fc2ブログ
マインドフルネス仏式瞑想・森田療法を使った「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング) 
今回も講義で
よくありがちな質問を紹介していきます。


Q、
私の人生は苦しい事ばかりです。
なぜ皆は楽しく幸せに生きているのに

私だけイヤな事、
苦しい事ばかりの人生なのか。

マインドフルネス仏式瞑想に
答えを求め受講しましたが、

これ(瞑想)をしていく事に、何の意味があるのか?
なぜ瞑想するのか?が分かりません。

瞑想を修練していく上での指針となるよう
よろしくご教授お願いします。




A
よいご質問です。

今行っている事が、
何をしているのか分かって行いますと、
お稽古は、はかどるのではないかと思います。


講義でもお話ししている内容ですが、
仏式(仏教)瞑想の基本的な所を
おさらいしていきます。

疑問をスッキリさせた上で、瞑想のお稽古をしますと、
お稽古がはかどります。


それではまず、以下の概念から
インストールしていきましょう。

=============================
因果の法則

「因(原因)+縁(諸条件)=果(結果)」

因(原因)+縁(諸条件)=果(結果)→ 因+縁=果→ 因+縁=果→ 因+縁=果→ ・・・・・・
=============================


諸々の事象は「原因」があって、
様々な「条件」が加わり「結果」となります。

そしてその結果は「次の原因」となり、
そこに様々な条件が加わり、また結果となります。


その因果の法則のチェーンで
私達は生きています。

それは物理的なものも、
精神的なものも
同じ法則下で成り立っていると、
仏教瞑想ではとらえます。


今起こっている苦しみ(結果)は、
過去の何らかの「原因」と「条件」が組み合わさったもの。

「では、私の苦しみの
過去の原因と条件は何なのですか?」


それは科学的に心理学的に
分析できるものと、
出来ないものがありますが、

ここでのポイントは、どちらにせよ、
諸々の事象は因果の法則
(因+縁=果)の法則下にあるということ。


仮に過去の原因と条件を
明確に完璧に分析出来たとしても、

過去には戻れませんので、
それをどうすることも出来ません。
(過去を教訓にすることはできますが)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
マインドフルネス仏式瞑想は、
もう過ぎてしまった、どうしようも出来ない過去の事よりも、
今・この瞬間。
そして、これから・ここから
」を大切にする瞑想です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「では、今起こっている
苦しみ(結果)はどうするのか?」



2つあります。


1、
冒頭の図式のように
結果は→次の因(原因)になります。
(因+縁=果→ 因+縁=果→・・・・)

原因は縁(条件)次第で
結果が変わっていきます。

~ したがって、
縁(条件)を変えていく ~

原因に対する条件を変えていきますと、
次の結果が変わっていきます。


*このまま行くと次に起こるはずだった
苦しみは無くなっていきます。

然るべき「縁(条件)」を組み込んでいくと
これからの苦しみはどんどん減っていきます。

未来は明るくなっていきます。


*一例を挙げますと、認知行動療法では、
このような縁(条件)を組み込んでいきます。
↓(全9話)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-28.html

縁(条件)には
精神的な条件、物理的な条件がありますが、
ここでは「精神的な条件」を紹介しております。




2、
結果(ここでは苦しみ)に対し、瞑想の技術を使い
正しく無反応」でいること。

たとえば種があっても、
水や養分、土壌などの環境(条件)が整わないと
発芽しません。

ジェット機も燃料が無いと飛びません。

たき火も燃えるものが無いと、
やがて火力が弱まり、火は消えていきます。


苦しみに対し、
養分を与えない。燃料を与えない。
(瞑想技法を使い「正しく無反応」でいること)

→やがて力を弱め、消えていきます。
冒頭の図式のように、次の「原因」になる事もなく、
消滅していきます。

つまり、未来の苦しみも消滅していきます。


因+縁=果→ 因+縁=果→・・・エンドレス
(苦しみのスパイラルはずっと続く) だったのが、

因+縁= 『果』 ←ここで終わり。
苦しみは終わっていく。



~今出てしまっている苦しみは受け入れる。
問題は、その苦に対する関わり方~


今出ている苦しみ(結果)は、
過去に作ってしまった原因と条件の結果なので
必然的に出てきてしまったもの。

過去に戻って、やり直すことは出来ませんので、
今さらどうしようもありません。
後悔してもどうしようもありません。


後悔するより効率的なのは、
現在出ている結果に対して、

瞑想技法を使い上手に対応することにより、
未来の苦しみが無くなります。

今後、余計な苦しみを受ける事が
無くなっていきます。


また今後の人生で
様々な苦しみが出てくると思いますが、

一つ一つ、瞑想技法を使い
コツコツと対応していきます。

未来はどんどん楽になっていき、
明るくなります。

苦しみの種を根絶やしにしていく生活が
瞑想を取り入れた人生です。


今までの人生で、
たくさん苦しみの種を作ってきてしまっても、

瞑想生活をしていく事によって、
人生は変わっていきます。

たとえ散々な人生を送ってきても、
人生は瞑想を取り入れる事で
「今・この瞬間から」変えていく事ができます。




~最後に~

今回は仏式(仏教)瞑想の根本的なお話。
因果の法則。

またこのシステムを
「業(ごう・カルマ)の法則」とも言います。


カルマって聞きますと、
よく、インチキ霊能者が悪用する概念ですが、

カルマというものは、別に怪しいものではなく、
因(原因)+縁(諸条件)=果(結果)→ 因+縁=果→・・・・
の流れ、システムと、とらえますと
分かりやすいかもしれませんね。


原因があって、条件が加わると結果になる。
その結果は次の原因となって、条件が加わると結果になる。
・・・のような「当たり前のこと」を言っているだけです。

インチキ霊能者は、カルマ浄化のため、
高額なオカルト詐欺グッズなど買わせようとしますが、

そんなもの買わなくても、瞑想習慣により、
カルマをキレイにしていく事はできます。





*私信

受講生、長崎県のKさん。
今回のお話は、当講義で
よくありがちな質問の紹介でしたが、

Kさんと行った、前回の講義の内容と
リンクすると思いますので、ご参考にしてください。


今、人生で受難の時ですが、
闘病の身体の痛み(結果)に対し、
瞑想技法を使い、上手に対応していきます。

次から次へと痛み(過去の原因と条件の→結果)が出てきても、
淡々と淡々と、瞑想技法で対応していきます。

業(ごう)を出し尽くし、滅尽した時、
涅槃が訪れます。

止まない雨はありません。
朝の来ない夜はありません。

全ては諸行無常で過ぎ去ります。
必ずKさんは勝利する。





それではまた次回のブログでお会いしましょう。
お幸せでありますように。








 よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。







 お申込み・お問い合わせについて。
当心理療法プログラムの概要・ 連絡先メールアドレス


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1504.html





当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。
↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。





☆ 当ブログは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。


【2021/09/08 13:26】 | マインドフルネス心理療法とは? (理論編)
トラックバック(0) |
Q、
「マインドフルネス瞑想をやっても効果が無い。
どうすれば効果が出る?」

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1505.html
<前回の続き>



はい。今回は前回のお話の続きとしまして、

過去にあった質問を紹介することが
解決のヒントとなるかと思いますので、

受講生のQ&Aを紹介いたします。



=======================
Q、
電車の中で、周りの声や目線が気になり、
「またパニック発作が起こるのでは!?」と、
心が不安定になってきた時、

「心を安定させよう、集中しなくちゃ!」と、

3時限目の授業で習った、呼吸の瞑想をやりますが、
全く集中できません。効果がありません。

呼吸法のやり方が間違っているのでしょうか?

=======================


A、
はい。これは鬼滅の刃の
水の呼吸!のような
呼吸法ではありません。(笑)

「呼吸を観察対象にする
古代仏教の瞑想です」

講義でもお話ししましたが、
まず、ここの理解から始めていきます。


ではまず先に
結論から申し上げますと

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
心を安定させよう!と瞑想しますと、
余計心が不安定になります。

集中しよう!と瞑想しますと
余計心がざわつきます。


~「集中しよう、心を安定させよう!
というのを止めます」~

*さらに変化球としまして、
集中しよう、心を安定させよう!
というのを止めます!・・・・・ ←という、
「はからい」もやめます。(これ分かりますか?)


その心で呼吸の観察をしてみてください。


幸せの青い鳥は
捕まえよう!とすると逃げていきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


いきなり禅問答的な回答で、

わけわからないと思いますので
詳しい解説をしていきます。

*ここまでのお話で
あ・分かった!なるほど。。と、
ストンと理解できた人は、
瞑想、中~上級の人だと思います。




☆解説編

<安那般那>

長く息を吸っている時は
ただ長く息を吸っていると観察

長く息を吐いている時は
ただ長く息を吐いていると観察

短く息を吸っている時は
ただ短く息を吸っていると観察

短く息を吐いている時は
ただ短く息を吐いていると観察

呼吸が乱れていれば、
ただ乱れているがままの呼吸を観察・・・・
・・・・・

つまり呼吸を無理に整える必要はありません。
これはヨガでやるような「呼吸法」ではありませんので。
自然の呼吸を観察(気づき)します。


呼吸が出て、入ってくるのを
「ただ」観察します。

ただ「あるがまま」の呼吸を観察。

------------------------------------------
少しでも「効果」のようなものを
「狙って」しまいますと、

たちまち不安や心配が立ち上がってきます。
------------------------------------------

*これを森田療法では「精神交互作用」といいます。
(不安を取り除こうとすると、ますます気になって、
余計不安は強くなっていく)



呼吸を整えようともしません。

集中力UPも狙いません。

効果も求めません。狙いません。

(ははーん。そうすると効果が出てくるのだな!
これが仏教の裏技なのか!・・・という心も手放します)

効果を狙わないという心も手放します。

効果を狙わないという心も手放す・・・
という「はからい」も手放します。



Q、
・・・・・ちょっと待った!

じゃあこの仏式(仏教の)瞑想って、
何やっているんですか!?



A、
しりません
何もしていません






呼吸を整えようともしませんし、
集中力UPも狙いません。

欧米式の、よくあるマインドフルネスのように、
マインドフルネス瞑想を〇分やったら、
脳科学的に記憶力がUPする・・・という心も手放しましょう。

仏教の瞑想をしたから
何か効果や功徳があるのでは!?
という心も手放します。

パニック症の不安や動悸、
うつのネガティブ感情。神経症的な心配。。。
それらを排除するのではなく、

「不安常住」(ふあんじょうじゅう)
それらと共にあるがまま。


不安やネガティブ感情があるがまま、
ただそこにある

ついでに私がここにいるという
「わたし」も手放してしまう。

あるがまま


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
辛い症状はあるのだが無害に。

症状はただ雲のように移ろいで行く現象。
その現象がそこにあるだけ。
それは善いも悪いも、辛いも楽もない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もう精神薬も不要になってくる。
それが仏式瞑想の本当の効果ですね。


・・・・・その「”効果”」も狙わず
ただあるがままの呼吸を観察します。




「不立文字」(ふりゅうもんじ)

ただ、これらは文字を読んで
概念だけの理解ですと、

実際、うつやパニックの症状が出た時に
振り回されてしまうと思います。

*これ読んだだけで出来てしまう人は、
すでに中~上級の瞑想者だと思います。
そのレベルの人はもう、うつ病や神経症と無縁の世界。
心療内科に行っていないでしょう。



瞑想は野球、武道、ピアノなどのように
実際コーチについてもらい、お稽古しないと
修得は難しいと思います。
文字でお伝えするのは限界があります。

特に瞑想に限っては
普通のお稽古ごととは違いますので

教えてくれる専門家にマンツーマンでついてもらい
お稽古するのがよいと思います。

瞑想は本やDVDを観て
独学で出来るものではなく、
人と人でないと伝わらないと思います。


はい。今回のお話は、前回の
「瞑想技法をやっても効果が無い・・・」の
回答としてのお話でした。




======================

最後に、
<日々の瞑想生活に、禅問答のトッピング>



「達磨不識」(だるまふしき)
という禅問答を簡単に紹介します。

(今風にアレンジして書きますので
ご了承ください)


前回と今回のご質問のヒントになる
お話だと思います。



古代中国に
達磨(だるま)禅師というお坊様がいました。
*だるまさんが転んだ・・のあのダルマさんです。

当時の皇帝が
禅師にこんな質問を投げかけました。


私は仏教の寺や施設を建て、
お布施もたくさんしてきた。

さぁ。
こんな私はどんな功徳がある?



