FC2ブログ
マインドフルネス・森田療法を使った、「元うつ病患者カウンセラーによる」新しいタイプのカウンセリング(コーチング)
「うつ病・神経症(不安症)に対する
マインドフルネス森田療法的アプローチ」



~序章~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~
神経症(不安症)の根源には

潜在意識に強烈に抑圧された、
生存本能存在欲)があります

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


それが普段・日常の
「表層意識レベル」に顔を出した状態が
うつ・神経症などの、いわゆる心の病。

意識、無意識3




~第1章(理論編)~


もう少し分かりやすく説明しましょう。


たとえば、
神経症(不安症)の諸症状。

====================
人前で異常な緊張・赤面・震え。

外出時、異常なほどの鍵かけ確認。

過呼吸発作(パニック症)。

何かをする前に過剰な不安に駆り立たれる。
などなど・・・がありますね。
====================



森田療法やマインドフルネスを使った
仏式カウンセリングでは、

これらの源泉は「存在欲」ととらえます。
森田療法では「生の欲望」といいます



例えば、上記の例ですと、

私という個体を守りたいから
緊張し身構え、

私の財産を守りたいから
異常なほど鍵かけ確認、ガスの元栓確認。

私の存在を過剰に維持したいから、
過剰な呼吸(過呼吸発作)

私の存在が危険にさらされたくないから、
過剰な不安。



これら「存在欲(生の欲望)」が
潜在意識・深層心理の中で暴走しています。

存在欲が強いと
「わたし(我)への過剰な執着」が生じます。

これを森田療法では「我執」といいます。
(神経症は→我執の病理)



この存在欲・わたしへの執着。

・・これは
「では存在欲を消して死んでください」と
言っているわけではありません。


何でもモノは加減で、
存在欲(我執)が異常なレベルになると
病気になるということです。

加減の問題。


森田療法やマインドフルネス仏式瞑想
(仏式カウンセリング)は、

この加減を
「いい湯加減」に調整していきます。

社会生活に支障がないレベルに
加減調整していくということです。




たとえば、仏式カウンセリングでは
「空(くう)」のとらえ方

学習→ そしてそれを、マインドフルネス仏式瞑想を使い
身体(潜在意識)に染みこませていきます。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
よくお墓参りなどで、お経(般若心経)で、
「色即是空 空即是色」など耳にしますが、

「空(くう)」って何なのですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



A、
はい。たとえば
「コップに入った一杯の水」

これを「あなた」だとします。


このコップの水を、海に注ぎます。
コップの水は無くなったのですか?


いいえ。一見無くなったかのように見えますが、
一杯の水は、大海に注がれ、全体に広がり、

ある時は波になり、ある時は潮の流れになり、
ある時は蒸発して雲になり、

「あなた(一杯の水)」は、
無くなったと言えば無くなったし、あると言えばあります。


私達人間は
およそ40~60兆の細胞の集合体。

細胞は原子・分子の集合体。

原子や分子は「素粒子」の集合体。


--------------------------------------------
そう。消えては現れる
粒子であり、さざ波。

それが科学の最小単位
「素粒子」


*仏教心理学では素粒子の事を
「カラーパ」といいます。
--------------------------------------------


「私達は素粒子のあぶくの集合体」


この地球も厳密に言いますと
「素粒子」のエネルギーの集合体。

素粒子の大海原の中の、
小波のようなものが私達人間。


コップの一杯の水が、
地球という大海原に注がれたようなもの。


「わたし」はあると言えばあるし、
無いと言えば無い。

これが空(くう)や、無我の一つのとらえ方。


色即是空 空即是色

色(形あるもの・わたし)は空であり、
空の中のわたし・物体(色)





~第2章~

*こういったとらえ方を
日常生活に浸透させていきます。

それにより「我執」が
社会生活に支障のないレベルに緩まっていく。



「観見二眼」
~観の目つよく、見の目よわく~


・・・ですが、私達は悟りを開いた
聖者や仙人ではありません。

「空」・・・とは言っても、私達は俗人。
日常の雑事に困惑し、振り回されます。


=================
ゆえに「空」の大きな視点(観の目)の
背景の中で、

日常の雑事(見の目)をこなしていく。

(*観の目つよく、見の目よわく)

・・という認識でいきます。
=================

*もう少し詳しく「観見二眼とは?」:宮本武蔵「五輪書」より

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1269.html



私達は僧侶ではないので、
そんな感じで会社・学校・主婦業など
社会生活を送っていきます。



日々のマインドフルネス仏式瞑想や、
森田療法の学習により、


空(くう)の学習を頭の理屈ではなく、
身体に、日常に、人生に染みこませていきますと、

「わたし」に対する執着が
緩やかになっていきます。


病的な我執(わたしへのとらわれ)が、
よい加減に緩んでいく

存在欲(過剰な生存本能・生の欲望)が
社会生活に支障がないレベルに緩み

もう守るべき「わたし」が緩いから

緊張も不安も・・
神経症の諸症状が消滅していきます。


「わたし(我執)」という
手かせ足かせ、重荷が外れますので、

人生・毎日が、軽やかになり、

「生き辛さ」も緩和され、
安穏で朗らか。幸福になっていきます。


世界中のどんな薬(抗うつ薬・抗不安薬)でも
根治しなかった心の病が、完全に消滅していきます。




今回のお話。

あまりに思想・哲学的で、
ピンとこない現代人には

存在欲・生の欲望を

「原始脳」の過剰な働き。


と、とらえますと
科学的かと思います。


大脳辺縁系をはじめとする、脳の古い部分

それは、私達が進化の過程で
爬虫類・ケダモノだった頃のなごりの部分。

そこの脳部位の暴走

・・・と、とらえると、
現代人は納得がいくのではないでしょうか?


実際、うつや神経症の方々の脳内では、

扁桃体などに、異常な血流・
電気的信号の偏り(暴走)が確認できます。


では空のとらえ方は?

かなり抽象度の上がった視点。物事を俯瞰する力は
前頭前野の仕事。

前頭前野は高次脳。人間の最も進化した脳部位。
物事を冷静に俯瞰してとらえる理性脳


仏教哲学を学習することで、
前頭前野(高次脳・理性脳)を鍛え、

脳の古い部分(大脳古皮質など)を
上手に制御し、バランスをとっていく。


マインドフルネスなど心理療法で、
うつ・神経症が治った人の脳内では、

原始脳の暴走が治まり、理想的な脳バランスを
確認することができると言われております。


仏式瞑想により、
仏教哲学的な生き方・生活をしていきますと、
やがて脳の病気も治っていくという事。

つまり、

古代仏教哲学と脳科学が矛盾なく、
「完全にリンク」していきます。


こうとらえますと、
仏教哲学って「科学的」でしょう?


心理療法は、心の病に対し、
薬物療法の理論とは
全く違うアプローチをしていきます。



ただ単に脳の病気が
解消していくだけでなく・・

こころの問題も解消していき、
人生が幸福になっていくというオマケつき。


??

これは順番が逆かもしれませんね。。


こころの問題・生き辛さが解消し
人生が幸福になっていくことで、

「オマケで」脳の病気(うつ病・神経症)が治っていく

・・・と、とらえた方が仏教的です。


===============
人生幸福な人に
うつ病患者はいないでしょう?
===============


うつ病・神経症は
脳の病気以前に→「こころの病」です。

こころが病だと、副次的に
脳も病気になっていきます。


現代精神医学とは真逆のアプローチ。

現代精神医学は、脳の病気を薬で何とかしようとして、
心の病を治していこうと試みます。


仏教心理学は
こころの病を解消することにより、
副次的に脳の病気が治っていきます。


どちらが良くて、どちらが悪いではなく、

薬物療法と心理療法。
お互いの良いところ・メリットを生かした方法論が
よいかと思います。





「まとめ」


・神経症の源泉は、
強烈な生存本能(存在欲・生の欲望)があります。

それによる我執の病理
(わたしへの過剰なとらわれ)

そして、それによる日常生活への支障
(神経症の諸症状) 「生き辛さ」


~~~~~~~~~~~~~~~
*うつの場合は少し角度が違い、

(深層心理の中で)
「我」が満たされないから、

自暴自棄・自己破壊的になり、

無気力になります。
~~~~~~~~~~~~~~~


ですが現代では、うつと神経症の「混合型」
多いのではないかと思います。

(抑うつ神経症・非定型うつ病など)



・存在欲・生の欲望

あえて、脳科学的に言うならば、
原始脳(大脳旧・古皮質などの古い部分)の暴走。


・仏教哲学的な生き方・考え方を
取り入れた生活をしていく。(空の思想など)

理性脳=前頭前野を鍛える事になります。

それにより、原始脳と高次脳(前頭前野)の
バランスがとれてきます。



・それをアタマのリクツではなく、
実際日々の仏式瞑想により
身体に潜在意識に染みこませていく。

(ただし長年の心の問題を治していくには、
努力が要ります)


これらにより、世界中のどんな薬物療法、
心理療法、カウンセリングでも治らなかった心の病が

完全、かつ根本的に
治っていく事もあります。




心療内科等の薬物療法を数年続けて、
「何の進展も無い場合」は、

心理療法(マインドフルネス・森田療法など)を
取り入れてみます。

道は開けていくと思います。



それでは今回はこの辺で。

心の病に苦しむ人々が、
苦しみから解放されていきますように。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2018/10/10 08:30】 | マインドフルネス心理療法とは?     (入門編)
トラックバック(0) |
===================
長期で引きこもっていますと、

うつや神経症(不安症)などの心の病も
セットでやってくる事が多いかと思います。

===================


今回は、そんな状態からの脱却について
書いていこうと思います。

よろしくお願いいたします。



『まず目標(ゴール)設定をします』
~どうなりたいか?どうしていくのが賢明か?~


無目的にずっと引きこもっていますと、
どんどん心の闇は深くなり、
うつ・不安症は悪化していきます。



「目標(ゴール)設定の段取り」

軽く自己分析してみます。


例:

・自分はWeタイプか?
Meタイプか?の分析。

We(ウィー)タイプ

皆と一緒に何かをしたい。
人といるのが好きで、
グループでいると安心するタイプ。

Me(ミー)タイプ

特定の限られた人
(伴侶・パートナー・親友など)といるのは良いが、

不特定多数のグループで、
皆で一緒にワイワイ何かをするのを好まず、
「己一人で何かをしていきたい」タイプ。



例えば、自分のタイプに合った、

少しでも自分が出来そうな仕事に
就労するのを目標設定とする。


Weタイプ:
接客業、大きな組織での労働など

Meタイプ:
会社でも一人作業が多い業務や、
職人芸・個人芸、また個人事業など



そのために何をすればよいだろう?

免許・資格、関連の本を読んだり。



他にも様々な
目標設定があると思います。


もう一つ。
若い子向けの例ですと「婚活・恋活」

Weタイプならば、
合コンや、各種出会いイベントなどの集団戦。

Meタイプならば、
ネット婚活や知人の紹介などの個人戦。


そしてそれが成就するための
心理学・仏教学・瞑想などの勉強。

もしも見た目が自信が無ければ
こころで勝負。


好かれる女子・男子になるには?
相手に重たく思われないための心得。

心理学・哲学・思想・自己啓発・お稽古事など
心を耕していきます。


心を耕す作業をせず、

あの人はなぜ私を愛してくれない?
なぜ私はウザがられるの?
なぜあの人は私に冷たく当たるの?

などはNGかと思います。

受け身の態勢では
物事は成就しない事が多いかと思います。


様々な学習・お稽古をし、
問題点を洗い出し、改善のアクションをしていく。

そして恋活・婚活に当たっていきます。



いろいろ例を挙げましたが、


まず自分がどうなっていきたいか?
目標(ゴール)設定をしていきます

健全な目標ならば、なんでもよいです。



いろいろ学習したり、お稽古したりしていますと、
もう「鬱になっているヒマが無くなっていきます」


ただし、これらを考えるだけで、
何も行動しませんと、

「人は基本的に
ネガティブな事を考える習性」があります。



これはうつ病のせい・・ではなく、
健常の人も「誰しも」そうです。


考えるだけで、ずっと動きませんと、
人間の心と脳の習性上、

基本的にネガティブな事・不安な事を
考えるようになっています。

これは、うつ病や
神経症(不安症)のせいではありません。


================
意欲があるから行動するのではなく、
行動するから意欲がでます

================


意欲というものは基本的に
待っていてもやってきません。

それどころか、ずっと行動せず寝て待っていると、
どんどん億劫になり、不安になっていきます。
底なし沼にハマっていきます。


対してスッと行動しますと、
「意欲」は犬のしっぽみたいに後からついてきます。


完璧に出来なくてよいと思います。
てきとーでもよいので、スッと行動してしまいます。

こんなてきとーな作業でも心理療法になります。

↓(やり方:ほうきを使ったマインドフルネス瞑想)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1354.html


人間の脳の進化は「行動が先」です。
行動することにより、
脳の進化は後からついてきました。



ただ、今回のお話。

「それは分かっちゃいるけど、
それがすんなり出来たら、
何年も引きこもっていませんよ・・・(笑)」


仰る通りです。

これらの内容は、よくありがちな自己啓発本にも
書かれていると思います。


世にある自己啓発本に書かれている事は
真理ですが・・・これを一人でホイホイできる人は
あまりいないと思います。

それが普通です。

それが一人で、ホイホイ出来るならば
はじめから引きこもっていませんね。。


「ではどうするか?」


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・利害関係の無い「第三者」

・もしくは普段の日常とは
全く関わりの無い「第三者」についてもらう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


