちらかと言うと

メインコース(マインドフルネス・森田療法)のように
うつ病・神経症など心の病向けというより、

自己実現・願望実現・
モチベーションアップなどの
心理学・自己啓発トレーニングです。

もちろん結果的に鬱など
心身の不調改善にも繋がると思います。




本コースは、

・当マインドフルネス仏式瞑想プログラム「卒業生」向け

(希望者はマインドフルネス仏式瞑想の復習も
ついでにいたします)

・うつ・神経症など、心の病が少し軽くなった人向け

*まず、心の病を何とかしたいという方は、
メインプログラムのマインドフルネス仏式瞑想にて
少し状態が軽減してから受講してください。

・カウンセリング、お稽古は
いつものようにスカイプにて行います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
参加条件


1、
本当に今の現状から抜け出したい。
真剣に変わりたい人。

*(当ブログでよく出てきます
「現状維持機能」を本気で打ち破りたい方)

2、
マインドフルネス仏式瞑想
本コースを修了された方。

3、
マインドフルネス仏式瞑想とは
主旨の違うトレーニング法を学びますので、

あちらはあちら。こちらはこちら。と
思考の切り替えの
融通が利く人のみ受講可能です。


*もちろん最終的には
マインドフルネス仏式瞑想の理論と
こちらの理論を、
矛盾が無いように融合させていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~




=====================
お申し込みは

A・いつもの山中心理相談所のメールアドレスか

B・下記、申し込みフォームからお申込みください。

http://mindfulness-arugamama.com/mail

*A・Bどちらでも可


(現在非常に業務多忙につき、
お返事が数日遅れる事もあります。
ご了承くださいませ)
=====================



それではまたまた(笑)
皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますよ






山中心理相談所
心理カウンセラー

山中紹聖