ずっと無口だった禅師は口を開いた。

「無功徳・・・」(功徳なんてない)



え!?


耳を疑った皇帝は、
もう一度聞いた。


あなたは高名なお坊様と聞く。
もう一度聞く。

私はこれだけの事をした。
少しは何か効果や功徳みたいなものが
あってもいいだろうよ。

それが何の功徳も効果もない・・・って。
じゃあ。功徳ってなんなのさ!



達磨禅師は再び口を開いて言った。

「廓然無聖(かくねんむしょう)」
(聖も俗も何もない。ただあるがままの心)


ちょっと待てよ。

あなた分けわからない。
あなた一体何者なのさ??



禅師は 「不識・・」
(識(し)らぬわ・・)

と。一喝し去っていった。

========================




こういった禅問答は
決まった答えはありません。

そして瞑想者の習熟度、
抱えている問題によって解釈が異なります。

例えば瞑想1年生の頃の解釈と、
5年生になった時の解釈は違ってきます。
深みが出てきます。

その「深み」が心の病が治っていく
バロメーターになります。



そして禅問答というものは、

人生のその時々において、
様々な答えや気づきを見出してくれます。



今回は少し難しかったかもしれませんが、

よろしければ、今回のお話を考察しつつ、
日々瞑想生活を送ってみてください。

瞑想が深まり、機が熟してきますと、
ふと答えが出てきます。




~「マインドフルネスなどの心理療法は、
薬物療法でケア出来ない部分をケアしていきます」~


抗うつ薬などの精神薬は、
一時的に症状を散らすだけの「対症療法」で
たどり着くところは「寛解(かんかい)」です。

*うつ病の寛解とは、一旦症状は治まったが、
薬を止めると、またいつ再発するか分からない、
ある意味、不安定な状態。一生薬を飲むのでしょうか。。
(ただし、発症したての
急性期~回復期は非常に有効かと思います)


対して、思想や哲学・心理療法は、
人生全体をケアし、
再発しにくい「根治」に至らしめる道。


うつ病は「脳の病気」以前に、
こころ(思想)の病だと思います。

こころが不安定ですと、日々ストレス過多になり、
それが進行すると、結果的に「脳の病気」になります。

根っこの部分にある
「こころの病」を修理していきますと、
表面上に出ている脳の病気も、
治っていくのではないかと思います。



雑草は、
地表に出ている草をむしっても、
何度でも生えてきます。

雑草は根っこを対処しないと、
何度でも生えてきます。


薬物療法を何年・何十年やってきて、
再発を繰り返したり、何の進展もない場合、

方法論を変えてみるのも
一つの手かもしれませんね。



それでは今回は
この辺で終わろうと思います。

心の病、生きづらさに対する
ヒントになれば幸いに思います。

また次回のブログにて
お会いしましょう(合掌)








 よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。







 お申込み・お問い合わせについて。
当心理療法プログラムの概要・ 連絡先メールアドレス


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1504.html





当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。
↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。





☆ 当ブログは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2021/08/12 04:06】 | マインドフルネス禅問答
トラックバック(0) |
よくありがちな ”いわゆる” マインドフルネスと、
「マインドフルネス仏式瞑想」の違い


=========================
Q、
うつ病にマインドフルネスがよいと聞きますので、
書店によく置いてある「マインドフルネス」の本を買い、
独学でやっております。

テクニック的な事を一通りやりましたが
現在、行き詰っております。

あまり効果が無い・・・というか、
小手先のテクニック的な事ばかりで、

これやって何になるのか??など
疑問が浮かんできました。

そこでこちらのブログで
「マインドフルネス仏式瞑想」というワードが目に付きました。

いわゆる「マインドフルネス」と、
「マインドフルネス仏式瞑想」は何が違うのでしょうか?

=========================


A
はい。おそらくあなたが学ばれたのは
マインドフルネス認〇療法や、
マインドフルネスストレス低〇法などの
世間でよく知られる「” いわゆる ”」
マインドフルネスの類ではないかと察します。

マインドフルネスというものの、
そもそものルーツは「仏教」です。

古代仏教の修養法なんですが、
心理療法の場で、あるいは精神医療の場で、
「仏教」を出すのはマズイだろう・・という事で、

仏教の部分を完全排除し、
テクニックの部分に特化したもの

今、流行りの「いわゆる」
マインドフルネス瞑想(療法)だと思います。

そういった類のものが日本でも
4~5年くらい前からブームになっているようです。


そしてブームに乗じ、数日くらい研修を受けたような
瞑想歴の浅い方々が、マインドフルネスを指導している。。

昨今、そういった人達(指導員)が
雨後のタケノコのように出てきました。

こういった現状です。



しかし私達、瞑想家の視点ですと、
よくありがちな欧米式のマインドフルネスは
「骨抜き」にされた瞑想ではないかととらえます。

分かりやすく例えますと、
あんこの無い饅頭。中身の無いたい焼き。
核(コア)をくり抜かれた地球。。みたいなもの。

つまり一番おいしいところ、
大切な所が無くなってしまっている。


もちろん心理学・
精神医学として提供するにあたって、

仏教色を消し、敷居を低くするという点では、
よいアイデアかもしれません。

しかし、瞑想的には
「一番大切な部分」がすっぽ抜けており、
片手落ちの瞑想になってしまっています。


ご質問でありますように
「小手先の」テクニックばかり・・・みたいな
薄っぺらさ、底の浅さを感じてしまうと思います。


ただそういったものは、普通の健常者の方が、
ちょっと疲れたのでリラックスなど、

リラクセーションや気分転換で行うには
手軽でよいと思いますが、、、


~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病や神経症(不安症)、
強烈な生きづらさなど、

「心の病」「深い心の問題」には
全く通用しないのではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~


ではマインドフルネス「仏式瞑想」とは何なのか?

簡単に言いますと原点回帰です。

欧米人がやっている
マインドフルネス瞑想から
「仏教を完全排除!」・・・ではなく、

きちんと仏教も入れていき、
瞑想の本来の姿」に戻していく。

そういったコンセプトが
マインドフルネス仏式瞑想です。


テクニックばかり
ガチャガチャとやるのではなく、

古代仏教の理論・
考え方・先人たちの智慧の部分も
しっかり学んでいく。


===================
たい焼きは
衣の部分もおいしいですが、

中にあんこやクリームが入っていると、
もっとおいしくなりますよ。
===================


かといって仏教色一本ですと、
一般の方々が引いてしまいますし、

うつ病や神経症のニーズにも
対応しづらくなります。

*(実際、伝統的な寺院などは
「心の病」には対応していない所が多い。
ある流派は「うつ病や神経症のために瞑想を」というと
帰らされるところもあります)


ゆえに、古代「仏教」瞑想に・・
心理学・脳科学的要素もドッキングさせ、

うつ病・神経症のニーズにも
対応できるようにしていく、
ハイブリッドなマインドフルネス

これが当心理相談所が
17年前から推奨し、提供している
マインドフルネス仏式瞑想」です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
現代心理学+古代仏教の瞑想法(理論・技術)=マインドフルネス仏式瞑想
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仏教を完全排除してしまった
欧米式マインドフルネスに、
仏教をしっかりと取り込んでいく。



また、今回のご質問のように、
「瞑想のテクニック・・・これやって何になるのか??」

これよい疑問ですね。


人は何をやっているのか分からないものは
基本的に続きません。


ゆえに、この瞑想の技法は
「何をやっていて」「背景にどんな仏教的理論があるのか」を
しっかり学習し、お稽古していきますと、
やりがいが出てきて面白くなり、長続きします。


勉強でもそうではないでしょうか?

親や学校の先生に言われたから
無理やりやる勉強や、

テストのためにイヤイヤやる勉強は
面白くありませんし、
そういった学問は何も身につきませんね。

おそらくテスト終わったら全部忘れるでしょう(笑)
人生にとって無益な学問ですね。


勉強も意味が分からず、
先生に言われたから、ただ暗記するのではなく、

この問題は、なぜそうなっていて、
何でこの答えにいき着くのか?が分かって解くと
勉強が面白くなると思います。

瞑想も全くそれと同じです。

そういった学びが実際に使える学問
「実学」となります。


死んだ瞑想ではなく、
仏教という「いのち」を吹き込み
「生きた瞑想」を提唱していく。

それがマインドフルネス仏式瞑想です。


=============
うつ病や神経症で苦しい時、
実際に使える学問。
=============

うつや神経症の症状が出た時に、
心の(仏教的)メカニズムを知り、

この辛さが出た時には、この処方箋(瞑想技法)が
自分で出せる。

この智慧こそが、うつや神経症に対応できる
技(瞑想)になります。


本に書いてあるテクニックを
ただやっているだけでは、
おそらく役にたちませんし、
数日~数週間でやらなくなるでしょう


そうではなく、たい焼き(テクニック)に、
あんこやクリーム(仏教の考え方・理論)を入れてみましょう。

きっと、おいしい瞑想になります。



ただ今回のお話。
欧米式のマインドフルネスを
完全否定している訳ではありません。

本やネット検索などで出てくる、
よくありがちなマインドフルネスは、

健常者が」気分転換やリラクセーションのため、
行うのは良いのではないでしょうか。
CDや本などで、独学でできるでしょうし、手軽ですからね。


しかし、うつや神経症・
強烈な生きづらさなど
「心のトラブル」を抱える人には
あまりに脆弱な方法論かと思います。


また、うつや神経症の方は、独学でやりますと
必ず魔境(余計トラブルになる)に入りますので、
必ず専門家にマンツーマンでついてもらい行いましょう。

よくありがちな、いわゆるマインドフルネスは
独学でいけるかもしれませんが、

マインドフルネス仏式瞑想は
独学では無理かと思います。



はい。今回は

今、流行りのマインドフルネスと、
マインドフルネス「仏式瞑想」の違いについて
論じてみました。

もちろん世の中には様々な論説があり、
これが絶対正しいというものはありません。
人それぞれです。

よくありがちなマインドフルネスで救われた!というならば、
それはそれで、その人にとっては
正解だったのではないかと思います。


ですが、今回のご質問のように、
いわゆる、よくありがちなマインドフルネス療法に
疑問を持つ方々に、

「マインドフルネス仏式瞑想という方法論もありますよ」
という立場でのお話でした。

ご自身がよいと思う方法論を
ご選択されるとよいかと思います。



<続く>


次回は今回のご質問の「効果が無い・・」の
とらえ方について論じていきます。

~「効果が無い」のとらえ方を変えると
「効果が出ます」~

次回の仏教瞑想お話を、
ご自身の瞑想にお役立てください。

それでは次回に続きます。
また次回のブログにてお会いしましょう。






 よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。







 お申込み・お問い合わせについて。
当心理療法プログラムの概要。


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1504.html





当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。
↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。





☆ 当ブログは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2021/07/18 08:19】 | マインドフルネス心理療法とは? (理論編)
トラックバック(0) |
マインドフルネス仏式瞑想Q&A

「瞑想中の神秘体験??
不思議なものが見える・・・!? これはなに?」
~神秘体験をぶっ壊す~



========================


はい。今回も引き続き
受講生(元受講生)さんからのご質問コーナーです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q
以前、先生の瞑想のお稽古を受けたものです。
とても心が楽になりますので、
受講後も毎日、日課として取り組んでおります。
(個人的には抗うつ薬より効くのでは?と思っております)

質問ですが、瞑想が深まってきますと、
不思議なものが見える事が多々あります。

例えば光(ガス?)のリングのようなものや、
神様(観音様)のような神々しいものが見える事があります。

これは何なのでしょうか?
いわゆる霊や神秘体験なのでしょうか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