親や兄弟、友達などですと、
どうしても客観的な視点に立てず、

特定のバイアス(色メガネ)が
かかってしまいます。


またそういった人が、引きこもり支援のために
真剣にやってくれる事は、あまり無いと思います。

さらに、そういった人達は専門家ではないので、
素人の生兵法的なアドバイスしかできないと思います。


ゆえにコーチ(コーチング)や、
心理カウンセラー、心理療法家など、

全く普段の日常と関係のない、
異世界(?)の第三者がおすすめです。

なおかつ。
心理療法などの専門家で。



一人で目標設定や、
具体的行動・・・と言っても。。

まず「分かっちゃいるけど やらない
と思いますので、

専門家など第三者についてもらいます。


ただし、そういった専門家の先生でも、
あなたの人生の「肩代わり」までは出来ませんので、

具体的アクションを起こすための
支援・専門的アドバイスという位置づけと、
とらえてください。

引きこもりから脱し、人生を豊かにしていくのは
専門家の先生の仕事ではなく「自分の仕事・自分の人生


そういった認識でないと、専門家におんぶに抱っこ、
単なる「依存」になってしまい、
余計問題がこじれてしまう事もあります。


また一人でやっていると、
モチベーションが下がり、ヤル気が無くなっていくと思います。

これはうつ病のせいではなく、
普通の人「誰しも」そうです。

人は一人でやっていると「誰しも」ヤル気が無くなり、
モチベーションが下がります。


もちろん一人でモクモクと目標実現する人も、
まれにいますが、

そんな鉄人のような精神の持ち主は、ごく限られた人で、
そんな人はすでに社会の変革者・偉人になっています。

私達は、そういった鉄人や天才ではなく
「普通の人」です。


普通の人が壮大な目標
(長年の引きこもりからの脱却)を実現するには、

専門家の力を借りた方が近道かと思います。


こういった事は社会心理学では
ホーソン効果」と言い、

人は誰かから
気にかけてもらっているという環境の方が

モチベーションが上がり、生産性が高くなるという
心理学の研究結果です。


これはホーソン効果?という
専門的な言葉で、難しく考えなくても

例えば、資格取得・趣味の技術修得などの
「通信講座」で、教材が送られてきて・・

はじめはモノ珍しさにやりますが、
1~2週間くらいすると飽きてきて、やる気が無くなってきて、

その通信教材は「押入れ行き・・」という体験を
皆さん、体験された方は多いかと思います。


一人でやっていますと、ほとんどの場合、
ヤル気がなくなっていきます。
(これはうつ病のせいではなく、誰しもそうです)

かといって誰かに依存的になるのも
よろしくありませんので、

「軌道に乗るまでは」
「一人でやっていける技術(メンタルスキル)と
自信がつくまでは」

専門家についてもらう
という解釈がよいかと思います。



コーチや心理療法家
(心理カウンセラーなど)についてもらい、

1、
心理療法の訓練。

社会へ出ても過剰なストレス反応しないように。
社会へ出ても、ある程度タフネスに生きていけるように、
「メンタルスキル」のお稽古。


2、
目標実現のためのディスカッション。

現在の引きこもり生活から抜け出すための、
具体的計画・議論。
専門的視点からのアドバイス。


3、
日常の雑談。笑い話。

一見、ふざけているように見えますが、
案外これ大切。コミュニケーション術になります。


これら1~3は
第三者についてもらわないと出来ません。



=====================
注:
ただし今回のお話。

大うつ病性障害などの重篤なもので、
急性期~回復期前期までは、

今回のような事は考えずに、
病院のお薬と休養で、ゆっくりしていてください。

↓(大うつ病: 急性期~回復期~維持期とは)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-5.html


今回のお話は、

うつ病等が薬物療法などで数ヵ月し、
だいぶ落ち着いた、回復期後期~維持期の方。

または、それほど重篤な状態ではない
非定型うつ病。

重くはないが、微妙なうつ状態が続くような、
気分変調症・抑うつ神経症などに向けたお話です。

=====================






「まとめ」


~引きこもりからの脱却計画~


1、具体的目標を立てる。


2、そのために何ができるか
自己分析、具体的行動計画を立てる。


3、「行動(恐怖)突入」(森田療法)

心理療法(心理技術)を使い、サッと行動し、
忙しくて「鬱々してられない」状況を作ってしまう。


うつになっているヒマが無い
状況・環境を作ってしまう。

すると「メンタルマッスル」が鍛えられてきます。
↓(メンタルマッスルとは?脳とコーチングの視点)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1421.html


人はヒマで時間があり、一人でじっとしていて
やることがないと
基本「ネガティブな事、不安な事」を考えてしまいます。

これは、うつや神経症(不安症)のせいではなく、
一般の人でも普通そうなります。誰しもそうなります。


進化の過程で、人間の脳は
そういったシステムで出来ております。
(外敵から守るためになど、様々な理由があります)


*ただし日々の
マインドフルネス仏式瞑想に関しましては、
家で一人でじっとしていますが、

これは、社会に出ていったとき、
過剰なストレス反応をしないための
メンタルスキルの具体的お稽古となります。



4、
とは言っても、1~3は「言うは易し」で、

分かっちゃいるけど、一人でやっていくのは
難しいと思いますので、


専門家(心理療法家・コーチ・心理カウンセラーなど)の力を借り、

一人でやっていける自信と
メンタルスキルが身に付くまで。

軌道に乗るまでは・・
専門家についてもらう事を推奨いたします。



こういったようなアクションを起こしていきませんと、
うつや神経症は、どんどん悪化していくと思います。

つまり、うつ病や神経症に
「なるべくして」なっていくと思います。


こういった根本的な問題は、
薬物療法(抗うつ薬や抗不安薬)で
どうのこうの・・・という話ではなく

「薬では解決しない問題」かと思います。


*実際・現実の話。
精神薬を何年、何十年飲んでいても
治っていない人がほとんどでしょうに。

それが現実の話です。
薬ではこの問題は解決しません。

現代精神医学も、こういった問題に
薄々気付いてきているのではないでしょうか。






~おわりに~


引きこもり期間を
「ただ漠然と、なんとなく」過ごすのではなく、

心理療法などを修練し、
目的意識を持って過ごしますと、

その引きこもりは、人生の中で
「とても大切な引きこもりとなります」

自分を深く見つめ直す
とても大切な期間。

↓(私自身、昔うつ病患者だった頃の引きこもり体験談)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1321.html



「引きこもりだからこそ学べる事もあります」


この引きこもり期間を
上手に過ごしてまいりますと
道は開けていきます。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:対人恐怖症・社会不安障害 - ジャンル:心と身体

【2018/10/03 11:07】 | ひきこもり
トラックバック(0) |
当心理相談所が
マインドフルネスの指導に携わらせていただきまして、
今年で約14年になります。

日本全国、たまに海外からも
スカイプを通じて

様々なうつ病・神経症に苦しむ方々が
瞑想に救いと道を求めやってきます。


まず瞑想コースの受付を行い、
メールにてオリエンテーションを行います。


この心理療法(マインドフルネス・森田療法)が
適正かどうか判断するため、

いろいろ質問を投げかけております。


ただ 「??」 と思う方には、

*(受講申し込み前に、
当ブログをあまり読まれていなさそうな方。
主旨をご理解されてなさそうな方)

こんな質問を投げかけてみます。



Q、
あなたにとって、
心の病が治るとは何ですか?


このマインドフルネス仏式瞑想を通じて、
どんな風になるのを望んでいますか?




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「え!?最近よく書店などで
瞑想(マインドフルネス)をすれば、たちまちうつ病が治る。
というものをみかけますので・・

瞑想効果で、たちまちうつが治って、
毎日絶好調・ハイテンションで、一生、何の悩みも不安も
無くなればいいなぁ・・というものを期待して
申し込みしました」
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



なるほど。そうですか。

では当コースを
受けない方がよいかと思います。


なぜなら、マインドフルネス瞑想を
何十年やっても、あなたの求めるものは
ここにはありません。

貴重な料金とお時間の
無駄になってしまうかと思います。


毎日ハイテンション、
絶好調になりたいのでしたらば、

そういった類のよくありがちな
ポジティブ系の自己啓発セミナーや、

もしくは、心療内科等の薬物療法で
刹那的な絶好調(もしくは鎮静)を味わっていた方が
楽ですし、努力も要りません。簡単でよいかと思います。




==================
ただ、ここで門前払いも失礼ですから、

せっかくの機会。
ここで一度立ち止まり、

「こころの病が治る」って何だろう?を
一緒に考察していきませんか?

==================




たまにうつ病の方で
いらっしゃるのが

毎日絶好調、ぶっ飛んでいたいと
所望される方がいますが・・


一度考えてみましょう。
「なぜ毎日絶好調でないとダメなのでしょうか?」


ちなみにですが、
毎日絶好調・・・は「躁病(そうびょう)」といって、
重篤な精神疾患です。

躁病傾向の方に多いのが、毎日絶好調がゆえに、
人生とんでもない過ちを起こす事もあります。

毎日絶好調がゆえに、
人間関係がおかしくなることもあります。


また毎日絶好調の人は、人間性の深みがなく、薄っぺらく、
浅はかにみえる事もあるのではないかと思います。

毎日絶好調が、
逆に人生不幸を呼ぶこともあります。

絶好調は、必ずしも
良い事ばかりではありません。



毎日絶好調という生物学上、ありえない
「不自然な状態」
を望むのではなく、

「多少の鬱と、多少の躁は
人生に深みを与え豊かにする」と、

とらえてみる事をおすすめいたします。

このマインドフルネス仏式瞑想は
「躁病患者」(毎日絶好調)を作るものではありません。


極端に振り切れるのを良しとするのではなく、
仏式瞑想は「中道」 陰と陽のバランスです。



え!?中道って??



ギターの弦は張りすぎると
キンキンと変な音になりますし、切れてしまいます。

緩めすぎると、これまた 変な音になるか、
音が出なくなります。

ギターの弦は「ほどよい張り加減」が
よい音色を奏でます。人間の心も同じ。


完全に鬱を排除し、
躁状態を良しとするのではなく、

鬱と躁の
ほどよいバランスがよい音色を奏でます。


また、地球・大自然も
バランスで出来ております。

毎日いい天気。毎日晴れ。
これは良い事でしょうか?


確かに毎日晴れは気持ちがよいですし、
気分が朗らかになりますね。

でもそれが続くと、深刻な水不足になったり、
様々な弊害をもたらします。


「雨はイヤですか?」

確かに雨の日は、気持ちが億劫になりますね。
でも大自然(地球)にとっては、雨(水)も必要です。

もちろん雨ばかりですと、
洪水など様々な弊害をもたらしますが。


晴れ(躁)と、雨(鬱)の
ほどよいバランスが、地球(人間)にとって
健全な状態かと思います。


何が言いたいかといいますと、
私のところでお稽古を続け、

瞑想が上級者になったとしても、
毎日絶好調にはなりません。



え!?ではどうなるの?



はい。
うつの日はうつのまま。
元気な日は元気なまま。

気分の悪い日は悪いがまま。
気分が良い日は良いがまま。

雨の日は雨のまま。
晴れの日は晴れのまま。

ただそのまま。あるがまま。
毎日ひょうひょうと生きていきます。

ただこれだけ。


鬱々是好日
日日是好日



つまり毎日絶好調の
変な人(危ない人?)になるのではなく、

「普通の人」になるということ。


毎日仕事して、疲れて、家に帰って、
家族と談笑し、ごはんを食べ、テレビを観てバカ笑いし、
瞑想して勉強して寝る。一日が終わる。

休日は家族や友人と遊び。
たまに悩み、落ち込み、でも朗らかに生きていく。


鬱や躁はあるのでしょうが、
そんな事にとらわれず
ただ毎日をひょうひょうと生きる。

ただこれだけ。


瞑想が上達していきますと、
普通の人。聖なる凡人になります。


でもその境地の人は、
もう抗うつ薬・抗不安薬は要りません。

心療内科・精神科も、もう不要です。



「自然に服従し、境遇に従順なれ」
(森田療法のことば)

これがこの瞑想のゴール。

それ以上、何を求めるのですか?



え?拍子ヌケしましたか?


深層心理の中で、
何か、ものすごい事を望んでいませんでしたか?

マインドフルネス瞑想すると
スーパーマンのように絶好調になり、
人生何の悩みも不安もなく、
常にハイテンションで、何でもできるようになる!!・・・と。


夢を壊すようで申し訳ありませんが、
「それはありません」

しっかり現実・事実を
観た方がよいかと思います。



「いや。それでも納得がいきません。
私は毎日絶好調になり、たちまち即効でうつ病が治り、
一生、何の悩みも不安も無いような
スーパーマンになりたいのです!」

・・・と、いうのでしたら


それもよいでしょう。
止めはしません。

あなたの人生ですので、何を選択しようが自由です。
去るもの追いません。


そういった「奇跡のような事」を謳い文句に、
客寄せしている、霊能者や詐欺師、カルト宗教、

100万円くらい取られる
謎の自己啓発セミナー等に行かれるとよいでしょう。
(ただし何があっても自己責任の上で)


以下のような方たちが
「そういった人達を食い物」にしようと、

巧みなマーケティング手法を使い、
手ぐすね引いてお待ちしております。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
例:
・「うつ病が〇日で楽して治るセミナー!」
・「この人の前に座り、パワーや術を受けるだけで、
たちまち心の病が治る!」
・「ただCDを聞き流すだけで、うつ病が治る!」
・「このペンダントを身につけるだけで、
幸福が舞い込みます!」
・「あなたには悪霊が憑いているので、
この結界(100万円)を張れば、たちまち悩みはなくなる!」

などなど。


*騙す方も悪いですが、こういったものに
「騙される方の心」にも隙があり問題があると思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



こういった類のものに騙される方は
いないと思いますが、
上記のようなものがお好きならばどうぞ。
(ただし自己責任の上で)





さて、話を戻します。


マインドフルネス仏式瞑想の主旨は
ご理解いただけましたでしょうか?