A
はい。そういった体験される方もいますね。

ですが当プログラムを学ばれた方々は、
そういったものにも淡々とsati(サティ)を入れていきましょう。
この瞑想はsatiの瞑想でもあるのですから。

* sati(サティ):
深い洞察、客観的視点の気付き。
(現代心理学で言うならば「メタ認知」といいます)


まず長い説明がお嫌いな方々向けに、
「先に結論」から申し上げます。

=======================
潜在意識の奥深くに
スピリチュアル(神秘・霊的)体験がしたい!
そういったものが見たい!・・という想いがありますと、

変性意識状態(瞑想などで特殊な心理状態)の時、
そういったものが見えたりします。

つまり、それは
あなたの「こころ」が作り出した映像です。
=======================


<解説編>

ではここから、
「もう少し詳しく知りたい」方々向けに
詳しい解説に入ります。


さらに詳しい心のメカニズムを知る事で、
より深く明確なsati(客観的気づき・洞察)が入ります。

そのレベルのsatiが入らないと、
本当の意味で「心の治療」になりません。




心理学では人の心は、
普段の意識(顕在意識)と、

その奥底には潜在意識
(深層心理・無意識)があると言われています。


よく氷山に例えられますね。
海上に出ている氷山は、
その水面下にはもっと大きな氷山があります。

それは「こころ」も同じ。

意識、無意識


私達は日常生活(普段の意識)で
辛いことがあったりしますと、
それを持っていると辛すぎるので、

潜在意識に押し込め、フタをして無かった事にします。
忘れたフリをします。
意識、無意識2


・・・しかし、押し込めフタをしたものは
無くなったわけではありませんので、

時間が経つと何かの拍子で、
普段の意識に出てこようとします。

意識、無意識3


いわゆるPTSDでよくある
フラッシュバックなどもそうですね。

別に普通の人でも、
ふと過去のイヤな記憶が頭の中に蘇り
辛い思いをすることもありますね。

*例: 
たとえば、休憩してぼーっとリラックスしている時に、
1年前に会社の同僚に言われた、ひどい言葉が頭の中に浮上して
イライラし悶々とする。。などなど。


この心理現象は、精神分析では
「抑圧」のメカニズムといいます。


これは「辛いことがあったバージョン」ですが、

『願望』 つまり、こうあってほしい!という願いが
潜在意識の中で強いと、人によっては

それが普段の意識領域に浮上して、
その願いが視覚化されてしまう事もあります。


それが特に起きやすいのは、
変性意識状態」の時です。

*変性意識状態:
たとえば、瞑想中や催眠状態、
身近な例ですと、先ほどのたとえのように、
休憩中リラックスしている時など。
特殊な意識状態の時。


この変性意識状態の時は
意識と無意識(潜在意識)を隔てる
フタが緩んでいる状態です。
意識、無意識

無意識という箱のフタが
少し開いている状態。


今回のご質問の例ですと、

特にスピリチュアル系の方々は、
普段から「神秘的なものに対する憧れ」のようなものを
強烈に持っているかと察します。

スピリチュアル的な体験がしたい!
そういったものに救われたい!・・・と。


潜在意識の奥深くに、
そういった願望ありませんか?

よくよくチェックしてみてください。


潜在意識の中の
「スピリチュアル的なものに対する願望」が引っ掛かっていますと、
瞑想中にそういった神々しいものが見えてしまったります。

しかし、何度も言いますが、
私達が学んでいるのは「心の治療法」である
マインドフルネス仏式瞑想です。

それは冷静、かつ深い洞察。
客観的気づき(sati)の瞑想です。


そういったスピリチュアル的なものが見えてしまっても、
心躍らせず、焦らず、期待せず、

冷静に客観的に
「自分の心を分析」し対処してください。


ブログ学習により、こういった「知識」が身につきますと、
「そういった神秘的なもの?は、ふっと消えます」

面白いですよ。

仮に瞑想中に、
またそういったスピリチュアル的なものが現れても、

sati(サティ:古代仏教瞑想の技術)を入れますと、
スッと消えます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あ・・ひょっとして自分の潜在意識の奥深くに、
スピリチュアル的体験がしたい・・・という願望があって、

今、瞑想中、変性意識状態になった時に
そういった映像を出してしまったんだな。

つまり、この見えているものは、
自分の願望の現れかも・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、「客観的 ツッコミ」が入ると、
そういったものが
バカバカしくなって、スッと消えます。

別に「すごいもの」「神秘的なもの」ではなく、
単なる心理学的・脳的な現象ですので。



☆ワンポイント
漫才のように、ひとり「ボケとツッコミ」を入れましょう。

別にふざけているわけではなく、、

「ひとりボケ・ツッコミ」を入れれるという事は、
自分を客観的に観れているという事になりますので。

つまり心理学で言う「メタ認知」が働いている状態。
(脳的に言うならば、前頭前野が活性化している状態)




もっと話を広げますと、

霊が見える?人。
霊障に悩まされている人が、

瞑想を正しく身につけますと、
そういった苦しみから解放される人もいます。


なぜなら、そういったものは、
脳科学、心理学的なもののケースが多いからです。

あなたの心や脳が作った
「単なるイリュージョン」である事も
多々あるかと思います。


*注1: ただし統合失調症は話は別。
幻覚や幻聴が聞こえてしまう脳の疾患だからです。
こういったケースは瞑想は向いていません。
精神科による治療が必要。

*注2: 霊に関しては、この世には
現代科学で、まだ解明出来ない不思議な事も
たくさんあります。
(ですが数十年、数百年後、たとえば素粒子の世界で
そういった不思議な現象は、科学的に解明されるかもしれませんね)



ちなみに私が
この瞑想の道に入る前、幼少期~青年期。
(スピリチュアル好きだったので・・)

霊(神秘現象)?がよく見えましたし、
悩ませれる事もありました。


しかし、瞑想・心理学を学び
修練を積み重ねていきますと、

そういったものがバカバカしくなり、
一切見なくなりましたし、
悩まされる事も「全く無くなりました」

(私のケースは、単なる
心理学的な現象だったのでしょう)

心理学的、除霊?(笑)です。



*ワンポイント
霊??は心理学的な問題が
引っ掛かっているケースもある。
(自身の心や脳が作り出してしまっているケース)

そういった場合、瞑想の心理学的技術により
消える事も多々あります。




あともう一つ、

私が過去、こういった記事を「わざと」書いたのも、

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-701.html


今回のお話のメカニズムに
気付いていただくためでした。


以前、この記事を書いた直後から、
受講生の方々から「光のリングがみえた」の声を
聞くようになりました。

この記事を書く前は、
一切こういった声はありませんでしたが、

記事を書いた後に突然、
こういった報告が続出しました。



<今回の宿題>

それでは今回の知識を生かし、
そのスピリチュアル現象を「消して」みてください。

ありがたいスピリチュアル現象!ではなく、、
「単なる心理学的な現象」ですので。。


ありがたがらず、心躍らせず、
淡々と、淡々と、
そういったものを手放しましょう。

そして執着から自由になる心
育てていきましょう。



注意点は、

潜在意識の中に「ほんの少し」でも、
「微塵でも」

そういったスピリチュアル的なものに対する
憧れ、願望がありますと、

また瞑想中などに見えてしまう事が
あるかもしれませんので、


自身の心の奥深く・・・

潜在意識の中に、
スピリチュアル的なものに対する願望が無いか、
精密に精密にチェックしてみてください。

自身の潜在意識を含めた心が
客観的に俯瞰して観れるようになってきますと、
今回の問題が解決していくようになります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとこれは以前、受講生の方であったケースで、
「変化球的な事例」ですが、

こころの奥底に
慢心」が引っ掛かっていますと、

ブログに書いてあったこの現象は
私にも出来る、私は優秀だから、
こんなことはすぐにできる。
・・・というものが引っ掛かっていますと、

そういった不思議な画像を
「心理学・脳的に自分で作り出し」
みえてしまう人もいる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これも同じ。

自身のこころ(潜在意識)を
「炙り出して」みてください。

そういった自身のこころに「sati(サティ)」
客観的気づきが入りますと、
そういったものを見なくなります。


この練習が
さらに発展していきますと、、

うつ病、神経症的な
「日常で悩まされる精神的な苦悩」にも、
sati(サティ)が入る
ようになり、

そういった精神的患いも
劇的に緩和されていきます。




こういった疑問が起こるかもしれません。
(受講生によくある質問)


Q
今回のお話。非常によく分かりました。
ですが今回のような心理作業が、うつ病や神経症に対し
何の役に立つのですか?

私はうつ病や神経症を治すために
瞑想のお稽古に来たのです。



A
よい質問です。

先ほどもお話しした事を、
もう少し掘り下げて説明いたします。

今回の知識や技術が、うつ病や神経症に対し
大いに役に立ちます」し、応用が利きますので。


たとえば、
うつや神経症の方々は、

普段日常で、何気に
過去のイヤな出来事を思い出し

辛くて悶々とする事が「よくある」でしょう?
(これをうつ病の「反すう思考」といいます)


この毎度おなじみ、
反芻(はんすう)思考が出てきたとき、

まず「あぁ。私はこれを
潜在意識に押し込めていたんだな」と・・
(この(不快な)情報は、
まだ脳内で未処理な情報だったんだな・・と)

心理学的に、
客観的に気づくことができますね。


ターゲットを俯瞰し、
心理学的に分析出来たら、

次に当授業でお稽古した、
瞑想の技術を使い、淡々と対応していきます。


イヤな過去の体験や、
イヤな感情が何度出てきても
淡々と対応していきましょう。

それを繰り返していきますと、やがて
出てこなくなります。

消えていきます。
霊と同じです(笑)


理由は今回長くなるので書きませんが、
当講義の1時限目の授業で学習した通りです。

*つまりその記憶の重要度が下がる
→よって、重要じゃないので
(情報処理完了したので)その記憶は出てこなくなる。

仮にその不快な?記憶が出てきても、
もうあなたにとって脅威ではなくなる。


*一時限目の授業を思い出してください。
瞑想の技術によって、それが可能になってきます。



長くなってしまったので、
今回はこの辺で終わりますが、

こんなように、一例を挙げましたように、
瞑想の知識や技術を、
うつ病や神経症に応用する事ができますよ。



はい。今回は霊?や
神秘的な映像が見えてしまっても

そういったものを、ありがたがらず、
執着せず淡々と見送りましょう。 というお話でした。
(ほとんどの場合、心理学・脳的な問題ですので)


それがうつ病や神経症独特の
「反すう思考」に対し上手に対処していく
になっていきますので。


こういった様々な
瞑想の技を修得していくことにより、

うつ病・神経症、生きづらさの
「根治」を目指す事が出来ます。



薬物療法は一時的に辛さを散らすだけの
「対症療法」ですが、

マインドフルネス仏式瞑想は
「根治」を目指す事ができます。

それではまた
次回のブログにてお会いしましょう。

長文最後までお読みくださり
ありがとうございました。


うつ病・神経症、生きづらさで悩む人々が
苦しみから解放されますように。







 よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。







 お申込み・お問い合わせについて。
当心理療法プログラムの概要。


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1504.html





当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。
↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。





☆ 当ブログは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。





【2021/06/26 05:08】 | マインドフルネス心理療法とは? (理論編)
トラックバック(0) |
お申込み方法


当カウンセリング・心理療法
お申込み、お問い合わせの際、

以下「必要事項①~⑤」をお書きくださり
受付アドレスにご連絡くださいませ。


~~~~~~~~~~~~~~~
①(必須
お名前、性別、年齢

☆②(必須
主訴(主な相談ごと)
改善したいことなど。

③(任意)
電話番号

④(必須
連絡先メールアドレス


ご住所(任意)
(都道府県だけでもOK)

~~~~~~~~~~~~~~



メール送信前に再度
上記①~⑤を確認していただき、

以下受付アドレスに送信してください。


=============

受付 メールアドレス
sati.arugamama@gmail.com

=============

sati.arugamama@gmail.com

( . ←ドットをお忘れなく。
無難なのはメールアドレスをコピペしていただき、
自身のメールに貼り付けて送信してください)



送信前に。。

「再度①~⑤の項目チェック」していただき、
「メールアドレス間違いないかチェック」します。




お返事は、早い場合は即日。
遅い場合は1~3日以内にお返事いたします。


*こちらからお返事メールは「迷惑メール」フォルダに
入ってしまっている場合もありますので、
迷惑メールフォルダもチェックしてください。







「お返事をしないケース」


・極端に失礼なメール


・無料相談メールはお返事いたしかねます。

*現在、業務多忙につき「基本的に」無料相談はいたしておりません
有料相談のみとなります。

☆ ただし、皆が参考になりそうな相談は、
本ブログにて、Q&Aという形で取り上げさせていただきます。
(これは無料です。採用の際は本人様に確認をとらせていただきます)

*当ブログによく出てきます「Q&A」は
こういった経緯で、本人の許可を得て掲載しております。


・誹謗・中傷などのメールは記録をとらせていただき、
犯罪性が強いものは、然るべき処置をとらせていただきます。












ここからは、

当心理カウンセリング(コーチング)&
心理療法プログラム、
料金やシステム・注意点などの概要となります。






森田療法・マインドフルネス仏式瞑想
6週間プログラム

~心理カウンセラー、山中紹聖のカウンセリング~



======================
うつ病・各種神経症(不安症):
パニック症、強迫性障害など
または日常でのストレス、生きづらさなど。

======================

呼吸禅


「特徴」

・マインドフルネス指導歴17年のインストラクターによる
マインドフルネス仏式瞑想プログラム。


・中部地区マインドフルネスの老舗。
マインドフルネスが世に広まる前から、
「愛知県にて知る人ぞ知るセッション」です。


・発足当初は対面セッション専門でしたが、
現在はスカイプを使った「オンライン」を主軸に行っております。
(特に現在コロナの影響にて)

ゆえに地元、名古屋だけでなく、日本全国対応可能
海外からもセッション依頼があります。



実際のクライエントさんの声・感想
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-85.html


・どこへ行ってもよくならなかった方々の
最後の砦・・的な存在として、
17年前から心理相談所を運営しております。


・当心理相談所は、多くの人に広く浅く・・ではなく、
一人一人、きちんとじっくり向き合って行う事
ポリシーとしております。

ゆえに17年間、
手広く営業活動はいたしておりません。

(来談者が増えすぎますと
一人一人対応できなくなりますので、
ネット広告などもやっておりません)

かつて3回ほどマスコミ、出版社から
お誘いがありましたがお断りいたしました。


=====================
・カウンセリングルームに行くのが億劫な人。
・カウンセリングルームに行く必要なし。
・在宅にて自分の部屋で「こっそり」心理療法。

=====================


症状を人に知られたくない方におすすめ。
こっそりいきましょう。
当カウンセラーが、こっそりお付き合いいたします。

~ 一人でできる心理療法プログラム ~



*何かオカタいイメージがあるかと思いますが、
実際はクライエントさんと
冗談言いながら楽しくやっております。
みんなで食事会を行った事もあります。

もちろん人と関わりたくない「こっそり系の人」向けに、
講義を聴くだけ設定というやり方もあります。
(こちらは別途説明いたしますのでお尋ねください)





「内容+料金」

まずお試し講義(一時限目の授業)
料金:9800円
↓(参考記事:初回の流れ)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html

この段階で出来そうでしたら
「本講義」にお申込みください。

まずは授業の雰囲気を掴んでみてください。
*現在はオンラインのみ。

(ですがほとんどの人が納得し、
そのまま継続受講されます)


本講義2~5時限の授業
料金:8万9000円
(カウンセリング+授業+心理技術のお稽古)


その後1週間。
希望者のみメールカウンセリング


合計、約6週間の心理療法プログラム。
カウンセリング・コーチング


(もっと詳しく)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-13.html






「カウンセリング・
心理療法プログラム受講にあたって」


必ずこちらを予習してから
受講お申し込みくださいませ



http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html


これらテキストをお読みになられて
興味が湧いてきた方は
この方法論が合っている方かと思います。

逆に上記テキストを読まれて
特に共鳴するものが無かった方は、スルーしていただき、

別の方法論を提唱するカウンセラーさんのところへ
行かれることをおすすめいたします。


当心理療法プログラムは
極めて特殊な方法論です。

どこへ行ってもよくならなかった方々へ向けた
究極の方法論。最後の砦です。

17年前から知る人ぞ知る。口コミにて
今まで多くの人々が来談されました。

特殊な方法論ゆえに、必ず上記テキスト予習をお願いし、
特徴をご理解した上でお申込みくださいませ。






「注意点」

・当カウンセリング、
心理療法プログラムは医療行為ではありません。

・当プログラムは回復を保証するものではありません。
当プログラムから「大きな気づき」を得て、それを生かし
自身で回復(完全克服)に至るための方法論です。

・症状が重い方は、必ず病院の薬物療法で
一旦落ちついてから、いらしていただきます。

・発達障害、統合失調症、双極性障害Ⅰ型(躁うつ病の「重い方」)、
人格障害、知的障害  これらの方々は対象外です。
これら症状の専門医院に行かれることを推奨いたします。






それではお申し込みは、
本記事、冒頭の受付メールアドレスにて
よろしくお願いいたします。





【2021/06/26 04:01】 | ★◆『カウンセリング・お申込み』◆★
トラックバック(0) |
ブログ休止中、いろいろご質問をいただきましたので、
これからシリーズでお答えしていきます。


瞑想(特にマインドフルネス)は
独学でやっておりますと、

おかしな方向?に行ってしまいがちになりますので、
受講生の方々で、
分からない事があれば質問してみてください。


さて、今回のご質問は・・・



Q
以前受講させていただいたものです。
受講後、独習でやっておりますが迷っております。

瞑想中、ネガティブ妄想がたくさん出てきて、
それを消そうとsati(サティ)を打っておりますが、
なかなか消えません。

そんな感じで続けておりますと、
やがて頭の中が妄想・雑念のぐるぐるループになり、
瞑想を続けられなくなります。

どうすればよいでしょうか?




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
注:
一般読者の方々へ。

通りすがりの一般読者の方々は、
sati(サティ)って何なの??・・だと思いますので、

簡単に言いますと、
「客観的気づき」を入れる、古代の瞑想の心理技術

人は主観が入りすぎると、純粋な認識が
主観(思い込み)でベタベタな→「妄想」になりがち。

心のトラブル・対人トラブルも
そこから発生することが多いもの。

なるべくピュアな
客観的視点に近づけていく技術。


・・・と、簡単な説明でしたが、

これをアタマの理屈だけで分かっても
実際辛い時、使えないと思いますので、

実際のお稽古で身体で体得していきます。
ゆえに詳しくは
当6週間プログラムを受講してください。


*今回はあくまで
受講生(元受講生)に向けた解説となります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





はい。今回のご質問。
瞑想習いたての方々(初級~中級の方々)に
よくありがちな事かと思います。

せっかく習った瞑想を諦め
断念してしまわないために、

再度ここで、講義中にとったノートを
開き直し、復習していきましょう。


この瞑想で得る心理的技術は、
うつや神経症など「生きづらさ」を抱える方々が

一生、楽に生きていく事ができる
精神的財産になっていきいます。


================
さて、今回のご質問に対し、

先にまず
結論から申し上げますと、

消そうとせず、何も狙わず
satiを打ってみてください

================


その妄想を消そう消そう!とする執着・執念が、
ますます雑念・妄想のぐるぐるループを強めてしまいます。

「消えても消えなくてもどっちでもよい」

という感じでsatiが打てるようになりますと、
執着が緩くなってきます。



いつか上級者になってきますと、、

「消えても消えなくてもどっちでもよい」というノリで
satiが打てるようになる

何も狙わず、期待せず、ただsatiを打つ

ただ「sati」

ただ坐る
只管打坐(しかんたざ)

・・・と、いうことに気付くようになってきます。



ただ坐る
ただ坐る


うつで、今日の気分が良くても悪くても、
気分はそのままに、触らずに、あるがまま。

気分は良くても悪くても、
ただ今日の仕事をする。


どうしても体調が悪くて、
身体がだるくて何ともならなければ
その状況のまま今、出来る事をする。

例:
布団で寝ているのであれば、
ただ布団で横になっている感覚を観察する。
ただ布団で読書する。
布団で寝る心地よさに渇望・執着せず、ただ寝る。


妄想の執着が緩くなってきますと、
身体もいくぶん軽くなってきますが、

人間の肉体は元々不便に出来ていますので、
毎日快調はありえません。

体調・気分が良い時もあれば、
悪い時もあります。
当たり前のことですが。


ですが神経質な神経症傾向の方々は、
ほんの少しでも気分・体調が悪ければ、

そこに「極端に神経質に執着」して、
気分の悪さ・体調の悪さを増幅してしまいます。


気分・体調が良くても悪くても、
あるがまま。

ただ今・この瞬間、
出来る事をしていきます。


ただ坐る。
「ただ」

今日の気分が悪ければ
ただ気分が悪いがまま仕事をする。

今日の気分が良ければ、
ただ気分が良いがまま仕事をする。


瞑想が上達してきて、この「ただ」
「あるがまま」が体得出来てきますと、

今日の気分が、体調が良くても悪くても
どうでもよくなります。

自我(我)が緩んできて、
大自然にゆだねる生き方になっていきます。


たとえば、毎日気分がハイで
体調が絶好調!を望むことは、

「毎日、晴れで快晴じゃないとだめだ!」と言っているのと同じで
それはありえません。
一年中、毎日天気が晴れってありえないでしょう?

人間も大きな視点で、抽象度を上げ俯瞰すると
地球の法則の一部です。

*たとえば、危ないクスリで
人生を崩壊させていく人達の思想は
「毎日絶好調!」を望む人が多いですよね。


自身の我(エゴ)で
どうにかしようと思う事の方が不自然・・


・・ということがストンと落ちますと、

「本当の意味で
うつや神経症がどうでもよくなります」

「本当の意味でうつや神経症、
そして生きづらさ・・の人生から解放されます」


その時、長年飲んでいた抗うつ薬の必要性に
疑問を感じるようになるでしょう。

~ 「本当にこの薬いるのだろうか?」と ~



ただsati
ただ坐る
ただ生きる

ただ・・・が潜在意識に浸透していきますと、
ただ楽しむ。ただ悲しむ。ただ遊ぶ。ただ仕事する。
ただ友人と酒を飲む。ただ恋人とデートを楽しむ。

本当の意味で
人生を楽しむ事が出来るようになると思います。

↓(瞑想でうつ・神経症が治るとこうなります)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-248.html


「ただ」「只管打坐」が
今回のご質問のキーワードですね。

それを念頭に再度
瞑想生活を送ってみてください。

あなたなら、きっと禅や瞑想的な
「気づき」が生まれるでしょう。


仏教瞑想的に心の病が治るとは、
こんな感じです。

再発を繰り返す
ニセモノの治った→「寛解(かんかい)」とは違う、

真の治った→「克服・根治
に至ります。


今後も精進を続けてください(合掌)




~最後に~

よく「瞑想を学ぶために
オススメな本やDVD・動画などを教えてください」

という質問がありますので、
最後にこのメッセージを書いておきます。


古代から瞑想は、
武道やスポーツ、伝統芸能などのように、
本やネットの独習だけではなく、

人と人の指導するお稽古でないと
体得出来ないものです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
*たとえばこんな反論。

え!?でも「よく分かる茶道入門」のDVDや動画を観て、
茶道のやり方、分かりますよね。
人と人のお稽古って、IT社会の昨今、もう必要が無いのでは?