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
うーん。。今回のお話。。

瞑想の不思議な力で
毎日絶好調で、たちまち鬱が治り、

スーパーマンになる事を期待していたのに・・・
仏式瞑想って何なのですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


はい。それはありません。
現実をしっかり観ましょう。

瞑想して、たちまち
うつ病が治る事はありません。

スーパーマンにもなりませんし、
聖者にもなりません。

普通の人・凡人になっていきます。


毎日仕事をして、家に帰り、家族と談笑して
冗談言ってバカ笑いして、
メシ・フロ・ネル。以上終わり。

でもそこには抗うつ薬も、抗不安薬も、
心療内科も精神科も、もう不要。


かといって毎日
絶好調かと言えば、そうでもなく、

調子が悪い時もあれば、
調子が良い時もある。

ですが、もう調子がいいとか悪いとか。
うつとか躁とか、
そういったことに、あまり「とらわれず」

人生を朗らかに
ひょうひょうと生きていきます。

ただそれだけ。


*ですが、このマインド(メンタルスキル)が、仕事や
様々な芸事、習い事などに活かす事ができ、

結果的に業績アップや
様々なスキルアップに繋がっていきます。



はい。仏教の瞑想(マインドフルネス)は
ここがゴールとなります。


心の病。
人生の病が治るって何なのだろう?


今回のお話が
それを考察するきっかけになれば幸いに思います。



これらを踏まえた上で、

当コース。マインドフルネス仏式瞑想を学ぶかどうか
考えていただければよいかと思います。



「瞑想をするだけで、たちまちうつ病が治り、
毎日絶好調になる!」

・・・という考えの方は、残念ながら
依頼を受けることは出来ません。


なぜなら、あなたの求めるものは
ここにはありませんし、

貴重な「お時間」と「料金」の
無駄になってしまうからです。

そういった依頼は
受けない事にしております。

(受ける方のためを思ってのことです)



ただし、今回のお話や、
当ブログ・メルマガをいろいろ読まれていて、

「主旨をよくご理解されている方」は、
この瞑想の道が適していると思います。


今まで、どんな抗うつ薬・抗不安薬、

また、世界中のどんな心理療法・
カウンセリングでも治らなかった

うつ病や神経症、
生き辛さが「治っていく」事でしょう。



再度問うてみます。

~~~~~~~~~~~~~~~
目に見えない心の病が
「治る」ってなんなのでしょうか。

あなたにとって
治る(幸福)って何だろう。
~~~~~~~~~~~~~~~


毎日絶好調・ハイテンションに
なるのがゴールならば、

毎日、酒や抗うつ薬で
ハイになっていた方が手軽で、
よいのではないでしょうか?

でも、それは幸せなのだろうか?



答えは今 出なくてよいと思います。

それを「探求する心」を持って、
瞑想の道にいらっしゃいますと
実り多き瞑想コースになると思います。

今までどんな方法でも
解決しなかった心の病に対し、
「究極の道」がみつかることでしょう。



逆に、残念な結末になる
よくあるパターンは、

「脳科学的効果が!効果が!
心の病がいつ治るのですか!?
効果はいつ出るのですか!?」

・・・と、短絡的な発想でいらっしゃる方は、
何も得られず終わる事が多いかと思います。





最後に、


最近マインドフルネスブームに便乗して
書店によく置いてある、
いわゆる「マインドフルネス本」

*(瞑想すると記憶力がよくなる!
瞑想するだけで、うつが治る!
脳科学的に〇〇の効果が!・・・など大げさな効果を謳ったもの)


それら瞑想に対し、
「残念な解釈」 一辺倒の本を、一旦閉じていただき、

本来の瞑想の道を歩んでまいりましょう。








ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。




*「当活動14年運営のポリシー」*

・当カウンセラーは、特定の宗教団体、
自己啓発団体など、一切関わりはありませんし、
一切関係ありません。

・またサプリや霊感グッズなど、
おかしな物品販売・勧誘等も一切ありません。

・悪質な自己啓発セミナーのように、
個別にしつこく勧誘・
セールスすることも一切ありません。




☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2018/09/26 15:00】 | マインドフルネス瞑想が「上手くいかない典型例」
トラックバック(0) |
「長年のうつ病・神経症、生き辛さが治らない方への
心理学・仏教学の処方箋」



「序」

まず前置き・注意点
(長年心理療法をやっても治らない人へ)


マインドフルネス瞑想や
森田療法などの心理療法は

ただ「漠然とやっているだけでは」
何の効果もありませんので、

以下の作業も
同時進行で行ってまいります。

すると、はじめて効果が現れてきます。


それは心理療法のテクニックだけではなく、
考え方(思想・生き方)を変えていく作業

これも同時進行で行っていきます。


============================
①「正しい」テクニックの修練+②理論の学習=本当に治っていく
============================


*①は自己流ではなく
専門家についてもらい日々「正しく」瞑想の修練。

独学などで、間違ったやり方を何十年やっていても、
何の成果もありません。

②理論の徹底学習
(今回はこちらのお話)


①と②。これは車の両輪のようなもの。
どちらかが欠けても車は前に進みません。

①と②。どちらも疎かにならないよう、
平等に同時進行で進めていきます。





「本題」


さて本題に入ります。

~「考え方を鍛えていきます」~


以下AとB。
2つの考え方(生き方)があるとします。


それは、

=======================
A、
原因論の生き方・考え方」


「私は悪くない。〇〇が悪い。
私が不幸なのは、会社や上司のせいだ。
旦那(妻)のせいだ。親のせいだ。
あの人のせいだ。病気のせいだ。
全て周りが悪い。私は全く悪くないのに!」

(現代型(新型)うつ病で多い他罰性)


・・・という生き方(考え方)と、



B、
目的論の生き方・考え方」


〇〇が悪い→ だから私はかわいそうだ。
→ そして悪いのはあの人。あの人のせいで!
・・・というロジックは一旦捨て、

過去(原因)は分かった。
でもそれは一旦置いておき、

それよりも
「今」「そして、これから」
どう生きていくのが賢明で、幸せになれるか。


だけに焦点を当てて生きていく。


<解説>

仏教学では因果(因縁)の法則
というものがあります。

それは、
「因(原因)+縁(条件)=果(結果)」


「因果の法則とは?」

過去に知ってか知らずか、
意識してか、意識せずにか、
作ってしまった(起こってしまった)原因に

過去に知ってか知らずか、
意識してか、意識せずにか、
選択してしまった条件(縁)が加わって

今、結果になっている。
それは良い事も悪い事も。


自身が知ってか知らずか
作ってしまった(起こってしまった)業を

文句を言わず、淡々と受け入れ、
出てきた結果(今起こっている事象)に対し、

「どう関わっていけば
今後よりよく生きていく事が出来るだろうか?」


原因(因)と条件(縁)により、
起きてしまった事はしょうがない。

ですが、
何でも人のせいにする考え方(原因論)を一旦止め、

それよりも
「今・これから・どうよりよく生きていくか」

・・・に
焦点を当てた生き方をしていく。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
過去は変えられない。
そんな事に執着しても、何の得もありません。
(時間とエネルギーの浪費です)

変えられるのは「今・ここ・これから」
ここに人生の貴重なエネルギーを注いでいく。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