はい。それで茶道の
「やり方」は分かるかもしれませんが、
その「こころ」までは体得できないでしょう。

表面上のやり方だけ分かっても
真髄が分かりませんので、
人生の中で使えない、カタチだけの茶道になると思います。

DVDや動画を観ただけ、形だけの茶道「ごっこ」では
茶のこころまでは分からないと思います。


瞑想の技術もそれに同じだと思います。

今、学んでいる瞑想は、
実際に、うつや神経症の修羅場が来た時、

・使えないカタチだけの「瞑想ごっこ」か、
・辛い時に実際使える本当の瞑想か、・・・という事です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



それでは長くなってしまうので、
今回はこの辺にしておきます。


またいつか単発補講や
グループ講義にいらしてください。

お幸せでありますように。




マインドフルネス仏式瞑想インストラクター
心理カウンセラー

山中紹聖






 よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。







 お申込み・お問い合わせについて。
当心理療法プログラムの概要。


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1501.html





当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。
↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




FC2blog テーマ:心と体にいいことはじめよう! - ジャンル:心と身体

【2021/05/30 12:55】 | マインドフルネス心理療法とは? (理論編)
トラックバック(0) |
かなりご無沙汰しております。

ブログ更新が止まっている間、
以下のようなお問い合わせが何件か届きましたので、
今回改めまして、お申込みページを書いておきます。

(申し込みの方法が少し変わりました)


Q、
>いつもブログでお勉強させていただいております。
禅や瞑想のお話。とっても勉強になります。
最近更新が止まっており、カウンセリングが終わってしまうのではないかと心配しております。
いつかプログラムを受けたいと思っていました。
>現在、心理療法プログラムは受付しておりますか?


A

はい。長らく更新が止まっており、
ご不便をおかけしております(合掌)

心理相談業務以外にも、別事業を行っておりまして、
非常にバタバタしておりました。


ブログの更新は止まっておりますが、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うつ病、神経症(不安症)に対する
カウンセリング及び
心理療法プログラムは受付しております。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そこで今回はお申込みに当たっての
ご案内を書いておきます。

また改めまして、、ですが
当心理療法プログラムの特徴を書いておきます。


当プログラムは、
普通のカウンセリング・心理療法とは違う「特殊な」方法です。

ゆえに、当心理療法をご検討されている方々は、
必ず本ページを熟読くださってからお受けください。



さて・・・

カウンセリングや心理療法・・・と言いますと
どんなイメージがありますか?



きっと「話を聴いてもらうだけ」
「セラピストが何か施術してくれる」

・・・のようなイメージがあるかと思います。


=============
しかし、それらは「癒し」です。
「癒し」と 『治し』 は違います。

=============


「癒し」を求めるならば、
そういった、ありきたりなものでよいと思います。

病院等のカウンセリングも基本
「傾聴カウンセリング」(来談者中心療法)といって、
ただ話を聴くのが主力の方法論です。


別にそれを否定するつもりはありません。
傾聴により、グチなどを聴いてもらうと癒されますよね。
とてもよいと思います。


しかし、、

ここで重大な問題提起をさせていただきます。
以下を一度考察してみてください。

----------------------------------------------------
「それでうつ病や
神経症が治りましたか?」

----------------------------------------------------


特に長年の鬱病や神経症(不安障害)は、
話を聴いてもらうだけでは治らないと思います。

私自身、かつては
精神科通院歴豊富な「元うつ病&強迫性障害」患者でした。

ベテラン患者の視点から
「傾聴カウンセリングでは治らないな」と感じていました。

↓(詳しくは:患者時代、闘病記)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1321.html


そうですね。
大切なのは「癒し」ではなく
「治し」
の方策が必要。


また癒しは「依存」になるかもしれませんね。

なぜなら、自分で解決する事(自分の心のメンテナンスなど)を
他者(セラピスト)に委ねてしまいがちになります。
それ危険ですね。

他者にお願いする・・
「他者に委ねてしまう」がクセになってしまいますと、

自分では何も解決できない
他力本願な生き方になってしまう。

また今後の人生、
他者に操られ、他者のエゴや評価に振り回される
「他人の人生」を生きてしまう事になりかねない。


禅や瞑想の世界では
自灯明 法灯明」(じとうみょう ほうとうみょう)
という言葉があります。


それは他人に頼らず依存せず、
うつや神経症、そして自身の心のメンテナンスを
自分で解決できるように」お稽古していく。

自分の人生を、精神科医や薬に依存せず、
自分の足で、力強く歩んで行く。



心理療法、カウンセリングの「本当のゴール」って
自立(自律)ではないかと思います。

これは当心理相談所が発足して17年間、
一貫して掲げてきたテーマです。


そう。
~自分の人生を、自分の足で力強く歩んで行く~

そのための具体的な「技(メンタルスキル)」を学習・お稽古し
身につけていきます。

*技とは?:
「伝統的な瞑想技法+脳科学+現代心理学」の理論と技術。
当心理相談所ではそれらをマスターし、
日常生活の様々なシーンで使えるよう身につけていきます。


======================
困難を抱えている人に
魚やパンを与えるだけですと「依存」になります。

そうではなく、
魚の捕獲の仕方、サバき方、
パンの作り方をコーチングしていく。

その人が真の意味で「自立(自律)」できるように。
======================


「話を聴くだけ(癒しを与えるだけ)」の、
よくありがちなカウンセリングに
物足りなさを感じている鋭い感性を持った方々に
特におすすめな方法論です。

うつや神経症でキツイ時、
自分でそれをクリアしていく技術を
学習しお稽古し身につけていく。


身につければ、
もうカウンセラーも精神科医も要らない。
そして辛いことを自身の力でクリアしていける、
一生ものの心理技術が身につきます



前置きが長くなりましたが、

これらの主旨に納得していただけた方のみの
受付となりますので、
本ページを熟読していただき、ご判断してくださいませ。


*誤解の無いように。
世の中には様々なカウンセリング・心理療法があります。
他の方法論を完全否定している訳ではありません。
どの方法論も素晴らしいです。

今回の論説はあくまで一つの考え方ですので、
参考までにしていただければ幸いに思います。

ご自身に合った方法論を選択しましょう。


*本ページでは傾聴カウンセリングを
少し悪く書いてしまいましたが、
逆に傾聴カウンセリングのメリットは、

たとえば、現在うつが非常に辛くて
心理療法も学習出来ない心理状態の時は、

無理に心理療法を実施しても
辛くなるだけです。

そういう時は、傾聴カウンセリングはとても癒しになりますし、
よい選択になると思います。

そしてある程度癒しに浸りましたら、
次のステップ→「治し(心理療法)」に移るという方策が
よいのではないかと思います。



以上が当プログラムの特徴となります。



ここからは、当心理カウンセリング(コーチング)&
心理療法プログラムの概要となります。

料金や申し込み方法について。







森田療法・マインドフルネス仏式瞑想
6週間プログラム

~心理カウンセラー、山中紹聖のカウンセリング~



======================
うつ病・各種神経症(不安症):
パニック症、強迫性障害など
または日常でのストレス、生きづらさなど。

======================

呼吸禅


「特徴」

・マインドフルネス指導歴17年のインストラクターによる
マインドフルネス仏式瞑想プログラム。


・中部地区マインドフルネスの老舗。
マインドフルネスが世に広まる前から、
「愛知県にて知る人ぞ知るセッション」です。


・発足当初は対面セッション専門でしたが、
現在はスカイプを使った「オンライン」を主軸に行っております。
(特に現在コロナの影響にて)

ゆえに地元、名古屋だけでなく、日本全国対応可能
海外からもセッション依頼があります。



実際のクライエントさんの声・感想
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-85.html


・どこへ行ってもよくならなかった方々の
最後の砦・・的な存在として、
17年前から心理相談所を運営しております。


・当心理相談所は、多くの人に広く浅く・・ではなく、
一人一人、きちんとじっくり向き合って行う事
ポリシーとしております。

ゆえに17年間、
手広く営業活動はいたしておりません。

(来談者が増えすぎますと
一人一人対応できなくなりますので、
ネット広告などもやっておりません)

かつて3回ほどマスコミ、出版社から
お誘いがありましたがお断りいたしました。


=====================
・カウンセリングルームに行くのが億劫な人。
・カウンセリングルームに行く必要なし。
・在宅にて自分の部屋で「こっそり」心理療法。

=====================


症状を人に知られたくない方におすすめ。
こっそりいきましょう。
当カウンセラーが、こっそりお付き合いいたします。

~ 一人でできる心理療法プログラム ~



*何かオカタいイメージがあるかと思いますが、
実際はクライエントさんと
冗談言いながら楽しくやっております。
みんなで食事会を行った事もあります。

もちろん人と関わりたくない「こっそり系の人」向けに、
講義を聴くだけ設定というやり方もあります。
(こちらは別途説明いたしますのでお尋ねください)





「内容+料金」

まずお試し講義(一時限目の授業)
料金:9800円
↓(参考記事:初回の流れ)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html

この段階で出来そうでしたら
「本講義」にお申込みください。

まずは授業の雰囲気を掴んでみてください。
*現在はオンラインのみ。

(ですがほとんどの人が納得し、
そのまま継続受講されます)


本講義2~5時限の授業
料金:8万9000円
(カウンセリング+授業+心理技術のお稽古)


その後1週間。
希望者のみメールカウンセリング


合計、約6週間の心理療法プログラム。
カウンセリング・コーチング


(もっと詳しく)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-13.html






「カウンセリング・
心理療法プログラム受講にあたって」


必ずこちらを予習してから
受講お申し込みくださいませ。


http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html


これらテキストをお読みになられて
興味が湧いてきた方は
この方法論が合っている方かと思います。

逆に上記テキストを読まれて
特に共鳴するものが無かった方は、スルーしていただき、

別の方法論を提唱するカウンセラーさんのところへ
行かれることをおすすめいたします。


当心理療法プログラムは
極めて特殊な方法論です。

どこへ行ってもよくならなかった方々へ向けた
究極の方法論。最後の砦です。

17年前から知る人ぞ知る。口コミにて
今まで多くの人々が来談されました。

特殊な方法論ゆえに、必ず上記テキスト予習をお願いし、
特徴をご理解した上でお申込みくださいませ。






「注意点」

・当カウンセリング、
心理療法プログラムは医療行為ではありません。

・当プログラムは回復を保証するものではありません。
当プログラムから「大きな気づき」を得て、それを生かし
自身で回復(完全克服)に至るための方法論です。

・症状が重い方は、必ず病院の薬物療法で
一旦落ちついてから、いらしていただきます。

・発達障害、統合失調症、双極性障害Ⅰ型(躁うつ病の「重い方」)、
人格障害、知的障害  これらの方々は対象外です。
これら症状の専門医院に行かれることを推奨いたします。







さて、最後に
お申込み方法は?


以下必要事項①~⑤をお書きくださり
受付アドレスにご連絡くださいませ。

~~~~~~~~~~~~~~~

お名前、性別、年齢

☆②
主訴(主な相談ごと)
改善したいことなど。


電話番号


メールアドレス


ご住所(任意)
(都道府県だけでもOK)

~~~~~~~~~~~~~~


メール送信前に再度
上記①~⑤を確認していただき、

以下受付アドレスに送信してください。


=============

受付 メールアドレス
sati.arugamama@gmail.com

=============

sati.arugamama@gmail.com

( . ←ドットをお忘れなく。
無難なのはメールアドレスをコピペしていただき、
自身のメールに貼り付けて送信してください)



送信前に。。

「再度①~⑤の項目チェック」していただき、
「メールアドレス間違いないかチェック」します。




お返事は、早い場合は即日。
遅い場合は1~3日以内にお返事いたします。








「お返事をしないケース」


・極端に失礼なメール


・無料相談メールはお返事いたしかねます。

*現在、業務多忙につき「基本的に」無料相談はいたしておりません
有料相談のみとなります。

☆ ただし、皆が参考になりそうな相談は、
本ブログにて、Q&Aという形で取り上げさせていただきます。
(これは無料です。採用の際は本人様に確認をとらせていただきます)

*当ブログによく出てきます「Q&A」は
こういった経緯で、本人の許可を得て掲載しております。


・誹謗・中傷などのメールは記録をとらせていただき、
犯罪性が強いものは、然るべき処置をとらせていただきます。







「補講、再受講、
リピーターの方向けのご案内」

*リピーターの方々はご存知かと思いますが、
一応掲載しておきます。


・単発補講
9800円


・メールカウンセリングコース
5800円

↓(メールカウンセリングの内容)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1396.html



ご連絡、お申込みは
「いつものメールアドレス」にどうぞ。





今回はブログ休止中、

「山中先生のカウンセリング・心理療法プログラムは
終わってしまったのですか?」

「更新が止まってますが
元気ですか?大丈夫ですか?」

などのメールをいただきましたので、
改めて当プログラムの概要と
ご案内を掲載させていただきました。


皆さん、自身の病がキツいのに、
私の事を心配してくださって、
ほんとうに心のお優しい人です。

うつ病は、心の優しい人がなる病気。


はい。私は元気です。大丈夫です。
ありがとうございます。

先ほども述べましたが、別業務で非常にバタバタしており、
ブログ更新まで手が回りませんでした。

また業務が落ち着きましたら
再開しようと思っております。


今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
精進を続けてまいりましょう。
ありがとうございます(合掌)




心理カウンセラー
マインドフルネス仏式瞑想インストラクター

山中紹聖




よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。





当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など一切関係ありません。




☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。






=============

お申込み
受付 メールアドレス

sati.arugamama@gmail.com

=============



【2021/05/23 12:51】 | ★◆『カウンセリングお申込み』◆★
トラックバック(0) |
「うつ病・神経症のタイプ」
~治りやすいうつと、治りにくいうつ~



心理療法の現場で観察しておりますと、
うつ病には大きく分けて
2種類のタイプがあると思います。



一つ目は、自罰的(自責的)なうつ。

これは世間でよく知られている、
うつ病の方々が陥りがちな、よくあるケース。

例:
私がこうなったのは全て私が悪い。自業自得だ。
私なんかが生まれてきたから皆に迷惑がかかっている。

仕事で怒られるのも当然だ。私がどんくさいからだ。
私が生きていてごめんなさい。
生まれてこない方がよかった。など・・・

こんな感じで「”悪いのは全て私”」のように、
自罰的な傾向が目立つタイプ。



二つ目。
先ほどとは真逆で他罰的・他責性が強いタイプ。

例:
私は悪くない。悪いのはあいつだ。
仕事でミスしたのは私のせいじゃなく、
悪い上司がいるからだ。

私をうつにした上司が悪い。友人が悪い。
あの人のせいで!この人のせいで!私は不幸なんだ。

悪いのは欺瞞に満ちた社会だ。
私がうつになったのは社会のせいだ。

などなど・・・


このタイプは通称
「新型うつ病」と言われているものに多いケース。

新型うつ病は
病名や診断名ではなく「通称」ですが、

現代で非常に増えてきたタイプなので
私は現代型うつと呼んでいます。

*参考過去記事。
「なぜこの人たちは、いつも〇〇のせい!なのか?」
他罰性の病理。その深層心理のメカニズム。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1048.html


え!?この人達ってうつ病なの??
世間で知られているうつとは、ちょっと違うような・・・


・・と、思うでしょうが、このタイプの人達は
大変苦しく辛いと思います。

いつも他者に対し怒りや怨念、
被害妄想的にいる事で、

常に脳内が
ストレスホルモンにさらされ、

「結果、うつ的な症状が出てしまっているもの」
と思われます。



さて、今回のテーマは、

①のタイプと②のタイプ
どちらが治りやすい?というテーマです。


これはあくまで
今まで心理療法の現場でみてきた
個人的な見解ですが、

~~~~~~~~~~~~~~~~
(マインドフルネス仏式瞑想的には)
圧倒的に①のタイプが
治りやすいかと思います
~~~~~~~~~~~~~~~~


心理療法
(仏教心理学・仏式瞑想)からの見解ですと、

「他者を変える事は出来ないが、
自分を変える事は可能だからです」


ゆえに変える事の出来ない他者に
意識の矢印が向きがちな、

②の新型(現代型)うつ病を治す事は
非常に困難を極めます。


では①のタイプは?

このタイプは常に自分(自罰的)に
意識の矢印が向いていますので、
良い方向に変わっていくのはたやすい。

=====================
他者を変える事より、
「自分を変えていく事の方が容易な道」だからです。
=====================


もちろん他者を変える事が
出来る場合があります。

それは自分が国王や皇帝、独裁者でしたら、
気にくわない他者を処罰・粛清し、
自分の思い通りの環境が作れます。

(ですがヒ〇ラーなど、自分の思い通りにしてきた
「独裁者」の末路は幸せだっただろうか。。)


あるいは自分が全知全能の神でしたら、
神通力で自分の思い通りの世界が
作れると思います。


・・・しかし、
それは現実的にみて、不可能ですね。

普通の人は、
世界を自分の思い通りにしていく権限がありません。

権限が無いのに、
他者の心や人生を、自分の思い通りにしようとしますと、
「無駄に疲れるだけ」かと思います。


ですが、
自分変える権限は「自分」にあります。

自分の心は自分の権限で、
何とでも改革が起こせるからです。


自分の人生や心は、
他者が踏み込む事はできませんし、
他人がどうする事もできません。

自分の心は
自分の権限と責任で「操作可能」です。


もちろん、他人はちょっとしたアドバイスは
出来るかもしれませんが、

やはり自分の人生を
究極に救えるのは「自分」ではないでしょうか。



* ちなみに薬物療法の世界でも、
①のようなメランコリー親和型の典型的なうつは
薬が効きやすく治りやすいが、
②のような新型うつ病的なタイプは
薬は効きづらいと言われております。



今回のお話。
ではどうするか?


②のタイプのケース。
一旦意識の矢印を「他」から「自分」へ向けてみます。



ちょっと、、何を言っているんですか!?
私はあのおかしな上司の「せいで」
うつになっているのですよ?


・・と、言われそうですが、

仰る通りです。
私もこの心理の世界に入る前。
普通の勤め人でした。

どこの会社にも、
頭がおかしいとしか言いようのない上司は
必ず一人はいます。私もよく知っています。


=======================
が、しかし、あなたのターゲットが
「何度も再発するうつ病を治して、人生やり直したい」
であれば、

=======================


・上司とガチンコして、
うつ病が最悪化するのも効率が悪いでしょう。

*仮にあなたが、その上司をねじ伏せる事に成功したとしても、
今後の長い人生で、また第二・第三のイヤな上司が「必ず」現れます。
いちいち戦っていたら、キリがないうえに、
くだらない事で精神的エネルギーを浪費します。


・そもそもその上司は、
言葉で言って、分かる人ではないでしょうに。

話が通じない人に
何を説得しようとしているのでしょう?
それこそ時間と精神力の無駄ではないでしょうか。

頭のおかしな上司をとっちめてやろう。
仕返ししてやろう。倍返しだ!

・・・と言っても、

半沢さんくらいのパワーと能力があれば
可能かもしれませんが、
普通の人は逆にやられるでしょう。

そして、ますますドン底の
精神状態になるかと思います。



では逆に、

自分(の認知・心)を変える事に
ひたすらパワーを注いでいきますと、


・会社での立ち回りが上手になる。

・頭のおかしな上司の事よりも、
「自分の仕事に集中」できるようになる。


過去に上司に言われた不快な一言も
頭の中で流れているだけで、無害化することができる。
*(仏式瞑想のお稽古が必要)



・頭のおかしな上司を変える事よりも、
自分のレベルを淡々と上げていく。


・また、心理療法を学び、
心理学的技術が身についていきますと、
上司の怒るツボとかが観えてきます。

なぜ他の社員は怒られないのに、
なぜいつも私は、あの上司にイヤミを言われてきたのか?

その心理メカニズムが明確に客観的に、
俯瞰できるようになってくる。
それが観えてくれば、あとは上手に対処できます。


・頭のおかしな上司の事よりも、
自分や、自分の大切な人に
エネルギーを注げるようになってくる。

*当心理療法プログラムではこれを
「聖なる自己中」と呼んでいます。


『こんな感じで毎日生きていた方が、
幸せではないでしょうか』


他者を変えるのではなく、
自分の認知(モノのとらえ方)、心のパターンが変われば
世界が変わります。

人生のコペルニクス的大転換が始ります。
人生は劇的に変わっていきます。



================

変わらない事、自分を貫くこと。
自分を曲げない事は
かっこいいと思います。

ですが、
その曲げない自分でやってきて、
幸せでしたらよいのですが、、

ずっと人生
どん底に不幸でしたら、

自分を変えていく勇気も必要


・・・ではないかと思います。

================



そこに留まっていても
何も変わらないと思います。

一歩踏み出せば人生は変わります。

そこがあなたの
探してた場所かもしれません。


他者は変えられないが
自分は変わる事ができる

探してた場所は
自分の心の中にあります。




抗うつ薬などの化学薬品は

一時的な「”脳の病気”」は治す事が出来るかもしれませんが、
「こころの病」は治す事はできません。
(基本的に精神科・心療内科で対応できるのは「脳の病気」です)


心理療法の立場から言いますと、
うつ病・神経症・生きづらさの根源にあるのは
「こころの病」です。

「こころの病」を治していきませんと、
人生の中で何度も
「脳の病気(うつ病)」は再発すると思います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「こころの病」に対処していきませんと、

ストレスフルな毎日になり、
それゆえに、様々な生物学的なトラブルが生じます。

その結果「脳の病気」が生じ、
うつ病・神経症など、人により様々な症状が出てきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


「ではどうするか?」


現在出ている非常にキツイ状態は
危険ですので
緊急避難的に、病院の薬物療法で対処。

ある程度、窮地を脱してきて
回復期に入ってきましたら、

心理療法を併用し、
「こころの病」に対処していきます。


薬物療法はあくまで
「一時的な対症療法」ですので、

*(仮にそれで「寛解」にいったとしても、
今後の人生で再発する可能性が高い。
それは今回のお話の理由からです)

根治を目指すならば、
「心理療法の併用」をおすすめいたします。



注:
今回の論説はあくまで一つの見解ですので、
これが絶対ではありません。
世の中には様々な論説がありますので、
自分に合った論説をご参考にされるとよいかと思います。



それではまた
次回のブログにてお会いしましょう。







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




・当心理療法プログラムの詳しい概要。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html

・初回受講の流れ

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html




当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。


【2020/12/26 06:12】 | 新型うつ病 「現代人の心の病」
|
人間関係から来る「生きづらさ」の改善
~よい人間関係、長続きのヒント& 心理プチテクニック~


大切な人と、いつまでも良い関係が
築けるようになりますと、うつが楽になってくるかも。


======================


さて、昔からことわざで
「類は友を呼ぶ」「同じ穴のムジナ」という言葉があります。

人は「同じ種族・似たもの同士」
「同じ目的・価値観」「同じカテゴリー」の人といると安心します。
当たり前のことですが。


もちろん人間は多種多様で、
意見・考え方・価値観の違いがあり、

社会を構成する上で、イヤイヤながらでも
「お互い共存」しませんと社会が成り立ちません。

ビジネスならば、そういった人とも割り切って
お付き合いしますが、
今回のテーマは「大切な人」との関係です。

それを潜在意識の視点から語ってまいります。



大切な人の心が離れていくのは

「あ・この人。自分とカテゴリーの違う人なんだな」
「違う価値観の人なんだな」と

潜在意識が感じ取り始めた時から
人間関係崩壊の序章がはじまります。

意識、無意識


それはポイントカードのように、
コツコツと潜在意識に蓄積していきます。

それが、その人の心の
耐えうる閾値を超え溜まっていきますと、

ある時、あなたの大切な人は
スッと あなたのもとから去っていきます。



逆に、嫌な人、
合わない人と縁を切りたい時、

また、敵対する勢力など、
議論で相手を混乱させたい時、

「あまのじゃく話法」を使います。


これは相手がAと言えば「いや。Bです」
ではBですね。と言えば「いやいや。Cです」
のように、何でもかんでもアベコベ、
反対の事を言います。

すると相手の潜在意識は
「この人は別の種族」と認識し始め、
自然にあなたといる事を避けるようになります。


人間関係が上手くいかない。
いつも大切な人が離れていく。

そういう人は、無意識的にこの「あまのじゃく」を
やってしまっているケースがあります。

敵対する人ならば、
むしろ遠ざけたいのでよいのですが、
~~~~~~~~~~~~~~~
大切な人にやってしまっている
~~~~~~~~~~~~~~~


「あまのじゃく」な人。
これは以下のような要因が考えられます。

A、相手と縁を切りたいので意図的にやっている。
B、そもそも波長が合わない。
C、反抗期の子供のように、心が未成熟な人。
大人でも結構います。
(深層心理では、承認欲求の裏返しなど)