=======================




ただ、AとB。

どちらの生き方(考え方)をしようが
本人の自由です。

どんな生き方をしようが本人の自由。
誰も縛る事は出来ません。


A(周りのせい・人のせい)の
生き方をしてみて、

人生が安穏と幸福に満たされるならば、
それはそれでよいと思います。

その生き方・考え方を
貫いてみるのもよいと思います。


ですがAの、

あの人のせいで、〇〇のせいで・・・
という、専ら人のせいにする生き方・考え方。

~~~~~~~~~~~~~~~~~
今まで何年・何十年。
その考え方で生きてきて

「はたして幸せになれただろうか?
心の病が治っただろうか?」

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 一旦立ち止まり、
自分に問いかけてみます 



もちろん、
あの人のせいで!〇〇のせいで!も
一理あると思います。

本当に「〇〇のせい」も
あるかもしれません。



・・・ですが、


その考え方・生き方をしていて、
現在地獄のような生き辛さ。

それに伴う心の病。
慢性的な不幸感。


という結果が出ているのならば、
なぜに、なおも今後、
その生き方(考え方)を続けるのだろうか?

不幸になるという結果が明白な事を、
続ける事に意味があるのだろうか?



あの人のせいで!と
恨みつらみ、怒り、怨念、後悔・・・
(という業(ごう:カルマ:負のエネルギー)を頭の中で作りますと)


その心理状態でいると、
常に交感神経が高ぶり、

常に脳が闘争・逃走状態
(慢性的ストレス脳)になり、


ストレスホルモン(コルチゾールなど)や、
活性酸素が増え、

脳神経はズタズタに破壊され、
(特に海馬神経はコルチゾールにより弱体化する)

血管壁はボロボロになり、
肌は荒れ、老化が早くなり、
遺伝子は傷つき、おかしな病気が発症しやすくなり、
寿命は短くなり、

自律神経は乱れ、
常に謎の胃痛・腰痛・頭痛に悩まされ、


*(つまり、自分で頭の中で作った業(ごう)を
自分で刈り取るハメになります。
これを仏教学では、自業自得といいます)



Aの生き方・考え方
(周りのせいで!あの人のせいで!)は
人生で「何のメリットがあるのでしょうか?」


デメリットしかないと思います。

まさに百害あって一利なし。
それをなぜ続けるのでしょうか?


長年の生き辛さに限界が来た時。
それに伴う、うつ病・神経症を患った時。

人生の半ば。折り返し地点。
「生き方(考え方)を変える時期かもしれません」




アドラー心理学・森田療法・
マインドフルネス仏式瞑想では、

「原因論」(〇〇のせいで)より、
「目的論」今・ここ・そしてこれからどう生きていくか
に、人生の焦点を当てていきます。


マインドフルネス仏式瞑想では、
瞑想の各種技術を使い、

それらを日常で具体的に使えるよう
実践していきます。


A、(原因論)
〇〇のせいで!あの人のせいで!
かわいそうな私。悪いあの人。
わたしを認めて・・・に執着する生き方と、

B、(目的論)
原因論(〇〇のせいで)や、
かわいそうな私。悪いあの人・・・は分かった。

でもそれは
一旦手放し、置いておき、

「今・ここ・そしてこれから」どう生きていくか?


AとBを、
自身の人生を使って「実験」してみて、

どちらが幸福で元気、
心が安穏になるか「実験」してみます。



なぜ実験するのかと言いますと、

人は自ら人生、痛い目に合わないと、
本当の意味で納得がいかないからです。


人から言われるがまま、
なんとなく受け入れるのと、

自分で人生痛い目にあって、受け入れるのとでは
全然「理解力」が違ってきます


また今回述べました、
人生のこういった問題に関しては、

化学薬品(抗うつ薬など)は、
ほとんど効きません。

もちろん化学薬品(抗うつ薬・抗不安薬)は
脳がハイ(あるいは鎮静)になり、
気持ちよくなり、問題を「ごまかす」事は出来ますが、

人生の根本的な問題を
解決することは出来ません。


心療内科等が主張する
「うつ病=脳の病気」説が
クローズアップされている昨今、

それにより薬物療法一本主義の
方法論になりがちです。
(脳の病気なんだから化学薬品で解決しよう・・・と)


それはそれで否定しません。
それ(脳の問題)もあるかと思います。


ですが何年・何十年。

心療内科に言われるがまま
化学薬品(抗うつ薬・抗不安薬)を飲み続けて

ずっと平行線が続き、
何の解決にもならないのならば、


「こころの問題」にも目を向け、

心理療法を導入してみますと
解決の糸口が見つかるかもしれません。






「今回のまとめ」


過去は変えられない。

どれだけ 執着 しても過去にタイムスリップして
やり直す事はできない。

出来ない事は、時間とエネルギーの
無駄になるので、止めることを推奨します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
では、変えられる事は
『 今・ここ・これから どう生きるか 』
 かと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


原因論から→ 「目的論の人生」へ
シフトチェンジ

それが出来たうえで、日々
マインドフルネス仏式瞑想のお稽古をしていきますと、

どんな抗うつ薬・
抗不安薬でも治らなかった

うつ病や神経症・生き辛さが
劇的に治っていきます。



=============
変えられる事を
変えていく勇気を

変えられない事を
受け入れる落ち着きを

そしてその二つの事を
見分ける賢さを


ニーバーの詩:祈りより
=============







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2018/09/19 11:38】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
「閻魔(エンマ)大王と、うつ病裁き」


さて、今回は新型(現代型)うつ病と、
メランコリー親和型性格の定型うつ病でよくありがちな、

パーソナリティー的な特徴を
「おとぎ話」として書いていきます。


*今回のお話の中に出てくる、閻魔さまや地獄・天国が
実際あるわけではありません。

あくまで仏教哲学・瞑想の世界観を
分かりやすくするための、おとぎ話です。


*なお、新型うつ病は病名ではなく「通称」です。
昔からあった抑うつ神経症や
自己愛性パーソナリティー障害的なものが
これに当たると思います。
(それにより「副次的に」鬱になっている状態

現代で社会現象的に、非常に増えてきましたので
「新型うつ病」と言われております。



それではよろしくお願いいたします。



======================



ある二人の
うつ的な人生を送った方が、

この世の仕事(寿命)を終え、
あの世にいきました。




一人目。


新型(現代型)うつ病の
うつ子さんは生前、

「私が不幸なのは〇〇のせいだ!
私はなんの汚れもなく悪くない。
周りが悪い。家族が悪い。会社が悪い。上司が悪い。
あの人が悪い。私は全く悪くない!
あの人のせいで鬱になった」

そんな生き方・考え方を続けた人が、
この世の仕事(寿命)を終え、あの世にいきました。



うつ子さんは
スッと目を開けました。



「あれ。どうやら私は死んだみたいだ。
ここはあの世というところだろうか?」


でも、この私がいる
「法廷」のような風景は何なのだろう・・・?



ズシーン、ズシーンと
足音が聞こえてきた。


ハッと見上げると、


巨大な体で、鬼のような顔をした
裁判長(エンマ大王)が現れました。





enmasama.png


閻魔さま:
「うつ子よ。ここは地獄の入り口である」



うつ子:
「え!?なんで!?
私は生前、何の汚れもなく、正しく生きていたのに・・

私は何もやっていないのに、
周りのせいで不幸になった被害者ですよ!

友人せいで、会社のせいで、パートナーのせいで、親のせいで、
他人のせいで傷ついて・・
辛い人生を送った、かわいそうな人なんです。

そんな、かわいそうな被害者である私が
なんで地獄にいるのですか?意味が分かりません!

エンマ様のせいで傷つきました。
あなたのせいで鬱になりそうです!

正しく生きていた私を、早く天国に送ってください!」



閻魔様:
「ほう・・そうか。
では君が生きていた全ての人生の記録は、
この閻魔帳に書かれてある。

閻魔帳というと現代的でないから、
この閻魔の鏡で映しだしてあげよう。
現代で言うならばユーチューブだ。

ただしこの鏡に映る動画は、
君の「心のありよう」も全て映し出します。

そこに座って観てごらんなさい」



うつ子:
「ふんっ。どうぞ映してください。
私はきちんと生きていました。
何の落ち度もありませんので。
私は悪くない。周りが悪い」



閻魔様の鏡が、ふわっと光り出し、
なにやら動画がうつっている。

目を凝らしてみますと、
そこには生前の自分が映っている。



うつ子:
「うわっ!自分を動画で客観的に観ると、
案外思っていたイメージと違う。

え!?自分ってこんな感じだったの??


ひどい!人と会った時、
なんてひどい態度で接しているんだ。。
これじゃ、人から嫌われて当然かも。

自分では、もっときちんとやっていると思っていた。
客観的に動画で自分を観てみると、ひどいありさまだ。


しかも心の中も映し出されている。
人のために善い事をしてきたつもりだったが、
心の中は偽善心、虚栄心・・・

あの人のせいで
不幸になったと思っていたが、

自分の心の中は、私を認めて!私を愛して!
私の思い通りに!などの我欲でいっぱい。


生活態度も、食っては寝て、
食っては寝ての自堕落生活。。

ああ。これが何年も積もりに積もって
相手もフラストレーションがたまっていたのか。。

友人や身近な人が、なんで私に冷たく当たるのか、
全く気が付かなかった・・・

これじゃ相手も
私に悪く接するのは当たり前かもしれない。


あの人のせいで!と、
被害者だったと思っていたのですが、
私は加害者だったかもしれない。

あの人のせいで!と思っていたのは、
実は自分が日常で、知らぬ間に蒔いていた
火種(カルマ)かもしれない。


この鏡は自分が観たくなかった
(見て見ぬフリしていた)
心の中・深層心理も映し出す、恐ろしい鏡だ!

うわっ!もうみてられない!
自分の本当の心を見たくない! 」




うつ子は鏡から目を背けました。



すると閻魔さまは
パチンと指で合図を鳴らしました。

控室から鬼たちが出てきて、
うつ子の顔を鏡に向け固定しました。



うつ子:
「うわーっ、自分の「本当」をみたくない!」



閻魔様の鏡に映し出された
うつ子さんの人生全てが終了しました。

うつ子さんは放心状態。
ぐったり落ち込んでいる。


うつ子:
「私は悪くない・・と。
とりあえず正しい生活をしていたと思っていたのですが、
私の真の姿は真っ黒だった」


エンマ様:
「うむ。君はこの地獄で業火に焼かれ、
200年間、自分の心を客観視していなさい。

そして毎日、エンマの鏡を観て、
200年終わったら、また新しい生を授けよう。
また新しい修行(人生)をはじめる」



エンマ様:
「次回生まれたら、今度は
人のせいにしない人生を送りなさい。

自身が知ってか知らずか、意識してか意識せずにか
作ってしまった業(ごう・カルマ)を受容し、
それをキレイにしていく人生を送ること。

次回の生では、人生のどこかで
仏教瞑想に縁のある人生 を用意してあげます。
しっかり修行に励むように」



そして鬼たちに連れられ、
地獄に落ちていきました。


うわーっ
閻魔様や鬼たちの「せいで」鬱になった!
(まだ言うか・・(笑))




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<新型うつ病の特徴>

・新型うつ病は、そもそも病気というより、
パーソナリティー的な問題が大きいものですので、

当たり前のことですが「薬(抗うつ薬・抗不安薬)」は、
その場しのぎの気休め程度で、ほとんど効きません。

化学薬品で治る事はありません。
ゆえに、心理療法を推奨します。


・このタイプの方は、頭の回転が速く、
心理療法理論の理解力も高い。
・・・が、いかんせん。何事も長続きしないケースが多いので、
心理療法も難しいパターンが多い。


・10~30代の若年層に多いですが、
現代では中高年でもたまにいます。

ひょっとしたら現代の世相を反映した
心のトラブルかもしれませんね。


・新型うつ病は、なぜ他罰的な方が多いのか、
心理学的分析。(他罰性=〇〇のせいで!)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1048.html

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





さて、二人目のお話。



メランコリー親和型性格、定型うつ病の
うつ美さんは生前、


「私はとんでもなく悪い人間だ。
生きていてみんなに迷惑ばかりかけている。
あの人が辛いのも私のせいだ。
私が生きていて、皆様ごめんなさい。
私のような悪い人間は地獄に落ちるだろう」

・・・と。

この世的に少し辛い人生を送り、
この世の仕事(寿命)を終え、あの世に行きました。



スッと目を開けました。



「どうやら私は死んだようだ。
あれっ!この広大な美しい蓮華畑の風景は
なんなのだろう?」



向こうからスーっと、
美しい衣をまとった、観音様がやってきました。

kannonsama1.png


うつ美さん:
「あのー。。
生前、私のせいで皆に迷惑をかけて、
悪い人間だった私が、何でこんなところにいるの?
行き先が間違いではないのですか?
私が行くべきところは地獄なのでは?」



観音様はスッと微笑んで。


「ふふっ。あなたは優しい子。
あなたが来るのをずっと待っていました」

「私はここでずっとみていました。
うつ美さんは、ひどい生き方なんかしていません。
悪い人間でもありませんでした」


「あなたは生前、徹底的に自身の中の「煩悩」と向き合い、
人のせいにせず生きてきました。
うつ美さんは自身の業(ごう・カルマ)を、徹底的に自覚する人生を送りました。
でも、もう苦しまなくていい」

「全ての宿題は終わりました。
しばらくこの蓮華の園(天国)でくつろぎ、お休みなさい。
心の傷が癒えたら、次の生をご用意します」

「あなたは生前、少し不器用な生き方でしたが、
次の生では、穏やかで安穏な、人々に安らぎと希望を与える、
菩薩のような人生をご用意します」



うつ美:
「うーん。。よく分かりませんが、
でも・・・こんな美しいところに居させてもらうので、
何か恩返しをしなくちゃ!
私に何かできる事はないですか!?」



観音様:
「ふふふっ。メランコリー親和型の方は、
親切で義理堅い方が多い。
そこがあなたの美しいところですよ」

「いいんです。次の生で
何か人の役に立つ人生を送ってください。
それを恩返しとしてください」






~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「このタイプのうつの特徴」

・定型(普通の)うつ病は、
薬が非常に効きますし、心理療法も非常に奏功を成します。

・少し思考の融通が利かない面もありますが、
うつ気質、独特の粘り強さや
頑張り屋気質により、心理療法が長続きし、
新型うつ病に比べ治るのが早い。

・新型うつ病は若年層に多いが、
このタイプのうつ病は、中高年層に多い。

・非常に内省的(反省的)なので
心理療法などで、自分の内面を観る能力が優れています。

ゆえに、きちんとした心理学的ノウハウがあれば、
回復は早い傾向にあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


=========================





善人なおもて往生をとぐ。
いわんや悪人をや

(親鸞聖人:歎異抄のことば)



「悪人正機」

善人より「悪人」の方が
早く往生(悟り)に達する。


ここでいう「善人」とは、

うつ子さんのように、自分の事を
善人・正義だと「思っている(勘違いしている)」人のこと。

とりあえず自分は悪くない。
全ては周りが悪い。〇〇のせいで!・・・と。



対して「悪人」とは。

自分の深層心理の奥深くに眠っている
「煩悩」(あさましい心)を
しっかり自覚している人のこと。


*(心理学(精神分析)で言うならば、無意識の意識化。
無意識にあるものを意識化できている = 自覚)
意識、無意識


他人のせいにせず、
全ては自身の作った業(カルマ・煩悩)の結果だと、

知ってか知らずか、意識してか意識せずにか
作ってしまった業を、
淡々と文句を言わず受容し、刈り取る人。



「瞑想や仏教哲学の世界では、
人のせい、病気のせい、〇〇のせい・・・を止めると
人生は好転していきます。
また、心の病も早く治っていきます」



かといって、うつ美さんは、
あまりに卑屈な生き方になってしまっていたので、

人生、吉と出ても凶と出ても、
全ては自身が作った
何らかの業(ごう:カルマ)の結果なんだな。

と、人のせいにせず、
かといって卑屈にならず

それを淡々と処理し、刈り取っていく生き方。
瞑想的な人生を送っていくのが、よいかもしれません。



*注意: 
ただし今回の話は、
暴力を受けた、窃盗にあった、などの
犯罪的なもの(極端なもの)は、忍受せず、
きちんと法的措置を講じてください。

確かにそれも、業(ごう:カルマ)の結果なのですが、
あくまで、この世のルールに従った上での話です。





さて、今回は天国と地獄の
「おとぎ話」をしましたが、


実は天国・地獄は、あの世にあるのではなく、

自身の「こころの中」に
あるのかもしれませんね。

「心のありよう」が天国か地獄か。


うつ子さん、うつ美さんのように、
あの世に行ってからでは遅いので、

今世・この世・この生で
天国的な生き方をしていくのが
よいかもしれません。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
善人(偽善者)にならなくていい。

こころ優しき
「聖なるちょい悪(ワル)」でいきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~



<続く>




今回のお話、心理学・仏教学の視点から
何が言いたかったのか。核心に迫ります。

↓(続きはこちら: 長年の心の病が治っていくヒント)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1435.html






ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2018/09/12 12:07】 | 心の病  「禅カウンセリングの視点」
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
Q、
うちには引きこもりの子がいます。
12年くらい引きこもりが続いています。

私があれこれやってあげて、支えているのですが、
一向に問題は改善しません。

この子は何か心の病を
持っているのではないかと思います。

<長文につき中略>

私も肉体的・心理的に疲弊しておりまして、
若いころから患っていました
うつ・神経症が悪化しております。

どうすればいいのでしょうか?

何かアドバイスをいただけますと
ありがたく思います。
======================


A、

はい。今回はブログ記事という形で、
これをお答えとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。



引きこもりと共依存

引きこもりにも様々なタイプがありますが、
今回は「共依存」になっているパターンについて
語ってまいります。


例えば、こんなケース。


・引きこもる側の深層心理:

家の人がいろいろやってくれるので、
特に頑張らなくても、今の楽な状態を続けていられる。


・援助する側の深層心理:

援助する側に心の闇があり、
自身の心の闇(トラウマ・コンプレックスなど)から目をそらしたいので、
他者に尽くす事で、そちらに意識が向くので、
自身の心の闇から都合よく目をそらす事ができる。


引きこもる側と援助?する側。

この両者の、深層心理に隠されたニーズが
完全に一致します。

この両者の不健全な「カプセル化」の事を
心理学では共依存といいます。




引きこもっている側にも問題がありますが、
このケースでは、もっと大きな問題は「援助する側」です。

====================

あなたが、あれこれやってあげている事が、
実は、相手の「自立」を阻害している。


相手のため!と思ってやっている事が、
実は相手の人生を、
破壊しているかもしれません。

====================

さらに、

~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたが引きこもっている人に
尽くせば尽くすほど、
あなたの心の闇(病)は深くなる

~~~~~~~~~~~~~~~~

つまり、自他共に破壊しています。


まずこの2つに
「客観的気づき」を入れてみます。




かといって、ここまでカプセル化に
なってしまっていると、

抜け出せない、
また、現状を客観視できない状態に
なっていると思います。



ゆえに現実的な対策は、

専門家、第三者に入ってもらう事を
おすすめいたします。

例えば、自治体などに在籍する
各種ソーシャルワーカー。


特に長期間引きこもっている人が、
何らかの障害(発達障害・うつ病など)を
抱えている事もあります。

もしも、思い当たる事があれば、
医師に繋いでもらい、適切な診断を受け、
障害認定などを受けますと、

自治体・国による
バックアップ・サポートが受けられます。

すると金銭的・心理的・時間的余裕ができてきて、
「本当の問題」に向き合いやすくなります。


また、引きこもっている人の
今後(就労・社会復帰)に関しても、

そういった分野は
各種ソーシャルワーカーなどが専門です。



もう一つ。
心理カウンセラー(コーチ・心理療法家)についてもらう。

援助する側も(このケースではお母さん)
自身の心の問題(闇)に向き合います。


自身の心が健康でないと、
問題に腰を据え、向き合う事はできませんし、

もしかしたら、お母さんの、
うつ・神経症的ネガティブな心理・行動を

普段からお子さんが、
モロに影響を受けてしまっているかもしれません。


*こういったことは分かりづらく、
無意識的に影響を受けてしまっている事もあります。

ゆえに、客観的立場の
専門家のアドバイスを受けてみます。



=============
自身が幸福でないと、
他者を導くことはできません。
=============


まずお母さん(援助者)自身の
心の病を治していきます。

そして、心理療法を修練し、
どんな環境の中でも
幸福になる術を身につけていきます。

実は、それが
お子さんのためになると思います。

お母さんが精神的に病んでいますと、
お子さんも疲れてしまいます。



「自利 (即) 利他」

自分の幸福は即、
他者の幸福になっていく。


そんなマインドフルネス仏式瞑想の
スキルを身につけていきます。



心理学の視点から言いますと、
「情動感染」というものがあります。

身近にいる人の心が
伝染してしまうというものです。

*誤解の無いように。
これはウイルスなどの感染症ではありません。


前頭葉にミラーニューロンというものがあります。
これは別名「人マネ細胞」と言われております。

相手の心理・行動パターンを
「無意識的に」コピーしてしまう細胞です。

特にいつも身近にいる人は強烈です。


一つ屋根の下で生活していると
夫婦・親子・(時にネコやワンちゃんですらも)
「似てくる」というのは、こういった理由からです。

それはポジティブな事も
「ネガティブなことも」似てきます(情動感染)


ゆえにまず、お母さんが幸福になり、
身近な人たちに、
よい情動感染するよう心がけます。




最後に。

ずっとカプセル化していますと、
どんどん底なし沼にハマっていきます。

ずっと抜け出せなくなってしまいます。


” ポジティブな ” 恐怖感」を持つ。


この状態が向こう10年、20年続いてしまいますと、
あなた自身やお子さんの生活、人生はどうなってしまうか?