などなど。。



・大切な人の心が離れていく、
・なぜか人間関係が上手くいかない、
・恋愛ですと、お付き合いしてもすぐに破局する。
よく相手に浮気される人。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そういう時
共感」というキーワードを意識してみます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大切な相手にとって
1、同じ穴のムジナ。
2、安全地帯。
3、同種族のグループ。

ここを「相手の潜在意識に」感じさせますと、
大切な相手と
いつまでも良好な関係でいられると思いますし、

どこに行っても好かれ、
お友達ができやすくなります。


==========================
☆ さらに詳しく

良好な関係を維持する、心理プチテクニックの紹介
「ミラーリング」

・恋人とのデートが上手くいかない。
・ギクシャクした夫婦関係など。
以下、活用してみてください。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1453.html
==========================


接客が上手な床屋さん。
いつも行きたくなるバーのマスターなどなど、、

こういった人達を観察していますと、
こういった人達は自然に
共感上手」な人が多いかと思います。

接客のお仕事が上手な人は、
これを本能的に知っていて、やっていると思います。



また、共感も大切なのですが、
どうしても反論が必要な時もあると思います。

そんな時「共感」を先に入れてから反論しますと、
相手も受け入れやすくなるかもしれません。

「共感」は人間関係の接着剤のようなもの。

いつも大切な人と
良い関係でいられますように。



今回はうつ病や神経症と
関係の無いお話になってしまいました。

次回からまた
メインテーマの心の病や瞑想にお話を戻します。

それではまた
次回のブログにてお会いしましょう。






よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。






 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




・当心理療法プログラムの詳しい概要。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html

・初回受講の流れ

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html



当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

「お問い合わせ、お申込み」はコチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail




当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。






☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:幸せになる考え方 - ジャンル:心と身体

【2020/11/29 12:28】 | ひとりごと
トラックバック(0) |
~「お知らせ」~

「11月21日(土)朝9時30分から」
久しぶりにグループ講義、瞑想会を行います。

(オンライン・スカイプにて)

「11月15日(日)23時で受け付け終了」 します。
お申し込みはお早めにどうぞ。

↓(日程等の詳細はこちら)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1491.html


本プログラムを終え、独習でやっておりますと、
ついサボってしまったり、
ヤル気が無くなってきたりする方がいるかと思います。

疑問・質問が溜まっている人もいるかと思います。


たまにグループ講義に参加しますと、
新たな気持ちになり、継続していく力になると思います。

また、疑問も解消され、
「正確な瞑想の技術」が身についていきます。


☆グループ講義、参加者募集中。
よろしければご参加くださいませ。
↓(詳細はこちら)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1491.html


お知らせは以上です。




☆(本編はここから)



~森田療法・マインドフルネス仏式瞑想のススメ~


=======================
脳の病気」は抗うつ薬で治るかもしれませんが、
こころの病」(生きづらさ)は化学薬品では治らない
=======================

うつ病・神経症の根底にある
「生きづらさ」を ”治療する” キーワード。あるがまま



☆今回は、このお話の続編となります。

(パニック障害とマインドフルネス仏式瞑想。
実際の具体例:Q&A)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1463.html






~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「あってほしいがまま」の世界は地獄
「あるがまま」の世界は天国

天国や地獄はあの世ではなく、
あなたのこころ、認知の中にあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


雨は降ってほしくなくても
雨はやってきます。

日照りが続いてほしくなくても
日照りが続くときは続きます

嫌な気分、嫌な体調は来てほしくなくても
やってくる時はやってきます。

職場で不快な出来事に遭遇したくなくても
不快な事は、起こる時は起きます。

どこの職場に行っても
嫌な上司の一人や二人は絶対います。
完全な「こうあってほしい」という理想郷のような職場は
この世にありません。



「こうあってほしい」と願う事は大切ですが、
潜在意識の中で「こうあってほしい」が、あまりにも強すぎると
苦しみの人生を送ります。

なぜならば、この世は無常で移ろいゆくもの。
自我(わたし)の思い通りならない事がほとんどだからです。

これはネガティブな事ではなく、
この事実を受け入れますと、
実はとても毎日がポジティブに楽になっていきます。


「こうあってほしい」「こうあるべきだ」が
強すぎれば強すぎるほど、

こうならなかった」時、
その反動は倍返しで
悲しみ・怒り・イライラが爆発します。


対して「こうあってほしい」を、ゆるめますと、
「こうならなかった」時、
精神的なダメージは少なくなります。



具体例を出します。
(受講生さんのQ&A)

=======================
Q、
職場で挨拶しない人がいます。

その人の事を考えていると、一日中イライラします。
「なんで挨拶しても返さないんだ!腹が立つ!」と。

そのイライラに頭の中が支配され、
仕事に手がつかなくなる事もあります。

どうすればいいでしょうか?
=======================


A、
はい。挨拶しても挨拶が返ってこない。
どこの職場にも一人はいると思います。

社会人として、そして職場のマナー的にも、
非常に失礼かと思います。


特に執着気質の神経症傾向の方々
こういった事は、頭の中でとらわれてしまい、
一日中、悶々として過ごす事が多いかと思います。

そしてよくあるパターンは、
相手が自分より立場が下であったり、言いやすい人ですと
怒りをぶつけてしまったり、

上司など自分より立場が上で、どうしようも出来ない人ですと
感情を抑圧し悲しみ・憎しみ・
自分への情けなさに発展します。


瞑想習慣を身につけていきますと、
こんな思想に変わっていきます。

この世は自我の思い通りにならないのですから、
挨拶が返ってこなくても
「自我の思い通りにならない」という事を知っていますので
精神的ダメージは少ない。


自分の思い通りにならないだって!?
仏教瞑想は、なんてネガティブな思想なんですか!


いえいえ。
「自我の思い通りにならない(→無我)」ってネガティブではなく、
実はとんでもなく自由で、ポジティブな思想です。


何でもかんでも自分の思い通りにしたい。
・・と、いうのは願望としてはよいかもしれませんが、
それは現実社会ではありえません。

生きづらさを抱える人の「深層心理の奥深く」には、
その事実を受け入れたくないようです。


むしろ、この世は
自我の思い通りにはならない事が多いという
「事実」を徹底受容した方が、

『こころは完全開放され』
限りなく自由な毎日になっていきます。


説明していきます。


さて、
先ほどのお悩み。

仏教瞑想を学ぶ人は、
挨拶して、挨拶が返ってくればラッキー程度にとらえます。

もし挨拶が返ってこなければ・・

挨拶が返ってきても、
返ってこなくても「あるがまま」どちらでもよいので、
精神的ダメージは限りなく小さくなります。

こういった仏式瞑想的な思想背景を持っていますと、
あなたの心は守られます。


ただ現実の話、
職場のマナー的によろしくないと思いますので、

あなたが上司であり、力のある人でしたら、
角が立たない程度に注意してあげたり、

そういった立場でないならば、
挨拶は返ってこなくてもよいので、

こちらから一方的に
「おはようございます!ニコっ」と
微笑みをプレゼントするゲームを勝手に行ったり、
いろいろ工夫してみます。

*コツは勝手に行います。ゲームのように行います。
こちらが勝手にやっているゲームなので、
挨拶が返ってこなくても、どちらでもよい事です。

これが現実の職場の方策ですね。


・・・ですが、ここで大切なのは
現実的な方策をとりながら

「背景には」先ほどのような
仏教瞑想の思想を持つことを推奨します。

自身の心に「思想背景」を持つこと。


仮に職場で、そういった諸々の方策を使ったとして
「ウザイ」と思われても、

他人は基本的に
自我の思い通りにならない
事を、

日々の瞑想のお稽古で、
身体で、潜在意識で知っていますので、

そういった思想背景を持っていますと、
精神的ダメージは少なくなります。


==================
諸々の事象は諸行無常で移り変わり、
自我の思い通りにはならない
==================


この仏教瞑想の思想を持っていますと、
行く先々の人生、ストレスから守られます。


もちろん私達は聖者ではありませんので、
一社会人として生きていく上で、
個人的願望や夢など持ってよいと思いますが、

その背景には、
仏教瞑想的な考え方のバックボーンを持ってみます。


こうあってほしい!こうであってほしい!
こうあるべきだ!という
あってほしいがまま」が強いと、

そうじゃない事が起こった時、
その精神的ダメージは、倍返し
・・・いや。1000倍返しでやってきます。


自分は神や王様、ジャイアンではないので、
この世は、自我の思い通りにはなりません。

世にある自己啓発トレーニングのように、
将来自分はこうなりたいなどの目標を強く願うことは大切です。

仕事をしていく上で、
目標やゴールを設定することは大切です。
(実際、当プログラム別コース、コーチングコースで
そういったワークも行います)

・・・が、しかし、
背景には瞑想的な価値観を持っていますと、


・起業して失敗したり、
(この世でよくある事です。起業して10年後
その会社が生き残っている確率は、
およそ10%くらいと言われています)

・彼女にプロポーズしてフラれた
(この浮世ではよくあることです)

・あれだけ頑張ったのに会社で左遷された
(この俗世ではよくあることです)

・愛する人と離婚した
(日本の離婚率は先進国でもトップクラスです。
浮世では、よくあることです)


などなどの、
よくありがちな人生のトラブルに遭遇した時、

瞑想習慣により、思想背景がしっかりしていますと
心は守られます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ですが、うつ・神経症的な方々は、
人生、こういったトラブルに遭遇しますと、

ショックで抗うつ薬漬けになったり、
ひどい場合は自殺する人もいます。


*(それはなぜかと言いますと、
潜在意識の中に「こうあってほしい」
「こうあるべきなのに!」が強いからです)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もちろん人生の中で、こういったトラブルに遭遇しますと
とても悲しいです。悔しいです。当たり前です。

・・・が、しかし、
瞑想習慣を身につけている人は、

辛いし、悲しいし、とても悔しいのですが、
心が「病的な状態」にまで落ちる事はありません

仏教瞑想の考え方に守られます


=====================
あってほしいがままの人生は地獄
あるがままの人生は天国

天国や地獄はあの世にあるのではなく、
あなたの心の中にあります
=====================

瞑想生活により
「あってほしいがまま」を、ある程度ゆるめますと、
毎日がとても自由に、楽になっていきます。


それはそのまま
うつ病や神経症(パニック症など)の対処にも使えます。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1463.html




~おわりに~


他人・外界は、自分の思い通りになりませんし、
変わりませんが、
「自分」は変える事が出来ると思います。

他人・外界を
自分の思い通りに変えようとすると

無駄に疲れてストレスになりますが、
自分は変える事ができます。


自分の認知(モノのとらえ方・考え方)を変えると、
世界が変わります。

今までストレスばかりだった地獄の世界が
そこまでストレスではなくなっていきます。

その「自分」を変えていく心理技術・精神的ノウハウが、
古来から伝わる伝統的心理療法である、
マインドフルネス仏式瞑想や森田療法です。


心理療法は化学薬品(抗うつ薬・抗不安薬など)で
対処できないところにアプローチしていきます。

つまり根治療法となっていきます。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
人の人生の「生きづらさ」って
化学薬品でどうにかなる問題なのでしょうか?