金銭的にも年齢的にも、
どんどん身動きが取れなくなってしまいます。

余計ひどい状況になっていきます。


早めに行動します。
早ければ早いほど、抜け出しやすくなります。


人生のどこかで一歩踏み出します。
それは「今」ではないでしょうか。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*それでも一歩踏み出せない深層心理。
心理学の視点から、深く自己分析してみます。

深層心理の現状維持機能・コンフォートゾーンとは?
なぜ 「悪しき現状」 から抜け出せないのだろうか?

↓(1話、読み切り)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1411.html

もっとガッチリ学習したい方はこちら
↓(全12話、続きモノ)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-category-94.html


上記2リンクは、少し厳しい内容ですが、
これらを完全に学習・実践していきますと、

世界中のどんな心理療法でも治らなかったものが、
治っていきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



================
変えられない事を
受け入れる落ち着きを

変えられる事を
変えていく勇気を

そしてその二つの事を
見分ける賢さを

(ニーバーの詩:祈りより)
================



「それは本当に
変えられない事なのだろうか?」


潜在意識の現状維持機能
(上記リンク参照)を外せば

「本当に変えられる事」がみえてきます。






「今回のポイント」


・第三者・専門家に入ってもらう。
(心理療法家や、自治体などに在籍する各種ソーシャルワーカーなど)


・カプセル化していますと
視野が狭くなりがちになります。

ゆえに一旦素直な心で、オープンな心で、
外部の風を入れます。
専門家の客観的アドバイスを入れます。


・現状の心理メカニズムを分析・熟知する。

・具体的に行動する→ 具体的な結果が出る。


・人生のどこかで一歩踏み出しませんと、
このケース、時間の経過と共に、
どんどん状況は悪くなっていくと思います。


一歩踏み出すのは「今」かと思います。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2018/09/05 10:04】 | ひきこもり
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
非定型うつ病


これは定義みたいな事を説明しますと
長くなりますので、簡単に言いますと、

読んで字のごとし「定型ではない」うつ病。

つまり皆様が知っている、普通の
「いわゆる」うつ病に当てはまらないタイプの
うつ病の事です。


*非定型うつ病については、
過去記事(カテゴリー)にて

定義のような事をたくさん述べておりますので、
よろしければお読みください。

(非定型うつ病、よくありがちな症状 : 
過眠・鉛様麻痺など)




さて、
<ノーマルな(普通の)うつ病:よくありがちな例>


几帳面・頑張り屋・真面目・
周りにとても気を配り、優しくて・気をつかいすぎ、
空気を読みすぎて疲れる など。
(メランコリー親和型・執着気質などの性格)

また自虐的(内省的)な方が多く、
「全て私が悪い。私のせいで周りに迷惑をかけている。
私が生きていてごめんなさい」のような考え方の人が多い。


そういった人が過労・何かを喪失するなどの
「ストレスイベント」が引き金となって発症するのが
よくありがちなうつ病ですね。


定型うつ病は、重いものですと
強烈な自殺(希死)念慮など、
非常に危険な状態になります。


また負けず嫌い・プライドが高い人は
(特に男性に多い)
メンツがありますので、
自殺をほのめかす発言はしませんが、

誰にも知られず、こそっと隠れて
本当に自殺を計画する・・・などのパターンもあり、

まさに命の危険」があります。



対して非定型うつ病は、
上記のようなパターンは見当たらず、

性格的にも
それほど過剰に几帳面・頑張り屋・
空気を読みすぎる人でもなく、

内省的(反省的)・・というより
他罰性」が目立ちます。
(例: 私がこうなったのは〇〇のせいだ。
他人のせいだ。私は悪くない など)


*参考テキスト:現代型うつ病「他罰性の病理」
↓(なぜ他罰性なのか?心理学の視点から)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1048.html


また環境的にも
特に過労・重労働をしているわけでもなく、

五体満足・生活環境も、まあ恵まれていて
これといった不自由もない。


「原因がよく分からないが、
ただなんとなく、うつ病になっている」ケース。

かといって定型うつ病ほど、激烈な症状もない。

強烈な自殺念慮など)

微妙なうつ状態が、ズルズルと長期で続く。。


いろいろ例を挙げましたが
こんなようなケース (あくまで一例です)




私は心理カウンセリング(コーチング)現場。
また、心理療法を指導する仕事を

14年ほど行っており、
現場を観察していて思う事は、

昨今、こういったタイプの「非定型」うつ病が
非常に増えてきております。


逆に、頑張り屋で優しく、
内省的(例:私のせいでみんなに迷惑をかけている)、
気を使いすぎて・・・のような

定型(普通の)うつ病は、かなりレアなパターンで、
昨今は少なくなってきました。


定型(ノーマルな)うつ病は
過労を強いられる職場環境などを改善したり、
少し休職したりすると
改善するケースが多いものです。

-----------------------------------------------------
☆ また特筆すべきことは、
薬物療法が「よく効く」ケースが多いと思います。

-----------------------------------------------------



当ブログでよく書いてありますマニュアル。

以下の基本図式は
「定型うつ病」がモデルです。

定型(普通の)うつ病は
薬物療法が非常に効く事が多いと思います。


簡易的に書きますと、


急性期~回復期(前期)→ 休息し薬物療法
回復期中~後期→ 休息し薬物療法+心理療法を導入
維持期~寛解期→ 心理療法に重きを置く


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「各時期の説明・解説」

1・急性期= 発症したての時期
病院へ行き、薬物療法を導入。

2・回復期前期= 発症から数週間。
薬物療法で危険な状態を「とりあえず」脱した時期。

3・回復期中~後期= 発症から数ヵ月し、
薬物療法で、60~80%くらい落ち着いた時期。
「薬物療法で出来る事はここまで」

薬物療法でずっと平行線が続き、
越えられないあと一歩がみえてきます。

そのあと一歩を超えるためにも
薬物療法に並行し、
心理療法を導入するベストな時期。

4・維持期~寛解期= 心理療法で、ほとんど回復し、
医師に相談し減薬・断薬を検討する時期。

ただこの時期に油断すると、すぐ再発してしまうので、
念入りに心理療法生活を行い、
再発防止と自己啓発に力を入れる時期。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


*何度も述べますが、
上記は定型うつ病のモデル。

非定型うつ病は、上記図式 「」 から
参考にされるとよいかと思います。




対して、非定型うつ病は、
薬物療法がほとんど効かない事が多い。


効いたとしても軽微なもので、
それはプラシーボ効果で、効いたように
「錯覚」しているのかな・・・

というようなレベルが多いかと思います。

↓(心理効果:プラシーボ効果)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-26.html


またこのタイプは、
謎の副作用を訴える方が、よくいます。

*こころが作り上げた幻の副作用「ノーシーボ効果」
ハンブルク大学の実験
↓(薬の副作用?を疑ってみる)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1262.html


たとえば、心療内科等の薬物療法を
数ヵ月~数年。

とっかえひっかえ替えて、

様々な抗うつ薬・抗不安薬を試し、
それでも「劇的な効果がない」場合、

それは「薬とは違った問題」が
あるかもしれません。



つまり、セロトニン・ドーパミン・ノルアドレナリンなど
脳の神経伝達物質がうんぬん・・・という問題ではなく


心理学的な問題(こころの問題)が
原因である可能性が高いかもしれません。


======================
その証拠に、
本当に心療内科等が主張する、

脳の問題(神経伝達物質の分泌・伝達異常など)が
原因であるならば、

薬物療法を行っていれば解決するはずです。

======================


ましてや、数ヵ月~数年、
抗うつ薬・抗不安薬をとっかえひっかえ試していて、

これといって劇的な効果がない方は
「少し冷静になって疑ってみましょう」


ちなみに、定型(普通の)うつ病の方は、
薬物療法が「非常に」効くケースが多いものです。
まさに劇的に効くケースです。

一つ目の抗うつ薬が効かなくても
少なくとも、2~3個くらい薬を変更すると、
すぐによく効く薬に出会います。


*(ただし薬に関しては
必ず医師の管理・指導のもと行ってください)



数ヵ月~数年。
薬を何種類・何十種類、コロコロ替えて
それでもなお、薬が効かない・・・という場合、

(特に非定型うつ病)

一度冷静になり、心理学的な問題(こころの問題)を
疑ってみてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「私の場合。これは本当に
脳だけの問題なのだろうか?」・・・と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~




======================

「こころ(心理学的な)の問題」

人生のとらえ方、生き方、モノのとらえ方、
心のありよう、考え方、
なぜ生きるのか?などの「思想・哲学的な問題」

これらが改善していませんと、

その人の思想・哲学的な
バックボーンが定まっていませんと・・




日常でやたらストレスを抱えやすくなり、
日々、余計なストレス反応をするようになり、
溜めなくてよいストレスを溜めこむようになり、

人生、慢性的な不幸感。虚しさ。




そんな毎日が続きますと
「慢性的ストレス脳」になり
(アロスタティック負荷状態)



それを放置しておりますと、
やがて「脳の病気」になり



人によっては、うつ病、
人によっては、神経症(不安障害)

また人によっては
謎の身体的不調(心身症)となって
出る人もいます。


*その人の生育歴、環境的な要因、
遺伝的な要因等により、「出方」が違うだけで、
根底にある心理システムは同じ。

精神面に出るか、
身体面に出るかの違いです。

======================




定型うつ病も、非定型うつ病も
この①~⑤の図式が当てはまるのですが、

非定型うつ病の場合、
「特に当てはまると」思います。



心療内科等の薬物療法で出来る事は
上記図式④と⑤(つまり脳の病気)の改善・ケアだけです。

*ただ、そのやり方ですと、
良くなっては再発、良くなっては再発・・・を
繰り返してしまいます。


対して、心理療法で出来る事は
根底の部分である上記図式①~③
(つまり、こころの問題)の改善。

それをすることにより、④⑤も改善。



定型うつ病は、たとえると
心の風邪のようなもので、

④⑤の脳の病気の部分を、
休息と薬物療法で改善すると
劇的に回復するケースがありますが、


非定型うつ病は
「心の風邪とか、脳の病気とか、
そういったレベルの問題ではなく」


上記図式の①
人生の病。こころ(思想)の病気が
深層心理に、強く潜んでいるかと思います。


昨今は
「うつ病=脳の病気」という概念ばかりが
クローズアップされがちです。

ゆえに昨今、非常に増えてきました
非定型(現代型)うつ病に、
全く対応できていないのではないかと思います。


「うつ病=脳の病気」説は
間違いではありませんが、それは結果の話で、

本当に大切なのは
「プロセス」の部分を修理していきませんと
本当の意味で治りません。


ゆえに
うつ病は脳の病気以前に
「こころの病」です。








ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。

当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2018/08/29 13:33】 | 非定型うつ病 「薬が効きにくい鬱病」
トラックバック(0) |
===================
Q、
マインドフルネスを、言われた通り
〇日間やりましたが、効果がありません。
治りません。どうすればよいですか?
===================



今回は少し厳しいお話をいたします。
(きちんと正しい方法で
治ってもらいたいがためです。ご了承ください)


今回のお話は少し長いですし、
少し厳しいお話ですが、これを完全に理解しますと、

マインドフルネス(仏式瞑想)により、
長年のうつ病・神経症・生き辛さなどが
「劇的に」治っていきます。



注意:
今回のお話は、マインドフルネス仏式瞑想により
すでにうつ・神経症から回復された

中~上級の方々は
「何を当たり前の話をしているのだろうか」と思うでしょうが、

あくまで今回のお話は「初級者向け」のお話です。
あしからず。



「1」

さて、本題に入ります。

まずこの仏教の瞑想法を、正しく理解してください。

「認識」を変えますと、今までとは全く違った
マインドフルネスになっていきます。



それでは今回のご質問の
お答えをいたします。

最初に、たとえ話をいたします。


あるピアノ初心者が、
ピアノを弾けるようになりたいとします。

音楽教室で先生についてもらい、
ピアノとは何たるか?ピアノの弾き方、概要を
徹底的に「数日間」学びました。

憧れだったシューベルトのアヴェ・マリアの
弾き方も教えてくれました。


さて数日、徹底的に学びましたよね。

ではアヴェ・マリアを両手で
滑らかに美しく弾いてみてください。弾けますか?


『え!?私はまだピアノを習い始めて数日ですよ。
まだ弾けるわけがありません!』


おお。よくお分かりじゃないですか。




もう一つ。

全く泳げないカナヅチの人が
水泳に憧れて、カッコよく泳げるようになりたいとします。

ではAm〇zonで、水泳の有名選手が書いた
「よくわかる水泳入門&DVDセット」を購入し、
完璧に理解しました。

また水泳教室へ行って、
コーチについてもらい「数日間」練習しました。


はい。水泳入門の本・DVDをみて水泳を勉強しましたね。
水泳教室で「数日間」教えてもらい練習しましたよね。

では今から憧れだったバタフライで50メートル
美しいフォームで泳いでみてください。


『え!何を言っているのですか?
私はまだ水泳はじめて数日ですよ!

最低でも数ヵ月~数年くらい正しく練習しないと、
美しく泳げるわけがないでしょう!』


素晴らしい。
よくお分かりじゃないですか!




これらのたとえは何が言いたいかといいますと、
およそお稽古事 「技」 というものは

数日やっただけでは、身につかないということです。
当たり前のことですが。


ピアノ初心者が、両手弾きを
きちんと出来るようになるには、

水泳やったことがない人が、
バタフライできちんと50メートル泳げるようになるには、

最低でも数ヵ月~数年やりこまないと
出来ませんし、技は身につかないでしょう?


このマインドフルネス仏式瞑想というものは
「お稽古事、スポーツと同じ」
と、とらえてみてください。

「技」を身につけに来ております。


それは、うつ病・神経症の修羅場が来た時、
それを対処する「技」

頭の中でストレス思考の嵐がやってきたとき、
それを上手に扱っていく「技」



----------------------------------------------
先ほどのピアノ両手弾き、
バタフライで50メートルと同じで、

技術を身につけるのに、
習って数日で出来ないでしょう?
----------------------------------------------


技術を身につけるには、
それを教わって、自分で日々鬼のように修練し、

それが実践で使えるように、
日常生活で使えるように工夫し、正しく修練し、

「数日」ではなく、数ヵ月~1、2年くらい
技術を磨いていきませんと、使えるものになりません。




講義を受けただけ。
教えてもらっただけ。。ではなく、

それを日常で数ヵ月~数年修練し
教えてもらった技術を一生懸命、
自分の血肉にしていかないと、「技」は身につきません。


ましてや、マインドフルネスというものは、
ピアノや水泳よりも大変な
人生を生きていく技」を身につけようとしています。


ですが、これを修得しますと、
長年、生き辛さを抱えてきた人が、

今後の人生「余計なストレスを抱えることなく」
楽しく朗らかな人生が送れます。


・ 一生、うつ・神経症、
生き辛さの十字架を背負って生きるのと、


・ 少し大変ですが、今から1~2年くらい
「人生の投資」だと思い、

このマインドフルネス仏式瞑想の技を修練し、
朗らかで楽しい、
余計なストレスを抱え込まない技術を身につけると・・


今後の人生全体で考えて

「経済効果」
(今後の人生、仕事がはかどりますし、
余計な医療費が かからなくなる・ 特に心療内科など)」

また「健康面」「人生の幸福」などの
お金では買えない、たくさんの恩恵を受けられます。

どちらが得か?」を考察してみます。







2、
「もう一つの視点」


===================
Q、
マインドフルネスをやりましたが、
効果がありません・・・
===================


よくありがちな、
この意見について解説していきます。

今まで、こういった人達のお話を
ヒアリングしておりますと、ある特徴 があります。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
言われた通り「漠然と」やっていれば、

何か「効果」みたいなものが
やってきたり、現れたりして、治っていくのだろう・・・と。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


残念ながら、こういった「発想」の人は、
瞑想をやっても何の効果もありません。


こういった発想のまま、何十年やっても
効果はありませんので、時間の無駄になってしまいます。

それならば「今まで通り、漠然と薬を飲んでいた方が」
楽ですし、よいかと思います。



「効果」の認識を変えてみましょう。


てきとーにやって待っていれば
不思議な効果がやってくる・・・のではなく、

===================
「効果」は自分でつかみ取りにいくもの。
「効果」は自分で作り出していくもの。

===================

と、認識してみます。


日々、漠然と瞑想するのではなく、

・「これを日常でどう活かそうか」

・「まてよ。このストレスシーンで、
あの瞑想技術が使えるのでは?
使えるようになるようやってみよう」

・「今までの人生、こうとらえていて不幸だったが、
その思想(考え方)は一旦捨てて、
瞑想的な考え方で人生をとらえてみよう」

などなど。


実際、当プログラムでも、治る人を観察していますと、
「治る人」は皆このパターンですね。


効果は漠然と待っていても
やってきませんので、

「自分で効果を作り出し、つかみ取っていく」


「発想」の転換。
発想力も鍛えていきます。



これは別に心理療法(瞑想)だけでなく、
仕事や世の習いごと、
全てにおいて同じかと思います。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ただ少しフォローを入れますと、

昨今ブームになっている、
欧米式のマインドフルネスが

「〇日、マインドフルネスをやると
こんな脳科学的効果が!」

・・・のようなことを
大げさに謳っておりまして、

(書店にある、いわゆるマインドフルネス本の
ほとんどがこれですね)


それを鵜呑みにしてしまった人達が、

「マインドフルネスを〇日やりましたが
効果がありません」

という発想の人達を量産してしまったのも
あるかと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




さらに脳の視点から
他のたとえ話をいたします。



ガリガリに痩せている人が、
ボディビルダーになりたいとします。

では有名な名門ジムに行って、
数日~数週間、名コーチについてもらい
トレーニングしました。


その人は言いました。

「〇日、有名なコーチにトレーニングしてもらいましたが
ボディビルダーのようになりません。効果はない!」・・・と。


いえいえ。
何か勘違いされているようです。

どんな優れたコーチについてもらっても、
自身で数ヵ月~数年、きちんとトレーニングしないと、
ボディビルダーのようになりません。

数日やっただけでは何の効果もないし、
筋肉もつきません。




瞑想も同じ。
~瞑想脳(ストレス耐性のある脳)~


たとえば「脳神経の新しい回路」
(脳神経のシナプス結合)が出来上がり、

それが長期増強され、その回路が固定されるまで、
1~2年くらいかかると言われております。


「新しい脳神経回路=新しい思考・行動パターン」が
固定されるまで、

毎日毎日、その回路に
電気信号(インパルス)を流し、

数ヵ月~数年繰り返しますと、
その脳神経回路は固定されます。


そうやって瞑想脳
(ストレス耐性のある脳)が作られていきます。


脳も先ほどのたとえ。
「筋肉と同じ」と考えますと、分かりやすいと思います。

例えば腕立て伏せも、
数日やっただけではマッチョになりません。

数ヵ月~数年、正しい作法で腕立て伏せして
初めてマッチョになります。


脳も使わないと退化しますし、
使えば使うほど、その脳部位は強化されます。

これを「脳の可塑性」といいます。




=======================

「ここまでのまとめ」


・マインドフルネス瞑想は「数日」やっただけでは
何の効果もありませんし、治りません。

瞑想はスポーツやお稽古事と同じと
とらえてみましょう。

スポーツでも技を身につけるには、日々正しく修練し
数ヵ月~数年かかるでしょう。

瞑想の各技術もスポーツの技と同じ。


・効果は漠然とやって、待っていても
現れませんし、やってきません。

「効果」は自分でつかみ取りにいくもの。
「効果」は自分で作り出していくもの。



・教わった技術を漠然とやるのではなく、
自分で日常で活かしていきませんと
何十年やっても何の効果もありません。


・「発想の転換」「発想力」を鍛えていきます。


・「脳の可塑性」
脳は筋肉と同じ。使わないと退化しますし、

使えば使うほど
(正しい作法で鍛えれば鍛えるほど)
その脳部位は強化されます。

ストレス耐性の強い脳になっていく。

=======================




もう一つたとえ話をいたします。
(たとえ話中毒になってしまいますね(笑))



たとえば野球初心者の方が、
ピッチャーに憧れて、
フォークボールを投げたいとします。


「私はフォークボールが投げたいのです。
どうかコーチしてください!」

分かりました。
フォークボールは、ボールをこう握って、
手首をこうやってスナップをきかせて、
このように投げてください。


「できません。
どうかフォークボール投げさしてください」


いえいえ。

それは自分で毎日、鬼のように修練し、
自分で身につけるものですよ。

コーチにできる事は、
投げ方、日々の訓練の仕方をお教えするだけです。
やるのは自分です。




瞑想も同じ。

ストレス思考が出た時、
ストレスイベントに遭遇した時の
心の扱い方、サバき方をお教えします。

そして日々のトレーニング法もお教えします。

ですがその技術を
一生懸命修練し身につけるのはあなたです。


この世の誰も、
あなたの人生の肩代わりは出来ません。

辛い人生は、
誰も変わってさしあげる事はできません。


自分で一生懸命修練し、
生きていく技(メンタルスキル)を身につけていく。


少し厳しいお話ですが、
「これ以外、道はない・・・」と理解しますと、

深層心理に引っ掛かっている
依頼心・依存心」「他力本願な心」が消滅していき、

本気で技術を習得していこう
という腹が決まります。

*依頼心=「誰かが何とかしてくれるだろう」などの
いわば、お客様気分の心。



===================
いやいや。それでも納得がいきません。

私は数ヵ月マインドフルネスをやりました。
治りません。
===================


瞑想はこのように
とらえてみてください。

「認識(モノのとらえ方)」が変わると
世界は変わります。


たとえば、ある武道の道場に
10名の入門者が入りました。

はじめは皆、白帯。
初心者ですね。


3年後・・

10名の内、
5人は黒帯(初段)になっていました。

他の5名は茶帯、緑帯、まだ白帯の人、
途中でやめてしまった人もいます。


10名全員が全員、3年やったからといって、
全員が黒帯にはなれないでしょう?


それぞれの「能力」
(A・理解力、B・センス、C・努力量、D・本気度)があり、
「黒帯がとれる期間」が違いますね。



A~Dにより、早い人は早いですし、
遅い人は遅いです。

これは世のどんな習いごとも、
この瞑想も同じ。

(瞑想により心の病が治っていく時間が違います。
それぞれの能力による)


ですがこの瞑想は、上記で言う
「D(本気度)」が高いと、A~Cは後からついてきます。


*本気度 = 潜在意識からの、
今までの自分を捨てて、生まれ変わるというつもりで
「本気で」治したいという心。





それでもまだ
=================
「瞑想しましたが治りません。
効果が現れません!もう無理です」
=================


・・・と、

どうしても、
そういった考え方(発想)しかできない方は、

ずっと心療内科の
(気休め程度の)抗うつ薬、抗不安薬を
飲んでいた方が楽ですし、よいかと思います。


また、こういった発想の人は、
他の心理療法に行っても、

こういった「ノリ」で、
やってしまう可能性が高いと思います。

(心理療法・カウンセリング遍歴を、
果てしなく続けるパターン)



そして何年・何十年、
心療内科の薬を飲み続け、心理療法遍歴を続け・・


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・「薬を一生飲み続けることの虚しさ」

・「とっかえひっかえ心理療法を変えても、
根本の「本気で治したい!」が無いと、
どんな方法も効果は無いのかも」

・「これでは人生、本当にダメになる。
本気で治したい。本気で学びたい
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


・・・という心が、
深層心理から出てきましたら、

またマインドフルネス仏式瞑想の道(根治への道)を
検討されてみてもよいかと思います。




はい。長くなりました。

今回は当たり前のお話ですが、
これが真に腑に落ち、理解できますと、

「マインドフルネスで治らなかった方が」
マインドフルネス瞑想法で「劇的に」治っていきます。

この伝統瞑想法の理論と技術の
本当のすごさが分かってくると思います。





~最後に~


私も正直、
今回のようなお話は、あまりしたくありませんが、

ここの部分を隠して
単なる営利主義に走ってしまいますと、

受講する方々の
「人生の貴重なお時間」と
「料金」が無駄になってしまいます。


*単なる営利主義とは?

「今流行りのマインドフルネス!!
瞑想するだけでうつが治る!」

「うつが〇日で楽して治る奇跡の方法!」

「ただCDを聴くだけでうつが治る!」 などなど。
巷でよくみかけますね・・



業務ですので営利を考えるのは
当然なのですが、

「受ける方々の、人生の
本当のベネフィット(恩恵)も考えます」


ゆえに今回、こういった少し厳しいお話も
包み隠さず説明いたしました。

きちんと治ってもらいたいがためです。
ご了承くださいませ。








ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。
当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。




【2018/08/22 12:26】 | 決意のススメ
トラックバック(0) |
当マインドフルネス仏式瞑想プログラムで
よくある質問をご紹介いたします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
Q、
マインドフルネス仏式瞑想プログラム、
2時限目でお稽古する

「歩行瞑想」
(ウォーキングメディテーション)

歩く?瞑想をしているのですが、

これは何のためにやっているのですか?
これが何の役に立つのですか?

やっている意味が分かりません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



A、
そうですか。

では、あなたの心臓は何のために
動いているのでしょうか?

あなたの体細胞が働いている意味は?