精神(こころ)の問題は
精神でアプローチしていくのが
妥当ではないかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~







よろしければ、ブログランキング
応援クリック ご支援お願いいたします

(PCの方は、Ctrlキーを押しながらクリックしますと
画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 2つのバナー、クリックしていただいた方、
ご支援ありがとうございました。




☆ 「11月21日(土)朝9時30分から」
グループ講義・瞑想会、参加者募集中。
どうぞご参加くださいませ。
↓(日程等の詳細はこちら)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1491.html

* 「11月15日(日)23時で受け付け終了」 します。
お申し込みはお早めにどうぞ。









 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




・当心理療法プログラムの詳しい概要。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-3.html

・初回受講の流れ

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-277.html



当心理カウンセリング、
心理療法(マインドフルネス仏式瞑想・森田療法)

「お問い合わせ、お申込み」はコチラからどうぞ。

http://mindfulness-arugamama.com/mail




当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありません。
一切関係ありません。






☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「11月21日(土)朝9時30分から開催」の
グループ講義・瞑想会
のお知らせです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


久しぶりにマインドフルネス仏式瞑想
グループ講義・瞑想会を行います。
(いつものようにスカイプ・オンラインにて)

どうぞご参加くださいませ。

「11月15日(日)23時で受け付け終了」 します。
お申し込みはお早めにどうぞ。



========================

~グループ講義、日程~

『11月21日(土)朝9時30分から』


「スカイプ グループ講義・瞑想会」

☆ お申し込みは ☆

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」


その後、ご案内をお送りいたします。

(一つ一つ手作業で返信しておりますので、
お返事は少しお時間をいただきます。お待ちください)


「11月15日(日)23時で受け付け終了」 します。
お申し込みはお早めにどうぞ。



*講義時間は3~4時間ほど。
途中休憩あり。

========================





今回の講義内容

本日2つ記事をアップしました。
11月の講義は、こちらの内容で進めていこうと思います。

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1490.html

・「うつ病、朝の辛さ。頭の中のモヤモヤ。
モーニングデプレッションの対処法」

・うつ病・神経症の方々は、常に頭の中が
辛い思考・思い出、イヤだった記憶に
占領されているケースが多々あります。
それに対し、どう関わっていけばよいのか?

これに対する心理療法
(マインドフルネス仏式瞑想)の技法をお稽古・学習していきます。

きちんと対処法を身につけ、
今後の人生、余計な苦しみを抱えないようにしていきます。

一時的な対症療法である薬物療法と違い、
心理療法は正確に身につけますと
一生使えます。どこでも使えます。







~卒業生の方々、
久しぶりに講義を受けてみよう~



・当プログラム(6週間の講義内容)を
さらに深めていきます。

・たまに講義を受けますと、
技術的なことなど、誤った解釈になるのを防止し、
正しい道を歩んで行く道標になります。


・6週間プログラム卒業後、
独習でずっとやっていますと、ついサボってしまったり、
ヤル気が無くなったりするかと思いますので、

モチベーションダウン防止のため、
たまに講義を受けてみるのもおすすめです。



・グループ講義は、個別セッションと違い、
他の方々の体験談などが聴けて、非常に参考になると思います。


・瞑想に関する疑問・質問をお受けいたします。
独習で実践している時に疑問に思った事、質問など
よい機会かと思いますので、疑問を解消していってください。



参加資格は当心理療法プログラム
「現受講生」「元受講生」のみとさせていただきます。



・現在プログラムを受講中、または
以前学んでいました、元受講生の方々
是非ご参加ください。


・途中参加・途中退場OKですが、
なるべく、フルでご参加を推奨いたします。


・講義時間は「3時間~4時間くらい」を
予定しております。
あくまで予定です。進行具合によります。

お時間にゆとりをもってご参加くださいませ。



~「講義を聴くだけ設定」をご希望の方~


☆ どうしてもコミュニケーションが苦手・・・
という人は、ご連絡ください。

スカイプで「講話を聴くだけの設定」で行うのもOKです。

(その際は、こちらからお声は
おかけしませんのでご安心ください。挨拶も省略してOK)

講義に集中したい方は、
こちらの設定の方がよいかもしれませんね



*ただ、受講中アクティブに質問などしたい方は、
通常のグループ参加型受講を推奨いたします。



============================

内容:時間割


☆講義は「11月21日(土)朝9時30分から」

1、うつ病・神経症(不安障害)に対する、
マインドフルネス仏式瞑想や森田療法の講話


~「今回の講義テーマ」~

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1490.html

・「うつ病、朝の辛さ。頭の中のモヤモヤ。
モーニングデプレッションの対処法」

・うつ病・神経症の方々は、常に頭の中が
辛い思考・思い出、イヤだった記憶に
占領されているケースが多々あります。
それに対し、どう関わっていけばよいのか?

これに対する心理療法
(マインドフルネス仏式瞑想)の技法をお稽古・学習していきます。

きちんと対処法を身につけ、
今後の人生、余計な苦しみを抱えないようにしていきます。

一時的な対症療法である薬物療法と違い、
心理療法は正確に身につけますと
一生使えます。どこでも使えます。


(30分~1時間ほど)



2、質疑応答

一人、1~2個質問を送っていただき、
当日それにお答えいたします。

(質問は原則1~2個ですが、
どうしても、たくさん質問がある場合ご連絡ください。
講義時間の許す限り、特別にお答えいたします)


尚、質問はプライバシーを考慮し、
誰の質問かは公表しません。

他の方々の質問を、我が身の質問と思い
お聴きくださいますと、
非常に勉強になるかと思います。


・瞑想の技術的質問
・心の病に関する心理的な質問
・人間関係・日常の相談など。。 何でもOKです。

(1時間30分くらい)



<ここでトイレ休憩>



3、みんなで
マインドフルネス仏式瞑想をします。

当カウンセラーによる、
瞑想のインストラクション。

(1時間ほど)



4、その後、座談会・質問もOK
(自由解散)

これは任意です。
お時間に余裕のある方は
よろしければ参加してみてください。

他の方々が、どのように瞑想しているか、
また諸先輩方は、どのように
うつ病・神経症を克服されたか・・など
貴重な話が聴けると思います。


*こういった座談会が苦手な方は、
ここで終了していただいてもOKです。

============================




・参加費:6800円


・飲み物・筆記用具をご用意ください。


・終了後の座談会は、お腹がすいたら
お菓子など食べ物もOK。


・瞑想に使う座布団など、
座具をご用意ください。


・邪魔が入らず、一人閑(静)かに
受講できる環境を整えておいてください。

*どうしても一人静かな環境が無い場合、
他の受講生の方で、カラオケボックス・車などに籠り
受講する方もみえます(笑)


☆スカイプが必要

・スマホ・スカイプアプリの場合
「イヤホン着用」

・PCスカイプの場合
「スカイプ用ヘッドセット着用」


・受講前にトイレ、
食事等は済ませておいてください。


・もし、お名前を出すのが不可の場合、
ニックネームでも可。
(配慮しますので、その際は事前にご連絡ください)




~『参加条件・注意点』~

~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 参加条件は
現 受講生さんと
元 受講生さん「のみ」とします。
~~~~~~~~~~~~~~~~


・心の病を治そうと、
真剣に学びにいらっしゃる皆様が集まります。

クレーマーのような
集団の和を乱すような人のご参加は
固くお断りします。


・勧誘、紹介、営業行為(商品・他のセミナーなど)は
一切お断りさせていただきます。


・インターネット上の交流と言えど
リアルの社交の場と同じです。

挨拶などもしっかり行い。
みんなで気持ちよく交流できるよう
行っていきます。


*(「講義を聴くだけ設定の方」は、挨拶も省略してOKです。
こちらからお声は、おかけいたしませんのでご安心ください)


*ですが講義中、どうしても質問がある場合、
「スカイプチャット」にて質問OKです。お答えいたします。


・他の受講生と交流する際は、
節度ある社交でお願いします。


・現在、他の瞑想法を行っている方は
受講をお断りする事もあります。

*そちらで学んでいる瞑想法も、こちらで学ぶ瞑想も
両方壊れてしまいます。

例えば、
味噌汁とコーラを混ぜてしまうと
飲み物になりません。

味噌汁は味噌汁。
コーラはコーラ。

伝統的な見地から言いますと、
瞑想法というものは
それぞれ分けて、他の瞑想法と混ぜない事。


*ただ、それでもどうしても
こちらの瞑想法を学びたい時は、

一旦そちらの瞑想法を捨て、
一旦横に置いておき、
こちらはこちらと割り切って受講してください。



・途中参加・途中退場OK
(ですがなるべく、フルでご参加を推奨いたします)



マンツーマンの個別カウンセリングと違い、
いつもと違った雰囲気での講義になります。


いろいろ書きましたが
いつものように、なるべく雑談を交え

楽しく出来るようにしていこうと思います。


それでは当日、皆さんにお会い出来るのを
楽しみにしております。

ご参加お待ちしております。




心理カウンセラー
マインドフルネス仏式瞑想インストラクター

山中紹聖





========================

~グループ講義、日程~

『11月21日(土)朝9時30分から』


「スカイプ グループ講義・瞑想会」

☆ お申し込みは ☆

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」


その後、ご案内をお送りいたします。

(一つ一つ手作業で返信しておりますので、
お返事は少しお時間をいただきます。お待ちください)

「11月15日(日)23時で受け付け終了」 します。
お申し込みはお早めにどうぞ。



*講義時間は3~4時間ほど。
途中休憩あり。

========================






【2020/10/29 03:11】 | マインドフルネス 「瞑想会」
|
~「メルマガ廃刊」と、
イベント(グループ講義)開催のお知らせ~


(今回は記事を2つアップいたします)




6年の間、ご愛顧いただいておりました、
当心理相談所のメルマガ。
誠に遺憾ながら廃刊という流れになりました。

今まで6年もお付き合いいただき、
読者の皆様、本当にありがとうございました。



~廃刊の理由~


現在使用させていただいております
某大手メルマガ配信スタンドのルールが改正になり、
表現に、やや縛りが課せられる仕様?になりました。

当カウンセリングにて扱っております、
森田療法やマインドフルネス仏式瞑想は、
よくありがちなノーマルな心理療法と違い、

独特の用語・仏教語・
また独特の表現を使う事があります。

独特の切り口から
心の問題にアプローチしていきますがゆえに、、

ノーマルな、よくありがちな心理療法で
治らなかった方々にとって
救いの理論になるかと思います。



ですが、今後そういった
センシティブな表現が書けなくなるのと、

メルマガ内で、
あれをしてはならない、これをしてはならない・・・など
いろいろご法度が多くなったような気がします。

よって、このメルマガ配信スタンドでの
メルマガ配信は不可能と判断し、
廃刊・辞退とさせていただく運びとなりました。



~今後は?~


・本ブログに関しましては、今まで通り運営いたします。

・イベント告知がある時は「当ブログにて」行います。





~メルマガ復活は?~


現在非常に業務多忙につき、すぐには復活できませんが、
11月くらいから業務が一段落つき、
いくぶん時間が取れるようになりますので、

11月くらい?から、もう少し自由度の高い
他のメルマガ配信スタンドにて
メルマガを復活させようと考えております。


その時は、当ブログにて事前に告知いたしますので、
よろしければご登録お願いいたします。




========================

続きまして、
~イベントのお知らせ~


11月21日(土)朝9時30分から
久しぶりにグループ講義・瞑想会を行います。
(スカイプを使ったオンラインにて行います)

グループ講義、
技法の復習やチェックにお役立てくださいませ。
質問もお受けいたします。


・料金はいつもと同じ6800円です。

・内容はいつもの流れで、
オリジナル講義→質問タイム→瞑想のお稽古
→雑談or解散
の流れで行います。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・独習でやっておりますと、ついダラけてしまったり、
疑問があるままやっておりますと、迷いが出て、
瞑想実践に支障が出てしまうと思います。

今回のように、たまに開催しますグループ講義。
瞑想に関する疑問解消、
そして気を引き締めるためにもご活用くださいませ。

またグループで瞑想しますと、
一人でやっているのとは違う気づきがあると思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

また皆で一緒にお稽古出来るのを
楽しみにしております。

========================


連絡は以上でございます。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。





心理カウンセラー
マインドフルネス仏式瞑想インストラクター

山中紹聖







 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




【2020/10/29 01:25】 | ひとりごと
|