今回、脳科学・心理学の科学的理屈で
お答えしようと思いましたが、

一旦、科学的理屈は置いておき、
あえて禅問答を投げかけておきます。

科学的理屈より、こころの成長を促します。


日々瞑想を学習、精進し、深め
この問答を考察してみてください。




*関連テキスト
禅問答:拈華微笑(ねんげみしょう)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-991.html

お茶瞑想
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-407.html

マインドフルネス上級編
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1296.html



瞑想が深まり、これらの問答が
スッと理解出来た時、

あなたが飲んでいる
「大量の抗うつ薬・抗不安薬」が
要らなくなってくる頃かと思います。


何年かかってもよいです。
日々淡々と精進をお続けください。


瞑想はワインと同じで、
数年かけて熟成していくものです。

すぐにおいしいワインは出来ません。
タルに寝かせて、数年かけて
おいしいものが出来上がります。


瞑想が深まっていき、熟成されていき、

うつ病・神経症が「寛解」ではなく
再発しない本当の根治』に至っていくのも
これと同じかと思います。

人の「こころ」が、本当の意味で治っていくのは
時間がかかります。



===================
脳の病気」は、
薬(抗うつ薬など)や科学的理屈で
治るかもしれませんが、

こころの病」は
化学薬品では治りません。

また小手先の心理学や
脳科学テクニックでも「こころ」は治りません。
===================



精神科・心療内科の薬物療法で
「うつ病、寛解→再発」を、

人生の中で、何度でも
繰り返してしまうのはここかと思います。

うつ病は、薬で封じ込めるだけの寛解ではなく
根治」を目指しましょう。


精神薬で脳をハイにして、
「こころの問題」から目を背け、
ごまかし続けるのはもうやめよう。


私もかつて患者時代、
一日合計、約20錠くらい薬を飲んでいました。

同じ境遇の方がいましたら、
その「虚しさ」に気付きを入れてみます。

どこかで「おかしい」と気付きを入れませんと、

ズルズルと何年も、
ルーティンでいってしまいます。




~~~~~~~~~~~~~~~~~
「うつ病=脳の病気」説を
” もう一歩踏み込んで ”
考える時代が来たのかもしれませんね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~








ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。
当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。





【2018/08/16 02:43】 | マインドフルネス禅問答
トラックバック(0) |
2018年、8月25日(土)朝10時から


久しぶりに、オンライン(スカイプ)にて
講話・グループ瞑想会を行います。

どうぞご参加くださいませ。


*「8月20日(月)23時59分、
受付け締め切り」

*スカイプグループ設定は
こちらでいたします。
いつものようにお待ちください。



☆ 参加条件は当プログラムの
・「現受講生」
・「元受講生」の方のみといたします。




~さて、今回の講話の内容は~


1、
うつ・神経症(不安症)傾向の方で、

会社の面接、人と接する時、
人前で何か話すときや、作業するとき、
会議などの 「緊張してしまうシーン


うつ病、特に神経症の方は、
とても苦手な場面かと思います。


そんなシーンで、とりあえず緊張せず、
やることだけ、淡々とできるようになる、

マインドフルネス仏式瞑想を使ったテクニックを
お稽古します。


それは「空(くう)トレ

そうです。般若心経の中に出てきます
「色即是空 空即是色」の空(くう)です。

仏教哲学(仏式瞑想)を応用した
緊張しない方法です。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
緊張 = 傷つかないように
過剰に執着し、守っている「我(わたし)」を
瞑想法で緩めていきます。

「我(わたし)」への執着が緩めば、
もう守るべきものがありませんので、
真の自由になっていきます。

緊張するシーンで、
かえってよいパフォーマンスで
物事が行えるようになります。


過剰に守っている、
我(わたし:自我)から少し離れますと、

身心が軽くなり、
自由に動けるようになっていきます。

また様々なストレスシーンの中で、
あまり傷つかず、
ひょうひょうと生きられるようになります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


もちろん私達は聖者ではありません。
普通の人間です。

緊張は「誰しも」あるのですが、
それが社会生活に支障をきたすぐらいの
ものであるならば、

対処していった方がよいかと思います。



また今回の「空トレ」は、

別に、不安症の方々だけでなく、
そういった事でお困りでない方々も、

ストレスなく、よいパフォーマンスで
仕事や日常生活を送っていくための
技術にもなります。




2、
当プログラムを終え、独習に入っている方々も、
たまに専門家と、質疑応答により、
自己流になっていないか、チェックをしてみてください。


それは独習でやっている内に、
間違った解釈・作法になっていって、

瞑想がおかしな方向に
向かってしまいますと、

何年やっても心の病や生き辛さが治らない・・・
という事態になってしまいます。


分かりやすく言いますと、

大阪に住んでいる人が、
東京に行きたいとします。

西に向かって、歩いて行ってしまいますと、
九州に行ってしまいますよ。。

一生懸命なのは素晴らしいですが、
「間違った方向」に行ってしまいますと、
いつまで経っても東京には行けないでしょう。


心の病を治すために
マインドフルネス仏式瞑想を修練するのは
大変貴いことですが、

方向性・理解・やり方が間違ってしまいますと、
何年やっても「目的地」(心の病や生き辛さが治る)には
たどり着けないでしょう。


分かっていると思っていても、

再度理論をチェックし、修正し、
正しい道を歩んでまいります。





========================
「グループ講義・瞑想会」
~2018年8月25日(土)朝10時から~



☆ お申し込みは ☆

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」


その後、ご案内をお送りいたします。


*「8月20日(月)23時59分、
受付け締め切り」
========================





・現在プログラムを受講中、または
以前学んでいました、元受講生の方々も
是非ご参加ください。


・途中参加・途中退場OKですが、
なるべく、フルでご参加を推奨いたします。


・講義時間は「3時間30分~4時間くらい」を
予定しております。
あくまで予定です。進行具合によります。

お時間にゆとりをもってご参加くださいませ。



・当プログラム(6週間の講義内容)を
さらに深めていきます。


・たまに講義を受けますと、
技術的なことなど、誤った解釈になるのを防止し、
正しい道を歩んで行く道標になります。


・6週間プログラム卒業後、
独習でずっとやっていますと、ついサボってしまったり、
ヤル気が無くなったりするかと思いますので、

モチベーションダウン防止のため、
たまに講義を受けてみるのもおすすめです。


・グループ講義は、個別セッションと違い、
他の方々の体験談などが聴けて
非常に参考になると思います。



☆ どうしてもコミュニケーションが苦手・・・
という人は、ご連絡ください。

スカイプで「講話を聴くだけの設定」で
行うのもOKです。

(その際は、こちらからお声は
おかけしませんのでご安心ください)

講義に集中したい方は、
こちらの設定の方がよいかもしれませんね





============================

『2018年8月25日(土)』

内容:時間割


☆「10時から」

1、うつ病・神経症(不安障害)に対する、
マインドフルネス仏式瞑想や森田療法の講話


「今回のテーマ」

緊張するシーンでの対処法
「空トレ」を学習・お稽古いたします。

(30分~1時間ほど)



2、質疑応答

一人、1~2個質問を送っていただき、
当日それにお答えいたします。


尚、質問はプライバシーを考慮し、
誰の質問かは公表しません。

他の方々の質問を、我が身の質問と思い
お聴きくださいますと、
非常に勉強になるかと思います。


・瞑想の技術的質問
・心の病に関する心理的な質問
・人間関係・日常の相談など。。
何でもOKです。

(1時間30分くらい)



<ここでトイレ休憩>



3、みんなで
マインドフルネス仏式瞑想をします。

当カウンセラーによる、
瞑想のインストラクション。

(1時間ほど)



4、その後、座談会・質問もOK
(自由解散)

これは任意です。
お時間に余裕のある方は
よろしければ参加してみてください。

他の方々が、どのように瞑想しているか、
また諸先輩方は、どのように
うつ病・神経症を克服されたか・・など
貴重な話が聴けると思います。


*こういった座談会が苦手な方は、
ここで終了していただいてもOKです。

============================




・参加費:6800円


・飲み物・筆記用具をご用意ください。


・終了後の座談会は、お腹がすいたら
お菓子など食べ物もOK。


・瞑想に使う座布団など、
座具をご用意ください。


・邪魔が入らず、一人閑(静)かに
受講できる環境を整えておいてください。

*どうしても一人
静かな環境が無い場合、

他の受講生の方で
カラオケボックス・車などに籠り
受講する方もみえます(笑)


☆スカイプが必要

・スマホ・スカイプアプリの場合
「イヤホン着用」

・PCスカイプの場合
「スカイプ用ヘッドセット着用」


・受講前にトイレ、
食事は済ませておいてください。


・もし、スカイプ上で本名を出すのが不可の場合、
ニックネームでも可。
(配慮しますので、その際は事前にご連絡ください)



『参加条件』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 参加条件は
現クライエント(受講生)さんと
元クライエント(受講生)さん「のみ」とします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・心の病を治そうと、
真剣に学びにいらっしゃる皆様が集まります。

クレーマーのような
集団の和を乱すような人のご参加は
お断りします。


・インターネット上の交流と言えど
リアルの社交の場と同じです。

挨拶などもしっかり行い。
みんなで気持ちよく交流できるよう
行っていきます。


*(「講義を聴くだけ設定の方」は、挨拶も省略してOKです。
こちらから一切お声は、おかけいたしませんのでご安心ください)



・他の受講生と交流する際は、
節度ある社交でお願いします。


・現在、他の瞑想法を行っている方は
受講をお断りする事もあります。


*伝統的な瞑想の見地から言いますと、
そちらで学んでいる瞑想法も、こちらで学ぶ瞑想も
両方壊れてしまいますので。

例えば、
味噌汁とコーラを混ぜてしまうと
飲み物になりません。

味噌汁は味噌汁。
コーラはコーラ。

伝統的な見地から言いますと、
瞑想法というものは
それぞれ分けて、他の瞑想法と混ぜない事。


・途中参加・途中退場OK
(ですがなるべく、
フルでご参加を推奨いたします)



マンツーマンの
個別カウンセリングと違い、

いつもと違った雰囲気での
講義になります。


いろいろ書きましたが
いつものように、なるべく雑談を交え

楽しく出来るようにしていこうと思います。


それでは当日、皆さんにお会い出来るのを
楽しみにしております。

ご参加お待ちしております。




心理カウンセラー
山中紹聖






========================
「グループ講義・瞑想会」
~2018年8月25日(土)朝10時から~


☆ お申し込みは ☆

①いつものメールにご連絡。

②下記のリンク「メールフォーム」にご連絡。

http://mindfulness-arugamama.com/mail


「①か②のどちらかに
ご連絡お待ちしております」


その後、ご案内をお送りいたします。


*「8月20日(月)23時59分、受付け締め切り」
========================






【2018/08/15 15:24】 | マインドフルネス「短期合宿」 参加者募集
トラックバック(0) |
原因不明の身体的不調の治し方
マインドフルネス仏式瞑想によるアプローチ



まず本日のテーマである、
謎の(原因不明の)身体的不調」とは?


~~~~~~~~~~~~~~
*身体に痛み、
不快感などの不調があるのに、

病院で科学的検査をしても
何も異常がみつからないもの。

当然こういったものは
化学薬品では治りません。

心理領域の問題ですので。
~~~~~~~~~~~~~~


今回は少し長いですが、

どこの病院(精神科・心療内科など)でも
教えてくれない事を、当ブログにて学習していきます。


何年・何十年、どこの病院や
セラピーへ行っても治らなかった方々は、

今回の理論を学習することにより、
解決の糸口が見つかってくるかと思います。


それでは少し難しいかもしれませんが
とても大切なお話です。
よろしくお願いいたします。




1、
まず、「理論編」

私達の心(深層心理)のカラクリ
~心理防衛~



潜在意識の中に封印しています、

大きなトラウマ、葛藤、コンプレックス、
ネガティブ感情(怒り・不安など)
情けなさ、

意識、無意識

これらが強く、耐えられないと、

それらを見たくないので・・・
(認識したくないので)


心は、巧妙に隠そうとします。
目を背けさせようとします。


それは、あえて
「強い刺激(ここでは身体の痛み)」

「謎の身体的不調」を
強く出し続ける事により・・

意識、無意識3

そちらに注意が向くので、

自分の中の葛藤やトラウマ・
コンプレックスなどから
上手に目をそらす事ができます。


つまり、

その謎の身体の痛み・不快感に
注意が向いていれば、

自分の見たくない
本当の心
を見なくて済みます。

そうやって私達の心は
巧妙にガードしています。



確かにそれをやっていれば、
イヤな心(自分の本当の心)を
見なくて済みますが・・・

ですが、ずっと謎の痛みや、
謎の身体的不調を
出し続けなければ」ならなくなる。


これらは無意識レベルで
やっておりますので、

本人は、これをやっている事も
全く気付いていません。



そして体が辛いので、
病院へ行き検査をしますが

「全く異常なし」
「どこにも異常は見当たりません」

そして病院で薬をもらいますが
『” 気休め程度で、
ほとんど効かないでしょう
”』



なぜならそれは
心理学的なものだからです。

「こころが作り出した幻」だからです。

病気ではないのですから
薬が効くわけがありません。



それでも不調を訴えますので、
医師は困ってしまいます。

お医者さんは
薬の専門家ではありますが、

「こころ」の専門家ではありませんので
「打つ手なし」 困ってしまいます。





2、
「実践編」

それがなぜ心理療法
(マインドフルネス仏式瞑想など)で
治っていくのか?



心理療法
(マインドフルネス仏式瞑想)では、
こんな作業をしていきます。


まず仏教心理学の理論、
仏式瞑想の基礎を学習・お稽古し

「中級」くらいになってきますと、

自分の心を正直に
正面から腰を据えて
観られるようになっていきます。


そうです。。

あの自分が一番見たくなかった
イヤな部分も。

*トラウマ、偽善心、コンプレックス、
葛藤、ネガティブ感情(抑圧された怒り・嫉妬など)


もちろん、これらを直視できないので、
心理防衛として、

潜在意識は身体の痛み、不調などを出し、
巧みに注意をそらし、隠しているのに・・・
意識、無意識3

「それを直視したら
心が壊れるでしょう!?」


そうです。仰る通りです。

それを何の策も打たず、
直視すると心が壊れてしまいます。


ゆえに、マインドフルネス仏式瞑想の
技術をお稽古し、心理学的に武装して

それらを、
あるがままを観ていきます。
(受容していきます)


マインドフルネス仏式瞑想の技術を
お稽古していきますと、

潜在意識の中に埋蔵している(隠している)、
ネガティブなものを直視しても

動じなくなっていきます。


そして、あるがまま
受容できるようになっていきます。


=====================
すると心は、それらネガティブなものを
「もう隠す必要が無くなっていきます」

「もうそれらを観ても辛くないので、
目をそらす必要が無くなっていきます」

つまり 『謎の体の痛み・不調を出し、
それらから目をそらす必要が無くなっていく』


自然に謎の痛み・身体の不快感は
消滅していきます。
出す必要がなくなる
=====================


このように、
どこの病院でも治らなかったものが、
心理療法で治っていくこともあります。





3、
「注意点」

それでも何年やっても治らない人へ
~ 間違った瞑想のやり方を
していませんか?
 ~



たとえば、痛み・不快感を
消そう!消そう!と瞑想をすると

痛み・不快感は
余計強くなる事もあります。


それらを取り除こうと
はからえばはからうほど、
はからいは強くなる
(森田療法のことば)

精神交互作用」といいます。



*精神交互作用とは?
簡単に分かりやすく言いますと、

・緊張で、手の震えを止めようとすればするほど
余計、手の震えが止まらなくなる。

・吃音(どもり)を止めようとすればするほど、
余計とらわれ、吃音が強くなってしまう。

・不安を消そうとすればするほど、
余計、妄想が妄想を呼び、不安が強くなってしまう。

・不眠症の方が、眠ろう眠ろう!とすればするほど、
「余計眠れなくなります」

などなど。

こういった心理現象の事を
「精神交互作用」といいます。




もう一つ注意点。


間違った瞑想の
使い方をする人もいます。


これはかなり変化球ですが・・
こういった人がいます。

先ほどの、潜在意識の中の
ネガティブなものから目を背けるための道具として
瞑想を使ってしまう人
もいます。


症状にとらわれながら、
強烈に瞑想することにより、

潜在意識の中の
ネガティブなものから目を背けている人。
これ本末転倒ですね。


つまり、
分かりやすく言いますと、

「瞑想を現実逃避の
都合のよい道具にしている」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
潜在意識の中の
ネガティブなものに対し、

腰を据え、あるがまま直視するために
瞑想をしているのに・・


それらから目をそらすために、
強烈に瞑想をすることで、
瞑想を悪用している。


(間違った瞑想の使い方をしている)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ただ、これ、
本人は全く気付いていません。

無意識的にやってしまっています。



ですので
「独学」でやるのは止めてください。

また一旦学び終えても、定期的に
(完全に治るまでは)
専門家(瞑想家)のアドバイスを受けてください。

*おかしな方向に進んでいる人もいます。


瞑想は潜在意識を扱います。

必ず専門家(瞑想家)の指示を
仰いで行ってください。


当プログラムでも、
プログラムを終えて独習になっても、

たまにマンツーマンで(チェックも兼ねて)
セッションを受けてください。
客観的なアドバイスを必ず受けてください。

間違った解釈のまま行っている人もいます。
(繰り返し言いますが、本人は全く気付いていません)



辛くなったら
ワーッと、(誤った)瞑想し、

瞑想!瞑想!瞑想!・・・と、
余計、潜在意識の奥底に、

ネガティブなものを押し込めてしまって、
封印してしまっている。
意識、無意識2

*これを精神分析では
「抑圧(排除)」といいます。


つまり抑圧を深めてしまっている。

これは本人(患者さん)は
気付かないケースが多いものです。


ゆえに、完全に治るまでは、
必ず定期的に、専門家の指導の下、

客観的アドバイスを受けながら
瞑想を行ってください。



*1~3を述べましたが、
「3」は特殊な例です。





~「まとめ・ポイント」~


A、
私達は、辛いこと・コンプレックス・
ネガティブ感情・トラウマ・
嫉妬心・我(わがまま)など

「自分の見たくない本当の心」を、
潜在意識に封印している。



*もちろん私達は、聖者ではありませんので、
誰だってそういった心はあります。

それはそれでよいと思います。
人間ですから。

ですがそれで、
「病的」になっているのでしたら
専門的対処する必要があるかと思います。



B、
それらがあまりに強大ですと、
それらの存在自体が辛いので、
巧妙に隠そうとします。

それが謎の痛み・
謎の身体的不快感の正体です。

痛みや不快感を出す事により、
自分の心の中のネガティブなものから

とりあえず、
目をそらす事ができる。(心理防衛)


C、
それらに対し、
マインドフルネス仏式瞑想の技術を使い、
正面から、あるがまま直視していきます。
(受容していく)


D、
すると、それら心の底に封印してきた
ネガティブなものが「脅威ではなくなる」ので、
もう目をそらす必要がなくなります。

つまり謎の痛みや、謎の身体的不調を出して
目をそらす「必要性」が無くなってくる。

「謎の身体的症状が消えていく」





ただし、今回の理論は、
言うは易しで、

人の心は
そんなにすぐには変わりません。


ご都合主義のように、
ちょこちょこっといじって、
ちょこちょこっと「変わるわけが」ありません。

そういった発想の人は、
心の問題をあまりに
軽んじているの発想の人です。

だから治らないのではないかと思います。


そうではなく、専門家とマンツーマンで、
しっかり腰を据えた努力が必要です。

(楽して簡単に・・・ではなく、
しっかり正攻法でいきます)



・何年も、どこの病院に行っても、
どんな薬を飲んでも、

・どこのカウンセリング・セラピーに行っても、

・どこの「心の病が〇日で、
楽して治るDVD教材やセミナー」に行っても

治らなかった方は、

マインドフルネス仏式瞑想の道」を
おすすめいたします。


少し努力が要りますし大変ですが、
必ず治っていきますよ。


それでは長文お読みくださり
ありがとうございました。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。
当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



FC2blog テーマ:メンタルヘルス - ジャンル:心と身体

【2018/08/09 00:58】 | 心理防衛機制 「こころは壊れないように不器用に守っている!?」
トラックバック(0) |
うつ病・神経症(不安症)に対する森田療法

~ 森田療法って、聞いたことはあるのですが、
実際 何をやるんですか?
 ~



森田療法を扱っている
心療内科・精神科、

またカウンセリングルームを
たまにみかけます。


森田療法を誤解されている方を
みかけますので

森田療法の「コンセプト」を
よく理解した上で受けてみてください。



一つ例を挙げます。


例えば、神経症(不安障害)を患う
奥さんがいたとします。

ある日、ご主人さんが
奥さんを連れてきて、

森田療法を扱う、
カウンセラーさんの前に座らせ、

「先生。うちの妻に
森田療法をお願いします!」

・・・と、ご主人さんは何か期待し、
ワクワクしている。。


~ このご主人さんに、話を聴いてみましたが
どうやら誤解されているようです ~


何かカウンセラーや精神科医が
「デヤー!!森田療法!!」・・・と、

技をかけたり、波動のようなものを出し、
たちまち奥さんを
治してくれるのではないか?

と、勘違いしているケースをみかけます。



いやいや。。
そうではなく・・(笑)



森田療法というものは・・

森田療法的な
生き方(哲学)・考え方・
モノのとらえ方を「学習」し、

それを日常生活の中に
活かしていく事により、

ストレス反応が緩み、
結果的に神経症やうつ病が
治っていくというものです。



これは当ブログで
よく語っておりますが、


「脳の病気」は
薬で治るかもしれませんが、

「こころの病」は、
化学薬品では治りません。
(当たり前のことですが)


====================
うつ病や神経症は
「脳の病気以前に、こころの病」です。



① こころ(思想哲学・人生のとらえ方など)が
病んでいますと、

② 日常でやたら
要らぬストレスを抱えるようになり、
人生 「生き辛さ」を抱えるようになる。

③ そんな毎日が続きますと、
日々ストレスホルモンが過剰に分泌されますので、
「慢性的ストレス脳」になり、


④ それがその人の脳の、
耐えうる閾値を超えますと
やがて「脳の病気」になり・・・


⑤ 人によってはうつ病、
人によっては神経症など。

その人の環境・生育歴などにより、
様々な形で「心の病」が現れます。

(謎の身体的症状など、
身体的トラブルを出す人もいます)

====================


昨今では
「うつ病 = 脳の病気」説が

あまりに誇大に
クローズアップされ、

「こころの病」を
偏った唯脳論・唯物論的に
とらえる傾向があります。


ゆえに現代精神医学では、
上記図式の④⑤に

薬物療法や、
小手先の脳科学的テクニックで
対応します。


それで仮に「脳の病気」は治っても、
肝心の「こころの病」は治っていませんので、

また行く先々の人生で、
慢性的ストレス脳になり、脳の病気になり、
うつ病・神経症は再発してしまいます。

--------------------------------------
これでは
根本解決にならないですよ。
--------------------------------------


この日本古来の
伝統心理療法である森田療法は、

上記図式「①」に対応し、
「こころの病」にアプローチし、
根治に導く方法論です。

こころの病が治っていけば、
自然に「脳の病気は治っていきます」


川上(①)を制すれば、
川下(②~⑤)は改善されていく

川上戦術ですね。


森田療法のコンセプトは
こんな感じです。



たしかに森田療法というものは、

イメージとして、
何か神秘のベールに包まれていて

世の人達は
「森田療法って聞いたことがありますが、
実際何をやるの?」と

疑問を抱いている人が
多いのではないかと思います。


簡単に言いますと、
森田療法は「森田(神経症)理論の学習」です。


A、
その森田理論を私達、心理カウンセラーが、
カウンセリング・コーチングを通してお伝えしたり、
(普通のカウンセリングとは違います)


B、
古典的なやり方では、
入院森田療法により、実際合宿(入院)生活を行い、
森田療法的生活を実践していきます。

(東京慈恵会
医科大学附属第三病院などが有名ですね)



現代ではBは、かなり少数派です。

忙しい社会人は、長期の日数、施設で暮らす事は
現実的ではありません。


ゆえに「A」の
カウンセリングの中で、森田療法の学習や、
生活の知恵をお伝えしていく方法が多いです。



「普通の心理カウンセリングと
どう違うの?」



はい。普通の心理カウンセリングは、
いわゆる傾聴のように、

カウンセラーが、フムフムと
ただ受け身で話を聴くだけのタイプが
多いかと思います。

いわばパッシブ(受動的)な
非指示型のカウンセリングですね。


対して、森田療法のカウンセリングは、
少し特殊なスタイルで、

心理学の世界では、
「アクティブ(能動的)カウンセリング」と
言われています。


ただ話を聴くだけで、
何も専門的な解決策を提示しない、
傾聴カウンセリングと違い、

*(もちろんそれ(ロジャーズ理論)も
一つのカウンセリング手法として、よいと思いますが)

まさに能動的に、
「専門的解決策」を提示していきます。


ただ、冒頭の例のように、
何か技をかけたり、波動を出したりして
「治す」事はしません。

そうではなく、
森田療法的な対応策、考え方などを
クライエントさんと共に考察し、

それが出来るようになるよう、
コーチングしていきます。
(メンタルスキルを身につけていきます)




「森田療法の問題点」


1、
例えば「あるがまま」「恐怖突入」
「自然に服従し、境遇に従順なれ」など。。

理論が抽象論すぎて、少しふわふわしていて
分かりにくい。


<解決策>

当カウンセリングでは、
そのつかみどころのない森田理論を

身体でマスターできるよう、
日常生活で具体的に使えるよう、

具体的な
「行動療法」とドッキング
させています。



*当プログラムの森田療法は、
源流の森田療法を
カスタムしたものを提供しております。

使えない(使いづらい)モリタではなく、
「実際、使えるモリタ」を提唱しております。




2、
森田療法の本は難解で分かりづらい。


<解決策>

当カウンセリングでは、
単なるカウンセリングで終わらず、

授業&対話形式で雑談を交えて、
なるべく分かりやすく、
森田理論を学習できるよう工夫しています。



3、
森田理論。それを日常で
使えるようになるにはどうすれば?

またやっても、
3日坊主で終わってしまいそうです。。


<解決策>


当プログラムでは、
日記療法(森田療法の方法の一つ)を提出していただき、

それを拝見させていただき、
毎回テーマ(症状)に沿った宿題を
オーダーメイドで作成し、
続けられるようコーチングしていきます。


こちらも、いろいろ方策は講じますが、
やはり最終的には「本人の意志」です。

本人が「絶対うつや神経症を克服したい!」
という強い意志が無いと、

世界中のどんな優れたノウハウも、
何の役にも立たないと思います。



ゆえに、そこまで本気で
治そうと思っていない方。

依頼心が強く、受け身の方は、
この森田療法は向かないと思います。

そういったタイプの方は、
よくありがちな、傾聴カウンセリングと
薬物療法の方がよいと思います。


しかし、気休め程度にしかならない
薬物療法や傾聴カウンセリングで
物足りなさ」を感じていた方は、

森田療法(アクティブカウンセリング)は
非常におすすめいたします。



以上が森田療法のコンセプトです。


最後におさらいですが、

何度も言いますが森田療法は、
「デヤー!!っと技をかけたり、
波動を出したりしません」


森田理論の学習、

そしてそれを、日常で、
神経症や鬱の諸症状が出た時、
使えるようになるためのコーチング。


さらに深めると、
その人の思想・哲学的バックボーンを
修正していく事により、

人生、日常で
要らぬストレスを抱えなくなります。


非常に地味な方法ですが、

これこそが「寛解」を超えた
「根治への究極の道」かと思います。


森田療法は日本古来の
伝統的心理療法ですが、

何でもかんでも「脳の病気!」と
唯脳論的に、
化学薬品で解決しようとする・・

「こころを忘れた」現代精神医療に対し、
核心的・革命的な方法論かと思います。


昨今、心理学の世界では、
森田療法が再注目されている理由は
ここかと思います。



私も若かりし頃、
うつ病&強迫神経症 患者時代、

抗うつ薬、抗不安薬を
「大量に処方され」飲んできました。


私もそうでしたが、
向精神薬を大量に飲んで

「治った(根治)」した人
どれだけいるんでしょうか?

実際、現実の話、
ほとんどの人が
治っていないでしょうに。


逆に言いますと、
私はそれがあったから

森田療法など心理療法に
真剣に打ち込み、
治してきたという経緯があります。

これは私の患者時代のお話ですが。



さて、現代心理学・現代精神医療は
大きな転換点を迎えていると思います。

「こころの問題」に対して
薬では解決しないということを

悟った人達の間で、

昨今「心理療法」が、
世界で注目されてきているのは、
必然の流れかもしれませんね。







ブログランキング参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします
(Ctrlキーを押しながらクリックしますと画面の処理が早いです)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

人気ブログランキングへ
2つのバナー、クリックしていただいた方・・
ご支援ありがとうございました。





 当ブログ、ページが多いですので、
初めての方は、こちらの「まとめ」からどうぞ。
当ブログ、簡単な読み進め方。

↓(うつ病・神経症 闘病の基本的な知識)
http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1407.html




 週刊「無料メルマガ」をどうぞ。

基本、毎週日曜日、午前発行します。
↓(心の病、マインドフルネス・森田療法のススメ)

http://shinriryouhou.blog2.fc2.com/blog-entry-1152.html

*たまに予告なく休刊することもあります。
ご了承くださいませ。





☆ 当ブログ・メルマガ・ホームページは
「著作権により保護されています」

著者の許可なく、無断転載・転用(一部引用も含む)は
禁止します。



【2018/08/02 01:03】 | 神経症(不安障害) 「克服のヒント」
トラックバック(0) |